【INTERVIEW】Tsudio Studio


4. Snowfall Seaside ― 国道2号線



1959年の国鉄塩屋駅前の国道2号線の様子[1]

2019年のJR塩屋駅前の国道2号線の様子。海岸に降りる階段はなくなっている。左手には旧後藤邸も見える。

エブリデ:音楽を作るときは感覚と音楽理論のどちらを重視されて作りますか?
Tsudio Studio:結構感覚で作ってますね。音楽を聴くことと作ることを一緒だと捉えているんですよ。もちろん作る方は時間やエネルギーがたくさん必要ですけど、根本的なところでは同じだと思ってます。音楽を聴いて受け取った音を心の中で解凍する様な感覚があって、それは聴いているときも作っている時も同じです。僕は普段、音楽を色や形や風景として捉えて聴くのですが、作るときは逆に心にあるイメージを音楽にしています。
エブリデ:わかります。五感で微分して心と頭で積分するような感覚なのかなと思います。ということは音楽理論中心の曲作りではないということですか?
Tsudio Studio:現代は譜面だけじゃなくてDAWがあるので音楽理論的なところはそれで補完しながら制作しています。だから感覚が先行する曲作りでも音楽理論を全く無視した曲作りではないと思っています。Cubaseは同じコードの中でも色々な押さえ方を瞬時に試したりできるので最高です。



5. Mikage ― 阪急御影



曲のイメージの舞台になった御影山手にある蘇州園の1974年時点の様子。現在は結婚式場やレストランになっているがもともとは社長邸宅を再利用した広東料理店[6]。
同じく曲のイメージの舞台になった阪急御影にある深田池公園。




エブリデ:僕たち(wai wai music resort)も「Mikage」のリミックス(Port IslandのLP盤に収録)で実際に自分たちが歌ってみて歌詞にドキッとしました。ツジオさんの曲って結構サウンド的なところを語られがちだと思うんですけど、歌詞もものすごくいいですよね。音としての語感もすごくいいですし、詩としてもすごくいい。どういうものに影響を受けたんでしょうか?
Tsudio Studio:wai wai music resortのRemix本当に素晴らしかったです。かなり際どいテーマの歌詞なのですが、曲のエロさがwai waiのクリーンな感じで清められていてとても素敵な仕上がりで感動しました。歌詞についても評価していただきありがとうございます。本を読むのはすごく好きで、学生時代は図書館にあるロシア文学、トルストイやトーマスマンとか、いわゆる海外の名作系をよく読んでいました。今となっては内容はほとんど覚えてませんけど古典を背伸びして読むのにハマっていました。作詞は自分の作曲の作業の中でも比較的楽にできますね。
エブリデ:たしかにそう考えると表現に外国文学っぽさも感じますね。曲と詞はどっちを先に作りますか?
Tsudio Studio:基本は曲が先なんですが、メロディと同時に歌詞が出てくることが多いです。ふと出てきた単語が気持ちいいことって多いんですが、それはメロディーに合ってるというのと自分や社会の無意識みたいなところが反映されているからだと思っています。曲を思いついたらiPhoneのボイスメモにラフに録音しておくのですが、あとからそれを聞き返した時に、いま作りたいテーマはこういうところに現れてるんだなってわかったりするので、そこから発想します。
エブリデ:そうすると歌詞はやっぱり実体験などに基づいているんでしょうか?
Tsudio Studio:説明が難しいんですが、歌詞に関しては自己表現ではなくて独立した物語だと思ってます。たしかに自分の経験したこともパーツにはなってると思うんですが、最終的にまとめるときには普遍的な物語もしくは曲を補完するためのイメージの塊として成り立つようにしたい。もちろん自分の感情や無意識にあるテーマは必要だけど、それだけで全部作るということはしません。人が聴いて意味ない歌詞と思われるのは別にいいですけど、自分の中で意味のない歌詞は書きたくないと思ってます。





6. Hotel Oriental ― オリエンタルホテル



1870年ごろのオリエンタルホテル。もともとは現在の場所よりも海岸通り沿いにあった[7]。
2019年現在のオリエンタルホテル。建物がより現代的なファサードになっている。

エブリデ:12月にリリース予定のフルアルバムについてもお話を聞かせていただきたいんですが、これはどういうアルバムなんでしょうか?
Tsudio Studio:今回は世界旅行をテーマにした全12曲のアルバムですね。全て1人で作った『Port Island』とは違ってゲストの方にも国籍を超えてたくさん参加してもらっています。ボーカリストでさとうもかさんやゆnovationさん、I Mean UsやSweet Johnといったバンドで活躍されているMandarkさん、KAZURAMOSのメンバーでもあるJaccaPoPのMIRUさん、一曲アレンジでLocal VisionsのレーベルメイトでもあるCrystal Colaさん、MVでhorikirixさん、アートワークでtototatatuさんなどです。自分が大好きで尊敬している方々に参加してもらい本当に光栄です。
エブリデ:僕も聴かせていただきましたが、本当にすべて素晴らしいです。全体的な雰囲気としては『Port Island』よりもオリエンタルな感じがありますね。
Tsudio Studio:ありがとうございます。今まで僕は欧米の音楽が興味の中心だったのですが、今はそっちもありつつアジアの音楽にとても興味があるんですよ。日本はもちろん台湾や韓国、インドネシアとかも素晴らしい音楽家やバンドが多いですし、アルバムの中には中国の得体のしれないパワーとかがテーマになっている曲もあります。
エブリデ:たしかに韓国や台湾のポップスは近年かなりユニークで面白いですよね。もちろん影響元の音楽は同じなんでしょうけど、それぞれの文化圏での空気感とか価値観みたいなものがうまく歪みをかけて新しい音楽を作っている気がします。ツジオさんの音楽ともとても共通点を感じます。
Tsudio Studio:だから今回はそういうオリエンタルな旅行というコンセプトです。アジアを架空の航空会社で旅行する感じ。wai wai music resortの『WWMR 1』とか、Gimgigamさんの『The Trip』とかと同じ系譜として、Local Visionsの旅の三部作に加えていただけたらなと思います。
エブリデ:それいいですね(笑)



引用文献
(写真; 著作権は以下それぞれの著者に帰属する)
[1] 飯塚富郎, ハナヤ勘兵衛「昭和の神戸 昭和10~50年代」p110-111, p187, 光村推古書院, 2014年
[2] ゼンリン「住宅地図 神戸市垂水区」p2, ゼンリン, 1985年
[3] ゼンリン「住宅地図201811 神戸市垂水区」p2, ゼンリン, 2018年
[4] 神戸市広報課 -【なつかしの神戸】~1981年(昭和56年)神戸ポートアイランド博覧会~, URL (最終アクセス日: 2019年8月30日)
[5] 関西初出店の「IKEA ポートアイランド」に行ってきた ~入店編~ – Gigazine, (最終アクセス日: 2019年8月30日)
[6] 塚本健一「神戸の味(カラーブックス)」p60, 保育社, 1974年
[7] コンセプト(ホテルについて) | 神戸オリエンタルホテル (ORIENTAL HOTEL) – 神戸・三宮 ホテル, (最終アクセス日: 2019年8月26日)




Tsudio Studio

神戸市出身在住。アレンジャー、ミックスエンジニアを経て3人組ユニットKAZURAMOSのメンバーとしてメディアファクトリーからデビュー。その後2018年に新進気鋭のレーベルLocal Visonsより架空の神戸がコンセプトのアルバム『Port Island』をソロアルバムとして発表。同作品で作詞、作曲、演奏、録音、プログラミングを全て1人で行う。Local Visionsとlightmellow部との共同開催イベントYu-Kohを京都メトロで開催し大きな話題となる。2019年12月にフルアルバムのリリースを予定している。




エブリデ

大阪市出身在住。関西を拠点に活動する兄妹ポップユニットwai wai music resortのメンバー(兄)として作詞作曲および演奏を担当し、ジャズやワールドミュージック、ゲームミュージックに影響を受けたインターネット時代のリゾート音楽を展開する。2019年4月にはインターネットレーベルLocal Visionsより1st E.P.『WWMR 1』をリリース。同じくLocal Visionsとlightmellow部との共同開催イベントYu-Kohにも出演。また街に関する研究活動も行い、2019年9年には成果をまとめたZINE「CITY DIVER」を発表。




『Port Island』/ Tsudio Studio
2019年11/3リリース
フォーマット:LP
レーベル:Sailyard
カタログNo.:SLYD-014
価格:¥2,900(税別)
【Track List】
side-A:
1. Tor
2. Azur
3. Port Island
4. Snowfall Seaside
5. Mikage
6. Hotel Oriental
side-B
1. Azur (Pictured Resort Remix)
2. Mikage (wai wai music resort Remix)
3. Azur (Tenma Tenma Remix)
4. Port Island (ゆnovation Remix)
レコードの日オフィシャルサイト


『Tsudio Studio ポートアイランド レコード発売記念インストアライブ』
2019年11/3(日)大阪南堀江 fastcut Records
Start 19:00
入場無料

1 2

2019.10.29 12:00

カテゴリ:INTERVIEW, PU2 タグ:, , , , ,