indiegrabロゴ

nayutanayuta

【NEWS】onett 7曲入りの音源「いきなりヌーヴェルヴァーグ / 新世界」を9/23(土)渋谷RubyRoomの企画より販売開始

埼玉・東京を拠点として活動するonettは、両A面シングル「いきなりヌーヴェルヴァーグ / 新世界」を9/23にリリース。
ミックス/マスタリングに神井翔太(チマタボーイズエトセトラ)が参加しているこの音源は両A面シングルと言いつつボーナストラックを含む全7曲が収録されている。
また、このCDは/23(土)に渋谷RubyRoomでonettがnayutanayutaと共催する『Dance in the apollo vol.2』の会場から販売開始。
当日はシングルレコーディングメンバーを中心とした編成でのライブとなる。



「いきなりヌーヴェルヴァーグ / 新世界」
/ onett
2017年9/23リリース
フォーマット:CD
価格:¥1,000
※全7曲収録




onett & nayutanayuta pre.
『Dance in the apollo vol.2』
2017年9/23(土)渋谷RubyRoom
ACT: onett / nayutanayuta / Eunaly / bulbs of passion
Open 17:00 / Start 17:15
Ticket ¥2,000
チケット予約:
nayutanayutaオフィシャル

2017.9.5 2:45

【NEWS】nayutanayuta 『new folklore EP』リリース & アルバム『nerd pop』をonettとの共催『Dance in the apollo vol.2』で無料配布

東京・神奈川を中心に活動するelectro pop、nayutanayutaは22日、新作『new folklore EP』をきいろれこーずより配信開始した。
現体制になってから初のEPとなる今作は、SoundCloudで公開済みの音源に、発表済みの音源の再録バージョンを加えた全5曲が収録されている。
また、彼らがonettと共同開催するイベント『Dance in the apollo vol.2』では、約2年ぶりとなるアルバム『nerd pop』が無料配布される。



『new folklore EP』/ nayutanayuta
2017年8/22リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:きいろれこーず
価格:FreeDL
【Track List】
1.rock’n’roll band
2.new folklore
3.サジタリアス
4.pray
5.protractor






『nerd pop』/ nayutanayuta
2017年秋リリース




onett & nayutanayuta pre.
『Dance in the apollo vol.2』
2017年9/23(土)渋谷RubyRoom
ACT: onett / nayutanayuta / Eunaly / bulbs of passion
Open 17:00 / Start 17:15
Ticket ¥2,000
チケット予約:
nayutanayutaオフィシャル

2017.8.25 14:09

【NEWS】イベント情報:onett & nayutanayuta pre.『Dance in the apollo vol.2』 9/23(土)渋谷RubyRoomで開催 出演にEunaly、bulbs of passion

nayutanayutaとonettは、共催イベントの第2弾『Dance in the apollo vol.2』を9/23(土)に渋谷RubyRoomで開催する。
出演はonett、nayutanayutaに加え、Eunaly、bulbs of passionが発表されている。

onett & nayutanayuta pre.
『Dance in the apollo vol.2』
2017年9/23(土)渋谷RubyRoom
ACT: onett / nayutanayuta / Eunaly / bulbs of passion
Open/Start TBA
Ticket TBA

2017.7.27 11:33

【NEWS】nayutanayuta 5thアルバム『nerd pop』を秋にリリース

神奈川・東京を拠点として活動するnayutanayutaは1日、約2年ぶりのアルバム『nerd pop』を秋にリリースするとアナウンスした。
Soundcloudで既に公開知れている「サジタリアス」「beautiful paradox」「pray」を含む全12曲を収録したこのアルバムは、ボーカルがshimejichanに変わってから初のフルアルバムとなる。
アートワークは@itsu_zzZ。



『nerd pop』/ nayutanayuta
2017年秋リリース






2017.7.5 12:13

【NEWS】nayutanayuta 3/25(土)開催『ナイスエイジミスマッチ』より新音源『beautiful paradox EP』配布開始



3/25(土)に皆様ズとの共同企画『ナイスエイジミスマッチ』を開催するnayutanayutaは、同日より新音源『beautiful paradox EP』を配布する。

『beautiful paradox EP』
2017年3/25リリース
価格:Free
【Track List】
01. Beautiful paradox
02. Guitar pop part2
03. World end & etc
04. Broken flowers


『ナイスエイジミスマッチ』
2017年3/25(土)渋谷Ruby Room
ACT:シーツ / hello glasgow / nayutanayuta / 皆様ズ
Open 18:00 / Start 18:30
Ticket ¥2,000(ticket + 1drink or 1 T-shirt)


テキスト:sabadragon(indiegrab)

2017.3.19 14:23

【NEWS】nayutanayuta × 皆様ズ 「1ドリンク or 1Tシャツ制」の共同企画『ナイスエイジミスマッチ』開催 ゲストにシーツ、hello glasgow





都内で活動するnayutanayutaと皆様ズは、3/25(土)に渋谷Ruby Roomにて共同企画『ナイスエイジミスマッチ』を開催する。
この企画のコンセプトは各主催バンドが、世代も音楽性も違う超カッコいいと思うバンドを1組ずつ招いて開催するというもの。
今回はシーツ、hello glasgowがゲストとして登場する。
また、今回はライブハウスで一般的に行われている「 +1ドリンク制」を見直し、「1ドリンク or 1Tシャツ制」という変わった料金体系を取る。
受付でドリンクチケットかTシャツチケットを選べるというこのシステムは、未成年者やアルコールを飲めない来場者がアルコールと同価格の金額を払う時に感じるもやもや感をなるべくハッピーな方法で払拭できないかという考えの元に生まれたもの。
企画者の一人である皆様ズのパラダイスは、
「特に1ドリンク制にヘイトを持っているとかではなく、試せることは全部試したいと考えているだけです。ハコが行うのは制度上難しい事情もあるので、まず人柱になろうかなと思い企画しました。」
とコメントしている。

『ナイスエイジミスマッチ』
2017年3/25(土)渋谷Ruby Room
ACT:シーツ / hello glasgow / nayutanayuta / 皆様ズ
Open 18:00 / Start 18:30
Ticket ¥2,000(ticket + 1drink or 1 T-shirt)

2017.2.12 21:00

【INTERVIEW】『Asylum Piece』Fragile Flowers




ex.Boyish、ex.TenkiameのNakamura Ryuichi。
soundcloudにソロ名義の曲をアップし続けた彼がFragile FlowersというユニットでEPをリリースすると知り、詳細な情報を知った時、その内容に驚きを隠せなかった。
「Bad End盤」「True End盤」という2バージョンのリリース、豪華な参加アーティスト、そしてブラッシュアップされた楽曲の数々…楽曲に散りばめられた彼の嗜好や引用。
これらを読み取りながら聴いていくうちに、Nakamura Ryuichiという人との対話をしていくような作品となっている。
この作品を作るためにどのようなプロセスや背景があったかを確かめ、また作品から一歩踏み込んだものを確かめるためにインタビューを申し込んでみた。

ただ引きこもって物語を摂取した日々は確かに自分の血肉になっていたのだと分かったことも喜びでした。


–:とにかく今現在のNakamuraさんの全部をぶつけているなというのがまず一聴した時の印象でした。普段twitterで拝見している音楽の嗜好等がこれでもかと込められています。
音楽、文学、ゲーム、アニメなど様々な作品を一度Nakamuraさんの中に収めて、そこからの引用やイメージを構築して作る作業はかなり複雑だったと思いますが、その辺りの苦労はいかがでしたか?
Nakamura Ryuichi(以下:Nakamura):今まで自分はアウトプットする作業を全くしてこなかったので、作詞作曲に関しては楽しくて仕方なかったです。書きたいことは沢山あって常に頭の中でいくつもフワフワしていたのでそれを繋ぎ合わせる感覚に近かったです。引用するにも自分の言葉で翻訳したりする過程があったので、その作業がとても楽しかったです。自分にはこんな引き出しがあった、ただ引きこもって物語を摂取した日々は確かに自分の血肉になっていたのだと分かったことも喜びでした。
–:タイトルの『Asylum Piece』はアンナ・カヴァンからですか?
Nakamura:そうですね。僕は彼女の作品、特に長編『愛の渇き』、『あなたは誰?』『氷』、と短編集『アサイラム・ピース』が大好きで、『アサイラム・ピース』は病室の中で繰り広げられる救いの無い群像劇がとても冷酷でヒリヒリした文体で書かれていて、とても大好きな作品です。
–:このEPは読書体験も大きく影響しているとの事ですが、このEPに特に影響を与えている作家や作品は?(書籍、文学作品的な意味合いで)
Nakamura:アンナ・カヴァンは翻訳されているものは全て。加えて主な国内作家を上げると、大江健三郎、唐辺葉介、久坂葉子、高橋源一郎、太宰治、飛浩隆、津原泰水、舞城王太郎、村上春樹、夢野久作、海外作家はヴォネガット、カヴァン、コルタサル、ヘンリー・ジェイムス、シュトルム、ディック、バラード、ジャック・フィニイ、ブローティガンロバート・F・ヤング、ダン・ローズ辺りでしょうか。
作品名を上げると『遊戯の終わり』、『たんぽぽ娘』、『西瓜糖の日々』、『幼年期の終わり』、『ムーン・パレス』、『結晶世界』『リリス』、『コンスエラ』、『永遠の終り』、『スローターハウス5』、『ソラリス』、『黒い時計の旅』、『グッバイ・チョコレート・ヘヴン』『万延元年のフットボール』、『斜陽』、『好き好き大好き超愛してる』、『ヨハネスブルグの天使たち』、『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』、『氷の涯』などで、幻想文学やSF的な要素がありつつもメッセージ性が強い作品、終末モノの作品に強く影響を与えられてきました。

書籍、文学作品的な意味合いでとの質問でしたが、すいません、僕にとってノベルゲームはとても多大な影響を与えられてきたのでそれらも羅列させて下さい。主にCRAFTWORK『さよならを教えて〜comment te dire adieu〜』、Force『2nd LOVE』、『書淫、或いは失われた夢の物語。』、Key全作、Leaf『雫』、『天使のいない12月』、S.M.L『CARNIVAL』、Tactics 『ONE ~輝く季節へ~』、otherwise『sense off』ケロQ『素晴らしき日々〜不連続存在〜』、『終ノ空』、公爵『ジサツのための101の方法』、フェアリーテール『狂った果実』、130cm『僕は天使じゃないよ』です。
僕にとってノベルゲームは読書と同じ感覚ですし、クソみたいな作品も多いですが18禁、マルチエンディングを冠しているだけあり、ノベルゲームでしかできない表現が沢山あるんです。もし時間や興味がある方はやって欲しいなあ…という思いで羅列しました(笑)
–:アレンジもスピッツ、フリッパーズギター、くるり等のアーティストからの引用が多く見られますが、やはりこういった元ネタを聴き手にわかるように
散りばめていく手法はフリッパーズギター以降の渋谷系を連想しましたが、その辺りからの影響は?
Nakamura:そうですね…、一時期いわゆる、パチフリやC級渋谷系バンドおよび00年代以降の渋谷系をめちゃくちゃ熱心に聞いていた時期があったのでその影響はあるかもしれません。編集感覚で曲を作っていく感じとか…。ただぶっちゃけてしまいますと、僕のアレンジ能力が無かったからというのが一番の理由です…(笑)

アイデアが洪水の様に湧いてきて…。じゃあもう1つの作品に仕上げてやるぞ…!っていう気持ちから始まりました。

–:このEPの収録曲ですと「翼とナイフと銃弾」が7月ぐらい前にsoundcloudにアップされていますよね。このころ制作段階に入っていたと思うのですが、EPの全体的な構想はできていましたか?また、全体的な制作期間はどの位になりますか?
Nakamura:「翼とナイフと銃弾」が出来た段階では、自分が満足出来た曲が1曲作り上げられたからもういいかなと思ったりしたんですが、それ以降アイデアが洪水の様に湧いてきて…。
じゃあもう1つの作品に仕上げてやるぞ…!っていう気持ちから始まりました。EP収録曲の骨格自体は1ヶ月もかからずに出来ました。
ただミックス/マスタリングおよびピッチ補正作業で楽曲制作の3倍の時間がかかりました…(笑)
–:デジタル配信でありながらブックレットやtab譜など、音源以外のアイテムにもこだわりが見えますが、これらを同梱しようと思ったのはどの段階でしょうか。
また、ブックレットは全体的に暗めの落ち着いた色になっていますが、これはNakamuraさんの発注によるものですか?
Nakamura:僕が今回のEPでやりたかったのはART-SCHOOLの『Mean Street』なのでアートワークもそれになぞろうと最初から決めていました。ブックレットのデザインも元ネタ『アサイラム・ピース』の装丁の様にして欲しいと細かく要望を伝えました。tab譜に関しては僕にとって一度譜面に起こす作業が作曲において必要な過程なのでおまけで配布しました。本当に難しいことはしてないので、これから作曲をする人の参考になったら嬉しいなあという思いもあったりします。



2017.2.8 22:00

【NEWS】Candy Collection Watartu(nayutanayuta)、Kusayouとのコラボ作品『4 Plug​-​in Songs EP』を配信リリース

東京を中心に活動するエレクトロポップ、Candy Collectionは1日、nayutanayutaのWataruと神戸のKusayouとのコラボレーション作品『4 Plug​-​in Songs EP』をbandcampで配信開始した。
FreeDL。

2016.12.1 11:34

【NEWS】nayutanayuta 新ボーカルshimejichanの加入を発表 & 新体制での音源「pray」公開

artworks-000195644870-zvcftf-t500x500


東京~神奈川を中心に活動するnayutanayutaは28日、新ボーカルshimejichanの正式加入をアナウンスした。
同時にsoundcloudに新体制での音源「pray」を公開。
また、shimejichanが所属するアーティスト集団「霜焼組」のグループ展「約1㎥展示会」の会場でnayutanayuta新体制の4曲入りCD-Rを無料配布する。



「約1㎥展示会」
2016年12/1(木)~12/4(日)
学芸大The 8th Gallery(CLASKA 8F)
9:00~21:00
Entrance 投銭制
イベント詳細
http://shimoyaki.com/1m3/

2016.11.29 12:10

【NEWS】青鷗(ex. Boyish、ex. Tenkiame)による音楽制作ユニットFragile Flowers 初のEPとなる『Asylum Piece』、「True End盤」と「Bad End盤」2種同時リリース

a2748692608_16

青鷗(ex. Boyish、ex. Tenkiame)を中心とした音楽制作ユニットFragile Flowersは17日、初のEP『Asylum Piece』をbandcampで配信リリースを開始した。
青鷗のこれまでのバンド経験と読書体験の全てを注ぎ込んだというこのEPは、「破滅の美学」、 「君と僕との逃避行」をテーマとした快作となっている。
参加アーティストにEriko Takano(17歳とベルリンの壁)、Yusuke Takamoto(Batman Winks、Yüksen Buyers House) 、Azusa Suga(For Tracy Hyde,ex.Tenkiame) 、mint(junebouvier,ex.Tenkiame) 、Yusuke Takamoto(Batman Winks,Yüksen Buyers House,ex.Tenkiame) 、Kensei Ogata 、GrayNightly a.k.a Chelsea Terrace 、しろいるか(Al-Kamar,Uyu) 、サナトリウム^q^ 、Yusei Tsuruta(17歳とベルリンの壁)、 midori(WTPMCC,Kensei Ogata Band) 、Mav.(For Tracy Hyde,ex.Boyish) 、Wataru(nayutanayuta) が、ライナーノーツにたびけん(Happy Valley Rice Shower)、おかざきよしとも(hasu-flower)、北出栞と錚々たる面々が参加名前を連ねる。
また、このEPはブックレットとライナー、最終曲が異なる「True End盤」と「Bad End盤」が存在し、ており、制作者の青鷗は『「Bad End盤」→「True End盤」の流れで聞いて頂けたら作り手としてこれ以上の喜びはありません!』とコメントしている。
「True End盤」「Bad End盤」共にFreeDL。



2016.11.18 12:04

【NEWS】イベント情報:船底春希と夏bot 共同企画『青の理由』タイムテーブルを発表

11/12(土)に下北沢 Three / Basement Barで開催される船底春希と夏botによる共同企画『青の理由』のタイムテーブルが12日に発表された。
タイムテーブルは以下の通り。

【第一部】
16:00~16:30  Yüksen Buyers House (BASEMENT BAR)
16:30~17:00  nayutanayuta (THREE)
17:00~17:30  SUPER SHANGHAI BAND (BASEMENT BAR)
17:30~18:00  Jan flu (THREE)
18:00~18:30  Balloon at dawn (BASEMENT BAR)

【第二部】
19:00~19:30  Cattle (BASEMENT BAR)
19:30~20:00  Teenagers in love (THREE)
20:00~20:30  Seebirds (BASEMENT BAR)
20:30~21:00  こども作戦 (THREE)
21:00~21:30  For Tracy Hyde (BASEMENT BAR)


春希×夏bot 秋期共同主催公演
『青の理由』
2016年11/12(土)下北沢 Three / Basement Bar
ACT:Balloon at dawn(大阪)/ Cattle / For Tracy Hyde / Jan flu / nayutanayuta / Seebirds(大阪) / SUPER SHANGHAI BAND / Teenagers in love(新潟)/ Yüksen Buyers House / こども作戦(函館)
Open 15:30 / Start 16:00
Adv ¥3,000 / Door ¥3,500(+1d)
『青の理由』特設サイト

2016.10.13 14:12

【NEWS】皆様ズ 新メンバーを迎えて活動再開と新メンバーでのMVを公開 & RO69JACKへの参加に選挙公約を掲げて出馬そして撤回

%e7%9a%86%e6%a7%98%e3%82%b9%e3%82%99_%e3%82%a2%e3%83%bc%e3%83%86%e3%82%a3%e3%82%b9%e3%83%88%e5%86%99%e7%9c%9fb

リーダーが離島へ移住により1年以上の活動休止期間を取っていた東京の皆様ズがニューメンバーの加入を経て活動を再開するとアナウンスした。
新メンバーは東京シューゲイザーシーンのホープ、17歳とベルリンの壁のYusei Tsuruta(Gt. / Cho)と、先日「インディーズうたのおねえさん」としてソロ活動を開始、karashigoroshi,
Sea Childのサポートメンバーとsちえも活動する美織(Key / Cho)。

同時に新メンバーでのMV「病気」をYouTubeに公開した。
このMVは「吉高由里子」と書かれたマネキンとの恋愛を描いた内容となっており、「君の将来の名字を/鈴木にする準備はできてる」というキラーフレーズが特徴的な同曲とマッチングした内容になっている。
コーラスには甘酒(メランコリック写楽)、竹前雅樹(elena)、wataru(nayutanayuta)といった盟友バンドが参加している。



そして「RO69JACK COUNTDOWN JAPAN 16/17」への出場権をかけた「RO69JACK」への参加アナウンスと、投票制オーディションという仕組みが飽和状態にあり、ユーザーへの甘えにより成立する事を不安に思ったパラダイスが投票制オーディション=選挙であるという方針をとることを決定…したのだが、RO69JACKは選挙では無いと気づいたパラダイスが方針を撤回。

以下、それに関するパラダイスのコメント。

皆様、平素より応援ありがとうございます。

今回、RO69JACKを総選挙だと認識して、昨日から選挙活動に邁進し、
鼻息を荒くして東京の街を這いずりまわっていたところ、
RO69JACKからご連絡をいただきました。ざっくり言うと
「パラダイスさん……パラダイスさん……RO69JACKは……選挙ではありませんよ……」
というものでした。

私は
「言われてみりゃそうだな」
と、RO69JACKが選挙では無いことに気づきました。

選挙では無いということで、マニフェストは廃止し、刷ったビラは破棄し、政見放送動画は削除する運びとなります。
応援して頂いた支持者の方々にはまことに申し訳ございません。
私がもう少し早く「選挙ではない」と気づいてさえいれば……!

ただまぁ、私個人の考えでは、ルールに則って変化を促すのが
いちばんカッコいいなと思っているため、
またやり方を検討して戻ってこれたらと思います。

それから、私の製作した「聴けるまとめ」が削除されているのは、
おもっきし「バンド関係者がまとめちゃダメ」というガイドラインに抵触してたからです。
まとめさせて頂いた58組のバンド/アーティストの皆様すみませんでした……。
純粋に素敵だなと思ったので、今度ライブ観にお邪魔させてください。

最後に……今回の選挙は泡と消えましたが、もの凄く都合の良いことを言えば、
何のリターンも無く「いつか面白いことをする」という未来しか担保にできない我々でも、引き続き応援して頂くことはできますでしょうか。

その声があれば、全身全霊全生命力をかけた活動を今後も続けてまいります。
それではまた、音の鳴る場所で会いましょうさようなら!

皆様ズ
パラダイス




皆様ズ公式
RO69応募ページ

2016.10.4 18:00

【NEWS】11/12(土)開催 船底春希 & 夏bot 共同企画『青の理由』 特設サイトをオープン

青の理由
11/12(土)に下北沢 Three/Basement Barで開催される船底春希と夏botによる共同企画『青の理由』。
その特設サイトがオープンした。
このサイトでは主催者による続報、出演者紹介など随時更新されていく。
また、同イベントでは現在フードの出店者を公募している。

『青の理由』特設サイト

春希×夏bot 秋期共同主催公演
『青の理由』
2016年11/12(土)下北沢 Three / Basement Bar
ACT:Balloon at dawn(大阪)/ Cattle / For Tracy Hyde / Jan flu / nayutanayuta / Seebirds(大阪) / SUPER SHANGHAI BAND / Teenagers in love(新潟)/ Yüksen Buyers House / こども作戦(函館)
Open 15:30 / Start 16:00
Adv ¥3,000 / Door ¥3,500(+1d)


2016.9.13 11:26

【NEWS】イベント情報:船底春希 × 夏bot Balloon at dawn、Cattle、Jan flu、nayutanayuta 他が出演の共同企画『青の理由』を11月に開催

青の理由

『せつなロマンス』『ドラマチックをちょうだい』等の主催を行ってきた船底春希は、For Tracy Hydeの夏botとの共同企画『青の理由』を11/12(土)に下北沢 Three/Basement Barで開催するとアナウンスした。
今回参加するバンドは先日シングルをリリースしたBalloon at dawn(大阪)をはじめ、Cattle、For Tracy Hyde 、Jan flu、nayutanayuta 、Seebirds(大阪)、SUPER SHANGHAI BAND、Teenagers in love(新潟)、 Yüksen Buyers House、こども作戦(函館)の10組。

春希×夏bot 秋期共同主催公演
『青の理由』
2016年11/12(土)下北沢 Three / Basement Bar
ACT:Balloon at dawn(大阪)/ Cattle / For Tracy Hyde / Jan flu / nayutanayuta / Seebirds(大阪) / SUPER SHANGHAI BAND / Teenagers in love(新潟)/ Yüksen Buyers House / こども作戦(函館)
Open 15:30 / Start 16:00
Adv ¥3,000 / Door ¥3,500(+1d)

2016.8.21 12:58

【NEWS】nayutanayuta & onett ツーマンイベントを10/1(土)に開催

nayutanayutaとonettは15日、ツーマンライブを新宿21世紀で10/1(土)に開催するとアナウンスした。
開催日と酒店者以外の情報は追ってアナウンスされる。

2016.8.16 17:01

【NEWS】ピコピコ系ラップユニットPea Coat Pizza Club 初音源「休日ゾンビ」のリリース & リリックビデオ公開 & グッズプレゼント企画開始

cap

Mc Kamado(nayutanayuta ワタル)、Mc anchovy(皆様ズ パラダイス)、Ms.Paprika(豆腐が好きなアイリ)は、ピコピコ系ラップユニットPea Coat Pizza Clubを結成。
初となる音源「休日ゾンビ」をきいろれこーずより本日6日にリリースした。
同時にYouTubeにはリリックビデオも公開。
このリリックビデオは185°の超広角カメラガジェットで撮影された上にリリックをオリジナルのフォントで処理してあるという手の込み様となっている。
このフォントひらがな、カタカナ、全角アルファベット、全角数字、歌詞で使用した一部の漢字にのみ対応しており、きいろれこーずのリリースページからDL可能。
さらにこのフォントを使用したオリジナルTシャツのプレゼント企画もスタートしている。
応募方法はMc Kamadoことnayutanayutaワタル(@rekid0219)が「#休日ゾンビプレゼント」のハッシュタグをつけたツイートをRT。
抽選で5名にTシャツがプレゼントされる。





t
プレゼント用Tシャツ

2016.8.6 21:00

【NEWS】nayutanayuta 新作『skirt EP』をリリース

神奈川・東京を中心に活動するnayutanayutaは18日、新作『skirt EP』をきいろれこーずよりリリースした。
先日MVが公開された「skirt」を含む3曲が収録されている。
FreeDL。

2016.7.19 1:09

【NEWS】nayutanayuta 新曲「skirt」のPVを公開 & 8/14(日)『Keeping The Men Vol,1』に出演

神奈川〜東京を中心に活動するnayutanayutaは1日、新曲「skirt」のPVをYouTubeで公開した。
現在彼らはこの曲を含むEPの配信を予定している。
また、8/14(日)には渋谷ミルキーウェイで半年ぶりのライブを行う。



『Keeping The Men Vol,1』
2016年8/14(日)
ACT:ACCESSFREE / HERO FOR A DAY / エスクレッソン / nayutanayuta / TEAR(O.A) / and more..
Open/Start TBA
Adv ¥1,800 / Door ¥2,300(+1d)

2016.7.2 15:22

【NEWS】nayutanayuta ピザ屋が中野を走りまくるMV「Synthesizer」公開

東京・神奈川を中心に活動するgloomy pop・nayutanayutaは22日、4thアルバム『Dance in the folklore』収録曲「Synthesizer」をyoutubeに公開した。
ピザ屋のHPをモチーフにしたMVの画面ではピザ屋に扮した主演女優がピザを片手に中野の街を走り回っている。
このコンセプトはnayutanayutaのwataruと監督のパラダイス(皆様ズ)が初回打ち合わせ時に食べた宅配ピザの味に感動した事がきっかけで決定したもの。
nayutanayutaのwataruは
「「ピザ好きの監督と、ピザ好きの女優と、ピザ好きのバンドマンでピーブイを撮った結果、ピザになりました。すべてのピザ好きにピザ神のご加護がありますように!」」
とコメントしている。



2016.4.23 11:43

【DIG】December / nayutanayuta


昨年末にリリースされたきいろれこーずのコンピに収録されたトラック。

2016.3.7 1:25