indiegrabロゴ

JAPAN

【NEWS】ゆ~すほすてる 1stミニアルバム『かなしい』表題曲のMVを公開



京都のゆ~すほすてるは11日、2017年10月にリリースしたミニアルバム『かなしい』の表題曲「かなしい」のMVを公開した。
このMVは冬頃からこつこつと作り続けてきた作品との事。



『かなしい』/ ゆ〜すほすてる
2017年10月リリース
フォーマット:CD / ストリーミング配信
価格:¥1,000(税抜)
【Track List】
01. どうでもいいんだ
02. さみしさなんて
03. 素直になりたい
04. 七月
05. かなしい
06. 街

購入:
各ライブ会場
HOLIDAY!RECORDS(ネット通販)
サウナの梅湯(京都)
レンタサイクルえむじか祇園店(京都)
RECORDSHOP ZOO(名古屋)
HMV 新宿アルタ店(東京)

Spotify


2018.4.12 14:26

【NEWS】トリコロール 5/16リリース ニューアルバム『tricolor BIGBAND』のトレーラーを公開





アイルランド音楽をベースとするインスト・バンド トリコロールは、5/16にリリースするニュー・アルバム『tricolor BIGBAND』のトレーラーを公開した。
彼らのレコーディング風景を中心としたメンバーの素顔にフォーカスする映像となっており、アルバムレコーディング中の和気あいあいとした雰囲気が伝わってくる。

今作ではトリコロールの3人に加えて10名のゲストを迎えた総勢13名によるビッグバンド作品となる。
ダイナミックとさえ言えるダンサブルな楽曲から、あたたかくノスタルジックなスロー・ナンバーまで、ビッグバンドならではの味わいと楽しさに満ち溢れた作品として仕上がっている。



『tricolor BIGBAND』/ トリコロール
2018年5/16リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-27037
価格:¥2,700(税抜)
【Track List】
01. Across the Border
02. Loch Lomond
03. Bird tree
04. 夢の続き
05. Flying to the Fleadh
06. Toss the Feathers
07. Silver Spear
08. うたかた
09. Migratory
10. 3piece
11. Anniversary

【参加ミュージシャン】
中藤有花(tricolor):フィドル
長尾晃司(tricolor):ギター、マンドリン
中村大史(tricolor):アコーディオン、ブズーキ、マンドリン、ギター、ヴォーカル
沼下麻莉香:フィドル
榎本翔太:ニッケルハルパ
野口明生:イリアンパイプス、ホイッスル
高梨菖子:ホイッスル
須貝知世:アイリッシュフルート
金子綾:フィドル、ホイッスル
高橋創:テナーバンジョー
藤原尚:ピアノ
saya:コントラバス、ヴォーカル
渡辺庸介:パーカッション




『tricolor New Album レコ発ツアー』
2018年5/26(土)京都 アバンギルド
2018年5/27(日)名古屋 KDハポン
2018年6/02(土)富山 KAKI工房
2018年6/03(日)松本 あがたの森文化会館講堂
2018年6/17(日)東京 武蔵野公会堂

2018.4.12 14:05

【NEWS】ビクターエンタテインメントら5社による「学生」の「ゲンセキ」を発掘する企画『ゲンセキライブ~学生限定プレゼンテーションライブ~』エントリー受付中



ビクターエンタテインメント、J-ROCK、J-BRAVE、Eggs、チケットぴあの5社が集まって「学生」の「ゲンセキ」を発掘する企画『ゲンセキライブ~学生限定プレゼンテーションライブ~』が4/9よりエントリー募集を開始している。
ジャンル不問、応募資格は学生である事と、2018年7/14(土)の優秀者選出ステージに学生として出場する事ができる事が条件のこの企画、優勝者にはワンマンライブの全面プロデュース、ミュージックビデオの制作など特典が与えられる。
優秀者選出ステージは7/14(土)に渋谷CHELSEA HOTELで開催される。

『ゲンセキライブ~
学生限定プレゼンテーションライブ~』
募集サイト

2018.4.12 13:49

【NEWS】おやすみホログラム×LOVE SPREAD コラボ作品 『OYASUMI FOREVER』配信開始 & 本日4/12(木)開催『LOVE SPREAD JAPAN TOUR』に出演



日本のアイドル・ユニットおやすみホログラムと、ブルックリンを拠点とするRyotaとNarumiによるエレクトロ・ノイズ・ユニット LOVE SPREADによる共作『OYASUMI FOREVER』がPURRE GOOHN×goodnight! records
によってデジタル配信された。
両者のコラボトラックである「OYASUMI FOREVER」と、おやホロの人気曲「Mother」をLOVE SPREADがRemixした「Mother -LOVE SPREAD Remix」の2曲が収録されている。

また、本日4/12(木)には下北沢BASEMENT BARにて『LOVE SPREAD JAPAN TOUR』が開催。
おやすみホログラム、LOVE SPREADに加え、Utae、神様クラブも出演する。



『OYASUMI FOREVER』
/ おやすみホログラム×LOVE SPREAD
20108年4/11リリース
フォーマット:デジタル配信/ストリーミング配信
レーベル:PURRE GOOHN×goodnight! records
価格:$5(USD)
【Track List】
01.OYASUMI FOREVER
02.Mother -LOVE SPREAD Remix
配信URL(bandacamp)




『LOVE SPREAD JAPAN TOUR』
2018年4/12(木)下北沢BASEMENT BAR
ACT:LOVE SPREAD / おやすみホログラム / Utae / 神様クラブ
Open 19:00 / Start 19:30
Adv ¥2,500 /Door ¥3,000(+1d)
イベント詳細

2018.4.12 12:24

【NEWS】モマーモッツ 新作 「シャン/クラクション」を4/15にリリース 同日にレコ発企画を開催



都内を中心に活動する5人組 モマーモッツは、4/15にE.P.「シャン/クラクション」をリリースする。
横田洋輝(Gt./Vo.)、山口諒(Gt./Vo.)という2人のソングライターがそれぞれリードボーカルを収録したこのE.P.は、レコーディング/ミックス/マスタリングにCAUCUSのk yngwが参加している。
現在収録曲2曲のMVがYouTubeに公開されている他、彼らのオフィシャルサイトにてインタビューが公開されている。

また、4/15(日)には秋葉原Club Goodmanにて、レコ発企画が開催。
出演はCAUCUS、Lo-Fi Club、更に大日如来ズのメンバーを中心としたseijishukyoproyakyuがオープニングアクトとして出演する。



「シャン/クラクション」/ モマーモッツ
2018年4/15リリース
フォーマット:CD
価格:¥500
【Track List】
01. シャン
02. クラクション

インタビュー






モマーモッツレコ発企画
『Naive Melodies』
2018年4/15(日)秋葉原Club Goodman
ACT:モマーモッツ / CAUCUS / Lo-Fi Club / seijishukyoproyakyu (O.A.)
FOOD:南インドカレーよすが
Open 18:00 / Start 18:30
Ticket ¥2,000(+1d)

2018.4.12 12:05

【NEWS】イベント情報:Nao Kawamura アルバム『Kvarda』リリースパーティー ゲストにKento NAGATSUKA(WONK)、ermhoi、大坂朋子が出演決定



Nao Kawamuraが3/14にリリースした1stアルバム『Kvarda』のリリースパーティーが4/20(金)に渋谷WWWにて開催される。
このイベントにKento NAGATSUKA(WONK)、ermhoi、大坂朋子がゲストとして参加する事が発表された。
Kento NAGATSUKAとermhoiは、Nao Kawamuraの1st E.P.のリリースパーティーにも参加、大坂朋子はNao Kawamuraと共にSANABAGUN.の作品へのコーラス参加しており、Nao Kawamura周辺のメンバーがイベントに集結する事になった。

イベント当日はパーカッション、コーラスをくわえた9人編成でのステージ。
さらにシークレットゲストの登場も予定されている。

1st Album “Kvarda”
Release Party
2018年4/20(金)渋谷WWW
ACT:Nao Kawamura
GUEST:Kento NAGATSUKA(WONK) / ermhoi / 大坂朋子
Open 18:30 / Start 19:30
Adv ¥3,500 / Door ¥4,000(+1d)
チケット:
チケットぴあ(Pコード:107-161、電話予約あり:0570-02-9999)
ローソンチケット(Lコード:75622)
e+




『Kvarda』/ Nao Kawamura
2018年3/14リリース
フォーマット:CD
レーベル:Naked Voice
カタログNo.:NKVC-03
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1.Intro – 1 - 
2.Awake 
3.One more dose 
4.Ego 
5.Hermes 
6.Time is not on our side 
7.Hot shot 
8.Watching you 
9.Outro – 0 –

2018.4.12 11:48

【NEWS】DOTAMA 初の著書『怒れる頭』5/24に発売決定 & 刊行記念イベント開催 & 4/22(日)のワンマンで試し読み小冊子配布



ラッパー DOTAMA初の著書『怒れる頭』が5/24に発売される。
フリースタイルダンジョンでその名を轟かせたDOTAMAが、栃木県でサラリーマンをしながら音楽活動をしていた頃や上京、UMB日本一、そして弟の死など、今までどこにも語ってこなかった自身の事を記した自伝。
この自伝の刊行を記念して5/13(日)にヴィレッジヴァンガード渋谷本店にてイベントの開催も決定している。

また、4/22(日)に恵比寿LIQUIDROOMにて開催されるDOTAMAワンマン『ニューワンマン3』では、『怒れる頭』の試し読み小冊子が無料配布される。

『怒れる頭』/ DOTAMA
2018年5/25発売
フォーマット:書籍
出版社DLEパブリッシング
価格:¥1,389(税抜)
amazon


刊行記念イベント
2018年5/13(日)渋谷 ヴィレッジヴァンガード
※詳細は後日発表

DOTAMA『悪役』リリース記念ワンマンLIVE
『ニューワンマン3』
2018年4/22(日)恵比寿LIQUIDROOM
ACT:DOTAMA
OPENING ACT:imai(group_inou)
GUEST:般若 / 輪入道 / mu-ton / NAIKA MC / MAKA / SAM
Open 17:00 / Start 18:00
Ticket ¥1,500(+1d)


2018.4.12 11:26

【NEWS】みんなのこどもちゃん 1stフルアルバム『壁のない世界』を5/23にリリース & 3ヶ月連続ワンマンを開催



ほのかとしなもんを中心に活動するバンド みんなのこどもちゃんの1stフルアルバム『壁のない世界』が5/23にOuchi Musicよりリリースされる。

このアルバムは、アルバム制作の為のクラウドファンディングを行い、早々に目標金額を達成して制作されたもの。
今作の楽曲はBACK DROP BOMB のJin Tanakaが全面プロデュースで、結成当初からの構想であった本格的なバンドサウンドでレコーディングされている。
リリースは通常盤のほか、ジャケットと盤面が異なる「ほのかの壁盤」、「しなもんの壁盤」のリリースを予定。

また、4月から3ヶ月連続でのワンマンライブを新宿ANTIKNOCKにて開催。
新宿のカフェ・ouchiにて4月12日より開催予定のみんなのこどもちゃんコラボカフェ開催期間と、みんなのこどもちゃんの出演するライブ会場でのCD予約者にはワンマンライブに参加できる優待券が特典として付与される。



『壁のない世界』
/ みんなのこどもちゃん
2018年5/23リリース
フォーマット:CD
レーベル:Ouchi Music
カタログNo.:OUCHI-001
価格:¥2,500(税別)



『壁のない世界(初回限定ほのかの壁盤)』
/ みんなのこどもちゃん
2018年5/23リリース
フォーマット:CD
レーベル:Ouchi Music
カタログNo.:OUCHI-002
価格:¥2,500(税別)



『壁のない世界(初回限定しなもんの壁盤)』
/ みんなのこどもちゃん
2018年5/23リリース
フォーマット:CD
レーベル:Ouchi Music
カタログNo.:OUCHI-003
価格:¥2,500(税別)


『みんなのこどもちゃんワンマンライブ』

『壁のない世界 -破壊-』
2018年4/19(木) 新宿ANTIKNOCK
Open 19:00 / Start 19:30 (予定)
優待券持参者or 当日券のみ
Door ¥2,500 (+1d / オールスタンディング)

『壁のない世界 -創造-』
2018年5/24(木) 新宿ANTIKNOCK
Open 19:00 / Start 19:30 (予定)
入場:優待券持参者or 当日券のみ
Door ¥2,500 (+1d / オールスタンディング)

『壁のない世界 -結合-』
2018年6/28(木)
Open 19:00 / Start 19:30 (予定)
入場:優待券持参者or 当日券のみ
Door ¥2,500 (+1d / オールスタンディング)

-みんなのこどもちゃん コラボカフェ-
『みんなのこどもちゃんのおうち』
2018年4/12(木)~5/31(木)予定
会場:ouchi(東京都新宿区歌舞伎町1-23-14 第一メトロビル3F)
料金:男性20分¥800(+1d) / 女性20分¥400(+1d)
※混雑時は80分制

2018.4.12 8:38

【NEWS】onett 新曲「デモデ」公開



onettは11日、新曲「デモデ」をSoundCloudに公開した。

2018.4.12 7:55

【SELF LINER NOTES】Madoka Ogitani アルバム『いつもどこかに』



音楽家 Madoka OgitaniがTwitterで2年ぶりのアルバムがリリース間近だとツイートし、どこかにセルフライナーをまとめたいと思っていると聞いた時、ほとんど条件反射でindiegrabへの掲載をお願いした。
その当時まだ新作の内容については何も聴いていない状態だったが前作『クジラのいる森』でその作品世界に圧倒された経験は、Madoka Ogitaniに対する圧倒的な信頼感を産んでおり、実際に先行配信された新作『いつもどこかに』はその信頼感に違わない作品に仕上がっていた。

可能なら、このセルフライナーを“読む前に”“読みながら”“読んだ後に”このアルバムを聴いてみて欲しい。
おそらくそれぞれに違う顔を見せてくれるはずだし、それだけで最低でも3回このアルバムを楽しむことができる。

︎アルバムができるまで

このアルバムを制作する少し前、自分が何を作りたいのかわからなくなってしまい、納得のいく曲ができない時期が続いていました。もっとイメージを膨らませよう、もっと広い世界を描こうと、肩に力が入りすぎていたのかもしれません。

自分が本当に作りたいものをリラックスして作ろう、そう思って制作を続けていたところ、「二人の生活」と「波と風とカモメ」の2曲ができました。この2曲ができたことで、今の自分は「誰かの中にある風景や感情」を描きたいのだと気がつきました。これは、自分のためではなくて「誰かのための音楽」を作りたいという気持ちの表れでもあったのだと思います。
以前から風景をスケッチするような楽曲はいくつも制作してきましたが、その多くは「自分が見た風景や自分が感じたこと」を内に向かう形で追求し表現したものでした。もちろん、聴いてくれる人がそれぞれ色々なものを感じて楽しんで欲しい、という気持ちはありましたが。

前作『クジラのいる森』では作曲、編曲、演奏、録音、ミックス、マスタリング、そしてジャケットまで全ての工程を自分一人で完結させました。しかし今作では、自分というフィルターは通しつつも、以前よりも自分の手から離れたところでの表現を目指しました。そういった試みの一つとして、littro rettleのande( @littrorettle )さんに声を入れてもらったり(M7)、松橋秀幸さんにミックスをして頂いたり(M8)、ずっと気になっていた河合真維さんにCDデザインをお願いしています。さらに、以前から音楽を使っていただいている森翔太さんや、森さんのお声がけで国分智之さん、五十嵐結也さん、松田直己さんにご協力いただき、MVまで作ることができました。
何人もの人と作品を作り上げることはとても刺激になりましたし、今までとは違う手応えを感じています。人のために作る、人と一緒に作ることで、スランプの原因になった「もっと広い世界を描かなきゃ」という想いも自然な形で叶えることができました。


このアルバムは、聴いてくださる方の中にあるイメージと合わさった時に初めて本当の意味で完成すると思っています。あらためて、この作品に関わってくださった皆さん、そしてこれから関わってくださるみなさんに感謝です。




『いつもどこかに』/ Madoka Ogitani
2018年3/23リリース
(フィジカルは4/11リリース)
フォーマット:CD/デジタル配信/ストリーミング配信
価格:
¥2,160(CD、税込)
$16.90(デジタル)
【Track List】
01. 今日へ
02. 二人の生活
03. 17才
04. 波と風とカモメ
05. 考え事
06. 突然の雨
07. 雨上がりのセカイ
08. 一人、あてもなく
09. まぶた
10. ノッテ・ステラータ
CD購入URL(Madoka Ogitani Web Shop)
bandcamp




︎曲解説 1

聴いた人が感じたことを大切にしてほしいので、曲解説は使った楽器や作業行程などを中心にお伝えしたいと思います。

1. 今日へ

フィールドレコーディングとリバース音、電子音が中心の曲です。音の波、音の粒を淡々と積み重ねていったり、だんだんとなくしていく作業を繰り返して完成させました。アルバム全体を包むような曲にしたかったので、他の曲とちょっとだけ差異をつける目的で唯一生楽器を使っていません。

2. 二人の生活

曲が進む中で色々な音が弾けだす楽しさ、小さなワクワク感が欲しいなと思い、たくさんの楽器を使いました。ウクレレ、ピアノ、ギター、シェイカー、シンセ……ぜひお気に入りの音を見つけてみてください。聴く度に耳で追いかける音を変えると、聴こえ方が変わって新鮮かも?

3. 17才

最初に録った下書きテイクをレコーディングの時に超えるのに苦労しました。準備を整えて気合を入れてレコーディングしたテイクよりも、フレーズを作る先からどんどん録っていく下書きテイクの方が良いと感じることは結構あります。作りたて録りたての“勢い”だとか“初期衝動”がすごく乗った感じは、なかなかレコーディング本番では出てくれないんですよね。特にこの曲は17才というテーマのもと作っているので、余計に下書きの粗さが良い味を出していたのかも。

4. 波と風とカモメ

前半部分はパーカッションを色々と使って雰囲気作りをしました。波の音もオーシャンドラムという楽器で再現しています。本物の波音でも良かったのですが、曲中ほぼ通しで鳴っている音なので、実際にどこかの海の波音を入れるとその現実感に縛られ過ぎてしまう気がして……。
ラストの方でチカチカ鳴っているのはサンゴの風鈴です。波を楽器にした分、ここで実際に海と繋がりのある音を入れられたのは良かったなあと思ってます。現実と非現実の良いところ取りができたような気がします。

そしてこの曲ではMVを作ってもらいました!構成などは全て森翔太さんと国分智之さんにお任せして、衣装は松田直己さんのセンスで作ってもらい、ダンスは五十嵐結也さんに即興で踊ってもらいました。色々な人の感性が組み合わさって奇跡的に調和しています。ダンサー五十嵐さんのふんどし、曲に合うのか……!?と思いきや、実際凄くマッチしていて神秘的な仕上がりです。3:40秒あたりからのシーンで、踊る五十嵐さんの周りに自然とカモメが集まってきた瞬間は、震えました。その前まではあんなにいなかったのに、カモメ……!



5. 考え事

子供用ヴァイオリン、紙、お菓子の音など、ちょっと変わった音を入れています。どれがどの音か、耳を澄まして探してみると面白いかもしれません。

6. 突然の雨

夏頃にレコーダーで録った雨と雷のフィールドレコーディングです。
雨の日に耳をすますと実はかなり色々な音が聞こえます。地面で跳ねる雨音、建物にあたる雨音、家の中なら窓にあたる雨音、地面を流れる水の音、植物や建物からしたたる水の音などなど。
そういったものをできるだけリアルに再現するため、雨降りの屋外全体の音、何かに雨があたる音、地面に流れる水の音など、複数の要素に焦点をあててレコーディングしていき、最終的にそれらを一つに調合しています。

7. 雨上がりのセカイ

「突然の雨」を録った後、外が晴れてきたのを見てこれも曲にしよう!と思い立って作った曲です。
最初は自分の声でデモを作っていましたが、以前から親好がありとてもピュアな声を持つandeさん( @littrorettle )に声パートをお願いしたところ、ガラッと世界が変わりました。やっぱり声が含んでる情報量ってすごい、同じメロディでも伝わるものがまるで違うと大感動。
また、本物の水の音と声に対してある意味異質な電子楽器や電子ノイズを入れたことで、「雨が変えたいつもとちょっと違う景色」をいい感じに演出してくれたように思います。

8. 一人、あてもなく

今作初導入楽器のウクレレベースと木琴を使いました。ウクレレベースは後述の「主な使用楽器」で写真を紹介していますが、これ本当にベース?と疑ってしまうような見た目です。音は味があって、この音に引っ張られて何曲も生まれました。木琴もやはり生楽器だと弾む感じやアタック感が出るので、曲が生き生きしてきます。あと木琴なんて叩いたの小学校以来でテンション上がりました。

ミックスは縁があり、凄腕エンジニアの松橋さんにお願いしました。松橋さんは普段ポップスのお仕事を数多く手がけているのですが、インストものやエレクトロニカ/アンビエントにも造詣が深く、結果、曲の世界観をぐわーーっと広げてくれました。自分だけじゃ表現できないものがたくさんあることを、改めて教えてもらいました。ほんとうに。

9. まぶた

今回のアルバムの中で一番抽象的なタイトルのこの曲。
まぶたを閉じて聞いてみて欲しいです。
みなさんには何が見えるのか、知りたい!

10. ノッテ・ステラータ

ノッテ・ステラータは星降る夜という意味。
西洋楽器だけで完結することもできた曲ですが、あえて民族楽器をいくつか入れています。さりげなく入れた民族楽器が生み出すちょっとした違和感、不思議さが、多様な美しさを表現してくれているように感じます。
この曲に限らず、トイ楽器や民族楽器など色々な楽器を曲に取り入れるのは、画一的ではない“いろいろな良さ”を表現したいと思っているからだったりします。

主な使用楽器

細かいものも多く全てを紹介するのは無理なので、主に活躍してくれたものだけご紹介します。

左からタイ楽器のスン、エレアコ、ウクレレベース、アコギ、ウクレレ、インドのゴピチャンド



大集合させるとなんとも愛らしい。ウクレレベースは今作が初めての使用で、「今日へ」「二人の生活」「17才」「考え事」「一人、あてもなく」とアルバム内の半分の曲で大活躍。今後もどんどん使っていきます。

小口径スネア、アンクルン、木琴



ウクレレベース以外の今作でデビューした楽器達。
アンクルンは竹でできている打楽器の一種で、揺らすとカラコロと気持ちの良い音がします。何も考えずにぼーっと揺らしているだけで癒されます。
スネアと木琴は音が大きく、布などで最大限ミュートして練習、冷や汗をかきながら最小限のテイクで宅録しました。


ここから先はその他細かい楽器達。

トイピアノ、グロッケン、カリンバ



赤いトイピアノとグロッケン、カリンバは今までの作品にもかなり登場している定番楽器です。

ヴォット、パンフルート



ヴォットとパンフルートという笛で、今作では「17才」「雨上がりのセカイ」「ノッテ・ステラータ」などでさりげなく使用してます。かなり気に入っているので、今後もっとこの笛類が目立つ曲も作りたいと思います。

シェイカー類



シェイカーなどのシャカシャカ類です。これらを単品または色々混ぜながら使います。白い小さなマラカスはベイビー用のおもちゃなのですが、作りも音もしっかりしていてもう何年も愛用しています。今は見かけないので、壊さないように大切に使わなくては。

パーカッション



曲解説でも触れた、「波と風とカモメ」で使用したパーカッションです。波の音のオーシャンドラムは真ん中の赤い枠のもの。




テキスト Madoka Ogitani(@mdksn)






『いつもどこかに』/ Madoka Ogitani
2018年3/23リリース
(フィジカルは4/11リリース)
フォーマット:CD/デジタル配信/ストリーミング配信
価格:
¥2,160(CD、税込)
$16.90(デジタル)
【Track List】
01. 今日へ
02. 二人の生活
03. 17才
04. 波と風とカモメ
05. 考え事
06. 突然の雨
07. 雨上がりのセカイ
08. 一人、あてもなく
09. まぶた
10. ノッテ・ステラータ
CD購入URL(Madoka Ogitani Web Shop)
bandcamp


2018.4.11 17:04

【NEWS】Madoka Ogitaniの新作『いつもどこかに』CD盤の通販を開始



3月デジタル先行配信されたMadoka Ogitaniの新作『いつもどこかに』のCD盤の通販が本日より開始された。
Madoka Ogitani自身が「どこにでもある日常の中の小さなきらめきを詰め込んだ」と語るこのアルバムにはM07「雨上がりのセカイ」でande(littro rettle、End&)が声で参加している他、M08「一人、あてもなく」では水曜日のカンパネラなども手がけるエンジニア、松橋秀幸がミックスで参加、アートワークはイラストレーター 河合真維によるによるもの。
CD盤の販売は彼女のwebショップで行われる他、フィジカル購入者はbandcampでの音源のDLが可能になる。

また、同時にMadoka Ogitani自身によるセルフライナーがindiegrabでも公開されている。



『いつもどこかに』/ Madoka Ogitani
2018年3/23リリース
(フィジカルは4/11リリース)
フォーマット:CD/デジタル配信/ストリーミング配信
価格:
¥2,160(CD、税込)
$16.90(デジタル)
【Track List】
01. 今日へ
02. 二人の生活
03. 17才
04. 波と風とカモメ
05. 考え事
06. 突然の雨
07. 雨上がりのセカイ
08. 一人、あてもなく
09. まぶた
10. ノッテ・ステラータ
CD購入URL(Madoka Ogitani Web Shop)
bandcamp





2018.4.11 17:03

【NEWS】自作曲を紹介するハッシュタグ「#私の曲を聴いてくれ」のオフィシャルサイトがオープン

ハッシュタグ「#私の曲を聴いてくれ」のオフィシャルサイトがこの度オープンした。
このハッシュタグはネットラジオ「火星人とソミス」の出演者として知られるソミスが発案したもので、界隈の外に自作の曲を届けたいミュージシャンたちが自分の楽曲をTwitterで紹介する際に積極的に使ってほしいとの事。
オフィシャルサイトではこのハッシュタグをまとめて確認する事が可能。

『#私の曲を聴いてくれ』

2018.4.11 14:09

【NEWS】イベント情報:ande(littro rettle、End&)自主企画『poppy party vol.1』の開催決定 出演はchika(にゃーろんず)、かねこきわの



6/30(土)に綾瀬のカフェオ猫と15の椅子にて、littro rettle、End&のandeによる自主企画『poppy party vol.1』が開催。
にゃーろんずのchikaと、岡山からかねこきわのが出演する事がアナウンスされている。
なお、当日来場者には全出演者のサイン入りCD-Rがプレゼントされる。
チケットは4/18の21:00~、カフェオ猫と15の椅子の予約フォームにて予約が開始。
カフェオ猫と15の椅子は席数15席なので希望者は早めの予約をお勧め。

『poppy party vol.1』
2018年6/30(土)綾瀬 カフェオ猫と15の椅子
ACT:ande / chika / かねこきわの
Open 18:45 / Start 19:00
Ticket ¥2,300(w/1d、全出演者のサイン入りCD-Rプレゼント)
カフェオ猫と15の椅子

2018.4.11 14:05

【NEWS】colormal アルバム『merkmal』のディスクユニオンでの取り扱いが4/14より開始


各所から絶賛の声が挙がるイエナガによる宅録ソロユニットcolormalのアルバム『merkmal』が、4/14よりディスクユニオンのwebストアと一部店舗で取り扱われる事が発表された。
これまでリリース元のマバセレコーズと一部ディストロでの取り扱いだった今作の購入の機会が増える事となる。
現在ディスクユニオンでは予約を受け付け中。



『merkmal』/ colormal
2018年1/17リリース
フォーマット:CD / デジタル配信 / ストリーミング配信
レーベル:マバセレコーズ
カタログNo.:M!002
価格:¥1,500(税込、CD)
【Track List】
1.夢みる季節
2.大きな怪獣
3.まばゆい
4.さまよう
5.花に嵐
6.日記
7.東京
8.鎹

リリース特設サイト
購入URL(BASE)
iTunes/AppleMusc
amazon
Spotify
ディスクユニオン
http://diskunion.net/portal/ct/detail/1007645694?dss_mode=pc








2018.4.11 13:46

【NEWS】イベント情報:シカゴフットワークダンスの頂点を決めるトーナメント『Battle Train Tokyo -Footwork Championship-』4/15(日)に開催



シカゴフットワークダンスの頂点を決めるダンス・バトル・トーナメントを含むJuke/Footworkパーティー『Battle Train Tokyo -Footwork Championship-』が4/15(日)に恵比寿KATAにて開催される。
このイベントは2013年に国内唯一のシカゴフットワーク・ダンス・トーナメントとしてスタートして以来、BPM160の高速ビートで足技をベースとするシカゴフットワークダンス/フットワーキングとその進化を支えるダンス・ミュージックJuke/Footworkの国内外シーンを代表するフットワーカーたちと共に展開してきたもの。
また、今回はゲストDJにMOODMAN、ゲストライブにテクノウルフが出演する。



『Battle Train Tokyo
-Footwork Championship-』
2018年4/15(日)
恵比寿KATA(LIQUIDROOM 2F)
GUEST DJ:MOODMAN
Guest Live:テクノウルフ
Guest Dancer:Little♡H
Resident & Battle DJs:BTT Crew[Ace-up, D.J.April, Kent Alexander & TEDDMAN]
Start 17:00(close 22:00)
Charge ¥2,000(小・中学生無料)

【バトル・トーナメントへのエントリー/ルールについて】
・バトルは個人戦のみ、先攻後攻それぞれ2セット(1バトル5分ほど)になります。
・ダンススタイル不問。バトル時の選曲がBPM160のジューク/フットワーク・トラックとなります。
・オーディエンスの声援によるジャッジ・システムを採用致します。
・エントリーされる方は18:00までにご来場/受付を済ませてください(入場料のみのお支払い。別途エントリー料はありません)。
・優勝者にはBTTオリジナル・チャンピオンベルトと優勝賞金15,000円を贈呈させていただきます。


2018.4.11 11:57

【NEWS】イベント情報:ミニアルバム『スリーショット』の全国流通を開始したSaToA 6/23(土)にayU tokiO、江本祐介(Enjoy Music Club)を招いての自主企画『ケサクータ マーケット』開催



本日4/11よりミニアルバム『スリーショット』の全国流通が開始したSaToAは、6/23(土)に下北沢THREEにて自主企画『ケサクータ マーケット』を開催する。
彼女たちの自主レーベル kesäkuuta marketから名付けられたこのイベント、開催日もフィンランド語で6月を意味する「kesäkuuta」に合わせられており、当日はライブ以外にも楽しめるコンテンツを計画中との事。
気になるゲストはayU tokiO、江本祐介(Enjoy Music Club)がアナウンスされている。
チケットは本日よりメール予約にて販売開始。
また、5/11(金)にはHMV record shop新宿ALTAにてインストアイベントが開催される。

SaToA Presents
『ケサクータ マーケット』
2018年6/23(土)下北沢THREE
ACT:SaToA / ayU tokiO / 江本祐介(Enjoy Music Club)
Open 12:30 / Start 13:00
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(+1d)
チケット予約:
メール予約
受付開始日: 4/11正午12時
受付メール: 予約先: ticket3@toos.co.jp
件名に「6月23日”ケサクータ マーケット”チケット予約希望」本文に「名前/必要枚数/連絡先」を明記の上、送信ください。返信をもって予約完了とさせていただきます。




『スリーショット』/ SaToA
2018年1/24リリース
2018年4/11全国流通開始
フォーマット:CD
レーベル:kesäkuuta market
カタログNo.:KSKM1
価格:¥1,500(税込)
【Track List】
1. 青草の匂い
2. Light
3. bitter coffee
4. Rudolph
5. 夢の島
6. いまあさ
7. Wonky Bridge
※取り扱い店舗
・ココナッツディスク吉祥寺店 (東京)
・セカンドロイヤルショップ (京都)
・ディスクユニオン全店 (東京・大阪)
・レコードショップ ZOO (名古屋)
・六本松蔦屋書店 (福岡)
ディスクユニオン web shop

【特典詳細】※数量限定
■お楽しみCDR-A: TOWER RECORDS
<収録曲>
1. 青草の匂い (demo版)
2. Wonky Bridge (アコースティックver.)
予約: http://bit.ly/2u1vIoU

■お楽しみCDR-B: HOLIDAY! RECORDS
<収録曲>
1. 青草の匂い (demo版)
2. Sprout (アコースティックver.)
予約: http://holiday2014.thebase.in/

■ZINE「夢の島 交換日記」: 個人店各店舗
<内容>
アルバム制作時の3人の交換日記、秘蔵エピソード等
※取り扱いは各店舗にお問合せください


SaToA『スリーショット』
発売記念インストア&特典お渡し会!
2018年5/11(金)HMV record shop新宿ALTA
内容:ミニライブ & 特典お渡し会
Start 19:30
参加方法:観覧フリー。

4/11発売 SaToA「スリーショット」(KSKM1※CD)または、4/21発売SaToA「スリーショット」(KSKM2※10inch)をHMV record shop新宿ALTA・渋谷・コピス吉祥寺でご購入のお客様に先着で当日の特典引換券を差し上げます。イベント当日に引換券をお持ちのお客様は、当日に特典としてオリジナルの特典物をプレゼント!
お問合せ:HMV record shop新宿ALTA 03-5362-3360

2018.4.11 11:43

【NEWS】GONNO × MASUMURA(ex. 森は生きている)によるデビュー・アルバム『In Circles』の全貌公開



日本の次世代ハウス/テクノを代表するGONNOと森は生きているでドラムと作詞を担当してバンドの世界観を作り上げてきたKazuhiko Masumuraによるコラボ・ユニットのデビューアルバム『In Circles』の詳細情報が公開。
ゲストとして岡田拓郎(ex. 森は生きている)と映像作家Luke Wyattとしても知られるブルックリンのTorn Hawkの参加も明らかにされた。
また、彼らは4/29(日)に東伊豆クロスカントリーコースにて開催される『RAINBOW DISCO CLUB 2018』にも参加が決定している。



『In Circles』/ GONNO × MASUMURA
2018年4/25リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-24714
価格:¥2,400(税抜)
解説:野田努(ele-king)
【Track List】
1, Circuit Feat. Takuro Okada & Torn Hawk
2, In Circles
3, Promoter Said Like It’s All About Public Images
4, Missed It
5, Wirbel Bewegung
6, Lichtenberg Downstairs
7, Mahorama
8, Cool Cotton


『RAINBOW DISCO CLUB 2018』
2018年4/29(日)静岡県 東伊豆クロスカントリーコース
イベント詳細

2018.4.11 8:41

【NEWS】野佐怜奈 4/18リリースのカバーアルバムよりアーバンギャルドの松永天馬が友情出演のMV「ROBOT」を公開 & 西部池袋本店でのインストアイベント、西麻布 新世界でのリリース・パーティーも決定





4/18にカバーアルバム『ENDLESS PARTY~Cover Album~ 』をリリースする野佐怜奈は、アルバム収録曲「ROBOT」のMVを公開した。
1980年リリースの榊原郁恵の楽曲を原曲とするこのカバー、大野要介が監督を務めるほか、アーバンギャルドの松永天馬が友情出演している。

また、野佐怜奈は4/30(月・祝)には西武池袋本店5階の特設会場にて、西武とそごうが展開中の『ジャケ買いデパート』の関連イベントとしてインストアライブを行う。
さらに5/13(日)にはディスクユニオン昭和歌謡舘でインストアを行う他、6/14(木)にはスペシャルゲストに松永天馬(アーバンギャルド)を迎えてのリリース・パーティーを西麻布の新世界にて開催する。



野佐怜奈
西武池袋本店 インストアライブ
2018年4/30(月・祝)
西武池袋本店5階=特設会場
時間:
1. 13:00~13:30
2. 15:00~15:30
イベント詳細
https://www.sogo-seibu.jp/jyakegai/

インストアイベント
2018年5/13(日)新宿 ディスクユニオン昭和歌謡館
内容:ミニライブ&サイン会
対象商品:4/18発売『野佐怜奈/ENDRLESS PARTY 』(PCD-25254)
Start 15:00
サイン会参加券対象店舗:
昭和歌謡館 / 新宿日本のロック・インディーズ館 (BF) / お茶の水駅前店 / 神保町店 / 下北沢店 / 吉祥寺店 / 中野店 / 立川店 / 町田店 / 高田馬場店 / 池袋店 / 横浜関内店 / 横浜西口店 / 渋谷中古センター / オンラインショップ
イベント・特典詳細


野佐怜奈
アルバム・リリース・パーティー
『Endless Party Night !!』
2018年6/14(木)西麻布 新世界
ACT:野佐怜奈
スペシャルゲスト:松永天馬(アーバンギャルド)
Open 19:30 / Start 20:00
Adv ¥3,000 / Door ¥3,500
イベント詳細




『ENDLESS PARTY~Cover Album~ 』
/ 野佐怜奈
2018年4/18リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-25254
定価:¥2,500(税抜)
【収録予定曲(曲順未定)】
・鈴木さえ子「I WISH IT COULD BE CHRISTMAS EVERYDAY毎日がクリスマスだったら 」
・EPO「エンドレス・バレンタイン」
・トニー谷&宮城まり子「さいざんすマンボ」 feat. 松永天馬
・沢田研二「TOKIO」
・荻野目洋子「ダンシングヒーロー(EAT YOU UP)」
・大瀧詠一「ナイアガラ音頭」
・ゆらゆら帝国「空洞です」
・NOKKO「人魚」
・榊原郁恵「ROBOT」
・小林麻美「LOLITA GO HOME」
・香坂みゆき「ニュアンスしましょ」


2018.4.11 7:54

【NEWS】剤電 + 片岡フグリによるユニット Ma/Ma- ユニット名を「COMPUTER GRAPHIX」に改名

剤電と片岡フグリによるユニット Ma/Ma-が、ユニット名を「COMPUTER GRAPHIX」に改名したことが9日、片岡フグリのTwitterアカウントでアナウンスされた。

2018.4.11 7:00