indiegrabロゴ

【INTERVIEW】『Lukewarm』 さとうもか & 入江陽




自分の為の作品には、自分の好きな音をただ探していくような作り方を続けて行きたいと思っています

–:もかさんが岡山で主催していた『PajamasParty』は、入江さんも出演されていましたよね。私、あれは一度行きたいと思っていた手作り感の伝わってくる自主企画のシリーズだったんですが、入江さんは出演してみての感想等あればお願いします。
入江陽:出演してみて、ハードコアな手作り感を感じました(笑)。
一同:(笑)
入江陽:壁にかわいい飾りがたくさんあったりするんですが、ライブ中にそれが全部、音をたてながら剥がれ落ちました。剥がれ落ちた飾りを出演者たちは体に巻きつけていました。自由そのものでした(笑)。
さとうもか:懐かしい!毎回ゲストさんによってかなり雰囲気が違ったのですが、あの回は本当にカオスで面白かったですね。いつもお客さんに感想を書いてもらっていたのですが、その回での感想で、「壁の飾りが全て取れて行くという退廃的な雰囲気がよかった。」というのを頂きました(笑)。
–:そんな楽しくカオスな『PajamasParty』は2017年の12月で最終回を迎えてしまいましたが、こちらはどのような理由で?
さとうもか:とくに理由はないですが、なんとなく終わりがある方が、なんでもカッコいい気がする という持論があるので、1年って期間を決めてやらせて頂いていました。けど突然またやりたいと思ったらやり始めたりするかもしれないです。
–:もかさんは、全国流通盤としては2枚目の作品となりますが、それぞれの作品を出した後で楽曲の制作や音楽への向き合い方に変化はありましたか?
さとうもか:すごくありました!最初のCDを出した後は、いいPOPソングを書かなければいけない ということを強く思っていたのですが、私はPOPソングも好きですが、古いジャズや映画音楽がとても好きなので、そこで葛藤があり、一体どういうのがいい曲なのかが分からなくなり、年に何曲かしか作れなくなったんです。それがとても辛かったのですが、今思えばその葛藤の中で作った作品は量は少ないですがいいものが沢山あるきがしています。
今回のアルバムを作るときは、入江さんがとても自由で柔軟な考えの方なので、本当に自由に作らせて頂き、昔の感覚が戻ってきたような感じがありました。なのでこれからも自分の為の作品には、自分の好きな音をただ探していくような作り方を続けて行きたいと思っています。
–:もかさんの作る曲がどんどん「恐らく前思春期から思春期ぐらいの恋をしながら普通に生きている女の子」という…おそらくもかさんのテーマとなるんじゃないかなと思う部分を浮き彫りにしていっていると思うのですが、ご自身ではどのように思われていますか?
さとうもか:そうですね。たしかに昔より、自分がかなり人間染みてきたところがあるなと思っていて、作詞作曲を始めた頃よりは、人の色んな気持ちなどを理解できるようになったような気が、ほんの少ししていて、だから昔よりは分かりやすい歌詞になってきたのかも?分かんないですが……(笑)。
–:今回MV制作をした小鉄さんは、ピクニック・ディスコ、トラックメイカーや音楽ライター等幅広い活動で関西ではキーマンの1人と思っている方なのですが、もかさんは彼とは以前から面識が?
さとうもか:実はまだ会ったことないんです。けど、結構前からTwitterフレンズではあったので、今回MVを作って頂く事になる前から知っていて、お隣の香川にこんな面白い方がいるのだな〜!とおもっていました。今度のリリースパーティーに出演もして頂くことになってるので、お会いするのがとても楽しみです。
入江陽:自分は香川で何度かお会いしていて、うどん屋さんやオシャレな銭湯やら、色々案内してくれました。お世話になっています。岡山と香川が近いというのも面白いかなあと思ったのと、YouTubeでみた小鉄さんのアニメーションに乙女心、遊び心、こども心を感じて、とにかくメチャクチャかわいいなあ!と思い、MV制作を依頼しました。



–:そういえば小鉄さんも3/18(日)に地元岡山の城下公会堂で開催されるリリースパーティーに出演されるんですよね。今回アルバムに参加した面々に盟友のかねこきわのさんも加えた豪華なメンバーでのイベントになりますが、どのようなイベントにしたいですか?
さとうもか:出演者の人柄や、今回出すアルバムの良いところなどが沢山伝わる、お客さんも出演者も気を張らなくていいような、ワイワイと楽しいライブにしたいです!
–:そういえばもかさんがベースとして参加していたSilver Liningって現在どうなっていますか?
さとうもか:それが、最近はもうやってないんです(泣)。ギターボーカルのヤスくんが作る曲が、この曲以外にも本当にカッコよくて 好きだったので、音源を作りたかったですが、段々とそれぞれが忙しくなっちゃって。申し訳ないと思いつつ私も練習が出来ない時が続いたりして、バンドは色々難しいなと思いました。ですが、また機会があれば、何か一緒にやりたいと思っています。



–:それは残念です。音源すごく良かったんですけどね……。彼らに限らず、岡山は今面白いアーティストを排出していると思うのですが、もかさんから見て岡山周辺の音楽ってどんな特徴があると思いますか?
また、おすすめのアーティストさんなどいれば教えてください。
さとうもか:なんとなくですが、岡山の音楽は 気取ってないけどわりと茶目っ気や洒落っ気のあるものが多いような感じがしてます。とは言っても正直あんまり詳しくないんですが(笑)。
オススメのアーティストは、私と昔ユニットを組んでいた「かねこきわの」さんと、あまり活動はしていないのですが「ununun」さん、あとは「向こう岸」というバンドが、個人的にとても好きです。
–:リスナーの方や、まだもかさんの楽曲を聴いていない方にメッセージがあればお願いします。
さとうもか:こんにちは!さとうもかです。最後まで読んでくださり、ありがとうございます。今回のアルバムは、全曲、歌詞も編曲も、ストーリー性のあるものが多いと思うので、聴いてくださるみなさんの日々にあう音楽が1つでもあればいいなあと願っています。
私は映画やドラマの音楽にとてもロマンを感じており、私の音楽が誰かの人生のワンシーンのサントラみたいになってくれる瞬間があったら、とても嬉しいですし、それがきっと音楽を作る上での一生の目標です。
これからもよろしくお願いします!
入江陽:10曲それぞれに違った魅力があって、面白いアルバムになった気がしています。もかさんが部屋で録音した音が、色々な加工をへて、みなさんのお部屋に届くことがとてもうれしく愉快です。2本目、3本目のビデオも作る予定ですし、ストリーミング配信もありますので、ぜひ気軽に聞いてみていただけたらうれしいです。

インタビュー・文:sabadragon




『Lukewarm』/ さとうもか
2018年3/14リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-22405
価格:¥2,200(税抜)
【Track List】
01.old young
02.Lukewarm(1stリード曲)
03.あの夜の忘れ物
04 .最低な日曜日 feat.鶴岡龍(LUVRAW)(2ndリード曲)
05.2つのわたし
06.Hello,Valentine’s day
07.Wonderful voyage
08.ひみつ
09.殺人鬼 feat.入江陽
10.April in my memory

プロデュース:入江陽
作詞作曲:さとうもか
エンジニア:中村公輔
ゲスト参加:入江陽、鶴岡龍(LUVRAW)
ドラムス:秋元修(M-1、M-10)
編曲・演奏:Teppei Kakuda(M-2)、hikaru yamada(M-9)
デザイン:牧野桜
ミュージック・ヴィデオ:小鉄
A&R:今村方哉(P-VINE)

1 2
2018.3.14 15:00

カテゴリ:INTERVIEW タグ:, , , , , , , ,