indiegrabロゴ

techno

【NEWS】KOSMO KAT × HVNSによるTechno / RnBユニットiivvyy 3rdシングル「LOOK」をリリース



マルチネレコードやfaded audioからの音源リリースで知られるKOSMO KATと、Loft、Park Golf、Sonny WartonのオフィシャルRemixや8%からのEP「CHROME」リリースで知られるHVNSによるテクノ × RnBユニットiivvyyの3rdシングル「LOOK」がリリースされた。
テクノレーベルUltraMajicからも注目される彼らの新曲はリリースご4日にして2,400再生を超えている。
また、今作もSoundCloudの「BUY」からHYPEDDIT経由でFreeDLが可能となっている。

2017.11.18 10:13

【NEWS】11/3開催『シンセ道場 Vol.2』審査結果 優勝にニューヤクザ、シンセPOP賞:トキノマキナ、シンセマニア賞:centrevillage、NGEO賞:Soft Harmonix Junky、マリモレコーズ賞:SUMAWAVES

写真提供:シンセ温泉運営委員会



11/3に開催された『シンセ道場 Vol.2』大阪市のLiveBar D.3で開催されたシンセ温泉!主催のイベント『シンセ道場 vol.2』の審査結果。
優勝はニューヤクザ、シンセPOP賞としてトキノマキナ、シンセマニア賞にcentrevillage、NGEO賞にSoft Harmonix Junky、マリモレコーズ賞にSUMAWAVESという結果に終わった。
次回のシンセ道場の開催は来年開催予定となっており、詳細はシンセ温泉!のfacebookページで発表されていく予定との事。

優勝:ニューヤクザ
シンセPOP賞:トキノマキナ
シンセマニア賞:centrevillage
NGEO賞:Soft Harmonix Junky
マリモレコーズ賞:SUMAWAVES


シンセPOP賞を受賞したトキノマキナの野中比喩

2017.11.16 11:00

【NEWS】discsystem(ウィンブルドン総合優勝)  ソロ名義での2ndアルバム『Clear Time』リリース

ウィンブルドン総合優勝のメンバーとしても知られるトラックメイカー discsystemは1日、ソロ名義での2ndアルバム『Clear Time』をOCIRCO RECORDSよりリリースした。
8トラック入り、FreeDL。



『Clear Time』/ discsystem
2017年11/1リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:OCIRCO RECORDS
価格:Free
【Track List】
1.Kamata Dawn
2.Peculiar Smoke
3.Antiseptic Composition
4.Clear Time
5.Gango
6.Fixed Section
7.Milwa
8.Mystery Comet (Outro)
bandcamp(DLサイト)


2017.11.2 5:12

【NEWS】BICCO BEAT 新曲『Bali』を公開

名古屋のトラックメイカー BICCO BEATは15日、新曲『Bali』をSoundCloudに公開。
タイトル通りガムランをイメージさせるようなトラックとなっている。

2017.10.16 13:52

【DIG】want you / iivvyy(KOSMO KAT × HVNS)



マルチネレコードやfaded audioからの音源リリース等で知られるKOSMO KATと、Loft、Park Golf、Sonny WartonのオフィシャルRemixや8%からのEP「CHROME」リリースで知られるHVNSによるテクノユニットiivvyy。
R&Bをルーツにもつ2人が「Techno & RnB」をテーマとした楽曲を作成するべく結成した実験的ユニットが今月11日にリリースした1stシングル。
HYPEDDITでSoundcludにコネクトすることでFreeDLが可能。

2017.9.19 7:06

【NEWS】デトロイトのShigeto フルアルバム『The New Monday』を10/6にリリース & 収録曲「Don’t Trip (ft. Silas Green)」公開



デトロイトのトラックメイカー/ドラマーのZach Saginawによるソロ・プロジェクトShigetoは3作目のフル・アルバム『The New Monday』を10/6にリリースする。
JAZZ + hip hop + Technoが高いレベルで融合している彼の最新作は、原点であるJAZZテイストを残しつつも様々なダンスミュージックの要素を取り込んで制作されたデトロイト愛に満ちている。
現在アルバム収録曲から、冒頭を飾る一曲であり、前作の収録曲「Detroit Part 1」の続編「Detroit Part II」と、つい先日アップされたデトロイトのMC Silas Greenをフィーチャーした「Don’t Trip (ft. Silas Green)」が公開中。



『The New Monday』/ Shigeto
2017年10/6リリース
フォーマット:CD / デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-076
価格:¥2,200(税抜)
※ボーナス・トラック収録
※解説付き
【Track List】
01. Detroit Part II
02. Barry White (ft. ZelooperZ)
03. Ice Breaker
04. In Case You Forgot
05. There’s A Vibe Tonight (ft. Kaleena Zanders)
06. A2D (ft. ZelooperZ & Silas Green) (AAPV)
07. Wit Da Cup
08. Don’t Trip (ft. Silas Green)
09. When We Low
10. Detroit Part II (I94 Mix)*
*ボーナストラック






2017.9.14 6:53

【NEWS】House Of Tapes 新曲「Window Pain」公開



ナゴエレの主催者としても知られる名古屋のトラックメイカーHouse Of Tapesは、新曲「Window Pain」をSoundCloudで公開。
また、明日9日にはTANUKINEIRI RECORDS‏よりアルバム『NU TEARS』がリリースされる。

2017.9.8 12:06

【NEWS】南イタリアのIndian Wells 『Where The World Ends』日本盤9/8リリース



南イタリアのプロデューサー、Pietro IannuzziによるプロジェクトIndian Wells『Where The World Ends』日本盤が9/8にリリースされる。
ドイツのBad Panda RecordsからLAのFriends of Friendsへ移籍して3作目となる今作は、「ヘブンリー・テクノ」と称されたキラーチューン「Cascade」を始めとするメランコリーかつドリーミーなエレクトロニック・ダンス・ミュージックが展開されている。
現在SoundCloudで前述の「Cascade」とタイトルチューンの「Where The World Ends」が試聴可能。



『Where The World Ends』
/ Indian Wells
2017年9/8リリース
フォーマット:CD/ デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-091
価格:¥2,000(税抜)
※正方形紙ジャケット仕様
※CDリリースは日本のみ
※ボーナス・トラック2曲収録
【Track List】
01. Voices
02. Cascades
03. Forest Hills
04. Some Stripes
05. Heart of Lights
06. The Alps
07. Les Ardennes
08. It’s Where The World Ends
09. Parola
11. Dimension Render *
12. It’s Where The World Ends (Luke Abbott Mix) *
「*」はボーナストラック





2017.8.11 15:48

【NEWS】Negative Headphone 新曲「Rings」公開

山口県のトラックメイカーNegative Headphoneは8日、新曲「Rings」をSoundCloudに公開した。

2017.8.9 11:41

【NEWS】Jeff Mills 最新アルバム『Planets』を9枚組の7インチアナログボックスセットでリリース



Jeff Millsが今年2月にリリースした新作『Planets』が9枚組の7インチアナログでリリースされる事となった。
この作品はグスターヴ・ホルストの「惑星」にインスパイアされながらも、それぞれの惑星の構造、体型、素材、サイズ、質量、密度など、科学的データをもとに作曲するというJeff Mills独自のアプローチで完成された作品だが、そのコンセプトを視覚化するように9つの惑星をピクチャーディスクで表現した7インチアナログボックスセットとなっている。
このボックスセットは全世界で300個限定で、日本では45個の限定販売となっている。
また、日本のみオリジナルTシャツとオリジナルポスターがセットになった豪華仕様。
リリースは6月の中旬から下旬にかけて。
一部のアナログ専門店、CDショップ、そして日本でのリリース元となるU/M/A/Aのネットストアですでに予約を開始している

『Planets 7インチアナログ盤×9枚組・ボックスセット』
/ Jeff Mills
2017年6月リリース
フォーマット:7インチアナログ9枚組
レーベル:U/M/A/A
価格:¥ 27,000
【Track List】
アナログ 1
side A: Mercury (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Mercury – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 2
side A: Venus (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Venus – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 3
side A: Earth (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Earth – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 4
side A: Mars (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Mars – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 5
side A: Jupiter (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Jupiter – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 6
side A: Saturn (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Saturn – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 7
side A: Uranus (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Uranus – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 8
side A: Neptune (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Neptune – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

アナログ 9
side A: Pluto (オーケストラ・ヴァージョン)
side B: Pluto – オリジナル・スケッチ (エレクトロニック・ヴァージョン)

【セット内容】
・7インチ・アナログ盤 × 9枚組
・引き出し式ハード・ボックス・ケース
・16Pブックレット(ジェフ・ミルズ セルフライナーノーツ(英文 / 日本語訳)、三田格ライナーノーツ収録)
・惑星データカード × 9枚
・オリジナル ポスター(B3サイズ)
・ “Planets” オリジナルTシャツ (サイズ:S,M,L)
 素材:綿100%
 サイズ:Mens S chest 96cm / M 100cm / L 104cm/Ladies S chest 86cm length 58cm / M 88cm x 60cm
※本特典Tシャツは1点ずつ手作業でプリントしています為、プリント位置などに多少の差異がございますが、そちらに拠ります返品、交換はご対応出来かねますので、予めご了承いただけますようお願い致します。

U/M/A/ストア

2017.6.3 18:18

【NEWS】karen felixx 新曲「instant distant」公開

プロデューサー、karen felixxは20日、新曲「instant distant」をsoundcloudで公開した。

2017.4.21 7:37

【NEWS】BOOL 新曲「初期衝動が死んだ夜から」公開

POEMCOREのオリジネーター BOOLは9日、新曲「初期衝動が死んだ夜から」をsoundcloudで公開した。

2017.4.12 11:49

【NEWS】karen felixx 新曲「jasmine jam」を公開

プロデューサー、karen felixxは10日、新曲「jasmine jam」をsoundcloudで公開した。
また、彼女は現在煮印不良品レコーディングスとの提携が決定しており、レーベルを通しての活動も期待される。

2017.4.11 14:15

【NEWS】karen felixx 新曲「never seen」公開

日本のプロデューサー、karen felixxは28日、新曲「never seen」をsoundcloudで公開。

2017.3.31 0:55

【NEWS】ジェフ・ミルズ 11月公開三浦しをん原作・大森立嗣監督の映画『光』に音楽提供



2月にアルバムリリース、そして東京フィルハーモニー交響楽団、アンドレア・バッティストーニとのコラボレーション・コンサートを開催したばかりのジェフ・ミルズが、新たに劇場公開映画への音楽提供を行う。
彼が音楽を提供するのは三浦しをん原作・大森立嗣監督の映画『光』。
「まほろ駅前多田便利軒」でタッグを組んだ三浦しをんと大森立嗣によるこの作品は、お互いが共演を望んでいたという井浦新と瑛太が出演し、「日常に潜む暴力」をテーマとした作品となっている。
ジェフ・ミルズによる劇場公開映画への音楽提供は今回が初となり、大森監督からの熱いエールに応える形で実現したという。
映画『光』は11月下旬に全国公開される。

『光』
11月下旬全国公開
主演:井浦新 / 瑛太 / 長谷川京子 / 橋本マナミ / 南果歩 / 平田満
監督・脚本:大森立嗣
原作:三浦しをん(「光」集英社文庫刊)
音楽:ジェフ・ミルズ
配給:ファントム・フィルム
©三浦しをん/集英社・©2017「光」製作委員会
公式HP


【大森監督からのコメント】
音楽は映画に強い影響を与えます。ときには魔法のようにシーンをまったく別の意味にしてしまいます。だからこそ慎重になります。いつもそうですが、シーンを説明するような音楽はつけたくないという思いがあり、それがこの映画には一層強くありました。なぜなら『光』という映画が放つ力は、理性的に、寄り添う様にある人間の営みとは別の『生命そのものの光』だと思ったからです。それは異物と異物のぶつかり合い、あるいは融合のようなものです。編集した映像と音楽もそのような関係になればいいと思っていました。
大駱駝艦(※)を通してジェフ・ミルズさんの曲を聴いていて、もしご一緒したらどうなるだろう? それを想像が出来なくて、でも想像ができないからこそワクワクしました。パリとマイアミに拠点を置くジェフさんとは、スチール写真をお送りしたり、映画をイメージするキーワードを10個ほどお送りして作って貰うことになりました。音楽はすぐ出来上がってきました。自分の想像を超えていて、映画と融合したときにどう見えるのかを考えると楽しみで仕方ありませんでした。そんなやりとりを重ねて映画は完成しました。出来上がった映画『光』はタイトルの如く、恒星のように発光していました。俳優が宇宙人のように見えたり、別の星の話に感じたり、地球の重力から解放されたような錯覚すらあったのです。今までこんな映画があっただろうか、すごいことになるぞという感じがしました。
 ぜひ映像、ストーリー、音楽がどう共鳴しあっているかを体感していただきたいと思います。

※大駱駝艦・・・1972年、大森監督自身の実父である麿赤兒が立ち上げた世界に誇る日本の舞踏集団。ジェフ・ミルズ自身もコラボレーションしている。


【ジェフ・ミルズからのコメント】

Q1:初めて「光」の音楽を担当される、というお話があった際の印象、ご感想を教えてください。
この作品に力添えができて光栄に思います。素晴らしい作品なので、様々なシーンで巻き起こる感情をしっかりと音楽で表現できるように力を尽くしました。
 
Q2:物語を読み、お持ちになった印象を教えてください。
非常に率直な物語です。控えめさを完全にそぎ落とした、辛辣な作品。芯のある登場人物たちですが、同時に倫理観や慈悲心における喪失感が感じられます。サウンドトラックの制作をしている中で、どの登場人物にも共感できなかったのです。だからこそ、音楽のコード構成や重要な音の配置に関して客観的に作業ができました。
 
 Q3:音楽を創作される際、どのようなイメージをもって創作されましたか。
サウンドトラックが、そのシーンの新たな登場人物である様子を想像しました。また、音楽が登場人物の内なる声として存在してほしかったのです。すべての音の要素が目的を持っている、そんな楽曲作りを心がけました。
  
Q4:大森監督とは制作時にどのような対話をされましたでしょうか。 
大森監督からはサウンドトラック使用シーンのサンプル映像を頂き、映像を何度も見返してシーンを覚えて作曲を始めていきました。比較的多くのアイデアを創り出しました。監督が示す方向性を理解し、それに見合ったタイプの曲を広げていきました。
  
Q5:これから映画を見る、日本の皆さんへメッセージをお願いします。
頭を空にして、オープンマインドでこの映画を見にきてほしい、それが僕からのメッセージかな。

2017.3.30 8:48

【NEWS】Hiss Noise Records lefthandsoundsystemによるEP『cell』リリース

横浜のレーベルHiss Noise Recordsは20日、lefthandsoundsystemによるtechno/ambient、『cell』をbandcampで配信リリース。
3トラック、$3。

2017.2.21 12:01

【NEWS】Jeff Mills × 東京フィルハーモ二ー交響楽団のコラボ・コンサート東京公演にU-zhaan緊急参戦 & 2/6発売のAERA表紙にJeff Millsが登場




2/22(水)と2/25(土)に大阪と東京で開催されるJeff Millsと東京フィルハーモ二ー交響楽団のコラボ・コンサートの演奏曲目に新たに「The Bells」が加わった。
Jeff Millsの代表曲でもあり、テクノ・バイブルとも呼ばれる同曲は、昨年の東京公演でオーケストラとのコラボ・バージョンが披露されている。
さらに東京公演の同曲の演奏にはタブラ奏者のU-zhaanが緊急参戦するとアナウンス。
U-zhaanからは以下のコメントが届いている

U-zhaan コメント
ジェフ・ミルズさんと東京フィルハーモニー交響楽団のコラボレーションを初めて拝見したのは、両親と墓参りに向かう車の中で観た『題名のない音楽会(※)』でした。運転していた父に頼んで音量を上げてもらったのを覚えています。共演させていただけるのが、とても楽しみです。 
※2015年9月11日放送。番組ではThe Bells, Amazonを東京フィルと共演。


また、2/6発売の週刊誌AERA(朝日新聞出版)の表紙にJeff Millsが登場。
Jeff Millsと東京フィルハーモ二ー交響楽団のコラボの首謀者である湯山玲子がテクノ、エレクトロ・ミュージックとクラシックのコラボを行う新潮流「ネオクラシク」について特別寄稿を行っている。

『爆クラ!presents
 ジェフ・ミルズ×東京フィルハーモ二ー交響楽団×バッティストーニ
  クラシック体感系Ⅱ -宇宙と時間編』

【大阪公演】
2017年2/22(水)大阪フェスティバルホール
Open 18:00 / Start 19:00

【東京公演】
2017年2/25(土)Bunkamura オーチャードホール
Open 17:30 / Start 18:00

チケット:(税込/大阪・東京共通)
SS席 ¥8,800 / S席 ¥7,800 / A席 ¥6,800
ACT(大阪・東京共通)
DJ:Jeff Mills
指揮:アンドレア・バッティストーニ
オーケストラ:東京フィルハーモニー交響楽団
ナビゲーター:湯山玲子

演奏予定曲目(順不同):
第1部/東京フィルハーモニー交響楽団
※Short Ride in a Fast Machine (ジョン・アダムス)
※月の光(ドビュッシー)
※ポエム・サンフォニック/100台のメトロノームのための(リゲティ)
※BUGAKU 舞楽 より第二部(黛敏郎)
※The Bells(Jeff Mills) with Jeff Mills、U-zhaan(東京公演のみ)
第2部/Jeff Mills with 東京フィルハーモニー交響楽団
※Planets(ジェフ・ミルズ)

公演オフィシャルサイト
Jeff Mills/CD”Planets”
Jeff Mills/”Planets”Playlist




『Planets』
/ Jeff Mills & Orquestra Sinfónica do Porto Casa da Música
2017年2/22リリース
フォーマット:Blu-ray+CD(限定盤)/ CD2枚組(通常盤)
レーベル:U/M/A/A Inc.
カタログNo.:
UMA-9090-9091(限定盤)
UMA-1090-1091(通常盤)
価格:¥3,800(限定盤 / 税抜)/ ¥2,800(通常盤 / 税抜)
※eff Millsによるセルフライナー・ノーツ
※三田格(ele-king)によるライナー・ノーツ 封入

[Blu-ray] <ファイナル・オーケストラ・ヴァージョン>
* 5.1ch、ステレオ音源を切替可能
* 特典インタビュー映像:Jeff Mills 、Sylvain Griotto (アレンジャー)、Christophe Mangou (指揮者)

http://www.umaa.net/what/planets.html


『Jeff Mills『Planets』インストア・イベント』
大阪:
2/23(木)タワーレコード梅田NU茶屋町店 店内イベントスペース
Start 19:00
東京:
2/26(日)タワーレコード渋谷店 4F店内イベントスペース
Start 15:00
イベント詳細

2017.2.7 8:07

【NEWS】neRecords tameikeのフルアルバム『MANHATTAN』をフリー配信開始

neRecordsは31日、tameikeによるフルアルバム『MANHATTAN』をリリースした。
このアルバムは過去にsoundcloudに公開されたtameikeの音源をリマスタリングしたもの。
neRecordsはこのアルバムに「カフェのご飯に、隣の男に、馴れ合いの友情に、そんなのに飽きてしまったら是非とも聴いて欲しいです。」とのコメントを添えている。
現在soundcloudではクロスフェードが試聴可能。
FreeDL。




『MANHATTAN』/ tameike
2017年1/31リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:neRecords
価格:Free
【Track List】
01. crowd
02. Parrrrk
03. twilight
04. marble Lemon
05. microscope
06. garden lunch
07. Lawn
08. brings the flower
09. ballet shoes
10. meditation
11. complex
12. Station of Manhattan
ダウンロードURL


2017.2.1 12:05

【NEWS】IkukoMorozumi/Iku ミニアルバム「Fundamental Significance」をリリース

東京を中心として活動する電子音楽家IkukoMorozumi/Ikuは18日、ミニアルバム「Fundamental Significance」をミシガン州デトロイトのレーベルDETROIT UNDERGROUNDより配信リリースした。
アートワークはグラフィックデザイナーのAKITA YOSHIKO。
現在YouTubeで収録曲「Significance」のMVが公開中。




「Fundamental Significance」
/ IkukoMorozumi/Iku
2017年1/18リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:DETROIT UNDERGROUND
価格:$5
【Track List】
1.Unfinished
2.Significance
3.Establishment
4.Matter
5.Presence
6.Recollection




2017.1.20 2:26

【NEWS】クラシック界の貴公子Francesco Tristano、Derrick May参加の新作『Surface Tension』をリリース

francescoderrick_s


クラシック界の貴公子と呼ばれるルクセンブルグ出身のピアニストFrancesco Tristanoの新作『Surface Tension』が23日にU/M/A/Aからリリースされた。
この作品にはDerrick Mayが20年ぶりに制作に参加していることで大きな話題を呼んでいる。

Francesco TristanoはこれまでにもJeff Millsの「The Bells」やDerrick Mayの「Strings Of Life」などをピアノでカバーしたアルバムをリリースしたり、Carl Craigのプロデュースによるアルバムをリリースするなど、クラブシーンにアプローチしている人物としても知られる。
Francesco TristanoについてDerrick Mayは、
「僕がこの作品を制作することを決めた理由は、Francescoは僕が持ってない才能を持つ生粋のミュージシャンだから」
と語っている。
今回リリースされた『Surface Tension』ジャパンスペシャルエディションは全11曲収録されており、その中でTrack02、04、05、08、10の5曲にDerrick Mayが参加している。

Jaket_UMA-1089_01_OUT


『Surface Tension』/ Francesco Tristano
2016年11/23リリース
フォーマット:CD
レーベル:U/M/A/A
カタログNo.:UMA-1089
価格:¥2,380(税抜)
紙ジャケ仕様・8Pブックレット
解説:小野島大
【Track List】
01. Sakamoto: Merry Christmas Mr. Lawrence (Francesco Tristano Rework)
02. The Mentor(featuring Derrick May)
03. Pacific FM
04. Infinite Rise(featuring Derrick May)
05. In Da Minor(featuring Derrick May)
06. Rocco’s Bounce
07. Xokolad
08. Esoteric Thing(featuring Derrick May)
09. Day in BKK (Live) **
10. Ginseng [Live] (featuring Derrick May)**
11. Pacific FM (Studiovacanze Dub) **
**Japan Special Edition 限定ボーナストラック
レーベルリリースサイト


2016.11.27 5:34