indiegrabロゴ

【REVIEW】inacagraphy+ / satohyoh (PROGRESSIVE FOrM)



秋田県で活動し、本作が1stアルバムになるsatohyohだが、これまでにsoundcloudやnoteでも展開してきたオーガニックなサウンドとフィールドレコーディングを軸にした「音メモ」を起点としたサウンドスケープを繰り広げている。

1. roof snow

冒頭はフィールドレコーディングから入り、ゆったりしたピアノと穏やかなリズムが印象的なフレーズが忍び寄る。音風景がピアノと大きくシンクロする瞬間がとても美しい。

2. yukinohateharuurara

ヒリヒリとした弦楽器にブレイクビーツ、そして流麗なピアノ。ここでもサンプリングされた音風景が楽曲とシンクロする瞬間がさりげなく演出されており、それぞれの粒立ちを活かしたアレンジは素朴な仕上がりだがとても繊細に組み立てられている。

3. ame to asa

「Amazing Grace」のフレーズに引き込まれる。シンプルなキックとスネア、随所にエディットされたヴォーカル、様々な音色のレイヤーが特定の旋律を持たず展開する間奏の美しさから、童謡「どじょっこ ふなっこ」へ、この曲は東北地方に伝わる民謡がルーツだそうだ。satohyohのルーツとも言えるのかもしれない。エンディングはさらに「Amazing Grace」が折り重なるが、和声を合わせたレイヤー層はとても音楽的であり見事だ。TILTやUnreal Projectで活躍するasakoによる歌のバランスはとても美しい。

4. sukimakaze to mikansei na uta

記憶のソーダのヴォーカル、橋本愛里が歌う端正な歌もののトラックだが、シンプルな歌詞の世界とゆったりしたリズムは、国民歌謡的な優しさを醸し出している。リズムトラックはややアーシーな雰囲気も漂わせており、幅広い音楽性を垣間見るトラックだ。この音楽性を支えるのは、satohyohと不定型バンドukishizumiなどに参加する山崎悠太等が支えている。

5. garden curtain

フィールドレコーディングと、不意に訪れるサンプリング、細かくエディットされた音の粒の繊細さにかかわらず、素朴な和声がそれらを覆い隠してシンプルな美しさを残していく。前のトラックが持つ芯の強いメロディーラインとの対比で淡いメロディーがむしろ引き立って聴こえる。

6. sanpo

フォークトロニカとアヴァンヒップホップといった音象のリズムトラックとサンプリング、それらを柔らかく包むアコースティックギターとピアノ。前半の淡いアンサンブルは、ブレイクを経てリズム色の強い後半へと流れるがエレピのオブリなど随所にやはりソウルフルな瞬間があり、それらを覆い隠すオーガニックな音色の合間から見え隠れするアレンジが美しい。アルバム前半を締めくくるのにふさわしいトラックだ。

7. folktale

シンプルなギターのフレーズに逆回転をうまく織り込んだリフがとても美しい。このシンプルなワンフレーズはとても効果的で、ミニマルな展開にかかわらず、幾重もの物語を連想させる。後半には弦楽器のピチカートが入るが、骨格を失わずミニマルに徹しているところが美しい。ここからアルバムは後半に向けて一層の穏やかさを増す。

8. returning

深いリバーブに包まれたピアノに弦楽器が重なり、ブレイクビーツが支えるスタイルはこれまでのトラックの集大成のようにも聴こえる。大きな展開はないが安定感のある和声に優しく響くヴォイスサンプリング。強いリズムトラックが出過ぎないように作り込まれたアンビエンスはとても上品だ。

9. gloomy snowday

タイトルから連想されるような静けさ、ゆっくりとしたピアノの旋律は低音の淡さが一層光景を引き立てる。オーガニックなリズムは中盤から徐々に折り重なる電子音がその隙間を見事に埋めていく。この二つのトラックのそれぞれの音の配置は見事だ。

10. tone

ヴォーカルとピアノのバランスがとても美しい。ピアノは中盤からスタッカートも織り交ぜつつゆっくりとアレンジを変化させていく。本作中、もっとも長尺なトラックになるが誠実な歌詞を語り尽くす為の必要最低限の音作りで、静かに進行していく。前のトラックからのつながりは物語的であり、sukimakaze to mikansei na uta同様に前後のトラックとの流れがとても練られていると感じる。

11. children grow up surely

遠く聴こえる子供たちの声は淡い憧憬となって、ピアノの旋律に染み込んでいく。ゆっくりと両者は溶け合っていくが、ピアノのフレーズは一聴すると淡いがオブリも支えつつ徐々に変奏されるアレンジは、どことなく覚醒的であり凛とした瞬間がある。

12. paragate

再びフォークトロニカ的なアレンジを感じさせつつも、アルバム前半で見せたような粒立ちはむしろ控えめである。中盤の折り重なる声、アルペジオ、弦楽器、ピアノを取り囲むあらゆる音が一体となるシーンはとても幻想的で美しい。

基本的にはこれまでの「音メモ」の展開を軸にしている。すでに完成された世界観のあらゆる要素をアルバムにパッケージしたといった印象だ。幅広い音楽性をちりばめつつも、憧憬を伴うオーガニックな音作りの基本形を崩さない整合性のとれたアルバムになっている。

テキスト:30smallflowers(@30smallflowers



『inacagraphy+』/ satohyoh
2017年4/14リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD67
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
01. roof snow
02. yukinohateharuurara
03. ame to asa
04. sukimakaze to mikansei na uta
05. garden curtain
06. sanpo
07. folktale
08. returning
09. gloomy snowday
10. tone
11. children grow up surely
12. paragate

all tracks written, performed and produced by satohyoh, 2015-2017 akita, japan

except

vocals
M3 by asako
M4 and M10 by airi hashimoto

M3 and M4 guitar by yusuke ogino
M4 bass by koki sasaki
M4 drum by yuta yamazaki

M4 studio session sample by ukishizumi
sound effects sample by sato-dai

artwork by kondo kohei
photography by satohyoh










Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2017.4.19 12:00

カテゴリ:REVIEW タグ:, , ,