indiegrabロゴ

What's new

【NEWS】OMOIDE LABEL fA-FaによるE.P.『Imazato EP』を配信開始

OMOIDE LABELは30日、fA-FaによるE.P.『Imazato EP』を配信開始した。
3曲が収録されたdetroit techno。
name your price。



『Imazato EP』/ fA-Fa
2018年3/30リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:OMOIDE LABEL
カタログNo.:OMOIDE 157
価格:name your price
【Track List】
1.Laideronnette
2.Marakesh
3.Facing The Sun
配信URL(bandcamp)



2018.3.31 9:10

【NEWS】シロクマ 改名後初のMVとなる「BAKABAKKA」公開





シロクマ(ex.白熊ピカソズ)は30日、MV「BAKABAKKA」をYouTubeで公開した。
この楽曲は24日にリリースした彼らの1st E.P.『BAKABAKKA』のタイトル曲で、シロクマ名義では初のMVとなる。
映像は、しばしんと齊藤公太郎の手によるもの。



『BAKABAKKA』/ シロクマ
2018年3/24リリース
フォーマット:CD
価格:¥1,000
※ライブ会場限定価格 ¥800
【Track List】
1.BAKABAKKA
2.LOLIPOPS
3.時代
※全曲ULTRA KARAOKE REMIX収録
録音:横尾一成(Velvet Room Studio)
シロクマWebショップ
mona records


2018.3.31 8:43

【NEWS】イベント情報:35年目のカーネーション 6/30(土)日比谷野音公演のゲスト第2弾としてケラリーノ・サンドロヴィッチ、曽我部恵一、田村玄一(KIRINJI)、堂島孝平ら 全11名を発表



6/30(土)に開催されるカーネーション日比谷野音公演でのゲスト第2弾が本日発表された。
今回発表されたのはケラリーノ・サンドロヴィッチ、曽我部恵一、田村玄一(KIRINJI)、堂島孝平、徳永雅之、中森泰弘、ブラウンノーズ、真城めぐみ、 馬田裕次、 山本精一、ロベルト小山の11名。
初期カーネーションのメンバーである徳永雅之や馬田裕次をはじめ、カーネーションにゆかりのあるゲストの出演が発表されている。

35年目のカーネーション
『SUNSET MONSTERS』
2018年6/30(土)日比谷野外大音楽堂
ACT:カーネーション(直枝政広、大田譲)
GUEST:岡本啓佑(黒猫チェルシー) / ケラリーノ・サンドロヴィッチ / 佐藤優介(カメラ=万年筆) / 曽我部恵一 / 棚谷祐一 / 鳥羽修 / 田村玄一(KIRINJI) / 堂島孝平 / 徳永雅之 / 中森泰弘 / 張替智広(HALIFANIE / キンモクセイ) / ブラウンノーズ / 真城めぐみ / 馬田裕次 / 松江潤 / 矢部浩志 / 山本精一 / ロベルト小山 / 渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz) / and more..
Open 16:00 / Start 16:30
Adv ¥6,800(全席指定)
学割チケット(全席指定)
大学生・高校生 ¥3,800(会場にて¥3,000キャッシュバック)
小学生・中学生 ¥1,800(会場にて¥5,000キャッシュバック)
※未就学児童のお客様は入場無料(保護者の膝上にて鑑賞可)
座席が必要なお子様は1名様¥1,800でご案内致しますので、通常チケットをお買い求めください。会場にてキャッシュバック致します。
ファンクラブ限定: FC専用特典付指定席 ¥12,000
FC専用S指定席 ¥6,800
チケット発売:
一般発売(4/7 10:00~)
e+
チケットぴあ(0570-02-9999、Pコード:107-686)
ローソンチケット(0570-08-4003、Lコード:71917)
Get Ticket

※車椅子にてご来場のお客様は事前に連絡ください。
※客席を含む会場内の映像写真が公開されることがありますので予めご了承ください。
※営利目的での転売行為一切禁止/転売チケット入場不可
※出演者は急遽キャンセル、変更となる可能性がございます。その際の払い戻しは一切致しません。

カーネーション35周年特設サイト

問い合わせ:ディスクガレージ
050-5533-0888(平日12:00~19:00)



CARNATION 35th Anniversary
『SHIBUYA COSMIC BASKING 2018 spring』



【4月公演】
■京都公演
Helga Press Presents
Groomy Sunday!
2018年4/1日(日)京都 磔磔
ACT:カーネーション
Guest:台風クラブ
Open 17:00 / Start 18:00
Ticket 前売¥3,800 (1d別)
磔磔:予約75-351-1321
Helga Press(Helgapress@gmail.com)

■東京公演
2018年4月7日(土)渋谷WWW
ACT:カーネーション
Guest:台風クラブ
Open 18:00 / Start 18:30
Ticket ¥3,800(d別)
チケット予約:2018年1/27(土)
(問)WWW 03-5458-7685




『Suburban Baroque』/ カーネーション
2017年9/13リリース
フォーマット:CD2枚組
レーベル:CROWN STONES(日本クラウン)
カタログNo.:CRCP-40525/26
【Track List】
DISC1:
01.Shooting Star
02.Peanut Butter & Jelly
03.ハンマーロック
04.Little Jetty
05.夜の森
06.Younger Than Today
07.金魚と浮雲
08.Girl
09.Suspicious Mind
10.Please Please Please
11.VIVRE

DISC2:
DISC1収録曲のインストバージョンを収録

参加アーティスト
浦朋恵 / 岡本啓佑(黒猫チェルシー) / 佐藤優介(カメラ=万年筆) / 田村玄一(KIRINJI) / 徳澤青弦 / 張替智広(HALIFANIE、キンモクセイ) / 藤井学(The Miceteeth) / 松江潤 / 矢部浩志 / 吉澤嘉代子 / 他




『Suburban Baroque​​​』/ カーネーション
2017年12/6リリース
フォーマット:LP(180g重量盤)
レーベル:CROWN STONES / ​JET SET
カタログNo.:JS​LP087​
価格:¥3,600(税抜)
【Track List】
side-A
1. Shooting Star
2. Peanut Butter & Jelly
3. ハンマーロック
4. Little Jetty
5. 夜の森

side-B
1. Younger Than Today
2. 金魚と浮雲
3. Girl
4. Suspicious Mind
5. Please Please Please
6. VIVRE


2018.3.30 18:56

【NEWS】LAのdream pop/shoegazer Winter 2ndアルバム『Ethereality』の日本盤を4/18にリリース & アルバムからのMV第2弾「Zoey」を公開





LAのSamira Winter率いるdream pop/shoegazer、Winterによる2ndアルバム『Ethereality』の日本盤が4/18にリリースされる。
日本盤ではボーナストラック2曲を収録、さらにイラストレーターanccoの書き下ろしによるオリジナルアートワーク仕様となっている。
そしてそのアルバムから2本目となるMV「Zoey」が本日公開された。



『Ethereality』/ Winter
2018年4/18リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-24716
価格:¥2,400(税抜)
※イラストレーターanccoによる日本盤オリジナルアートワーク
※日本盤ボーナス・トラック2曲収録
【Track List】
01. All In My Head
02. Alligator
03. Zoey
04. You Don’t Know Me
05. Black Sea
06. Best Of It
07. High School
08. Sunshine Devine
09. Blue Eyes
10. Stars Collide
11. Dreaming [Bonus Track]
12. Nothing [Bonus Track]


2018.3.30 12:00

【NEWS】DENIMS 初のフルアルバム『DENIMS』がアナログ化 4/7(土)の『ODD SAFARI』で先行販売



DENIMSが昨年12月にリリースした初のフルアルバム『DENIMS』がアナログ化される。
FLAKE RECORDSのレーベルFLAKE SOUNDSよりリリースされるこの作品、4/7(土)に開催される彼ら主催のフェス『ODD SAFARI』の会場で先行販売も決定している。



『DENIMS』/ DENIMS
2018年4/20リリース
フォーマット:LP
レーベル:FLAKE SOUNDS
カタログNo.:FLAKES-182
価格:¥3,000(税抜)
【Track List】
side-A
1.fools
2.モータウンサイクルダイアリーズ
3.ゆるりゆらり
4.teach me
5.酔いは醒めないで

side-B
6.hooligan
7.カーテンコール
8.otagaisama
9.Ben & Robin
10.ソウルバラード




DENIMS presents
『ODD SAFARI』
2018年4/7(土)味園ユニバース
ACT:DENIMS / tricot / ドミコ / 愛はズボーン / Aiming For Enrike(ノルウェー) / tempalay / TENDOUJI / プププランド / Special Favorite Music
SHOP:FLAKE RECORDS / digmeout / ART&DINER / cafe unji adim
DJ:SHOTA-LOW
ライブペイント:WHOLE9
自転車展示:ソウカワガレージ
Open 13:00 / Start 14:00
Adv ¥3,500 / Door ¥4,000(+1d)
チケット予約:
e+

2018.3.30 8:30

【NEWS】イベント情報:4/29(日)開催のサーキットイベント『Magic Node Festival』通称マノフェス 出演者第4弾として9組を発表



4/29(日)に下北沢の複数会場で開催されるサーキットイベント『Magic Node Festival』通称マノフェスの出演者第4弾が3/29に発表された。
今回発表されたのはアクロアイト、UREINOMISORA、sachi.、the tote、ちゃるけん、成田あより/ 成田真歌、森ゆめな、NanoCrydeの9組。
NanoCrydeはマノフェスの連動イベント『KNOCK OUT FES』からの推薦アーティスト。
チケットは現在プレイガイドで販売している他、出演者・主催者の取置きが可能。

『Magic Node Festival』
2018年4/29(日)
下北沢 MOSAiC、WAVER、mona records、LIVE HOLIC、近松
ACT:​nameshop / ハシグチカナデリヤ / こゆび / アバランチ / 中原くん / オトループ / NANOSCALE / 空創ワルツ / CIVILIAN SKUNK / 古今三奇人 / BRAVE in HEAD / ミや / 山形りお / ラブリーラブリー / MANO★FIVE / laid back bicycle / あけみ / ALTRA&CRYOGENIC / CANATA / 巨峰3兄弟 / TAKEKINGS / DE BESO / tradlad / 長靴をはいた猫 / プラグラムハッチ / YAASUU / アクロアイト / UREINOMISORA / sachi. / the tote / ちゃるけん / 成田あより/ 成田真歌 / 森ゆめな / NanoCryde(KNOCK OUT FES推薦)
Adv ¥2,900 / Door ¥3,400(+1d)
主催/企画/制作:Magic Node Festival 実行委員会
協力:KNOCK OUT FES実行委員会

OFFICIAL SITE  
Twitter
Facebook

2018.3.30 8:09

【NEWS】 オルガノラウンジのHiroshi Hondaによるソロ・プロジェクトVOQ 1stアルバム『YONA』を4/17にリリース



オルガノラウンジのVo.としても知られるHiroshi Hondaによるソロ・プロジェクトVOQ(ボック)は、4/17に1stアルバム『YONA』をPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

VOQ活動開始から録りためてきた楽曲の中から11曲を収録した今作は細野晴臣に「どこか放っておけない陽炎のような歌」とも評された儚く繊細な歌声と独特な世界観を醸し出すオルガノラウンジのサウンドはそのままに、よりパーソナルな響きと深い思想を感じる音楽となっている。
また、VOQ自身は「音楽を美術にしたい。」と語っており、「アートっぽい音楽」でも「サウンドアート」でもない「『美術=ビジュアルアート』として鑑賞できる音楽」を目指した。

アートワークには映像作家である松本力のアニメーション原画を基にしてアートディレクター兼グラフィックデザイナーの服部一成が担当している。

現在YouTubeにてトレーラーが公開されている他、SoundCloudではリードトラック他数曲の試聴音源が公開中。



『YONA』/ VOQ
2018年4/17リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo:PFCD77
価格:¥2,100(税抜)
【Track List】
01. 5/4
02. cloudland
03. yona
04. ĉielarko
05. letlit
06. conadona
07. lulu
08. swanna
09. nouno
10. flowerlang
11. nova – good night
amazon
タワーレコード

All Tracks and Songs Written, Produced, Recorded and Mixed by VOQ

Except

M4 ĉielarko
Collaborate with Mi amas TOHOKU (kvina and SHOE PRESs)

M8 swanna
Words by Chikara Matsumoto and VOQ

Mastered by Kosuke Nakamura

Artwork by Chikra Matsumoto
Design by Kazunari Hattori






2018.3.30 7:44

【NEWS】takahashi/Aitata 新曲「避けられない夜に」を公開

東京を拠点として活動するtakahashi/Aitataは29日、新曲「避けられない夜に」を公開した。
この楽曲に対してtakahashi/Aitataは「すごく曖昧な中をぬるーくすり抜けるみたいな。家族でお酒を飲むなんてこと結局しなくなったなぁ、みたいな。」というテキストを添えている。

2018.3.30 6:05

【NEWS】either 竹内電気のカバーを含む2曲を収録したシングル「アスピレーション」5/12(土)リリース & 同日昼間にSonoSheet、ankを招いてリリースパーティーを開催



東京を拠点として活動するロック・バンド eitherは、5/12に2曲入りのシングル「アスピレーション」をリリースするとアナウンスした。
このシングルでは表題曲の他に、彼らがリスペクトする竹内電気の「boys be」のカバーも収録されている。
また、リリース日の5/12(土)には下北沢SHELTERにてレコ発イベントを開催する。
昼12:15スタートのこのイベント、ゲストには彼らと親交の深い宇都宮のSonoSheet、都内を中心に人気を集めるスリーピースankを招いてのスリーマンイベントとなっている。

「アスピレーション」/ either
2018年5/12リリース
フォーマット:CD
価格:¥500
1. アスピレーション
2. boys be(竹内電気 cover)
※ライブ会場他、所定のCDショップにて発売予定。


either presents
either New Single ”アスピレーション”
release party
2018年5/12(土)下北沢SHELTER
ACT:either / ank / SonoSheet
Open 12:00 / Start 12:15
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(+1d)
チケット予約:
SHELTER 店頭
メール予約:
either.band@gmail.com



2018.3.30 0:21

【NEWS】ハモニカクリームズ 3/28リリースのアルバム『ステレオタイプ』レコ発ツアーを発表



3/28にニュー・アルバム『ステレオタイプ』をリリースする清野美土(Harmonica)、大渕愛子(Fiddle)、長尾晃司(Guitar)によるケルトとブルースをバックボーンとするインストバンド ハモニカクリームズは、全国をめぐるレコ発ツアーを開催する。
現在群馬、石川、富山、愛知、京都、東京、茨城、栃木、長野の9都道府県 10公演が発表されている。
YouTubeではこのツアーの予告動画も公開中。
また、中村達也、清水ひろたか等からのコメントも到着している。

ハモニカクリームズ
新アルバム『ステレオタイプ』
レコ発ツアー

2018年4/13(金)高崎安中 板鼻ポケット
詳細情報

2018年4/14(土)金沢 もっきりや
詳細情報

2018年4/15(日)富山滑川 旧宮崎酒造ぼんぼこさ
詳細情報

2018年4/19(木)名古屋 TOKUZO
詳細情報

2018年4/21(土)京都 アバンギルド
詳細情報

2018年4/22(日)東京・吉祥寺 STAR PINE’S CAFE
詳細情報

2018年5/10(木)水戸 GIRL TALK
詳細情報

2018年5/11(金)宇都宮 studio baco
詳細情報

2018年5/12(土)結城 Cafe la famille
詳細情報

2018年5/13(日)上田 犀の角
詳細情報





美土を初めて聴いたのはハーモニカコンテスト決勝ライブ。盛り上がり過ぎて演奏規定時間をオーバー。思えばあの頃から美土のハーモニカはキレまくっていた。フィドルのようなアイリッシュマナーのハーモニカは美土そのもの。
ジャンルや国境を軽々越えたハモニカクリームズの新譜は貴方も貴女もオーバーヒートマチガイナシ。
KOTEZ (ブルーズ・ザ・ブッチャー)

ハモニカクリームズはいつでも元気一杯。脂がのって来た??なんかとても美味そうです。気合い入って更に元気一杯。
縦横無尽に乱高下するハモニカとヴァイオリン
それをしっかり支えるギター、、、。聴いていると勇気が湧いてくるのは制作過程で果敢に挑んだ証。音も演奏も曲も素晴らしいアルバムが完成しましたね!!!おめでとう〜!!
清水ひろたか (コーネリアス、Plastic Ono Band、他)

人生美味しくなるレシピをご紹介いたします!
ケルト、ジャズ、ロックと最強のミュージシャンを勢いよく混ぜた後、オーブンに入れて仕上げに甘いクリームを乗せたらハモニカクリームズの出来上がり!さ〜召し上がれ〜
マイア・バルー

あのころ私たちはもっと自由でもっと激しく、もっとすべてを愛していた。
ハモニカクリームズの織り成す音は記憶のない頃の記憶をひとつずつ辿るような地図みたいなもの。
懐かしく、新しい自分に出会いにいける地図みたいな、もの。
優河

もはや悪魔は魂を、買いに来ない。ある日クロスロードで、待ちぼうけを食らったので、次郎吉で、落ちこぼれのブルースマンにひっぱりだされて、こいつと気が狂うまでJAMッタ夜が、待ち遠しい。生身のYOSHITOのハープを浴びたい。中村達也より。




『ステレオタイプ』/ ハモニカクリームズ
2018年3/28リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE RECORD
カタログNo:PCD-25252
価格:¥2,500+税
【Track List】
01. Ready for anything
02. Thirtyy ears
03. El verano
04. Eve vote
05. alba
06. Polaris
07. Alain fisherman
08. matane
09. Looking by that hill
10. イチブンヒャッケン/Ichibun-Hyakken

2018.3.29 21:09

【NEWS】Starchild & The New Romantic 1stフルアルバム『Language』リリースパーティーでのパフォーマンス映像「Black Diamond」公開





ブラッド・オレンジやソランジュ、カインドネス、チェアリフト等の作品への参加等で知られるBryndon Cookによるプロジェクト、Starchild & The New Romanticは、3/2に国内盤をリリースした1stフルアルバム『Language』収録曲から「Black Diamond」のフル・バンド編成のパフォーマンス映像を公開した。
この映像はThe Greene Spaceにて行われたアルバム・リリース・パーティでのもの。
アルバム『Language』は、日本盤のみE.P.『Crucial』をボーナス・ディスクとして追加した2枚組仕様で発売中。



『Language』
/ Starchild & The New Romantic
2018年3/2リリース
フォーマット:CD 2枚組/デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-100
価格:¥2,250(税抜)
【Track List】
DISC 1:
01. Language
02. Mood
03. Only If U Knew
04. Hands O
05. Hangin On
06. Black Diamond
07. Ophelia’s Room
08. Some People I Know
09. Can I Come Over?
10. Doubts
11. Good Stu
12. Boys Choir
13. Lost Boys
14. Hand To God

DISC 2 (Crucial EP – CD only Bonus Disc):
01. All My Lovers
02. Slammin’ Mannequin
03. Relax
04. Love Interlude
05. Stacy
06. Woman’s Dress
07. New Romantic
08. Crucial


2018.3.29 14:17

【NEWS】Indian Wells Luke AbbottによるRemix「It’s Where The World Ends (Luke Abbott Alternative Mix)」がXLR8Rでフリーダウンロード公開



昨年日本盤がリリースされた南イタリアのプロデューサーPietro IannuzziによるプロジェクトIndian Wells初のフィジカル作品『Where The World Ends』に日本盤ボーナストラックとして収録されたLuke AbbottによるRemix「It’s Where The World Ends (Luke Abbott Alternative Mix)」が、XLR8RでフリーDLとして公開された。

XLR8R
「Indian Wells ‘It’s Where The World Ends’ (Luke Abbott Alternative Mix)」



『Where The World Ends』
/ Indian Wells
2017年9/8リリース
フォーマット:CD/ デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-091
価格:¥2,000(税抜)
※正方形紙ジャケット仕様
※CDリリースは日本のみ
※ボーナス・トラック2曲収録
【Track List】
01. Voices
02. Cascades
03. Forest Hills
04. Some Stripes
05. Heart of Lights
06. The Alps
07. Les Ardennes
08. It’s Where The World Ends
09. Parola
11. Dimension Render *
12. It’s Where The World Ends (Luke Abbott Mix) *
「*」はボーナストラック





2018.3.29 13:58

【NEWS】The Mash ライブ会場と通販限定のオリジナルデザインピック付きシングル「Baby rock show」「隣のあいつの殺し方」リリース & デジタルシングル『Rolling』リリース 6/10(日)にはリリースツアーファイナルとしてワンマン開催



昨夜放送されたテレビ東京系列「エンタX」の音楽バトル グランドチャンピオン大会の決勝戦にて、TSUTAYA特別賞を受賞した東京の4人組 The Mashが明日3/30より、「Baby rock show」「隣のあいつの殺し方」の2曲をオリジナルデザインピック付きダウンロードコードシングルとしてライブ会場&通販限定でリリースすることを発表した。
「Baby rock show」は、昨夜の「エンタX」で初披露された最新の楽曲、「隣のあいつの殺し方」は、バンドの最初期に作られ、現在廃盤となっている1stシングルに収録されていた曲を再録したもの。
この2曲は5/2より各種配信サービスでもデジタルシングル「Rolling」として配信開始する。

また、1/10よりスタートしたツアー『The Mash リリースツアーファースト!』のファイナルとして6/10(日)に渋谷Milkywayにて、『やれんの?ワンマンライブ 2』と題したワンマンを開催することも発表された。
チケットは明日3/30(金)に新松戸のFIREBIRDで開催される『The Mash リリースツアーファースト!』の会場より販売開始となる。
このワンマンは19歳以下はチケット代無料で入場可能となっている。

The Mash オリジナルデザインピック付き
ダウンロードコードシングル
「Baby rock show」
2018年4/30リリース
価格:¥500
※LIVE会場&通販限定リリース

「隣のあいつの殺し方」
※LIVE会場&通販限定リリース
2018年4/30リリース
価格:¥500
※LIVE会場&通販限定リリース




『Rolling』/ The Mash
2018年5/2リリース
フォーマット:デジタル配信/ストリーミング配信
【Track List】
01. Baby rock show
02. 隣のあいつの殺し方 (2018 New Recording Version)








『やれんの?ワンマンライブ 2』
2018年6/10(日)渋谷Milkyway
ACT:The Mash
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥2,500(+1d)
※19歳以下は入場無料(d代別)
 要予約(限定人数)・当日身分証提示
チケット予約:
3/30(金)よりライヴ会場&通販限定にてオリジナルデザインチケットを販売
プレイガイド:4/28~
e+
ローソンチケット


『The Mash リリースツアーファースト!』
2018年3/30(金)新松戸FIREBIRD
ACT:The Mash / 純情マゼラン / 工藤ちゃんのピンクローターズ / The Spanky Muds / ナナちゃんリジー / 梅星えあ / 伴野あやめ
Open 17:30 / Start 18:00
Adv ¥2,300 / Door ¥2,800(+1d)

『idobata vibration vol.2』
2018年4/7(土)浅草Golden Tiger&Buttobi
ACT:ボトルズハウス / 股下89 / MINAKEKKE / The Mash / 大滝カヨ(UlulU) / サニーボーヤ(ボロキチ) / YDOでんじゃらす弾き語り / Ryusho(JurassicBoys) / and more
Open 17:00 / Start 17:30 
Adv ¥2,500

『桜の陣』
2018年4/11(水)新宿Marble
ACT:The Mash / KITANO REM / コシモトユイカ / HONGKONGETEMONKEY / the Goozgru / &more
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥2,300 / Door ¥2,500(+1d)

『DaisyBar 13th Anniversary~BET IT ALL~』
2018年4/22(日)下北沢DaisyBar
ACT:LAZYgunsBRISKY / The Mash / The holy’s / TENGUSTAR
Open 18:00 / Start 18:30 
Adv ¥2,300 / Door ¥2,500(+1d)

『メレ レコ発企画 逃げ道で拾ったギターを担いで』
2018年4/28(土)下北沢SHELTER
ACT:メレ / The Mash / 午前3時と退屈
Open 18:30 / Start 19:00 
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(+1d)
※学割:高校生以下¥1,000(+1d)


『ROCK’N’ROLL SPIRIT #18~こどもの日スペシャルagain〜』
2018年5/5(土祝)高円寺ペンギンハウス
the IGNORANTS / DRI:MOON / Adjapah / The Mash
Open18:00 / Start18:30 
Adv ¥2,300



2018.3.29 12:29

【NEWS】Half Mile Beach Club 4/18リリースの全国流通盤『Hasta La Vista』からの先行配信曲第2弾「Piccolo (feat. Maco Marets)」を公開



4/18に初の全国流通盤となるE.P.『Hasta La Vista』をリリースする逗子のバレアリックバンド Half Mile Beach Clubは、先行配信曲第2弾として、「Piccolo (feat. Maco Marets)」をApple Music、Spotifyで公開した。

このが曲は彼らが地元逗子でオーガナイズする映画と音楽にまつわるパーティー『Half Mile Beach Club』にMaco Maretsが出演したことをきっかけに制作されたもの。
今回の発表に合わせて特設サイトではMaco Maretsと、『Hasta La Vista』のエンジニアを務めた佐藤公俊(Mother Tereco)のコメントが公開されている。

3/8より先行配信第1段として配信された「Olive」は、Spotifyの国内バイラルチャートでトップ10入りを果たしている。

先行配信第2弾
「Piccolo (feat. Maco Marets)」
Apple Music
Spotify

先行配信第1弾「Olives」
Apple Music
Spotify


【Maco Maretsコメント】
正確な円を描きながら、螺旋状に少しずつ上昇していくような……
『Hasta La Vista』、この作品全体に流れる高揚感は一体、どこから?

HMBC の音楽は、ぼくらの胸んところをつめたく、それでいてやさしい指先でひっかきまわす。「行かなくちゃ」、ってね、どこへ? アイドンノウ。
でもとびきりエモーショナルな、その感覚でもって背中を押してくれるのです。

ぼくが「Piccolo」に添えたヴァースは明らかに異質な闖入者であるに違いないけれど、それでも、この声が生んだノイズ、作品に加えたゆるやかな歪みの成分が、少しでも聴く人の胸を揺らす方向に作用してくれたらと願っています。

素敵な作品に呼んでくださって、本当にありがとう。
そしてリリースおめでとうございます。

———————

【佐藤 公俊(Mother Tereco)コメント】
…街の喧騒から少し外れ、静まる空気と紫煙が漂う部屋の中
午前3時の真空管ラジオから聴こえてくるサウンドトラック。
時間や場所を超えて、どこかデジャブのような懐かしさを運んでくるその音像とHalf Mile Beach Clubの音楽は、同じ香りを纏っている。

時に繊細に、時に大胆に
一つひとつ丁寧に織り上げられた楽曲たちを聴くたびに
彼らのホームタウンの情景が眼前に浮かび上がるようです。

このアルバムが出来上がる時間を共に過ごした事は
私にとってこの先、とても心地の良い記憶となるでしょう。




『Hasta La Vista』/ Half Mile Beach Club
2018年4/18リリース
フォーマット:CD/デジタル配信/ストリーミング配信
レーベル:249records
価格:¥1,500(税抜)
【Track List】
1. Olives
2. Blue Moon
3. Bee Line
4. Piccolo (feat. Maco Marets)
5. Monica
6. Green House
7. Blue Moon (in the blue shirt Remix)

Apple Music
Spotify

Hasta La Vista特設サイト


2018.3.29 12:00

【NEWS】Emily Isherwood シングル『Calibrate』の配信を開始



ブリストルのEma SierraによるプロジェクトEmily Isherwoodのシングル『Calibrate』がイギリスのArt Is Hard Recordsよりリリース。
name your price。

2018.3.29 8:35

【NEWS】Ikuko Morozumi E.P.『Deep』リリース

Ikuko Morozumiは28日、E.P.『Deep』をbandcampでリリース。
このE.P.は、過去にSoundCloudで公開してきた楽曲をリマスタリングしてまとめたもの。
name your price。



『Deep』/ Ikuko Morozumi
2018年3/28リリース
フォーマット:デジタル配信
価格:name your price
【Track LIst】
1.Future And Future
2.PM
3.Overturn
4.Collapse
5.Flow


2018.3.29 8:14

【DIG】 Black Lucy 02 EP / Ayako Mori, Juan Trujillo, Regression

2018.3.29 8:07

【NEWS】Terminal Explosion 新機軸「パープル」第4弾としてsubHuman『bob -EP』をリリース

Terminal Explosionは26日、新機軸 パープルの第4弾としてsubHumanによるE.P. 『bob -EP』をリリースした。
name your priceのDLに加え、CD-R、Tシャツやキャップとのセットが販売されている。



『bob – EP』/ subHuman
2018年3/17リリース
フォーマット:デジタル配信/CD-R
レーベル:Terminal Explosion
カタログNo.:TEXTDL-107
価格:
name your price(DL)
¥1,000(CD-R)
【Track List】
01 bob
02 contro
03 cant


2018.3.29 8:03

【NEWS】イベント情報:toitoitoi ツーマン企画『対峙 vol. 6』ズーカラデルを招いて札幌 SPIRITUAL LOUNGEにて開催



千葉を拠点に活動する2人組 toitoitoiは、2017年より継続中のツーマン企画『対峙』の札幌篇『対峙 vol. 6』を5/20(日)に札幌 SPIRITUAL LOUNGEにて開催すると発表した。
初の関東圏外での開催となる今回は、toitoitoiメンバーたっての希望により、地元札幌の3ピース ズーカラデルを招いて開催される。
彼らは4/13(金)に2枚綴りペアチケットのみの発売形態を取った渋谷O-WESTでのワンマン『対峙 SP』の開催も控えている。

○toitoitoi presents 2man live
『対峙 vol.6』
〜ズーカラデル編〜
2018年5/20(日)札幌 SPIRITUAL LOUNGE
ACT:toitoitoi / ズーカラデル
Open 11:00 / Start 11:30
Adv ¥2,500 / Door ¥2,800(+1d ¥600)
チケット予約:(3/29 10:00~)
e+



toitoitoi ワンマンライブ
『対峙 SP』
2018年4/13(金)TSUTAYA O-WEST
ACT:toitoitoi
Open 18:22 / Start 19:22
ADV ¥5,000(+1d)
※2枚綴りペアチケットのみ
“あなたの大切な人”を誘おう」特設ページ


メンバーコメント

2017年に五ヶ月連続開催した対峙。
toitoitoiの今までの歴史も、これからの道も全部含んだ大切なイベントだから、更なる成長を目指して、やっぱり旅に出すことにしました。
ライブハウス、演者、お客様が対峙することで起こる化学反応は、土地がかわればどう変わるか。とっても楽しみです。
相手はズーカラデル。
理由は大好きだから。以上です。
(岸川まき)

今まで札幌ではたくさんの素晴らしいバンドと出会ってきました。今回の「対峙 vol. 6」は、最近東京でも大活躍のズーカラデル。 吉田君は数少ない、我が家に何度も泊まってくれるミュージシャンです。 それだけで、彼の素晴らしさが伝わりますね。5月の暖かい日、昼間からズーカラデルを迎え真摯かつ我武者羅なステージをお見せします。
(ムラコシ)

2018.3.29 8:01