indiegrabロゴ

【INTERVIEW】『Chilly morning』aaps



aapsがI HATE SMOKE RECORDSから1stアルバムをリリースした。
いくつかの音源やライブ映像で耳にした彼女たちの音楽はローファイ感と安心感が入り混じり、その中には、ガレージ、トゥイー、オールディーズ等様々な要素が見え隠れする。
更に確かメンバーは女性3人で……と思ったあたりで彼女たちの具体像を意外と知らない自分に気が付いた。
いくら彼女たちが岡山を中心に活動しているとはいえ、東京で観る機会も結構あったはずなのに。
そう思うと今までふんわりとしか受け止めていなかった彼女たちの音楽についても色々気になる事が湧いて来た。
今回リリースされるアルバムを自分の中で掘り下げながら聴いていくためにもここは質問をぶつける機会が欲しいなと思い、彼女たちにメール・インタビューを申し込んでみた。

自分が感じた身近な出来事や好きな場所をそのままイメージして曲にしています

–:今日はよろしくお願いいたします。まず、簡単な自己紹介をお願いします
ayaka:ドラムと歌担当、ayaka(あやか)です。
assan︰ギターと歌担当、assan(あっさん)です。
panda︰ベースと歌担当のpanda(パンダ)です。
remi︰同じくベースと歌を担当してます、remi(れみ)です。
–:今回リリースのアルバムですが、2015年の2nd E.P.『Summer Trip』以来の音源という事になりますか?
ayaka:はい。そして初めてのアルバムになります。
–:アルバムの制作はいつ頃スタートしましたか?
assan:「アルバム作りたいね」という話は1年くらい前から話してて、曲作りもしてたんですが、本格的にスタートしたのは去年の10月くらいです。
–:本格的にスタートしたきっかけはありましたか?
assan:特にきっかけはないんですが、やっと重い腰をあげて作りはじめたのが10月ってことです(笑)。
–:aapsはayakaさん、assan、pandaさんがオリジナルメンバーで、今回のアルバムではベースのremiさんが参加して制作…と伺っているのですが、remiさんとpandaさんのアルバム制作時の関わり方はどのような感じだったんですか?
また、現在pandaさんやremiさんの立ち位置はどのようになっているのでしょうか。
panda︰私は「Touch」と「Last Night,This Morning」の作詞作曲と2曲の歌入れのみ参加しています。
現在は高知で育児をしており、バンド活動はremiちゃんにほぼおまかせしています。
remi︰私はアルバムの曲のベースと「Okuru」の作詞作曲をしました。現在ライブはほとんど私が担当してますが、年に数回岡山や四国でpandaさんが出演できるときはオリジナルaapsでライブをしています!
–:そういえばライブ映像のMCで「1年半ぶりのライブ…」とおっしゃってましたね。そうなるとpandaさんは現在地域限定での編成に参加する形となっていると思いますが、オリジナルメンバーのpandaさんとremiさんでバンドの雰囲気は違ったりしますか?また、違うとしたらどのような違いがありますか?
ayaka:pandaちゃんとやる時は、pandaちゃんが歌うものを。remiとやる時は、remiの歌うものや、3人全員で歌う曲をやってます。そしてpandaちゃんは、ダウンピッキングでピック使ったり、remiは、指で弾いたりとそれぞれのベースのこだわりを出してくれてます。



–:今作の収録曲のうち「Summer Trip」「All Right」は2nd E.P.の収録曲、「Last Night, This Morning」は2016年頃のライブ映像で演奏されていますが、今回の収録曲はいつ頃作ったものが中心になりますか?
assan:「Akogare」「Touch」「Tower」の3曲はアルバム制作を本格的にスタートした10月以降に作った曲で、「Last Night, This Morning」についてはaapsを結成してはじめて作った曲になります。


–:2nd E.P.からは楽曲が収録されていますが、1st E.P.の楽曲は収録されていません。こちらはどのような理由から?
assan:1stはCDでリリースしているのですが、2ndはカセットテープのみのリリースだったからです。
–:CDで既発の音源は外したという事ですね。今回1st E.P.の7インチ、2ndのカセットテープから、CDでのリリースとなりますが、CDを前提として制作した部分はありますか?
ayaka:アルバムと言う事で、みんなにまずaapsを知ってもらうために、一番聞きやすいであろうCDにしました。
–:歌詞の中に「海」を思わせるワードが印象的に散りばめられている事が多いのですが、この「海」とは岡山の海ですか?
また、歌詞全体の印象として身近な光景をモチーフにしているように感じますが、この辺りはバンドとしての方向性のようなものはありますか?
ayaka:方向性はないのですが、自分が感じた身近な出来事や好きな場所をそのままイメージして曲にしています。例えば「Tower」だと、私がPVにもある江ノ島OPPA-LAというお店が好きだったり、歌詞の中で『お祭り騒ぎは終わった』と歌っているのは、3年前まで続いた岡山の犬島という島で開催されていたフェス「XXXX THE JAMBOREE」が終わってしまって寂しい気持ちがリンクしたのを歌いました。
assan:海に関しては私が書いている曲だと岡山の海をイメージした曲がほとんどですね。
panda:歌詞はそれぞれ個人で作っていますが、暗黙の了解で人や場所など固有名詞は極力使わず、ふわっとするよう意識している気がします。聴く人によって違う情景を思い浮かべられるかもしれません。



–:今回店舗での購入特典として、岡山アーティストを集めたコンピが付属しますが、こちらにはどのようなアーティストが参加していますか?
また、岡山の音楽シーンはみなさんから見て今どのようになっていますか?
ayaka:私達がバンドを組む前からずっとお客さんとして見に行っていたバンドや今回のアルバムでお世話になったバンドを入れてます。4人がファンで、とにかく純粋にカッコいい!と思うバンドばかりを入れました。今回は入れれていないですが、もっともっと居ます。音楽シーンについては、ネットとかでは感じることができないイベントやパーティーが沢山ありますね。歳とか関係なく。
–:今回のアルバムではどのような方にどのようなシチュエーションで聞いてほしいですか?
assan︰女性、男性どちらにも聞いてもらえると嬉しいですね。
panda︰海に行く時、部屋で頭を空っぽにして何か聴きたい時などにぜひ。


> 次ページ『その日の打ち上げでバンドを結成する事になりました』へ





『Chilly morning』/ aaps
2018年3/7リリース
フォーマット:CD
レーベル:I HATE SMOKE RECORDS
カタログNo.:IHSR-076
価格:¥1,667(税抜)
【Track List】
1. Akogare
2. Magic
3. 24
4. Touch
5. Okuru
6. Summer Trip
7. All Right
8. Last Night, This Morning
9. Tower



1 2
2018.3.7 12:13

カテゴリ:INTERVIEW タグ:, , , , ,