【INTERVIEW】『光』ほたるたち / 『世界へ』穂高亜希子


廊下で座り込んで本を読んでる人もいて、その人が許されている感じがあるのがいいよね

–:ブラックナードについても詳しいお話をお聞きしたいのですが。
松尾:2015年から始めて……。
穂高:3回やった。
松尾:そうですね、今度で4回目になりますね。
–:最初からああいうDIY感を打ち出していましたよね?
松尾:そうですね。
–:最初から八広の会場(墨田区の公民館 八広地域プラザ 吾嬬の里)でしたっけ?
穂高:最初はもっとやばい。上野のスタジオで……。
–:スタジオライブだったんですか?
穂高:スタジオというか、ビルの一番上って感じのところで。
松尾:もともとはいまラッキーオールドサンっていうユニットをやってる篠原くんと仲間内のバンドを集めてイベントやってた場所なんですよ。で上野行けば楽しいし。借りるのにお金もかからなくて。で僕とやまぐ(山口やまぐ)さんでノリで始めた結果、ボリュームを詰め込みすぎてすごい狭いところでぎゅうぎゅうになって。
–:2回目からは八広ですよね?
松尾:そうですね。
–:私が行ったのは2回目ですかね。
松尾:そうです。2回目はシベールの日曜日とか呼んで。そのときは八広でイベントやるの初めてだったんですけど、同じグルーヴで突っ走った結果、今まで呼べなかったアイドルの方とか呼べて、1回目以上に集客あって盛り上がって。2回目はトリとトリ前がシベールの日曜日とMaher Shalal Hash Bazだったんですけど、持ち時間30分のはずが2組とも1時間やって、押しまくって。そういうのがあって昔のロックフェスみたいな雰囲気を感じて楽しかったですね。



吉川:ブラックナードフェスのやばいところは主催者2人とも自分のバンドで出てるってところですかね。
松尾:そうですね。
吉川:しかも主催者2人ともめちゃくちゃライブ観ようとするので、当日めちゃくちゃになるんですよ。
松尾:でもなんとなくまとまるという。



–:ブラックナードって昔のフェス感がすごいと思っていて。あの体育館の中でみんな座り込んでいるじゃないですか。あれ見てウッドストックっぽいというか、草っぽい感じが残っていていいですよね。
穂高:お客さんがみんな心地良さそうなのがいいよね。廊下で座り込んで本を読んでる人もいて、その人が許されている感じがあるのがいいよね。
–:ステージをきっちりみていなくてもいい感じがいいですよね。会場の裏門から入ったらELEPHANT NOIZ KASHIMASHIの面々が体育館裏でタバコ吸ってて昔の不良みたいでよかったです。
穂高:一人で来てるひとが多くてみんなで盛り上がらなくてもいい感じがいいですよね。
松尾:自由なところが無善寺にも通じる感じがありますよね。平澤さんは、ブラックナードフェスの中でなりすステージをやりたいと言っていて。
平澤:言うのはただだからね。でも何度もしつこく言ってると稀に実現することもあるんだよ。
–:わりと今回実現してますよね、2枚同時リリースとか。
穂高:メンバーの2人と平澤さんを引き合わせたのも最近なのに、いつの間にか仲良くなってて。
松尾:もともとの知り合いがなりすからでてることも多くて。
平澤:だうみ(しずくだうみ)ちゃんとかはブラックナードに出るのはわかるけど秘密のミーニーズはちょっと違うだろって思った(笑)
松尾:秘密のミーニーズはライブハウスシーンではあんまり活動していない印象があったんですけど、インターネット上では聴いてる人は聴いているという感じで。やっぱりすごい好きな曲があったんですよ。昭和感溢れる女性ボーカルのいい曲があって。
平澤:彼らは昭和感というか60~70年代の洋楽や邦楽の雰囲気を出すのが得意だから。
穂高:平澤さんは女性ボーカル好きだから。
松尾:自分もどちらかというと女性ボーカルのもののほうが好きかもしれない。
穂高:よっさんは?
吉川:そうですね、僕はなりすレコードから出てるアイドルものが大好きですね。
穂高:相性ばっちり!
平澤:こう見えてリリースする作品に関しては音楽性を一番大事にしてるからね。
穂高:それなのにほたるたちのリリースを決めたのは事前に音を聴いてないという。
松尾:平澤さんが最初にThe Shaggsを紙ジャケCDで再発をした話とかに感動して。
穂高:私は斉藤由貴つながりで出会ったから。私、斉藤由貴が大好きでFacebookで平澤さんが雑誌で斉藤由貴にインタビューしたっていうからいても経ってもいられなくてコメントしたら突然「平澤ですけど」ってメールが来て。「斉藤由貴のカバーで7インチだしませんか?」って連絡が来て(笑)
松尾:じゃあ、今度バンドでやろうか
平澤:あの時にFacebookから連絡をとったのが、3年前に出した穂高さんの7インチに繋がって今回のCDに発展するんです、だからこのプロジェクトのきっかけは斉藤由貴ですね。



インタビュー・文:sabadragon




『光』/ ほたるたち
2018年10/24リリース
フォーマット:CD
レーベル:なりすコンパクト・ディスク / ハヤブサ・ランディングス
価格:¥2,200(税抜)
【Track List】
01.あの頃のこと
02.五月の風
03.恋をした男の子
04.街の光
05.緑
06.うそ
07.夜と風
08.風、青空
09.朝焼けの夢




『世界へ』/ 穂高亜希子
2018年10/24リリース
フォーマット:CD(紙ジャケット)
レーベル:なりすコンパクト・ディスク / ハヤブサ・ランディングス
カタログNo.:HYCA-3075
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1.五月のまぼろし
2.ふるえてねむる
3.出発のうた
4.夜道
5.夜中の話
6.世界へ
7.ぼくの心は空の中
8.夜明け前

録音/MIX:三富栄治
マスタリング:peace music中村宗一郎
絵:前川茜
デザイン:saori


『ミチノヒ「but to do」× ほたるたち「光」ダブルレコ発tour』
2018年11/30日(金)東京 渋谷:(旧 渋谷LAST WALTZ)
ACT:ほたるたち / ミチノヒ / bjons / 冷牟田敬band
Open 18:30 / Start 19:00
Adv. ¥2,500 / Door ¥2,800(+1d ¥600)

『ほたるたち+穂高亜希子同時発売記念イベント』
2018年11/19(月)新宿dues
ACT:ほたるたち / 穂高亜希子
Open 19:00 / Start 19:30
イベント詳細




山口やまぐ&松尾翔平 共同企画
『ブラックナードフェス!vol.4』
~Let’s Go World Nerdy Journey~
2018年12/16(日)墨田区 八広地域プラザ 吾嬬の里(あづまのさと)本館
ACT:オシリぺンぺンズ / 割礼 / RUINS(吉田達也+増田隆一) / ほたるたち(穂高亜希子+松尾翔平+吉川賢治) / 3776 / SAKA-SAMA / xoxo(Kiss&Hug) EXTREME / HOMMヨ / otori / 田島ハルコ / Weekday Sleepers / 吉田和史×夜窓 / Cobalt / 横沢俊一郎 / Super Ganbari Goal Keepers / 山口やまぐと地獄少年 / ロクトシチ / しののめ / 内田るん / 山口やまぐ Another Hell Meeting / and more…
Open 10:30 / Start 11:00(close 20:00予定)
Adv. ¥3,000(+1d ¥500)
高校生 無料

3ステージ制
Foodあり Freeお菓子あり
内装:ヤバイネーション

公式Twitter(@blacknerdfes
公式Tumblr

1 2 3

2018.11.14 20:58

カテゴリ:INTERVIEW, PU1 タグ:, , , , , , ,