indiegrabロゴ

【NEWS】岡村詩野による『音楽ライター講座【初級編】in 京都』が8月に開講へ

音楽ライターとして名を馳せる岡村詩野。彼女が長年続けてきた「音楽ライター講座」の京都編が、関西のインディー音楽メディア「ki-ft」×京都カルチャーを発信する「ANTENNA」による共同主催で、8月から開催される。

この度開催する”音楽ライター講座(初級編)”は、言葉にできない「なんとなく良い」をもっと正確に伝えるために、必要なノウハウを身につける内容となっている。

この講座では「音楽の聴き方から実際に文章を書くまで」をテーマに、基本的なライティングスキルだけでなく、その事前段階の準備から学んでいく。それを通じて、音楽の見方を通じ、音楽そのものの面白さや、自分の感情を言葉にすることの楽しみが少しでも感じ取れればという向きだ。

講座は全5回となっており、座学として学ぶだけでなく、毎回の宿題にて文章を書くことになります。
現在のところ、最後の講義にて提出いただく卒業論文の中から、いくつかのレビューを音楽サイトに掲載されることが予定されている。

講座名
音楽ライター講座【初級編】
音楽を多角的にとらえ、わたしの「良い」を言葉にする

講師
岡村詩野

日時
第1回:08/08(水)19:00-21:00
第2回:08/22(水)19:00-21:00
第3回:09/05(水)19:00-21:00
第4回:09/19(水)19:00-21:00
第5回:10/03(水)19:00-21:00

内容
第一回:音楽について文章で記すことの意味を考える
第二回:どういうアングルで書くのか〜「木を見ること」と「森を見ること」
第三回:実際に文章を書いてみる – レビューは解説ではない –
第四回:リサーチをする
第五回:現在・過去・未来のつながりで音楽をとらえる

会場
MTRL KYOTO
京都市下京区富小路五条下ル (MAP)

募集人数
30名

料金
全日通し(5回):¥12,500
1日参加:¥3,200
※+1drink(¥500)の会場費がかかります。
※単日での参加も可能ですが、全日程での参加を推奨いたします。

※詳細はこちらから


講師:岡村詩野
東京生まれ京都育ちの音楽評論家。
京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。FM京都(α-STATION)『Imaginary Line』(日曜21時)パーソナリティ。『ミュージック・マガジン』『朝日新聞』『VOGUE NIPPON』『The Sign Magazine』『CDジャーナル』など多数のメディアで執筆中。
昨年ウェブメディア『TURN(http://turntokyo.com )をスタートさせた。Helga Press名義でイベント企画をしている他、2016年には京都の若手音楽家を集めたコンピレーションCDもリリース。音楽ライター講座を東京(オトトイの学校)で定期的に、京都でも不定期に開催している。

2018.7.11 12:00

カテゴリ:NEWS タグ:, ,