indiegrabロゴ

【INTERVIEW】『Contact』/ Frasco



タカノシンヤと峰らるによる東京のメタポップ・プロジェクト Frasco。
1年ほど前にふとSoundCloudに現れ、印象的であり、どこか奇妙さを漂わせる曲を発表し出したかと思うとsuppa micro pamchopp氏がプロデュースを務めるようになり、六本木ヒルズで行われるイベントの提供曲を書き下ろし等を経て、わずかな期間でEP『Contact』を自主レーベルよりリリースするに至った。
ここまで彼らの活動を追っていて気がついたのだが、自分でも意外なほどFrascoの事で知らない事が多い。
Frascoのタカノシンヤとはやりとりがある事を幸いに彼らにインタビューを申し込んでみた。



メロディーを仕事中に思いついてしまって「あ、いいかも」とか思ってたらどんどん忘れていくんですよね…「脳のバカヤロウ!」とか言って急いでトイレに駆け込んで小声で歌ってスマホに記録したのを覚えてます(笑)

–:EP『Contact』のリリースおめでとうございます。リリースが終わっての感想はいかがですか?
タカノシンヤ(以下 タカノ):ありがとうございます、ようやくって感じです。Indiegrabさんに初期のSoundCloud(以下「サンクラ」)の曲を取り上げていただいたあの頃が遥か昔のようですね。CDリリースってやはり大変なことなんですね(笑)。
峰らる(以下 峰):ありがとうございます。手探りで進めることも多かったんですが、なんとか形になって嬉しいです。
–:今作はsuppa micro pamchoppさんプロデュース以降の割と幅広い時期の作品から収録曲を選んでいるようですが、こちら選曲の基準みたいなものはありますか?
タカノ:基準は特にないですが、周りから反応の良かった曲と、自分達が気に入ってる曲をバランスを考えつつ選んだ感じです。
–:「反応の良かった曲」と「自分たちの気に入ってる曲」がどれかを教えてもらってもいいですか?また、「気に入ってる曲」についての思い入れも聞かせてください。
タカノ:Dance、PEA、IrritationはライブやSNSで反応良かったので入れました。元気な曲が多すぎるかなと思ってシメにBlueをもってきた感じです。思い入れはどれも強いですけど、自分は特にDanceかな。この曲、メロディーを仕事中に思いついてしまって「あ、いいかも」とか思ってたらどんどん忘れていくんですよね…「脳のバカヤロウ!」とか言って急いでトイレに駆け込んで小声で歌ってスマホに記録したのを覚えてます(笑)。これはシンセのアレンジも結構苦労したのでリリースできて良かったです。
峰:サンクラに公開している時はDanceが人気高めの印象でしたが、リリース後はPEAの好評をいただくことが多い気がします。
Contactの4曲の気に入り具合は甲乙つけ難いですね…悩む。
Irritationはライブの定番なんですが、歌っててこの曲の番が来ると張ってた気がほぐれるので、個人的にこの曲は大切です。ポケポケしてるのが良い。

Toro Toro Sounds ロゴ



–:今回自主レーベルのToro Toro Soundsからのリリースとなりますが、こちらのレーベルはいつ頃から準備されていましたか?
タカノ:元を辿れば最初にツイッターやサンクラ、HP等のドメインを取得する時に当たり前ですが「Frasco」では取れなくて、でもブランディング的に統一感を出そうということで語尾にttsというのを付けてたんです。それが何かの略ってことでレーベル名みたいな感じを意識はしていて。それで年末年始くらいにCDリリースの話が出て「自主レーベルならTTSだ。じゃあTTSは何の略にする?」みたいな感じで峰とアイディアを出しあって「Toro Toro Sounds」という名前に落ち着きました。実際にレーベル業務が動き始めたのは今年入ってからですね。
–:略称から先についた名前なわけですね(笑)既存のレーベルではなく自主レーベルからのリリースというのはどのような意味合いを持っていますか?また、色々ご苦労があったと思いますが、一番大変だったことは?
タカノ:元々配信リリースは「PLAY TODAY」にお世話になっているのですが、フィジカルはやってないということだったので、「ならば今回は自分達でやってみようではないか」という流れでこうなりました。自主レーベルは自由度は高いですが、発注からPRまで全て自分達でやらなければならないので大変ですね。流通はULTRA-VYBEさんと話し合いながら進めまして、リリースに際してかなり親身に相談に乗ってくれて助かりました。あとは峰らるがレーベルロゴやCDのアートワーク等、デザイン関連を全てやってくれたので、そっちが一番大変な作業だったと思います。お疲れっす。オス。
峰:思いの外グラフィック系の作業が沢山あったので、私は暫く外界との交流を絶って引きこもり作業してたんですが、その間対外的なことは全部タカノがやってくれたのでそちらも大変だったと思います。Frascoは音作り以外の部分でも分業化されてるので何かと便利です。
タカノ:ちょっとベンチャー企業感ありますね。
–:Toro Toro Soundsですが、こちらは今後どのように運営、展開したいというようなビジョンはありますか?
タカノ:今のところは自分らがフィジカルリリースする時だけの便宜上のレーベルって感じですね。ただ峰らるが考案したロゴマークがかわいいので(笑)、今後レーベルの存在自体が広まっていっても面白いかもと思いますが、音楽活動と並行してレーベル業務をガンガンやってく余裕はまだちょっとないですし、何ならどこかにうちらのリリースをお願いしてもいいくらいに考えてるんで(笑)、自主レーベル的な展望とかは何も決まってません。

『Contact』はFrasco入門EPでもあると思うので、聴いた人にFrascoの世界に溶け込んで堪能してもらいたいと思ってまして、そのままを描きました

–:今回リリースパーティー、大阪、福岡、東京と開催されましたが、それぞれいかがでした?各パーティーで一番印象深かった事を聞かせてください。
タカノ:どこも最高でしたね。
大阪は主宰してくださった西川さんの采配のおかげもあり共演の方々との化学反応が素晴らしかったです。mukuchiのマリさんとは去年秋に調布の小さなバーで出会って「いつか一緒にライブやりたいね」と話してたので再会出来てほんと嬉しかったですね。
福岡は、僕は人生初だったんですけど、博多についてそのままタクシーで会場のDai-tuに直行したらいきなりHisatooさん(主宰)が握手で「おかえり!」と出迎えてくれて(笑)。イベント自体とてもアットホームで良かったです。熊本からはツイッターで交流のあったNostolaも参加してくれて、皆さん本当素敵な方ばかりで良い出会いにつながったイベントでした。
東京はもう、御存知の通りバチカの床が抜けるんじゃないかってくらい満員御礼で(笑)、めちゃめちゃありがたかったです。普段仲良くしていただいてる皆さんからお祝いでフラスコの容器に入ったお花が届いたのも感動でした。

東京リリパ会場に飾られていた花



峰:東京以外の場所でのライブは初めてだったんですが、大阪も福岡も皆さん暖かくて、ホームさながらに過ごさせていただきました。
大阪は嬉しい再会が沢山ありました。ライブ中に一緒に歌ってくれてるお客さんを見つけたのも嬉しかった。
福岡はのんびり和気藹々の空気感ですごく居心地良かったです。
東京は勿体無いくらい大勢の方が集まってくださりお花までいただいて、言葉にしがたい嬉しさでした。ほんとありがたかったです。
–:『Contact』アートワークについてもおうかがいします。このアートワーク内のシンボルは4曲のシンボルを表していると思うのですが、中央の女性のシルエットにはどのような意味がありますか。


峰:お察しの通り、この4つのモチーフは『Contact』の各曲をシンボル化しています。宝石が浮かぶ夜空、溢れ出るホルモン、転がる癪玉、思い出の塊がある風景、すなわちFrascoの世界とゆうわけです。シルエットはリスナーさんです。可愛げが欲しかったので女の子にしたんですけど、人間ってことでご理解いただけたら幸いです。
全体的には、ワームホールの先に広がる特異な世界に飛び込む人がこの世界仕様に分解された瞬間なので、再現できなかったけど頭の中にある動画ではこの人ビカビカ光ってます。
『Contact』はFrasco入門EPでもあると思うので、聴いた人にFrascoの世界に溶け込んで堪能してもらいたいと思ってまして、そのままを描きました。
–:リリース直前に公開された「PEA」のリリックビデオですが、「溢れ出てる」何かの動きがすごく細かいんですが、こちらはどのような環境で制作されたんですか?


峰:リリックビデオを作ることは急遽決まったんですよね。制作期間が1週間しかとれなかったので大急ぎで仕上げました。アニメーションは半自動半手動で作ってます。


→次のページへ
「あっ、このセンスの持ち主とは一緒に何かやったほうがいい!」と、ビビっときましてバンド結成の運びとなりました



『Contact』/ Frasco
2017年6/14リリース
フォーマット:CD
レーベル:Toro Toro Sounds
価格:¥1,000(税抜)
【Track List】
01. Dance
02. PEA
03. Irritation
04. Blue
特設サイト



1 2
2017.7.2 19:00

カテゴリ:INTERVIEW タグ:, ,