indiegrabロゴ

鈴木博文

【NEWS】イベント情報:カーネーション 6/30(土)開催の結成35周年記念 日比谷野音公演『SUNSET MONSTERS』に岡村靖幸の出演が決定!



開催が間近に迫ったカーネーション結成35周年記念の日比谷野音公演『SUNSET MONSTERS』に岡村靖幸が出演することが発表された。

カーネーションの直枝政広はかねてより岡村靖幸のファンであり、2002年には名曲「あの娘ぼくがロングシュート決めたらどんな顔するだろう」で岡村靖幸のトリビュート盤『どんなものでも君にかないやしない』に参加、2013年のカーネーションの30周年記念トリビュート盤『なんできみはぼくよりぼくのことくわしいの?』では岡村靖幸が「学校で何おそわってんの」で参加したという経歴の両者によるステージでの初共演となる。

また、カーネーションは6/20に35年間を網羅した楽曲群に新曲2曲を加えたオールタイムベストアルバム『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』をリリースする。
このベスト盤は88年リリースの『GONG SHOW』にはじまり最新アルバム『Suburban Baroque』に到るまでの代表曲・ライブの定番曲からSNSでファンから募った「裏名曲」を参考に選曲した28曲に加え、新曲サンセット・モンスターズ」と「Future Song」の2曲を加えた全30曲を2枚組CDに収録した決定版となっている。
また、新曲「Future Song」には旧メンバーである矢部浩志(Dr.)、棚谷祐一(Key.)、鳥羽修(Gt.)がレコーディングに参加している。

35年目のカーネーション
『SUNSET MONSTERS』
2018年6/30(土)日比谷野外大音楽堂
ACT:カーネーション(直枝政広、大田譲)
GUEST:大谷能生 / 岡村靖幸 / 岡本啓佑(黒猫チェルシー) / ケラリーノ・サンドロヴィッチ / 佐藤優介(カメラ=万年筆) / 白井良明 / 鈴木慶一 / 鈴木博文 / ZOOCO / 曽我部恵一 / 棚谷祐一 / 鳥羽修 / 田村玄一(KIRINJI) / 堂島孝平 / 徳永雅之 / 中森泰弘 / 張替智広(HALIFANIE / キンモクセイ) / バンドウジロウ / ブラウンノーズ / 真城めぐみ / 馬田裕次 / 松江潤 / 森高千里 / 矢部浩志 / 山本精一 / ロベルト小山 / 渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)
Open 16:00 / Start 16:30
Adv ¥6,800(全席指定)
学割チケット(全席指定)
大学生・高校生 ¥3,800(会場にて¥3,000キャッシュバック)
小学生・中学生 ¥1,800(会場にて¥5,000キャッシュバック)
※未就学児童のお客様は入場無料(保護者の膝上にて鑑賞可)
座席が必要なお子様は1名様¥1,800でご案内致しますので、通常チケットをお買い求めください。会場にてキャッシュバック致します。
ファンクラブ限定: FC専用特典付指定席 ¥12,000
FC専用S指定席 ¥6,800
チケット発売:
一般発売(4/7 10:00~)
e+
チケットぴあ(0570-02-9999、Pコード:107-686)
ローソンチケット(0570-08-4003、Lコード:71917)
Get Ticket

※車椅子にてご来場のお客様は事前に連絡ください。
※客席を含む会場内の映像写真が公開されることがありますので予めご了承ください。
※営利目的での転売行為一切禁止/転売チケット入場不可
※出演者は急遽キャンセル、変更となる可能性がございます。その際の払い戻しは一切致しません。

カーネーション35周年特設サイト

問い合わせ:ディスクガレージ
050-5533-0888(平日12:00~19:00)




『The Very Best of CARNATION “LONG TIME TRAVELLER”』
/ カーネーション
2018年6/20リリース
フォーマット:CD2枚組
レーベル:日本クラウン
カタログNo.:CRCP-40553/54
価格:¥3,241(税抜)
【Track List】
DISC 1:
01. 夜の煙突(『GONG SHOW』)
02. 未確認の愛情(『天国と地獄』)
03. Edo River(『EDO RIVER』)
04. It’s a Beautiful Day(『a Beautiful Day』)
05. Garden City Life(『GIRL FRIEND ARMY』)
06. I WANT YOU(SG『No Goodbye』)
07. New Morning(『booby』)
08. サンセット・サンセット(『ムサシノep』)
09. 月の足跡が枯れた麦に沈み(『Parakeet & Ghost』)
10. Strange Days(『Parakeet & Ghost』)
11. REAL MAN(『LOVE SCULPTURE』)
12. センチメンタル(『LOVE SCULPTURE』)
13. 長い休日(V.A.『Smells Like Teenage Symphony』)
14. やるせなく果てしなく(『LIVING/LOVING』)
15. ANGEL(『SUPER ZOO!』)

DISC 2:
01. スペードのエース(『SUPER ZOO!』)
02. 十字路(『SUPER ZOO!』)
03. 魚藍坂横断(『SUPER ZOO!』)
04. オフィーリア(『WILD FANTASY』)
05. PARADISE EXPRESS(『WILD FANTASY』)
06. ジェイソン(『Velvet Velvet』)
07. さみだれ(『Velvet Velvet』)
08. I LOVE YOU(『SWEET ROMANCE』)
09. アダムスキー(『Multimodal Sentiment』)
10. いつかここで会いましょう(『Multimodal Sentiment』)
11. E.B.I(『Multimodal Sentiment』)
12. Peanut Butter & Jelly(『Suburban Baroque』)
13. Little Jetty(『Suburban Baroque』)
14. Future Song ※新曲
15. サンセット・モンスターズ ※新曲

2018.6.14 21:00

【NEWS】イベント情報:カーネーション 35周年記念日比谷野外音楽堂公演『SUNSET MONSTERS』のゲスト第3弾として森高千里、鈴木慶一、鈴木博文、白井良明、大谷能生、ZOOCO、バンドウジロウを発表



6/30(土)に開催されるカーネーション日比谷野外音楽堂公演でのゲスト第3弾が本日発表された。
今回発表されたのはかつてレコーディングでカーネーションがバックバンドを務めた森高千里、彼らのデビューのきっかけとなったムーンライダーズの鈴木慶一、鈴木博文、白井良明、初期カーネーションのメンバー バンドウジロウ、カーネーションのライヴでおなじみ大谷能生とZOOCOの7名。
また、現在YouTubeにて『SUNSET MONSTERS』のトレーラーが公開されている。
チケットは現在各プレイガイドにて発売中。

35年目のカーネーション
『SUNSET MONSTERS』
2018年6/30(土)日比谷野外大音楽堂
ACT:カーネーション(直枝政広、大田譲)
GUEST:大谷能生 / 岡本啓佑(黒猫チェルシー) / ケラリーノ・サンドロヴィッチ / 佐藤優介(カメラ=万年筆) / 白井良明 / 鈴木慶一 / 鈴木博文 / ZOOCO / 曽我部恵一 / 棚谷祐一 / 鳥羽修 / 田村玄一(KIRINJI) / 堂島孝平 / 徳永雅之 / 中森泰弘 / 張替智広(HALIFANIE / キンモクセイ) / バンドウジロウ / ブラウンノーズ / 真城めぐみ / 馬田裕次 / 松江潤 / 森高千里 / 矢部浩志 / 山本精一 / ロベルト小山 / 渡辺シュンスケ(Schroeder-Headz)
Open 16:00 / Start 16:30
Adv ¥6,800(全席指定)
学割チケット(全席指定)
大学生・高校生 ¥3,800(会場にて¥3,000キャッシュバック)
小学生・中学生 ¥1,800(会場にて¥5,000キャッシュバック)
※未就学児童のお客様は入場無料(保護者の膝上にて鑑賞可)
座席が必要なお子様は1名様¥1,800でご案内致しますので、通常チケットをお買い求めください。会場にてキャッシュバック致します。
ファンクラブ限定: FC専用特典付指定席 ¥12,000
FC専用S指定席 ¥6,800
チケット発売:
一般発売(4/7 10:00~)
e+
チケットぴあ(0570-02-9999、Pコード:107-686)
ローソンチケット(0570-08-4003、Lコード:71917)
Get Ticket

※車椅子にてご来場のお客様は事前に連絡ください。
※客席を含む会場内の映像写真が公開されることがありますので予めご了承ください。
※営利目的での転売行為一切禁止/転売チケット入場不可
※出演者は急遽キャンセル、変更となる可能性がございます。その際の払い戻しは一切致しません。

カーネーション35周年特設サイト

問い合わせ:ディスクガレージ
050-5533-0888(平日12:00~19:00)


2018.5.9 13:24

【NEWS】加藤千晶とガッタントンリズム アルバム 『嘘つきと音楽のはじまりに』を2018年1/24リリース



「いないいないばあっ!​」​や「ピタゴラスイッチ​」、​「おかあさんといっしょ​」等への楽曲提供で知られる加藤千晶は、2018年1/24にニューアルバム『嘘つきと音楽のはじまりに』をリリースする。
ムーンライダーズの鈴木博文プロデュースの1stソロ・アルバムから21年目、2012年リリースのアルバム『蟻と梨』リリース後、NHKみんなのうた『四角のメロディ』を挟んで約5年4ヶ月ぶりとなるこのアルバムは、加藤千晶(Vo./Pf.)、鳥羽修(Gt.)、高橋結子(Dr.)、河瀬英樹(Bs.)、中尾勘二(Tb.)、Aketa Mino(Tp.)、橋本剛秀(T.sax.)からなる加藤千晶とガッタントンリズム名義のアルバムとなる。
現在トレーラーが公開されている他、12/9(土)には吉祥寺MANDA-LA2にて先行発売ライブが開催される。

【加藤千晶コメント】
かんかん照りやざんざん降り、ビュービューと木枯らし吹く日や、ソッソッと雪の降り積む日。日々は喜びであり、また日々は、絶望にも似たぬかるみでもあります。いろんな道、いろんな景色、いろんな天気、いろんな匂い、いろんなぬかるみ。そのいろんな空の中を、なんだかんだといいながら、私たちは今日も進みます。
“お茶の間グッドタイムミュージック”から、“ジャーニー凸凹グッドタイムミュージック”へ歩を進めた、加藤千晶とガッタントンリズム。今作はぜひみなさまにも電車に乗り込み、ガッタントンと揺れながらご一緒に口笛などしていただけたなら、そんなうれしいことはありません。




『嘘つきと音楽のはじまりに』
/ 加藤千晶とガッタントンリズム
2018年1/24リリース
フォーマット:CD
レーベル:ガッタントン・レコード
カタログNo.:gattan-002
価格:¥2,600(税抜)
【Track LIst】
01.隧道上場
02.あまいからいすっぱいにがい
03.トッ拍子号
04.灰色の右
05.ぼんやりぼんぼん
06.いとしのエレピアン
07.すずらん通り商店街
08.不二屋洋服店
09.10センチ
10.Time Time Rag
11.雪に添う靴の跡、あのつく嘘に消ゆ




吉祥寺MANDA-LA2
30周年記念先行発売ライブ
​2017年12/9(土)吉祥寺MANDA-LA2
ACT:加藤千晶とガッタントンリズム
Open 18:30 / Start 19:30
Adv ¥3,000 / Door ¥3,300
問い合わせ
吉祥寺MNDA-LA2
電話0422-42-1579

​『嘘つきと音楽のはじまりに』発売記念ライブ
2018年3/17(土)東京 吉祥寺MANDA-LA2
2018年4/21(土)大阪 ムジカジャポニカ(予定)
2018年4/22(日)名古屋 鶴舞K.Dハポン

2017.11.30 11:48

【NEWS】鈴木博文ソロ・キャリアの原点『Wan-Gan King』がCD2枚組の『30th Anniversary Edition』としてリリース

今年30周年を迎えるメトロトロン・レコードは、鈴木博文の新作『どう?』に続くリリース第2弾として鈴木博文の『Wan-Gan King 30th Anniversary Edition』を10/25にリリースする。
オリジナルの『Wan-Gan King』はレーベル発足のきっかけとなった1枚であり、鈴木博文のソロ・キャリアの原点となった1stアルバム。
『Wan-Gan King 30th Anniversary Edition』ではDisc1に『Wan-Gan King』本編と翌年春にリリースされた4曲入りEP盤「どん底天使」と初CD化の際にボーナス・トラックとして収録されたカーネーションとのライヴ3曲を初のリマスタリング音源にて収録。
Disc2には今回のために湾岸スタジオから奇跡的に発掘された、完全未発表デモ音源16曲を収録している。
また、鈴木博文最新インタビューや貴重なメモラビリアの数々を掲載した36頁に及ぶブックレットを付属したデラックス・エディションとなっている。
更に10/7(土)には新代田FEVERにて、直枝政広、矢部浩志、棚谷祐一、
鳥羽修、大田譲といったカーネーションの現・旧メンバーをサポートに
迎えた『「Wan-Gan King」30th anniversary LIVE』も開催される。



『Wan-Gan King 30th Anniversary Edition』
/ 鈴木博文
2017年10/25リリース
フォーマット:CD2枚組
レーベル:メトロトロン・レコード
カタログNo.:noteron-1010
価格:¥3,800(税抜)
※36Pブックレット付属 
※村尾泰郎
【Track List】
DISC 1
Wan-Gan King REMASTERED ALBUM
01.Kucha-Kucha
02.Friends
03.Luna
04.君が愛し続けるならば
05.Motel
06.Fence
07.Child
08.Old Man
09.North Country Boy
10.Early Morning Dead
11.どん底人生
12.逃げる
13.どん底天国
14.どん底天使
15.くれない埠頭
16.Motel
17.さよならは夜明けの夢に
M.1-M.10 From LP「Wan-Gan King」
M.11-M.14 From EP「どん底天使」
M.15-M.17 From CD「First Compact Disc」

DISC 2
Wan-Gan King ORIGINAL DEMOS
01.Kucha-Kucha
02.Friends
03.Luna
04.君が愛し続けるならば
05.Fence
06.Child
07.Old Man
08.North Country Boy
09.Early Morning Dead
10.どん底人生
11.逃げる
12.どん底天国
13.どん底天使
14.スケアクロウ・ブギ*
15.ロンサム・バレンタイン(未発表曲)*
16.裸足のリタ*
*BONUS TRACK


METROTRON RECORDS PRESENTS
鈴木博文「Wan-Gan King」
30th anniversary LIVE
2017年10/7(土)新代田FEVER
ACT:鈴木博文 with 直枝政広+矢部浩志+棚谷祐一+鳥羽修+大田譲
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥5,500 / Door ¥6,000(+1d)
チケット予約:
先行販売(8/11 12:00 〜 9/1)
METROTRON RECORDS HP
一般発売
FEVER店頭(9/2 16:30〜)
e+(9/2 10:00〜)

入場順:①メトロトロン先行販売→②FEVER店頭→③e+


2017.9.17 16:50

【NEWS】イベント情報:鈴木博文 キャリア30周年を記念した1stアルバム『Wan-Gan King』再現ライブ開催 サポートには直枝政広、矢部浩志、棚谷祐一、鳥羽修、大田譲



今年METROTRON RECORDS 30周年を迎える = 自身のソロ・デビュー30周年を迎える鈴木博文は、これを記念して1stアルバム『Wan-Gan King』の再現ライブを10/7(土)に新代田FEVERで行う。
この日サポートを務めるのは鈴木博文の盟友でもありアルバムにも全面参加したカーネーションの直枝政広と、大田譲の2人に旧メンバーの矢部浩志、棚谷祐一、鳥羽修が加わったスペシャル・バンド。
日本コロムビア在籍時のカーネーションのメンバーが約15年ぶりに集結する。
また、当日の会場では10月下旬にリリース予定の再発盤2枚組CD『鈴木博文「Wan-Gan King」30TH ANNIVERSARY EDITION』の先行販売を予定している。

METROTRON RECORDS PRESENTS
鈴木博文「Wan-Gan King」
30th anniversary LIVE
2017年10/7(土)新代田FEVER
ACT:鈴木博文 with 直枝政広+矢部浩志+棚谷祐一+鳥羽修+大田譲
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥5,500 / Door ¥6,000(+1d)
チケット予約:
先行販売(8/11 12:00 〜 9/1)
METROTRON RECORDS HP
一般発売
FEVER店頭(9/2 16:30〜)
e+(9/2 10:00〜)

入場順:①メトロトロン先行販売→②FEVER店頭→③e+



2017.8.8 2:32

【NEWS】姫乃たま アルバム『もしもし、今日はどうだった』8/23リリース 町あかり、鈴木博文、JINTANA、宮崎貴士、佐藤優介、小鉄、ダースレイダー、シマダボーイら参加



下北沢生まれ、エロ本育ちの地下アイドル 姫乃たまのソロ・アルバム『もしもし、今日はどうだった』が8/23にMY BEST! RECORDSよりリリースされる。
町あかりが全曲プロデュースを行う今作は、演奏・アレンジ・トラック制作に、鈴木博文、JINTANA、宮崎貴士、佐藤優介、小鉄、ダースレイダー、シマダボーイが参加している。
また、先行シングルとしてリリースされたル「おんぶにダッコちゃん」「たまちゃん!ハーイ」のオリジナル配信バージョンがボーナストラックとして収録される。

『もしもし、今日はどうだった』/ 姫乃たま
2017年8/23リリース
フォーマット:CD
レーベル:MY BEST! RECORDS
カタログNo.:MYRD117
価格:¥2,330(税抜)
【Track List】
01. ご褒美はなんだろう
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:小鉄
02. 脳みそをマッサージ
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:宮崎貴士
03. 手弁当でまいります
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:宮崎貴士
04. 好きになったらどうしましょう
作詞:姫乃たま 作曲:町あかり 編曲:JINTANA
05. お母さん、たまが妖怪になってるよ
作詞:姫乃たま 作曲:町あかり編曲:鈴木博文
06. バーヨコハマ
作詞:姫乃たま 作曲:町あかり編曲:宮崎貴士
07. やすらぎインダハウス
作詞:姫乃たま 作曲:町あかり編曲:JINTANA
08. ああ人生、迷子丸
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:佐藤優介
09. おんぶにダッコちゃん
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:町あかり
10. たまちゃん!ハーイ
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:町あかり
11.おんぶにダッコちゃん(ボーナストラック)
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:藤井洋平
12.たまちゃん!ハーイ (ボーナストラック)
作詞:町あかり 作曲:町あかり 編曲:宮崎貴士

2017.7.9 15:06

【NEWS】イベント情報:ディスクユニオンとリスナーとアーティストを繋ぐイベント『DIVE INTO MUSIC. 2017 SUMMER』6/18(日)全店で一斉開催



ディスクユニオンが主催するインストアイベント『DIVE INTO MUSIC. 2017 SUMMER』が、6/18(日)に全店で一斉開催される。
通算5回目となるこのイベントは、恒例のインストアライブやDJイベント、サイン会やトークショー等、ディスクユニオンとリスナーとアーティストや音楽が身近に繋がる事をコンセプトとして開催されいてる。
今回のイベントでは、鈴木博文インストアイベント(お茶の水駅前店)をはじめ、直枝政広(カーネーション)トークイベント(立川店)、The Pen Friend Club 一日店長(神保町店)、絶対倶楽部 サイン&写真撮影会(渋谷パンク・ヘヴィメタル館)等のスタッフが独自に企画したイベントが各店で開催。
同日にはオーディオユニオンでも『audiounion DAY Vol.2』が開催される。

『DIVE INTO MUSIC. 2017 SUMMER』
2017年6/18(日)ディスクユニオン各店
各イベント詳細(オフィシャルサイト)
※イベント開催時間は店舗により異なります。

2017.6.16 8:33

【NEWS】鈴木博文 ayU tokiOの猪爪東風をサウンド・プロデュースに迎えた意欲作『どう?』5/31リリース



今年30年を迎えるメトロトロン・レコードの主宰、鈴木博文(ムーンライダーズ)はレーベルのアニバーサリーイヤーの新譜第1弾として3年ぶりの新作『どう?』を5/31にリリースする。
サウンド・プロデュースには昨年リリースされたムーンライダーズトリビュートアルバム『BRIGHT YOUNG MOONLIT KNIGHTS -we can’t live without a rose-』にも参加したayU tokiOの猪爪東風を迎え、これまでのサウンド・プロダクションから大きく進化(深化)した意欲作となっている。
このアルバムの完成に鈴木博文は以下のようにコメントしている。

前回のアルバムで『後がない』と云ってしまったがあれから3年、どうやら何かが見つかった。
2017年、私のインディペンデント・レーベルMETROTRON RECORDS は奇しくも30周年となり、その年月を振りかざすにはのんびり歩んできてしまったが「後がない」とした宣言をあっさり打ち消すのって、どう?ということで鈴木博文13作目アルバムは『どう?』になりました。
ぜひ聴いてください。
鈴木博文


5/19(金)にはこのアルバムのリリースを記念したライブイベントが渋谷7th Floorで開催。
会場ではアルバムの先行販売が行われる。
また、7月にはしずくだうみを帯同してのツアーが東京、名古屋、京都で行われる。



『どう?』/ 鈴木博文
2017年5/31リリース
フォーマット:CD
レーベル:METROTRON RECORDS
カタログNo.:noteron-1009
価格:¥3,000(税抜)
【Track List】
01.天国の監獄
02.突然の平凡
03.五月の牛
04.Breakwater Man
05.快感の形
06.捨てたもんじゃない世界
07.膝頭の住人
08.湖沼にて
09.崖
10.どう?


METROTRON RECORDS PRESENTS
『鈴木博文「どう?」発売記念ライヴ』
2017年5/19(金)渋谷 7th Floor
ACT:鈴木博文 with どう?楽団
GUEST:ayU tokiO
Open 19:00 / Start 19:30
Adv ¥4,000 / Door ¥4,500(+1d)
チケット予約:(4/25〜5/18)
7th Floor 店頭(16:00~22:00)
7th Floor 電話(15:00~20:00 tel:03-3462-4466)
7th Floor メール
お名前(カタカナ)・枚数・公演日を明記の上、
nanakaiyoyaku+0519@gmail.com
までメール送信。
受付後予約完了のメールが返信されます。

*入場順について
7th FLOOR発行のチケットを出演者ライブ会場、店頭などにて、
事前購入いただいた方から整理番号順にご入場いただきます。
その後、その他のご予約の方の入場となります。

METROTRON RECORDS PRESENTS
鈴木博文「どう?」ツアー2017 夏の陣

東京編
2017年7/15(土)渋谷 Last Waltz by shiosai
ACT:鈴木博文 / しずくだうみ / ポニーのヒサミツ / シバノソウ
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥3.500 / Door ¥4.000(+1d)

メールでの予約はこちらまで:lastwaltz@shiosai.com
1ご希望公演日時 2お名前(フルネーム)&フリガナ 3人数 4お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

お問い合わせ先:Last Waltz by shiosai
03-6427-4651
http://lastwaltz.info/

名古屋編
2017年7/16(日)名古屋 猫と窓ガラス
ACT:鈴木博文 / しずくだうみ
Open 18:00 / Start 19:00
Adv ¥3.500 / Door ¥4.000(+1d)

予約 / お問い合わせ先:
prism4836@gmail.com
1ご希望公演日時 2お名前(フルネーム)&フリガナ 3人数 4お電話番号
を送信下さい。折り返しこちらから確認のメールを送信致します。

京都編
2017年7/17(月・祝)京都 外 soto
ACT:鈴木博文 / しずくだうみ / 本日休演
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥3.500 / Door ¥4.000

予約
http://soto-kyoto.jp/event/170717/

お問い合わせ先:外 soto
info@soto-kyoto.jp
http://soto-kyoto.jp



2017.4.27 8:39

【NEWS】テンテンコ RSD参加アイテム『Wa・ショイ! / Good bye,Good girl.』リリースに堀ちえみ、鈴木博文、白井良明がコメント



4/22に開催されるRecord Store Dayの参加アイテムとして7インチ『Wa・ショイ! / Good bye,Good girl.』をリリースするテンテンコ。
知る人ぞ知る堀ちえみの楽曲「Wa・ショイ!」を収録するこのシングルのリリースに際してオリジナルを歌う堀ちえみ、作詞の鈴木博文、作曲の白井良明がコメントを寄せた。

【私の大切な青春の曲を歌い継いでいってもらえる事はとても光栄なことだと思っています。思いっきり、弾ける感じで歌ってください!】
堀ちえみ

【音頭なのに何故かもの悲しい詞を、ちえみさんは当時明るく歌っていた。テンコさんのワッショイはよりソリッドで印象に残る。】
鈴木博文(ムーンライダーズ)

【痛快!痛快!瑞々しい感性が最新のサウンドで曲を蘇らせ、新たに語り継いでいく、というのが正しい伝承芸能でありましょう。】
白井良明(ムーンライダーズ)


カップリングにソロ・デビュー曲「Good bye,Good girl.」が収録された両A面シングルとなる今作は、豪華スリーブ&リバーシブルジャケット仕様となっている。



『Wa・ショイ! / Good bye,Good girl.』
/ テンテンコ
2017年4/22リリース(RSDアイテム)
フォーマット:7インチ・アナログ
レーベル:なりすレコード
カタログNo.:NRSP-736
価格:¥1,300(税抜)
【Track List】
side-A
1.Wa・ショイ!
side-B
1.Good bye,Good girl.




2017.4.19 14:03

【NEWS】鈴木博文&ゴンドウトモヒコ プロデュースの女性シンガー、フミノ 6/22にデビューアルバム『モザイク』リリース

音楽プロデューサー・牧村憲一氏が主宰する「音学校」在学中から歌声とソングライティングの才能が絶賛を受けていた女性シンガーソングライター、フミノ。
その圧倒的な個性に早くから着目してきたメトロトロン・レコードの鈴木博文とゴンドウトモヒコの共同プロデュースによるデビュー・アルバム『モザイク』が6/22にリリース。
8/27には渋谷7th Floorでレコ発イベントが開催される。
また、現在YouTubeではアルバムのトレーラーが公開中。

モザイク
『モザイク』/ フミノ
2016年6/22リリース
フォーマット:CD
レーベル:愚音堂 / メトロトロン・レコード
カタログNo.:GTROTRON-16001
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
01.ムラサキ
02.モザイク
03.心臓
04.ハニー
05.照ル
06.せんせい
07.告白
08.loop
09.人魚
10.滞空時間

ゲスト・ミュージシャン:
鈴木博文 (E.Bass)
ゴンドウトモヒコ(Euphonium, Flugelhorn, trombone)
今泉仁誠(Flamenco guitar)
佐藤優介(Piano)
安達ユーキ(E.guitar)
水野智子(Keyboards)




『僕たちはかつて空から降ってくる音楽を享受していた。』

音楽に取り憑かれた音楽家はどこにいるのだろうか?
自分の声を持った歌手はどこに行ってしまったのだろうか?
見渡すと、翼のない飛べない小鳥ばかりが群れをなしていた。
そんな思いをずうっと抱えていた。

ところが、私は私の声で歌うという、私は私の言葉で歌うと、
翼を持った歌姫たちが目の前に現れはじめたのだ。

中でも際立った歌姫がフミノだ。これが私なのとフミノは歌う。
その歌声に操られ、僕らは深海に潜り、空を飛び、身体を揺らす。
歌を歌うために生まれたフミノに、凡庸なサウンドは似合わない。
それを見抜いたのがプロデューサー、鈴木博文とゴンドウトモヒコだ。
軽やかなアンサンブルと、心を震わすリズム、セクシーなハーモニー。

このデビュー・アルバムには音楽を創る者として、
賛美と同時に嫉妬さえ感じてしまうのだ。
僕たちは空から降ってくる音楽にまた出会えたのだ。

音学校 牧村憲一
————————————————————
Fuminoの世界観がカタチになるにつれ奇跡が起こる。
いいメンバーで作り上げた結晶。
あらゆる意味で奇跡だった。
彼女は一体何者なのか?

ゴンドウトモヒコ
————————————————————
下北沢の居酒屋でイヤホーン越しに初めて彼女の音楽を聞いてナンパした。
「スタジオに遊びに来なさい」彼女はことあるごとに大福と団子を持って
やってきて、いい歌を聞かせてくれた。この情動はとても懐かしいもの。
30数年前のメトロトロン・レコード初期に出会った直枝君や青山君と被る。
その罪深い無垢を晒しながら崖っぷちを歩くような歌を、
誰が放って置けるのか知りたい。

メトロトロン・レコード 鈴木博文


ライブスケジュール
『愚ッナイトvol.2』
6/18(土)@四軒茶屋
http://www.yoncha.com/index.html

『フミノ 1stアルバム「モザイク」発売記念ライブ』
8/17(水)@渋谷7thフロアー #詳細後日発表

2016.5.31 2:22

【NEWS】イベント情報:3/25(金)メトロトロン・レコード25周年記念 ライヴ盤「軌跡」発売記念ライヴ

3/25(金)にメトロトロン・レコード25周年記念のライヴ盤「軌跡」の発売記念ライヴが恵比寿Cre Atoで開催。鈴木博文のスペシャルバンド編成に加え、青木孝明、青山陽一、直枝政広(カーネーション)がゲスト出演する。

metrotron records presents
「軌跡」発売記念ライヴ『Forever young』
2016年3/25(金)恵比寿Cre Ato
ACT:鈴木博文 and 軌跡楽団(夏秋文尚(dr)、大田譲(ba)、今泉仁誠(ag)、Yu-ki(eg)、三浦千明(tp)、佐藤優介(key))
ゲスト:青木孝明、青山陽一、直枝政広
Open 19:00 Start 19:30
Adv ¥4000 Door ¥4500(+1drink)
メール予約: ebisu@creato.bz

2016.3.22 15:10