indiegrabロゴ

UK

【NEWS】THE MAGIC NUMBERS 4年ぶりのニューアルバム『OUTSIDERS』リリース 日本盤はボーナストラック3曲収録



Stodart & Gannonの2組の兄妹によるカルテット・バンドTHE MAGIC NUMBERSが4年となるアルバムをリリースする。
5/11にVINYL JUNKIEよりリリースされる日本盤では、ボーナストラックとしてMagnetic Fields、Bob Dylan、Neil Youngの名曲カバー音源3曲を収録した13曲入り。
さらに、Romeo Stodartによる曲解説、歌詞、対訳付き。

現在アルバムシングルカット曲「Sweet Divide」のMVが公開中。



『OUTSIDERS』/ THE MAGIC NUMBERS
2018年5/11リリース
フォーマット:CD
レーベル:VINYL JUNKIE
カタログNo.:VJR-3209
価格:¥2,400(税抜)
日本盤のみのボーナストラックを含む全13曲収録
英歌詞・対訳・解説付
【Track List】
01. Shotgun Wedding
02. Ride Against the Wind
03. Runaways
04. Sweet Divide
05. Wayward
06. The Keeper
07. Dreamer
08. Power Lines
09. Lost Children
10. Sing Me A Rebel Song
※日本盤ボーナストラック
11. Papa Was A Rodeo (Magnetic Fields cover)
12. I Shall Be Released (Bob Dylan cover)
13. Wrecking Ball (Neil Young cover)
VINYL JUNKIE webページ


2018.4.24 13:03

【NEWS】Henry Green 日本デビュー盤『Shift』を4/18にリリース



ブリストル出身のソングライター/プロデューサーHenry Greenの日本デビュー盤『Shift』が4/18にTugboat Recordsよりリリースされる。
ノルウェーの大人気プロデューサーであるKYGO(カイゴ)が、グリーンがカバーしたMGMTの「Electric Feel」がSoundCloudで1000万再生を超え、2015年のデビューE.P.『Slow』、2017年の2nd E.P.『Real』がSpotifyで800万回再生を突破するなど話題を呼ぶHenry Green。
美しいエレクトロニカサウンドに、RhyeやSOHNなどに通じるシルキー・ヴォイスが融合した楽曲性は今作でも存分に発揮されている。
現在YouTubeでは収録曲「Another Light」のMVが公開されている。



『Shift』/ Henry Green
2018年4/18リリース
フォーマット:CD
レーベル:Tugboat Records Inc.
カタログNo.:TUGR-053
※解説:伊藤なつみ
※対訳:ermhoi
【Track List】
01.i
02.Aiir
03.Shift
04.Another Light
05.Stay Here
06.We
07.Without You
08.Contra
09.Diversion
10.Something


作品詳細

2018.4.16 11:42

【NEWS】PREP E.P.『Cold Fire』日本盤の詳細を発表 日本盤にはマイケル・ジャクソンのカバーと菊池成孔を辛い日常から救ったという「Cheapest Flight」のライブバージョンを収録



5/4に日本盤がリリースされるロンドンの4人組、PREPのE.P.『Cold Fire』の詳細が発表された。
さらに彩りを増したポップ・チューン4曲に加え、日本盤のみのボーナストラックとして、マイケル・ジャクソンの「Human Nature」のカバー、そして前E.P.に収録され、菊地成孔が「辛い日常から救ってくれた曲」とコメントした「Cheapest Flight」のライブバージョンの2曲が追加されている。
また、このE.P.には日本でも人気の韓国人R&BシンガーDeanとAnderson .Paakの楽曲のプロデュースも手がけたHW&W Recordings所属のPomo、UmiiのメンバーでKitsuneと契約を果たしたReva Devito等が参加している。

PREPは5/24(木)に代官山UNITにて待望の初来日公演を開催する。



『Cold Fire』/ PREP
2018年5/4リリース
フォーマット:CD/デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-102
価格:¥1,800(税抜)
※解説・歌詞・対訳付き予定
※日本のみでCD化
※CDのみボーナス・トラック収録
【Track List】
1. Cold Fire (feat. DEAN and Pomo)
2. Snake Oil (feat. Reva DeVito)
3. Don’t Bring Me Down
4. Rachel
5. Human Nature [Bonus Track]
6. Cheapest Flight (Live) [Bonus Track]






『PLANCHA 10th Anniversary Vol.1
 PREP JAPAN SHOW 2018』
2018年5/24(木)代官山 UNIT
ACT:PREP / and more..
Open 19:00 / Start 19:30
Adv ¥4,500 / Door ¥5,000(※税込み・+1d)
チケット予約:
TICKET:
ぴあ(Pコード:1147-84)
LAWSON(Lコード:75093)
e+
※一般発売日:4/14(土)

企画・制作:PLANCHA
INFO:UNIT 03-5459-8630

2018.4.14 10:40

【NEWS】イベント情報:ロンドンの4人組 PREP 5/4に日本盤リリースの2nd E.P.『Cold Fire』を引っ提げての初来日公演が決定



ロンドンを拠点として活動する4人組のバンドPREPが、5/4に日本盤がリリースされる2nd E.P.『Cold Fire』を引っ提げての初来日公演を行う。
世界的なシティ・ポップ・ブームの中、アジア圏を中心に人気が爆発しているPREP。
今回の来日ではサポート・メンバーを加えた6人編成でのフル・バンド・セットでの公演となる。

また、新作のEPは日本国内のみでボーナス・トラックを収録したCDが5/4にリリースされる。
現在先行シングルの「Don’t Bring Me Down」が公開中。
こちらはり付け師でもあり、かつてクリエイティヴ集団CANADAに所属、テーム・インパラの「The Less I Know The Better」のMVの振り付けも担当したTuixén Benetがディレクターを務めている。



『PLANCHA 10th Anniversary Vol.1
 PREP JAPAN SHOW 2018』
2018年5/24(木)代官山 UNIT
ACT:PREP / and more..
Open 19:00 / Start 19:30
Adv ¥4,500 / Door ¥5,000(※税込み・+1d)
チケット予約:
TICKET:
ぴあ(Pコード:1147-84)
LAWSON(Lコード:75093)
e+
※一般発売日:4/14(土)

企画・制作:PLANCHA
INFO:UNIT 03-5459-8630




『Cold Fire』/ PREP
2018年5/4リリース
フォーマット:CD/デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-102
価格:¥1,800(税抜)
※解説・歌詞・対訳付き予定
※日本のみでCD化
※CDのみボーナス・トラック収録予定


2018.4.11 11:29

【NEWS】MAMAS GUN 最新アルバム 『GOLDEN DAYS』よりMV「You Make My Life A Better Place」を公開





ニュー・ソウル・バンドMAMAS GUNが2017年12月にリリースした最新アルバム『GOLDEN DAYS』より、「You Make My Life A Better Place」のMVが公開された。
Stevie WonderやMarvin Gaye、Average White Band等を引き合いに出して語られる彼らのニューアルバムの中でも大本命曲と称されるメランコリックなラブ・ソングとなっている。
ディレクターはFATBOY SLIMやBONOBOの作品も手掛けるSteve Glashier。
映像にはMAMAS GUNの家族や友人が出演している。



『GOLDEN DAYS』/ MAMAS GUN
2017年12/20リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-24685
価格:¥2,400
【Track List】
01. You Make My Life A Better Place
02. On The Wire
03. I Need A Win
04. Diamond In The Bell Jar
05. London Girls
06. The Spooks
07. We
08. Golden Days
09. Strangers On A Street
10. This Is The day


2018.4.5 11:44

【NEWS】Emily Isherwood シングル『Calibrate』の配信を開始



ブリストルのEma SierraによるプロジェクトEmily Isherwoodのシングル『Calibrate』がイギリスのArt Is Hard Recordsよりリリース。
name your price。

2018.3.29 8:35

【NEWS】イベント情報:THE WEDDING PRESENT 来日ツアーEXTRAをsi,ireneとalicetales主催で開催



4/10(火)に西川口Heartsにて、THE WEDDING PRESENT来日ツアーのEXTRA公演が開催。
このイベントはsi,ireneとalicetalesの主催によって実現したもの。
The Wedding Present、si,irene、alicetalesに加え、Mexicable Standard、THIS IS JAPANの出演がアナウンスされている。

si,irene x alicetales presents
『The Wedding Present Japan Tour 2018 Extra』
2018年4/10(火)西川口 Hearts
ACT:The Wedding Present / si,irene / alicetales / Mexicable Standard / THIS IS JAPAN
Open 18:00 / Start 18:40
Adv ¥3,300 / Door ¥3,800
チケット予約:
チケットぴあ
e+
Live pocket


『THE WEDDING PRESENT – JAPAN TOUR 2018』
2018年4/11(水)・12(木)渋谷 TSUTAYA O-NEST
ACT:THE WEDDING PRESENT
Open 19:00 / Start 20:00
Adv ¥5,800 / Door ¥6,300

2018.3.22 11:49

【NEWS】NME注目 マンチェスターの3ピースFalse Advertising日本デビュー盤『Belligerent』4/11リリース

Processed with VSCO with c1 preset



「NME」にマンチェスターの注目新人バンドとして取り上げ、今、急速に注目を集めるFalse Advertisingの日本デビュー盤『Belligerent』が4/11に2670recordsよりリリースされる。
彼らはザ・ストーンローゼズやハッピーマンデーズらと共にマッドチェスター・ムーヴメントの中心的存在だったインスパイラル・カーペッツのVo.Tom を叔父に持つ紅一点メンバーのJen(Gt./Dr./Vo.)と、 UK話題の新人 The Orielles を、名門Heavenly Recordings からデビューするまでプロデュースをしていた Chris(Gt./Dr./Vo.)、そしてBs.の Josh からなる、注目のマンチェスターの男女3ピースバンド。
フックのあるメロディーをラウドなサウンドで聞かせる全12曲が収録されている。



『Belligerent』/ False Advertising
2018年4/11リリース
フォーマット:CD
レーベル:2670records
カタログNo.:TSSO-1033
価格:¥2,300(税抜)
01. Hey You
02. Scars
03. Give It Your Worst
04. Not My Fault
05. Honest
06. You’re Too Slow
07. Dozer
08. Piece of My Mind
09. Alopecia
10. I Think I Got My Wish
11. Sigh
12. It’s Been A While








2018.3.13 12:06

【NEWS】イベント情報:4月開催 The Yearning初のジャパンツアーにThe PAPARAZZI CITY、HoSoVoSo、Kent Funayama with 新井 仁、ayU tokiO



UKのポップ・デュオThe Yearningの初来日公演が4/4(水)よりスタートする。
作品ベースで活動をするため本国でもあまりライブを行わないという彼らのライブを見る貴重な機会となっている。
今回ライブが行われるのは4/4(水)の名古屋、4/6(金)大阪、4/7(土)東京の3公演。
名古屋ではHoSoVoSo、The PAPARAZZI CITYが、大阪ではKent Funayama with 新井 仁、The PAPARAZZI CITY、東京ではayU tokiO 、The PAPARAZZI CITYをサポートに迎えての公演となる。

また、彼らは来日直前の3/31にウェールズのフェス『WALES GOES POP! 2018』に出演。
このフェスにはPAINS OF BEING PURE AT HEARTやGOAT GIRL、DREAM WIFE、少年ナイフ、SCHOOL、KERO KERO BONITOらも出演する。

『The Yearning Japan Tour 2018』

2018年4/4(水)名古屋 鶴舞 KD.ハポン
https://kdjapon.jimdo.com/
support act:HoSoVoSo、The PAPARAZZI CITY
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥4,800 / Door ¥5,300(+1d)
※終演後サイン会開催
チケット予約:
会場店頭&電話&メール予約
file-under店頭

2018年4/6(金)大阪 梅田 NOON + CAFE
support act:Kent Funayama with 新井 仁、The PAPARAZZI CITY
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥4,800 / Door ¥5,300(+1d)
※終演後サイン会開催
チケット予約:
e+
ローソンチケット(Lコード:55837)
FLAKE RECORDS店頭
Fastcut Records店頭
diskunion大阪店店頭
会場店頭&電話&メール予約

2018年4/7(土)東京 渋谷 7th FLOOR
http://7th-floor.net/
support act:ayU tokiO 、The PAPARAZZI CITY
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥4,800 / Door ¥5,300(+1d)
※終演後サイン会開催
チケット予約:
e+
diskunion主要店店頭(3月上旬発売開始)
会場店頭&電話&メール予約


2018.3.11 11:41

【NEWS】U/M/A/Aオンラインストア ZTTレーベルとの契約期間満了に伴い、ZTTレーベル作品をスペシャルプライスで販売中

トレヴァー・ホーン(ex.The Buggles、ex.Yes、Art of Noise)がNMEのポール・モーリィらと設立した80年代UKのアイコン的レーベル、ZTTレーベル。
Frankie Goes To Hollywood、Art of Noise、808 State等を排出したこのレーベルと日本のU/M/A/Aとのライセンス契約期間満了にあたって、U/M/A/Aのオンラインストアでは3月末日までの期間限定でZTTレーベル作品をスペシャルプライスで販売する。
定価の最大50%以下での販売となるこのセール、対象商品にはU/M/A/Aが企画してきた独自企画盤も含まれる他、数量限定のオリジナル特典も付属する。

U/M/A/Aストア ZTTセール!!

2018.3.11 11:11

【NEWS】クリス・カーター 17年ぶりにリリースするソロ・アルバム『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』より「Blissters」を先行公開





Throbbing Gristleの創設メンバーの一人であるクリス・カーターが3/30にリリースする17年ぶりのソロ・アルバム『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』の収録曲「Blissters」が先行公開された。
ノーフォークにあるクリス・カーターのスタジオで制作されたこのアルバムは、60年代の電子音楽、不協和音をはじめとしたノイジーなサウンドからイギリスの古いフォーク・ミュージックまで、「音響の科学者」たるクリス・カーターのクリエイティブな探求心溢れる作品となった。

「特にこのアルバムに関して影響を受けたものがあるとすれば、それは間違いなく60年代の電子音楽だね」と語るクリス・カーター。「また、ここ2、3年はイギリスの古いフォーク・ミュージックも、“禁断の楽しみ”という感じで聴いていたから、今回のアルバムの何曲かは、そんな感じのメロディが自分の中に存在するDNAとしてにじみ出ていると思うよ。ある意味童謡と似てなくもない」。

「スリージー(Throbbing Gristleの創設メンバーで2010年に逝去したピーター・”スリージー“・クリストファーソン)と僕はかつてソフトウェア、ハードウェア双方を使って人工的な歌声を作っていく作業を共同で担当してたんだ。今回はそれを僕だけで、さらに進んだことをやろうと思ってね。自分の声もしくはかつてスリージーと一緒に作った音声コレクションを引っ張り出して、それらを思いっきり切り刻んで歌詞を作っていったんだけど相当ヘンテコな感じになったね」。




『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』
/ クリス・カーター
2018年3/30リリース
フォーマット:CD
カタログNo.:TRCP-227
価格:¥2,200(税抜)
【Track List】
01. Blissters
02. Tangerines
03. Nineteen 7
04. Cernubicua
05. Pillars of Wah
06. Modularity
07. Field Depth
08. Moon Two
09. Durlin
10. Corvus
11. Tones Map
12. Dust & Spiders
13. Gradients
14. Lab Test
15. Shildreke
16. Uysring
17. Ghosting
18. Noise Floor
19. Post Industrial
20. Rehndim
21. Roane
22. Time Curious Glows
23. Ars Vetus
24. Hobbs End
25. Inkstain
amazon
iTunes
Spotify



2018.1.12 11:43

【NEWS】イベント情報:The Neon City 1st E.P.『Fancy in Twenties』リリースパーティー1/22(月)開催 出演にSNJO(TOXXIES)、Love Suparme、Magic Island、スケベ椅子



昨年1st E.P.『Fancy in Twenties』をリリースした大阪のseina(ex. LADY FLASH)によるソロ・プロジェクトThe Neon Cityは、1/22(月)に大阪の地下一階にてリリースパーティーを行う。
このイベントでThe Neon Cityはバンドセットのライブを行い、ギターとしてnico(LADY FLASH)、ベースとしてジョー(GOODNITE)が参加する。
また、出演者にはSNJO(TOXXIES)、イギリスのLove Suparme、ドイツのドリームポップMagic Island、スケベ椅子が参加する。
また、seinaはこのライブの直後に日本を離れるので、この後しばらくThe Neon Cityは国内でのライブは行えないとの事。

The Neon City
1st E.P.『Fancy in Twenties』
release party
2018年1/22(月)大阪 地下一階
ACT:The Neon City(Band Set) / SNJO(TOXXIES、Floor Set) / Love Suparme / Magic Island / スケベ椅子
DJ:Nishihkawa(NEIGHBORHOOD)
Start 18:00
Adv ¥1,500 / Door ¥2,000(+1d)




『Fancy in Twenties』/ The Neon City
2017年12/17リリース
フォーマット:CD / デジタル配信 / ストリーミング配信
【Track List】
01. Magical Love
02. City Girl
03. the life that walks
04. flower park
05. let’s go sunday night
FLAKE RECORDS
fastcut records
HOLIDAY!RECORDS
iTunes/Apple Music
Spotify






2018.1.10 14:13

【NEWS】シンガーソングライターAndrew Sloman セルフプロデュースのシングル曲「ANATA NO AI DE」 MV公開





モデル、俳優としても活躍するシンガーソングライターAndrew Slomanは、12/11にiTunesで配信開始した3rdシングル「ANATA NO AI DE」のMVをYouTubeで公開した。
この楽曲はAndrew Sloman初となる日本語の楽曲であり、MVと音楽共にセルフプロデュースで制作されている他、楽曲も全て自身で演奏している。
また、彼は2018年1/18(木)と20(土)に新宿 ヒルトン東京のバー&ラウンジZATTAにてライブを行う。



「ANATA NO AI DE」/ Andrew Sloman
2017年12/11リリース
フォーマット:デジタル配信
価格:¥200
【Track List】
1. ANATA NO AI DE
iTunes


Andrew Sloman無料ライブ
2018年1/18(木) 20(土)
バー&ラウンジZATTA(ヒルトン東京)
演奏時間 14:15-17:45
Entrance Free
※バーでのライブのためドリンクかフードの注文が必要です

2017.12.19 11:44

【NEWS】アンドリュー・ウェザオール 15日リリースの新作『QUALIA』全曲ダイジェスト音源を公開

Photo by John Barrett





11/15に新作『QUALIA』をリリースするUKミュージックシーンの重鎮アンドリュー・ウェザオールは13日、アルバムの全曲ダイジェストをYouTubeにて公開した。
パトリック・モディアノの著書『The Black Notebook』とデイビット・キーナンの『This Is Memorial Device』から受けたイメージ、フィーリング、考えが元になっているという実にコンセプチュアルな内容を誇る今作は、前作に引き続き友ニナ・ウォルシュがミックスとエンジニアを担当。
また、今は亡きフランス人音楽家のエリック・ルグランドをゲスト・ミュージシャンとしてフィーチャーしている。



『QUALIA』 / ANDREW WEATHERALL
2017年11/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-24686
価格:¥2,400(税抜)
※解説:渡辺健吾
※日本独自CD化
【Track List】
1. Evidence The Enemy
2. Darktown Figures
3. Spreads A Haze (And A Glory)
4. Saturday International
5. Between Stations
6. Soft Estates
7. Selling The Shadow
8. Vorfreude 2


2017.11.14 11:44

【NEWS】イベント情報:12月リリースの4thアルバムを携えた来日公演を開催



12月に3年ぶりのアルバムをリリースするイギリス発のモダン・ソウル・バンド、MAMAS GUN。
彼らの新作アルバムを携えた来日公演が2018年の1月に大阪と東京で開催される。

【MAMAS GUN来日公演】
大阪公演
2018年1/30(火)ビルボードライブ大阪
1stステージ:
Open 17:30 / Start 18:30
2ndステージ:
Open 20:30 / Start 21:30
Ticket
サービスエリア ¥7,900 / カジュアルエリア ¥6,900
公演情報詳細
東京公演
2018年2/1(木)ビルボードライブ東京
1stステージ:
Open 17:30 / Start 19:00
2ndステージ:
Open 20:45 / Start 21:30
Ticket
サービスエリア ¥8,000 / カジュアルエリア ¥6,500
公演情報詳細


メンバー(※メンバーは急遽変更になる場合があります。)

アンディ・プラッツ/Andy Platts(Vocals, Guitar)
テリー・スピラー・ルイス/Terry ‘Spiller’ Lewis(Guitar, BGV)
ディヴ・エイティーズ・オリヴァー/Dava ‘eighties’ Oliver(Keyboards, BGV)
キャメロン・ドーソン/Cameron Dawson(Bass)
クリストファー・ブート/Christopher Boot(Drums)



2017.11.4 17:19

【NEWS】イベント情報:Erased Tapes Records、Ninja Tune、Brainfeederで写真を手がけるÖzge Cöneの写真展『変容 Transitions』 大久保のART SPACE BAR BUENAにて開催中



イスタンブール出身、ロンドン在住のフォトグラファーであり、Erased Tapes Records、Ninja Tune、Brainfeeder、といった重要インディーレーベルのアーティスト写真やアートワーク等を手がけるÖzge Cöneの写真展『変容 Transitions』が大久保のART SPACE BAR BUENAにて開催されている。
アイデンティティ、自己表現、差別、疎外感、存在、時間感覚という問題に問いかけ、社会の中でそうしたものがもたらす影響と、崩れていく人間の命を表現するÖzge Cöneは、音楽分野とのコラボレートワークを積極的に行う彼は、Rolling Stone、Vice、Dazed Digital、The Guardian、The Fader等のメディアにも取り上げられる。
今回の個展ではÖzge Cöneがどのように自身の主題にアプローチしているのか、モノクロとカラーで制作された作品より厳選して見ることが出来る。

Özge Cöne写真展
『変容 Transitions』
2017年11/3(金)〜10(金)
新大久保 ART SPACE BAR BUENA
営業時間:19:00〜24:00(月曜定休)
入場無料(要1オーダー)
イベント詳細

2017.11.4 17:05

【NEWS】DEAF SCHOOL 完全オリジナルアルバムとしては39年ぶりとなる『Let’s Do This Again Next Week…』12/20リリース



英国のアート・スクール・ポップの雄、DEAF SCHOOLが、完全オリジナルアルバムとしては39年ぶりとなる新作『Let’s Do This Again Next Week…』を12/20にリリースする。
完全オリジナルアルバムとしては78年の『English Boys/Working Girls』以来(2015年にリリースされた『LAUNDERETTE』は新曲+ライブ音源+アーカイブ音源からなる編集盤)となる今作は、彼ら以外にはあり得ないブリティッシュ・ロック/ポップの真髄そのものを鳴らしている。
また、日本盤ではボーナストラック2曲が追加されている。



『Let’s Do This Again Next Week…』
/ DEAF SCHOOL
2017年12/20リリース
フォーマット:CD
レーベル:Ca Va? Records / Hayabusa Landings
カタログNo.:HYCA-3066
価格:¥2,400(税抜)
歌詞/対訳付
備考:日本盤のみボーナス・トラック収録
【Track List】
01.TAP TO SNOOZE
02.THE FABULOUS MISS SUSAN JONES
03.TOP MAN TOP
04.BED & BREAKFAST
05.BOB THE LODGER
06.THE 4th OF SEPTEMBER STREET
07.COME ON ARCHIE!
08.SKYLON
09.FANTASTIC FISH
10 LOVING YOU
11.DR. VODKER
12.THE SUN’S ON THE LAWN #
13.HIYA! #
#=日本盤ボーナス・トラック



2017.10.23 8:47

【NEWS】Nick Heyward(ex. Haircut 100) 20年ぶりとなるソロ・アルバム『Woodland Echoes』国内盤 ボーナス・ディスク付属のCD2枚組仕様で11/22にリリース



80年代のネオアコ/ギター・ポップシーンに登場し大きな人気を誇りながらわずかな期間で解散したバンド Haircut 100の中心人物Nick Heywardの20年ぶり通算7作目となるソロ・アルバム『Woodland Echoes』の日本盤が11/22にCa Va? Records / Hayabusa Landingsよりリリースされる。
97年にクリエイション・レコードからリリースされた『The Apple Bed』以来20年ぶりのソロ・アルバムとなるこのアルバム、彼の天才的なソングライティングぶりが健在であることを見せつけるアルバムとなっている。
日本盤では輸入盤の「デラックス・エディション」のみに付属したボーナス・ディスク3曲が付属されたCD2枚組の仕様にてリリースされる。



『Woodland Echoes』/ Nick Heyward
2017年11/22リリース
フォーマット:CD2枚組
レーベル:
Ca Va? Records / Hayabusa Landings
カタログNo.:HYCA-3065
価格:¥2,400(税抜)
解説・歌詞/対訳付(解説:多屋澄礼)
備考:日本盤のみボーナス・ディスク付
(輸入盤のデラックス・エディションと同内容)
【Track List】
01.Love Is the Key by the Sea
02.Mountaintop
03.The Stars
04.Beautiful Morning
05.Who?
06.Forest of Love
07.Baby Blue Sky
08.I Can See Her
09.Perfect Sunday Sun
10.New Beginning
11.I Got a Lot
12.For Always

DISC2
1.Make It Happen
2.Angelfish
3.Back Together




2017.10.14 16:32