indiegrabロゴ

REVIEW

【大晦日】indiegrabの一部メンバーが選ぶ2017年の10作品

クリスマスが終わってしまい何事にもやる気が感じられないこの年の瀬、皆様いかがお過ごしでしょうか。 昨年から始めた大晦日の企画を今年もやってみました。 2017年リリースという以外には特に縛りなしです。 去年は「10枚」って書いてましたが、単発のトラックもありなので「作品」って表記……(続きを読む)

2017.12.31 12:00

【Xmas】Christmas Time 2017

毎年sabadragonがやってるクリスマスの曲を適当にチョイスして並べるだけの企画です。 今年は例年に増して雑に選んでいるのでジャンルに思いっきり偏りがあります。 まあ音楽なんか聴いてないで家族や友人と楽しいクリスマスでも過ごしてくださいって事で。 Merry, Merry C……(続きを読む)

2017.12.24 12:00

【REVIEW】V.A.『NOT FORMAL ~NEW ALTERNATIVE~』

ALTERNATIVE:別の可能性、取って代わるもの、代替手段、選択肢、オプション、代わりの、別の、他に取り得る。 真正面から『ALTERNATIVE』の意味を切り取ってみると、上記のようにある。 この言葉には一つの断りが必要になる。この言葉は、他の大きな存在を示唆し、呼応してい……(続きを読む)

2017.11.27 21:50

【REVIEW】吉田ヨウヘイgroup『ar』

吉田ヨウヘイgroupは前作『Paradise lost, it again』を2015年に発売したのち、2016年2月に活動休止した。最大6人まで増えたメンバーは、現在では4人で活動している。 中心人物の吉田ヨウヘイ、片腕的存在のギタリスト西田修大、2014年から加入したコーラ……(続きを読む)

2017.11.17 22:07

【REVIEW】For tracy hyde『he(r)art』

2014年に彼らが出したEP『In Fear Of Love』を出した際、ぼくは当時参加していたbelong Mediaでのディスクレビューでこのように書かせてもらった。少し長いが、そのまま引用してみよう。 <これまで彼らが敬愛していたシューゲイザー/渋谷系/ネオアコースティック……(続きを読む)

2017.11.15 22:12

【特設】9/2(土)に『SONIC DEAD KIDS』を開催するLADY FLASH、For Tracy Hyde、VANILLA.6、そして木下理樹からのコメントを掲載

大阪を拠点として活動するVANILLA.6とLADY FLASH、東京を拠点とするFor Tracy Hydeの3バンドは9/2(土)に新宿MARZにて共同企画『SONIC DEAD KIDS』を開催する。 タイトルからしてART-SCHOOLへのリスペクトを感じるこのイベントは……(続きを読む)

2017.8.9 21:00

【indiegrab 3周年記念】だって夏だから2017

本日7/21をもってサイトオープンから3周年を迎えたindiegrabというかsabadragonが毎年この時期にお送りする水着アートワークの祭典です。 今年はなぜか水着アートワークの音源が圧倒的に少なく、頼みの綱のhip hop系ですらほとんど見かけなかったという。 年々辛くな……(続きを読む)

2017.7.21 12:00

【REVIEW】inacagraphy+ / satohyoh (PROGRESSIVE FOrM)

秋田県で活動し、本作が1stアルバムになるsatohyohだが、これまでにsoundcloudやnoteでも展開してきたオーガニックなサウンドとフィールドレコーディングを軸にした「音メモ」を起点としたサウンドスケープを繰り広げている。 1. roof snow 冒頭はフィールドレ……(続きを読む)

2017.4.19 12:00

【REVIEW】Float down the Liffey『琥珀色が沈むまでは』

Float down the Liffey – 琥珀色が沈むまでは のっけから今作のハイライトから書き始めたい。今作で一番のハイライトにあたるのは4曲目の「砂の女」だろう。 序盤の大きく刻まれるリズム・グルーヴ感ではシューゲイズ・サウンドが中心になるが、中途から徐々に……(続きを読む)

2017.3.20 14:31

【LIVE REPORT】ジェフ・ミルズ × 東京フィルハーモニー交響楽団 大阪公演

ジェフ・ミルズが東京フィルハーモニー交響楽団とコラボレーションする来日公演「爆クラ!presents クラシック体感系Ⅱ -宇宙と時間編」が、2月22日(水)に大阪・フェスティバルホールでスタートした。 同公演は2部に別れた構成で、第1部はアンドレア・バッティストーニが指揮する東……(続きを読む)

2017.2.24 12:00