indiegrabロゴ

UK

【NEWS】クリス・カーター 17年ぶりにリリースするソロ・アルバム『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』より「Blissters」を先行公開





Throbbing Gristleの創設メンバーの一人であるクリス・カーターが3/30にリリースする17年ぶりのソロ・アルバム『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』の収録曲「Blissters」が先行公開された。
ノーフォークにあるクリス・カーターのスタジオで制作されたこのアルバムは、60年代の電子音楽、不協和音をはじめとしたノイジーなサウンドからイギリスの古いフォーク・ミュージックまで、「音響の科学者」たるクリス・カーターのクリエイティブな探求心溢れる作品となった。

「特にこのアルバムに関して影響を受けたものがあるとすれば、それは間違いなく60年代の電子音楽だね」と語るクリス・カーター。「また、ここ2、3年はイギリスの古いフォーク・ミュージックも、“禁断の楽しみ”という感じで聴いていたから、今回のアルバムの何曲かは、そんな感じのメロディが自分の中に存在するDNAとしてにじみ出ていると思うよ。ある意味童謡と似てなくもない」。

「スリージー(Throbbing Gristleの創設メンバーで2010年に逝去したピーター・”スリージー“・クリストファーソン)と僕はかつてソフトウェア、ハードウェア双方を使って人工的な歌声を作っていく作業を共同で担当してたんだ。今回はそれを僕だけで、さらに進んだことをやろうと思ってね。自分の声もしくはかつてスリージーと一緒に作った音声コレクションを引っ張り出して、それらを思いっきり切り刻んで歌詞を作っていったんだけど相当ヘンテコな感じになったね」。




『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』
/ クリス・カーター
2018年3/30リリース
フォーマット:CD
カタログNo.:TRCP-227
価格:¥2,200(税抜)
【Track List】
01. Blissters
02. Tangerines
03. Nineteen 7
04. Cernubicua
05. Pillars of Wah
06. Modularity
07. Field Depth
08. Moon Two
09. Durlin
10. Corvus
11. Tones Map
12. Dust & Spiders
13. Gradients
14. Lab Test
15. Shildreke
16. Uysring
17. Ghosting
18. Noise Floor
19. Post Industrial
20. Rehndim
21. Roane
22. Time Curious Glows
23. Ars Vetus
24. Hobbs End
25. Inkstain
amazon
iTunes
Spotify



2018.1.12 11:43

【NEWS】イベント情報:The Neon City 1st E.P.『Fancy in Twenties』リリースパーティー1/22(月)開催 出演にSNJO(TOXXIES)、Love Suparme、Magic Island、スケベ椅子



昨年1st E.P.『Fancy in Twenties』をリリースした大阪のseina(ex. LADY FLASH)によるソロ・プロジェクトThe Neon Cityは、1/22(月)に大阪の地下一階にてリリースパーティーを行う。
このイベントでThe Neon Cityはバンドセットのライブを行い、ギターとしてnico(LADY FLASH)、ベースとしてジョー(GOODNITE)が参加する。
また、出演者にはSNJO(TOXXIES)、イギリスのLove Suparme、ドイツのドリームポップMagic Island、スケベ椅子が参加する。
また、seinaはこのライブの直後に日本を離れるので、この後しばらくThe Neon Cityは国内でのライブは行えないとの事。

The Neon City
1st E.P.『Fancy in Twenties』
release party
2018年1/22(月)大阪 地下一階
ACT:The Neon City(Band Set) / SNJO(TOXXIES、Floor Set) / Love Suparme / Magic Island / スケベ椅子
DJ:Nishihkawa(NEIGHBORHOOD)
Start 18:00
Adv ¥1,500 / Door ¥2,000(+1d)




『Fancy in Twenties』/ The Neon City
2017年12/17リリース
フォーマット:CD / デジタル配信 / ストリーミング配信
【Track List】
01. Magical Love
02. City Girl
03. the life that walks
04. flower park
05. let’s go sunday night
FLAKE RECORDS
fastcut records
HOLIDAY!RECORDS
iTunes/Apple Music
Spotify






2018.1.10 14:13

【NEWS】シンガーソングライターAndrew Sloman セルフプロデュースのシングル曲「ANATA NO AI DE」 MV公開





モデル、俳優としても活躍するシンガーソングライターAndrew Slomanは、12/11にiTunesで配信開始した3rdシングル「ANATA NO AI DE」のMVをYouTubeで公開した。
この楽曲はAndrew Sloman初となる日本語の楽曲であり、MVと音楽共にセルフプロデュースで制作されている他、楽曲も全て自身で演奏している。
また、彼は2018年1/18(木)と20(土)に新宿 ヒルトン東京のバー&ラウンジZATTAにてライブを行う。



「ANATA NO AI DE」/ Andrew Sloman
2017年12/11リリース
フォーマット:デジタル配信
価格:¥200
【Track List】
1. ANATA NO AI DE
iTunes


Andrew Sloman無料ライブ
2018年1/18(木) 20(土)
バー&ラウンジZATTA(ヒルトン東京)
演奏時間 14:15-17:45
Entrance Free
※バーでのライブのためドリンクかフードの注文が必要です

2017.12.19 11:44

【NEWS】アンドリュー・ウェザオール 15日リリースの新作『QUALIA』全曲ダイジェスト音源を公開

Photo by John Barrett





11/15に新作『QUALIA』をリリースするUKミュージックシーンの重鎮アンドリュー・ウェザオールは13日、アルバムの全曲ダイジェストをYouTubeにて公開した。
パトリック・モディアノの著書『The Black Notebook』とデイビット・キーナンの『This Is Memorial Device』から受けたイメージ、フィーリング、考えが元になっているという実にコンセプチュアルな内容を誇る今作は、前作に引き続き友ニナ・ウォルシュがミックスとエンジニアを担当。
また、今は亡きフランス人音楽家のエリック・ルグランドをゲスト・ミュージシャンとしてフィーチャーしている。



『QUALIA』 / ANDREW WEATHERALL
2017年11/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-24686
価格:¥2,400(税抜)
※解説:渡辺健吾
※日本独自CD化
【Track List】
1. Evidence The Enemy
2. Darktown Figures
3. Spreads A Haze (And A Glory)
4. Saturday International
5. Between Stations
6. Soft Estates
7. Selling The Shadow
8. Vorfreude 2


2017.11.14 11:44

【NEWS】イベント情報:12月リリースの4thアルバムを携えた来日公演を開催



12月に3年ぶりのアルバムをリリースするイギリス発のモダン・ソウル・バンド、MAMAS GUN。
彼らの新作アルバムを携えた来日公演が2018年の1月に大阪と東京で開催される。

【MAMAS GUN来日公演】
大阪公演
2018年1/30(火)ビルボードライブ大阪
1stステージ:
Open 17:30 / Start 18:30
2ndステージ:
Open 20:30 / Start 21:30
Ticket
サービスエリア ¥7,900 / カジュアルエリア ¥6,900
公演情報詳細
東京公演
2018年2/1(木)ビルボードライブ東京
1stステージ:
Open 17:30 / Start 19:00
2ndステージ:
Open 20:45 / Start 21:30
Ticket
サービスエリア ¥8,000 / カジュアルエリア ¥6,500
公演情報詳細


メンバー(※メンバーは急遽変更になる場合があります。)

アンディ・プラッツ/Andy Platts(Vocals, Guitar)
テリー・スピラー・ルイス/Terry ‘Spiller’ Lewis(Guitar, BGV)
ディヴ・エイティーズ・オリヴァー/Dava ‘eighties’ Oliver(Keyboards, BGV)
キャメロン・ドーソン/Cameron Dawson(Bass)
クリストファー・ブート/Christopher Boot(Drums)



2017.11.4 17:19

【NEWS】イベント情報:Erased Tapes Records、Ninja Tune、Brainfeederで写真を手がけるÖzge Cöneの写真展『変容 Transitions』 大久保のART SPACE BAR BUENAにて開催中



イスタンブール出身、ロンドン在住のフォトグラファーであり、Erased Tapes Records、Ninja Tune、Brainfeeder、といった重要インディーレーベルのアーティスト写真やアートワーク等を手がけるÖzge Cöneの写真展『変容 Transitions』が大久保のART SPACE BAR BUENAにて開催されている。
アイデンティティ、自己表現、差別、疎外感、存在、時間感覚という問題に問いかけ、社会の中でそうしたものがもたらす影響と、崩れていく人間の命を表現するÖzge Cöneは、音楽分野とのコラボレートワークを積極的に行う彼は、Rolling Stone、Vice、Dazed Digital、The Guardian、The Fader等のメディアにも取り上げられる。
今回の個展ではÖzge Cöneがどのように自身の主題にアプローチしているのか、モノクロとカラーで制作された作品より厳選して見ることが出来る。

Özge Cöne写真展
『変容 Transitions』
2017年11/3(金)〜10(金)
新大久保 ART SPACE BAR BUENA
営業時間:19:00〜24:00(月曜定休)
入場無料(要1オーダー)
イベント詳細

2017.11.4 17:05

【NEWS】DEAF SCHOOL 完全オリジナルアルバムとしては39年ぶりとなる『Let’s Do This Again Next Week…』12/20リリース



英国のアート・スクール・ポップの雄、DEAF SCHOOLが、完全オリジナルアルバムとしては39年ぶりとなる新作『Let’s Do This Again Next Week…』を12/20にリリースする。
完全オリジナルアルバムとしては78年の『English Boys/Working Girls』以来(2015年にリリースされた『LAUNDERETTE』は新曲+ライブ音源+アーカイブ音源からなる編集盤)となる今作は、彼ら以外にはあり得ないブリティッシュ・ロック/ポップの真髄そのものを鳴らしている。
また、日本盤ではボーナストラック2曲が追加されている。



『Let’s Do This Again Next Week…』
/ DEAF SCHOOL
2017年12/20リリース
フォーマット:CD
レーベル:Ca Va? Records / Hayabusa Landings
カタログNo.:HYCA-3066
価格:¥2,400(税抜)
歌詞/対訳付
備考:日本盤のみボーナス・トラック収録
【Track List】
01.TAP TO SNOOZE
02.THE FABULOUS MISS SUSAN JONES
03.TOP MAN TOP
04.BED & BREAKFAST
05.BOB THE LODGER
06.THE 4th OF SEPTEMBER STREET
07.COME ON ARCHIE!
08.SKYLON
09.FANTASTIC FISH
10 LOVING YOU
11.DR. VODKER
12.THE SUN’S ON THE LAWN #
13.HIYA! #
#=日本盤ボーナス・トラック



2017.10.23 8:47

【NEWS】Nick Heyward(ex. Haircut 100) 20年ぶりとなるソロ・アルバム『Woodland Echoes』国内盤 ボーナス・ディスク付属のCD2枚組仕様で11/22にリリース



80年代のネオアコ/ギター・ポップシーンに登場し大きな人気を誇りながらわずかな期間で解散したバンド Haircut 100の中心人物Nick Heywardの20年ぶり通算7作目となるソロ・アルバム『Woodland Echoes』の日本盤が11/22にCa Va? Records / Hayabusa Landingsよりリリースされる。
97年にクリエイション・レコードからリリースされた『The Apple Bed』以来20年ぶりのソロ・アルバムとなるこのアルバム、彼の天才的なソングライティングぶりが健在であることを見せつけるアルバムとなっている。
日本盤では輸入盤の「デラックス・エディション」のみに付属したボーナス・ディスク3曲が付属されたCD2枚組の仕様にてリリースされる。



『Woodland Echoes』/ Nick Heyward
2017年11/22リリース
フォーマット:CD2枚組
レーベル:
Ca Va? Records / Hayabusa Landings
カタログNo.:HYCA-3065
価格:¥2,400(税抜)
解説・歌詞/対訳付(解説:多屋澄礼)
備考:日本盤のみボーナス・ディスク付
(輸入盤のデラックス・エディションと同内容)
【Track List】
01.Love Is the Key by the Sea
02.Mountaintop
03.The Stars
04.Beautiful Morning
05.Who?
06.Forest of Love
07.Baby Blue Sky
08.I Can See Her
09.Perfect Sunday Sun
10.New Beginning
11.I Got a Lot
12.For Always

DISC2
1.Make It Happen
2.Angelfish
3.Back Together




2017.10.14 16:32

【NEWS】総勢13名のインスト・ロック・オーケストラ Human Pyramids 2ndアルバム『Home』日本盤11/10リリース



ロンドンを中心として活動する総勢13名のインスト・ロック・オーケストラ Human Pyramidsの2ndアルバム『Home』日本盤が11/10にRicco Labelよりリリースされる。
Mogwai、Belle And Sebastian、Franz Ferdinand、Travisなど、多くのアーティストを生み出したスコットランド出身、ロンドン在住のマルチインストゥルメンタリストPaul Russellが率いるHuman Pyramidsは、ヴァイオリンやチェロなどの弦楽器、トランペットやフレンチホルンなどの管楽器を贅沢に使用した疾走感と高揚感のあるファンタスティックなサウンドを特徴としている。
今作ではMogwaiと同じグラスゴーのスタジオ「Chem 19」にてレコーディングが行われている。
また、現在Ricco LabelのSooundCloudでは日本盤に収録されるボーナストラックを含む試聴音源が公開中。



『Home』/ Human Pyramids
2017年11/10リリース
フォーマット:CD
レーベル:Ricco Label
カタログNo.:RIC038
【Track List】
01. Louise
02. Shaking Hands
03. Canned Thunder
04. Slush
05. Heartbeats
06. Crackle Pop
07. Phase
08. Your Flag
09. Blast Off
10. Nico
11. Big Data
12. Home
13. Koyo (Japanese Bonus Track)
Ricco Labelリリースサイト




2017.10.13 12:45

【NEWS】世界中のクラブラバー垂涎のラジオ局「NTS Radio」主催イベント 10/14(土)にエレナ・コロンビを招いて開催 & 開催費用を募るクラウドファンディングもスタート



イギリスはイーストロンドンから発信、世界中にファンを持つラジオ局「NTS Radio」。
ジェイミーxxやフローティング・ポインツ、フォー・テット、アンドリュー・ウェザオールといった人気のDJたちがホストを務めるこの局主催のパーティーが10/14(土)に青山のナイトクラブ Aoyama Zeroにて開催される。
NTS RadioからホストDJを来日させ、世界中のクラブラバーを魅了するその空気を体感できるイベントを実現するために「NTSジャパンサポートチーム」を発足させて開催されるこのイベント、記念すべき第1回目は楽曲プロデュースをせず、DJプレイだけで世界にその名を知らしめるイタリア出身の才女 エレナ・コロンビが初来日。
サポートDJとして世界12ヶ国以上でのプレイ経験を活かし、世界中から新たな才能のあるアーティストをプロデュースしてきた「Blindetonation」主宰者Kezokichi、田中真也率いるYelloDJs、更にネットレーベル「neRecords」に加えてオールジャンルイベント「なーどーぷ」の主宰者 MPEG-7が参加する。

また、このイベントの開催費を募るクラウドファンディングが12日よりスタート。
ゲストDJの渡航費用とギャランティ、クラブのレンタル料金の捻出を目的としたこのクラウドファンディングでは、イベントのチケットからエレナ・コロンビの最新DJmixプレゼント、エレナ・コロンビとの食事会への参加権、イベント当日のDJプレイ権といったリターンが用意されている。
目標金額は¥245,000となっているが、資金が目標額以上に集まった場合¥490,000で第2回パーティーの開催、¥735,000で第3回のパーティー開催が決定する。
期日は10/7の23:00まで。

NTS Radio

『英ラジオ局「NTS Radio」のイベントを東京で開催・レギュラー化プロジェクト』
CAMPFIRE




『NTS Radio』
2017年10/14(土)Aoyama Zero
GUEST:エレナ・コロンビ
DJ:Kezokichi / YelloDJs / MPEG-7
Open 22:00

2017.9.14 9:00

【NEWS】GONDWANA RECORDSのトップ・アーティスト MAMMAL HANDS 9月に初来日公演



UKマンチェスターのレーベルGONDWANA RECORDSのトップ・アーティスト MAMMAL HANDSの初来日公演が9月に開催される。
ニック・スマート(Pf.)、ジェシ・バレット(Dr.)、ジョーダン・スマート(Sax.)からなるUKの新世代ジャズを牽引するジャズ・トリオが、秋にリリースする3rdアルバムを控えたこの時期に行うプレミアム・ショーとなっている。

『MAMMAL HANDS
 (Gondwana Records, UK)
 Japan Tour 2017』

2017年9/21(木)代官山 UNIT
Open 19:30 / Start 20:30
Adv ¥4,500(d別)
チケット:
チケットぴあ(Pコード:341-365)
ローソンチケット(Lコード:75866)
e+
clubberia
RA Japan
UNIT

2017年9/22(金)京都 METRO
Open 19:00 / Start 19:30
Adv ¥3,800(d別)
早割¥3,000(d別)
(発売期間: 8/5 ~ 8/11の7日間、*枚数限定)
『早割お申し込み方法』
タイトルを「9.22 MAMMAL HANDS 早割希望」 として頂いて、お名前と枚数を明記してticket@metro.ne.jp 宛にメールして下さい。
チケットぴあ(Pコード:341-953)
ローソンチケット(Lコード:52680)

2017.8.11 14:21

【DIG】 Let’s Go! LP / Los Pepes

2017.7.21 11:28

【NEWS】トレヴァー・ホーン NHK総合で放送のアニメ「THE REFLECTION」のサウンドトラックを8/16にリリース



NHK総合で7/22から放送開始予定のTVアニメ「THE REFLECTION」のサウンドトラック『THE REFLECTION WAVE ONE – Original Sound Track』がトレヴァー・ホーン全面プロデュースのもと8/16にリリースされる。
「THE REFLECTION」アメリカン・コミックの巨匠でマーベル・コミックの原作者、「アメコミヒーローの父」と呼ばれるスタン・リーが原作、「蟲師」「惡の華」等の作品で知られる長濱博史が共同原作/監督/キャラクター原案を務めるアニメ作品。



一方プロデュースを務めるトレヴァー・ホーンは「ZTTレコーズ」創立者で、「80年代をつくった男」と呼ばれる。
「ラジオスターの悲劇」で知られるザ・バグルス、いち早く革新的なサンプリング技術を駆使し様々なサウンドを実験的にコラージュした作品で音楽シーンに衝撃を与えたグループ、アート・オブ・ノイズでの活動、後期イエスのボーカルとして知られている。
プロデューサーとしてはポール・マッカトニー、フランキー・ゴーズ・トゥ・ハリウッド、ペット・ショップ・ボーイズ、シール、グレース・ジョーンズ、プロパガンダ、ティナ・ターナー、シンプル・マインズ、タトゥー等々、様々な世界的大ヒットソングを手掛けてきたが、トレヴァー・ホーンの個人名義で作品をリリースするのは今回が初となる。
このサウンドトラックでは劇中歌でありトレヴァー・ホーンが歌う「Sky Show」やその他楽曲、インタビュー映像なども収録する初回限定盤と、通常盤の2形態でリリースされる。
リリースはU/M/A/A。

『THE REFLECTION WAVE ONE – Original Sound Track』
2017年8/16リリース
レーベル:U/M/A/A

■初回生産限定盤
フォーマット:CD+DVD
カタログNo.:UMA-9095-9096
価格:¥3,780(税込)
・ミニLP式紙ジャケット
・CD + DVDの2枚組
・16Pブックレット
【Track List】
<CD> 全22曲(曲順未定、タイトル仮)
1. Sky Show (劇中歌)
2. Battle Fight
3. Battle
4. View Of The World
5. Daily Life
6. Peace & Ease
7. Future of Happiness
8. Attack of Darkness
9. Loneliness Solitude
10. World of Un-Reason
11. Alone Sadness
12. Chaos & Confusion
13. Transition To Counter-Attack
14. Main Theme
15. To a Grand Future
16. Bleak and Desolate Land
17. Reflection
18. Future Boyfriend (English Version) *bonus track
19. Sky Show (Acoustic Version) *bonus track
20. Sky Show (Reflected & Extended Mix) *bonus track
他2曲

<DVD>(予定)
・Trevor Hornインタビュー動画
・TVアニメ『THE REFLECTION』番組関連コンテンツ
・5.1サラウンド音源:「Sky Show」、「Daily Life」、「Main Theme」ほか


■通常盤
フォーマット:CD
カタログNo.:UMA-1095
価格:¥2,700(税込)
・CDのみ
・8Pブックレット
【Track List】
 全18曲(曲順未定、タイトル仮)
1. Sky Show(劇中歌)
2. Battle Fight
3. Battle
4. View Of The World
5. Daily Life
6. Peace & Ease
7. Future of Happiness
8. Attack of Darkness
9. Loneliness Solitude
10. World of Un-Reason
11. Alone Sadness
12. Chaos & Confusion
13. Transition To Counter-Attack
14. Main Theme
15. To a Grand Future
16. Bleak and Desolate Land
17. Reflection
他1曲

リリースサイト

2017.6.5 8:31

【NEWS】コンパクト・オーガニゼーションの歌姫 マリ・ウィルソンのカバーアルバム『ポップ・デラックス』リリース

トット・テイラーが主宰するレーベル、コンパクト・オーガニゼーションの歌姫であり、80年代を代表する大ヒット曲「Just What I Always Wanted(邦題:マリのピンクのラブソング)」で知られるマリ・ウィルソン待望の新作『ポップ・デラックス』が本日5/31に国内盤リリースされた。
前作から4年ぶりのリリースとなる今作は、60年代イギリスを代表する4人の女性シンガー(ダスティ・スプリングフィールド、シラ・ブラック、ペトゥラ・クラーク、サンディ・ショー)のカバーを中心に制作されたカバーアルバムとなっている。



『ポップ・デラックス』/ マリ・ウィルソン
2017年5/31リリース
フォーマット:CD
レーベル:Ca Va? Records / Hayabusa Landings
カタログNo.:HYCA-3060
価格:¥2,400(税抜)
【Track List】
※下部はオリジナル・アーティスト
1.Island of Dreams (Intro) 「慕情のなぎさ」
 スプリングフィールズ
2.Always Something There To Remind Me「愛の想い出」
 サンディー・ショー
3.I Couldn’t Live Without Your Love 「あなたの愛なくて何の人生」
 ペトゥラ・クラーク
4.The Look Of Love 「恋の面影」
 ダスティ・スプリングフィールド
5.Don’t Sleep In The Subway「天使のささやき」
 ペトゥラ・クラーク
6.You’re My World 「私のすべて」
 シラ・ブラック
7.24 Hours From Tulsa「タルサからの24時間」
 ダスティ・スプリングフィールド
8.In Private
 ダスティ・スプリングフィールド
9.White Horses
 ジャッキー
10.Anyone Who Had A Heart「恋するハート」
 ディオンヌ・ウォーウィック/ペトゥラ・クラーク
11.I Close My Eyes And Count to Ten 「この目を閉じて」
 ダスティ・スプリングフィールド
12.I Just Don’t Know What To Do With Myself「恋のとまどい」
 ダスティ・スプリングフィールド
13. Island Of Dreams
 スプリングフィールズ
※歌詞/対訳付
※解説:長門芳郎(パイドパイパーハウス)
※対訳:多屋澄礼




2017.5.31 6:42

【NEWS】5/24にArt of Noiseのピアノアレンジ作品をリリースするアン・ダドリー アルバムの試聴動画を公開



Art of Noiseのオリジナル・メンバーとしてピアノやストリングスの旋律を生み出し、映画音楽の世界でも映画「フル・モンティ」でアカデミー作曲賞(コメディ/ミュージカル部門)を受賞するなど幅広く活躍するイギリスのミュージシャン、アン・ダドリー。
彼女が5/24にリリースするArt of Noiseのピアノアレンジ作品『プレイズ・アート・オブ・ノイズ』の試聴動画をYouTubeに公開した。
今回公開されたのは「Beat Box」、「Close (To The Edit) Diverted With World’s Famous」、「Opus 5 Point 5」、「Robinson Crusoe」、「Ten Fingers Of Love」の5曲のクロスフェード音源。
アルバムにはこれ以外にも「Video Killed The Radio Star(The Buggles 『ラジオスターの悲劇』)を含む全16曲が収録される。
また、彼女はリリース翌日の25日にArt of NoiseのメンバーJ.J.ジェクザリック、ゲーリー・ランガンとともにリバプールを舞台に豪華アーティストらが出演するフェス『Liverpool Sound City Festival 2017』に出演する。





『プレイズ・アート・オブ・ノイズ』/ アン・ダドリー
2017年5/24リリース
フォーマット:CD
レーベル:U/M/A/A
カタログNo.:UMA-1091
価格:¥2,700(税込)
※特別紙ジャケ仕様・12Pブックレット
※ライナーノーツ:湯山玲子、イアン・ピール(英Classic Pop Magazine編集長、Art of Noise歴史家)
【Track List】
01.Ten Fingers Of Love(アルバム:『Daft』より)
02. Close (To The Edit) diverted with World’s Famous(アルバム:『Who’s Afraid of The Art of Noise』より)
03.A Time For Fear (Who’s Afraid) (アルバム:『Who’s Afraid of The Art of Noise』より)
04. Paranoimia(アルバム:『In Visible Silence』より)
05. Beat Box(アルバム:『Into Battle』より)
06.Robinson Crusoe(アルバム:『Below the Waste』より)
07.Legs(アルバム:『In Visible Silence』より)
08.On Being Blue(アルバム:『ドビュッシーの誘惑』より)
09.Instruments Of Darkness(アルバム:『In Visible Silence』より)
10.Moments In Love(アルバム:『Into Battle』より)
11.Il Pleure (At The Turn Of The Century)(アルバム:『ドビュッシーの誘惑』より)
12.Backbeat(アルバム:『In Visible Silence』より)
13. Opus 5 Point 5(「Opus 4」-アルバム:『In Visible Silence』より)
14.Camilla(アルバム:『In Visible Silence』より)
15.Finale(アルバム:『Below the Waste』より)
【BONUS TRACK】
16.Video Killed The Radio Star(The Buggles 『ラジオスターの悲劇』より)
商品詳細


2017.5.17 8:38

【NEWS】イベント情報:SWINDLE 『Trilogy In Funk』を引っさげてのジャパンツアーを開催



grime / bass musicのシーンが誇る若きマエストロSWINDLE。
今年2月に最新作『Trilogy In Funk』の日本盤をリリースした彼が、アルバムを引っさげて名古屋、京都、東京をめぐるツアーを行う。
このうち東京公演ではDBS+PART2STYLE+TREKKIE TRAX Presentsとしてのイベントとなる。

SWINDLE 『Trilogy In Funk』
ジャパン・ツアー2017

名古屋公演
2017年5/19(金)栄 Club JB’s

京都公演:
『THE STAR FESTIVAL』
2017年5/20(土)京都 スチール®の森 京都
イベント詳細

東京公演:
DBS + PART2STYLE + TREKKIE TRAX Presents :
SWINDLE “Trilogy In Funk” Tour in Tokyo
2017年5/21(日)表参道 WALL&WALL
ACT:SWINDLE / Carpainter – Live – / PART2STYLE SOUND / TREKKIE TRAX CREW / Hara (HyperJuice) / and more..
Start 17:00
Adv ¥3,000 / Door ¥3,500
チケット予約:(4/25〜)
e+
RA


『Trilogy In Funk』/ SWINDLE
2017年2/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-24564
価格:¥2,400(税抜)
【Track List】
1. Connecta
2. Copacabana
3. Villa Mimosa
4. Lemon Trees
5. Works Haffi Run
6. Purple Walls
7. Sympathy
8. Saturn’s Retrun
9. New Life


2017.4.27 2:08

【NEWS】Art of Noiseのオリジナル・メンバー アン・ダドリー Art of Noiseのピアノアレンジ作品『プレイズ・アート・オブ・ノイズ』5/24リリース



80年代に革命的なサンプリング技術を駆使した作品でシーンに強烈な衝撃を与えたArt of Noise。
今回オリジナル・メンバー、アン・ダドリーがArt of Noiseのピアノアレンジ作品『プレイズ・アート・オブ・ノイズ』をリリースする。
Mr.マリックのテーマとして知られる「Legs」。数多くのCM作品に使用された名曲「Moments in Love」等、日本でも馴染みの深いArt of Noiseの代表曲15曲に加え、The Bugglesの代表曲「Video Killed The Radio Star」のカバーも収録した日本独自企画作品となっている。
リリースは5/24にU/M/A/Aより世界先行発売され、その後海外でもリリースされる予定。



『プレイズ・アート・オブ・ノイズ』/ アン・ダドリー
2017年5/24リリース
フォーマット:CD
レーベル:U/M/A/A
カタログNo.:UMA-1091
価格:¥2,700(税込)
※特別紙ジャケ仕様・12Pブックレット
※ライナーノーツ:湯山玲子、イアン・ピール(英Classic Pop Magazine編集長、Art of Noise歴史家)
【Track List】
01.Ten Fingers Of Love(アルバム:『Daft』より)
02. Close (To The Edit) diverted with World’s Famous(アルバム:『Who’s Afraid of The Art of Noise』より)
03.A Time For Fear (Who’s Afraid) (アルバム:『Who’s Afraid of The Art of Noise』より)
04. Paranoimia(アルバム:『In Visible Silence』より)
05. Beat Box(アルバム:『Into Battle』より)
06.Robinson Crusoe(アルバム:『Below the Waste』より)
07.Legs(アルバム:『In Visible Silence』より)
08.On Being Blue(アルバム:『ドビュッシーの誘惑』より)
09.Instruments Of Darkness(アルバム:『In Visible Silence』より)
10.Moments In Love(アルバム:『Into Battle』より)
11.Il Pleure (At The Turn Of The Century)(アルバム:『ドビュッシーの誘惑』より)
12.Backbeat(アルバム:『In Visible Silence』より)
13. Opus 5 Point 5(「Opus 4」-アルバム:『In Visible Silence』より)
14.Camilla(アルバム:『In Visible Silence』より)
15.Finale(アルバム:『Below the Waste』より)
【BONUS TRACK】
16.Video Killed The Radio Star(The Buggles 『ラジオスターの悲劇』より)
商品詳細

2017.4.23 12:10

【NEWS】イベント情報:5/25(木)よりスタートの『PLASTICZOOMS JAPAN TOUR 2017』東京・名古屋公演O.A.にCreeping Sharia (From UK)



今年1月にセルフタイトルのアルバムをリリースしたPLASTICZOOMSが5/25(木)よりスタートする『PLASTICZOOMS JAPAN TOUR 2017』の東京・名古屋のオープニングアクトにUKのCreeping Shariaが出演することが決定した。
また、この発表と同時にアルバム収録曲「HIGHWAY」のMVとメイキングビデオ&インタビューをYouTubeで公開している。

『PLASTICZOOMS JAPAN TOUR 2017』

『ALTERNATIVE CLUB vol.7』
2017年5/25(木)大阪・北堀江club vijon
ACT:PLASTICZOOMS / Kill My 27
DJ:Shin Wada
Open 19:00 / Start 19:30
Adv ¥2.800(d別)
チケット予約:
バンドWebサイト予約
e+(3/18より)
※大阪公演のみ「Kill My 27」1st EP発売記念公演への出演となります。

『DIE KÜSSE 09』
2017年5/26(金)名古屋・栄TIGHT ROPE
ACT:PLASTICZOOMS
Opening Act : Creeping Sharia (From UK)
Open 19:00 / Start 20:00
Adv ¥3.800(d別)
チケット予約:
バンドWebサイト予約
e+(発売中)

『DIE KÜSSE 10』(ワンマン公演)
2017年6/2(金)東京・渋谷CHELSEA HOTEL
ACT:PLASTICZOOMS
Opening Act : Creeping Sharia (From UK)
Open 19:00 / Start 20:00
Adv ¥3.800(d別)
チケット予約:
バンドWebサイト予約
e+(発売中)

Total Info:Vinyl Junkie Recordings (03-3481-3440)




『PLASTICZOOMS』/ PLASTICZOOMS
2017年1/11リリース
フォーマット:CD / デジタル配信
レーベル:VINYL JUNKIE
カタログNo.:VJR-3201
価格:¥2,700(税抜、CD)


2017.4.23 11:18