indiegrabロゴ

For Tracy Hyde

【NEWS】For Tracy Hyde 11/2リリースの2ndアルバム『he(r)art』の詳細情報とアートワーク、トレーラーを公開 & 最新アー写公開





11/2に2ndアルバム『he(r)art』をリリースするFor Tracy Hydeは、アルバムのトレーラー映像とアートワーク、最新アーティスト写真を公開した。
アルバムのトレーラーは収録曲から「Floor」「Echo Park」「Dedication」「Ghost Town Polaroids」「Teen Flick」他の一部音源の試聴が可能となっている。
また、今回のジャケットの写真とアーティスト写真は前作に続いて写真家 小林光大、アートワークはデザインユニットのコニコによるもの。

For Tray Hydeは近い将来ブレイクが期待されるニューカマーアーティストを、スペースシャワーTVが年間を通じて様々な展開でプッシュする企画「NEW FORCE」に選出されている。



『he(r)art』/ For Tracy Hyde
2017年11/2リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-83004
価格:¥2,300(税抜)
【Track List】
01. Opening Logo (FTH Entertainment)
02. Theme for “he(r)art”
03. Floor
04. Echo Park
05. アフターダーク
06. Dedication
07. Leica Daydream
08. 指先記憶装置
09. Underwater Girl
10. Ghost Town Polaroids
11. Frozen Beach
12. A Day in November
13. 放物線
14. Just for a Night
15. Teen Flick
16. TOKYO WILL FIND YOU

2017.10.13 7:45

【NEWS】For Tracy Hyde 「都会」をコンセプトとする新作『he(r)art』を 11/2にリリース



先週2日に木下理樹を招いてのイベント『SONIC DEAD KIDS』を開催したFor Tracy
Hydeは4日、ニューアルバム『he(r)art』を11/2にリリースするとアナウンスした。
昨年12月にリリースされた1st『Film Bleu』では地方都市を念頭に置いて制作されていたが、今作では「都会」をコンセプトとして制作されており、今作の主人公は日々の中で影響を避けられない彼ら/彼女らを意味する「he(r)」のそれぞれの生活をベースにした「art」を繰り広げる。
収録曲の詳細はまだ未定だが、ファンの中でキラーチューンと化している「Floor」が収録。
また、夏botもシューゲイザーアイドル・・・・・・・・・への楽曲提供等で各方面からの評価が高まる中のアルバムリリースとなっており、期待が持たれる。

今作はレコーディング / ミックスのエンジニアとしてASIAN KUNG-FU GENERATIONの「崩壊アンプリファー」、ART-SCHOOL、THE
NOVEMBERS、indigo la End等の作品を手掛ける岩田純也が参加。

『he(r)art』/ For Tracy Hyde
2017年11/2リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-83004
価格:¥2,300(税抜)

2017.9.5 4:20

【特設】9/2(土)に『SONIC DEAD KIDS』を開催するLADY FLASH、For Tracy Hyde、VANILLA.6、そして木下理樹からのコメントを掲載

大阪を拠点として活動するVANILLA.6とLADY FLASH、東京を拠点とするFor Tracy Hydeの3バンドは9/2(土)に新宿MARZにて共同企画『SONIC DEAD KIDS』を開催する。 タイトルからしてART-SCHOOLへのリスペクトを感じるこのイベントは……(続きを読む)

2017.8.9 21:00

【NEWS】イベント情報:VANILLA.6、LADY FLASH、For Tracy Hydeが木下理樹を招いて開催する『SONIC DEAD KIDS』フライヤーを公開



VANILLA.6とLADY FLASH、For Tracy Hydeの3バンドが木下理樹(ART-SCHOOL、killing Boy)の新プロジェクト「木下理樹 and more(仮称、バンド名は追って発表予定)」を招いて9/2(土)に新宿MARZで開催するイベント『SONIC DEAD KIDS』のフライヤーが公開された。
制作はFor Tracy Hydeの夏botが担当。
モデルはClematisのBa.佐藤。
チケットは現在e+で販売中。

『SONIC DEAD KIDS』
2017年9/2(土)新宿MARZ
ACT:木下理樹 and more(仮称) / VANILLA.6(大阪) / LADY FLASH(大阪) / For Tracy Hyde
DJ:影正一貴(ClubBAGSY)
Open/Start 18:00
Adv ¥3,000 / Door ¥3,500(1d別)
チケット予約:(7/2〜)
e+

2017.8.3 11:29

【NEWS】8/12(土)開催 夏bot企画『Sunsoaked』船底春希がフリーフードとして参加



8/12(土)に渋谷Lushで開催される夏bot(For Tracy Hyde、ex.Tenkiame)主催イベント『Sunsoaked』。
夏bot企画恒例のフリー甘味として、今回は船底春希によるゼリーが振舞われる事がアナウンスされた。
また、今回は浴衣割として男女問わず浴衣での来場者は¥500のディスカウントを受ける事ができる

夏bot企画
『Sunsoaked』
2017年8/12(土)渋谷Lush
ACT:ArtTheaterGuild / Cusper / For Tracy Hyde / I Saw You Yesterday / NAISHO / クロウタドリ
FOOD:春希
Open 17:00 / Start 17:30
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(+1d)

2017.7.14 15:52

【NEWS】Lanes 夏bot(For Tracy Hyde)参加のデモトラック「Untitled #1」を公開

横浜のY.TAMURA(ex. In The White)によるソロユニットLanesは2日、デモトラック「Untitled #1」をSoundCloudに公開した。
間奏のギターソロにFor Tracy Hydeの夏botが12弦ギターで参加している。
また、Lanesは7/15(土)に西荻窪FLATにて初ライブを行う。



『pepsist』
2017年7月15日(土)西荻窪FLAT
ACT:股下89 / ゆれつずける / Lanes / Team mad penis / Tree
Open 18:00 / Start 18:30
Ticket ¥1,000(+1d)

2017.7.3 13:58

【NEWS】イベント情報:VANILLA.6、LADY FLASH、For Tracy Hydeが木下理樹新バンドを招いたイベント『SONIC DEAD KIDS』9/2(土)新宿MARZにて開催決定



大阪を拠点として活動するVANILLA.6とLADY FLASH、東京を拠点とするFor Tracy Hydeの3バンドは9/2(土)に新宿MARZにて共同企画『SONIC DEAD KIDS』を開催する。
アートスクーラーならピンと来るであろうタイトルのこのイベント、木下理樹(ART-SCHOOL、killing Boy)の新プロジェクト「木下理樹 and more(仮称、バンド名は追って発表予定)」を招いての公演となっている。

異なる音楽性でありながらもそのルーツや音楽へのスタンス、感性などで共鳴しあっていたVANILLA.6、LADY FLASH、For Tracy Hydeの3組。
今回のイベント開催にあたって「憧れへの挑戦」というテーマを形にするべく、共通のルーツであるART-SCHOOLのフロントマン 木下理樹の招聘を実現した。
世代や上下関係などの枠を飛び越えるこのイベントによって新たなリスナーの獲得とシーンの活性化を目標としている。

『SONIC DEAD KIDS』
2017年9/2(土)新宿MARZ
ACT:木下理樹 and more(仮称) / VANILLA.6(大阪) / LADY FLASH(大阪) / For Tracy Hyde
DJ:影正一貴(ClubBAGSY)
Open/Start 18:00
Adv ¥3,000 / Door ¥3,500(1d別)
チケット予約:(7/2〜)
e+



2017.6.28 12:00

【NEWS】イベント情報:夏bot、8/12(土)に『Sunsoaked』開催 出演はArtTheaterGuild、Cusper、I Saw You Yesterday、NAISHO、クロウタドリ



8/12(土)に夏bot(For Tracy Hyde、ex.Tenkiame)によるイベント『Sunsoaked』が渋谷Lushで開催される。
出演は8月にEPをリリースするArtTheaterGuildをはじめ、Cusper、For Tracy Hyde、I Saw You Yesterday、NAISHO、クロウタドリ。

夏bot企画
『Sunsoaked』
2017年8/12(土)渋谷Lush
ACT:ArtTheaterGuild / Cusper / For Tracy Hyde / I Saw You Yesterday / NAISHO / クロウタドリ
Open 17:00 / Start 17:30
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(+1d)

2017.5.17 12:19

【NEWS】ArtTheaterGuild 8月にEP『Farafra』リリース 7/16(日)開催のリリースパーティーでは先行販売も



東京を中心に活動するArtTheaterGuildのEP『Farafra』が8月にリリースされる。
4曲入りとなるこのEP、収録曲、発売日、販売店舗などは後日の発表となる。
また、7/16(日)には下北沢のBASEMENTBARで先行リリースパーティー『Turn Around Once More VOL.1』が開催。
シュリスペイロフ、For Tracy Hyde、SonoSheetを迎えてのこのイベントでは、リリースに先駆けてEPの先行販売が予定されている。
チケットは現在ArtTheaterGuildのライブ会場で販売されているほか、5/14(日)より各出演バンドのHPにて予約が開始される。

『Farafra』/ ArtTheaterGuild
2017年8月リリース予定
フォーマット:CD
※4曲収録予定


ArtTheaterGuild presents
『Turn Around Once More VOL.1』
2017年7/16(日)下北沢 BASEMENTBAR
ACT:ArtTheaterGuild / シュリスペイロフ / For Tracy Hyde / SonoSheet (宇都宮)
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(d別)

2017.5.13 21:00

【NEWS】イベント情報:5/21(日)開催The Laundries自主企画『Bright Bright vol.1』にFor Tracy Hyde、PLASTIC GIRL IN CLOSET、Shortcut Miffy!

The Laundries初となる自主企画『Bright Bright vol.1』が5/21(日)に下北沢Garageで開催される。
出演はThe Laundries、For Tracy Hyde、PLASTIC GIRL IN CLOSET、Shortcut Miffy!。

The Laundries pre.
『Bright Bright vol.1』
2017年5/21(日)下北沢Garage
ACT:For Tracy Hyde / PLASTIC GIRL IN CLOSET / Shortcut Miffy! / The Laundries
DJ:ACO / tequila kubota
Open 17:30 / Start 18:00
Adv ¥2,500 / Door ¥2,800 (+1d)
チケット予約:
thelaundries1999@gmail.com

イベント特設

2017.5.10 11:41

【NEWS】イベント情報:3/30(木)開催 Jan flu × SMELLS pre 『AFTER IMAGE』にLuby Sparksの追加出演を発表



3/30(木)に下北沢THREEにて開催されるJan fluとSMELLSとの共同企画『AFTER IMAGE』の追加出演者としてLuby Sparksがアナウンスされた。
すでに発表されているJan flu、Cairophenomenons、For Tracy Hyde、UlulUと併せて計5組の出演となる。

Jan flu × SMELLS pre
『AFTER IMAGE』
2017年3/30(木)下北沢THREE
ACT:Jan flu / Cairophenomenons / For Tracy Hyde / UlulU / Luby Sparks
DJ: アライショウマ(The Sunnys) / タキタソウ(SMELLS) / hisabor
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥1,500 / Door ¥2,000

2017.3.24 12:08

【NEWS】cruyff in the bedroom 4年半ぶりのアルバム『HATE ME』5/10にリリース



海外のメディアから「Japanese King Of Shoegazer」と称されるcruyff in the bedroomは、5/10に4年半ぶりとなる6thアルバム『HATE ME』をリリースする。
近年のアルバムと異なり、全曲英語詞で構成されたこのアルバムには、初回特典として全11曲が収録されたRemixアルバムが付属する。
特典の参加アーティストとして沖野俊太郎、オリマコト(Francis,ex THE COLLECTORS)、broken little sister、小林知之(火災報知器,HEAVENLY BOYS)、DJ MAAR(Fake Eyes Production)、Cuicks、渡辺清美(CQ)、中村雄一(ZEPPET STORE)、小林写楽(メトロノーム、FLOPPY)、For Tracy Hyde、筒井朋哉(ex.electric grass baloon)がクレジットされている。
また、『HATE ME TOUR』と題されたリリースツアーとして、5/21(日)に台北PIPE、6/3(土)には高円寺HIGHでワンマンイベントが開催される。



『HATE ME』/ cruyff in the bedroom
2017年5/10リリース
フォーマット:CD
レーベル:Only Feedback Record
カタログNo.:JCSS14-18
価格:¥2,315(税抜)
【Track List】
01.HATE
02.the shade
03.ashtray in snow
04.FUZZ ME!!!
05.die die die
06.laurelei
07.NEROBLU
08.I’m foating into your seventh heaven
09.TAIPEI GIRL SWITCHBLADE
10.tiny dancer
11.crazy love


『HATE ME TOUR』
2017年5/21(日)台北PIPE
2017年6/03(土)高円寺HIGH

2017.3.5 18:13

【NEWS】イベント情報:3/30(木)開催 Jan flu × SMELLS pre『AFTER IMAGE』に Cairophenomenons、For Tracy Hyde、UlulU




先日初の音源をリリースした東京のJan fluは、3/30(木)に下北沢THREEにてSMELLSとの共同企画『AFTER IMAGE』を開催する。
出演はJan flu、 Cairophenomenons、For Tracy Hyde、UlulUが発表済みで、更にもう1バンドが後日発表予定。

Jan flu × SMELLS pre
『AFTER IMAGE』
2017年3/30(木)下北沢THREE
ACT:Jan flu / Cairophenomenons / For Tracy Hyde / UlulU / +1 band…
DJ: アライショウマ(The Sunnys) / タキタソウ(SMELLS) / hisabor
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥1,500 / Door ¥2,000



2017.2.24 13:37

【NEWS】イベント情報:THE LAUNDRIES 5/21(日)開催初の自主企画『Bright Bright vol.1』にFor Tracy Hyde、PLASTIC GIRL IN CLOSET、Shortcut Miffy!




昨年12月に3rdアルバム『Synanthrope』 をリリースした東京のネオ・アコースティックバンドTHE LAUNDRIESは、5/21(日)に下北沢GARAGEにて、初の自主企画『Bright Bright vol.1』を開催する。
出演はThe Laundries、For Tracy Hyde、PLASTIC GIRL IN CLOSET、Shortcut Miffy!。

The Laundries presents
『Bright Bright vol.1』
2017年5/21(日)下北沢GARAGE
ACT:The Laundries / For Tracy Hyde / PLASTIC GIRL IN CLOSET / Shortcut Miffy!
DJ:ACO / tequila kubota
Open/Start TBA
Ticket TBA



2017.2.14 14:19

【INTERVIEW】『Asylum Piece』Fragile Flowers




ex.Boyish、ex.TenkiameのNakamura Ryuichi。
soundcloudにソロ名義の曲をアップし続けた彼がFragile FlowersというユニットでEPをリリースすると知り、詳細な情報を知った時、その内容に驚きを隠せなかった。
「Bad End盤」「True End盤」という2バージョンのリリース、豪華な参加アーティスト、そしてブラッシュアップされた楽曲の数々…楽曲に散りばめられた彼の嗜好や引用。
これらを読み取りながら聴いていくうちに、Nakamura Ryuichiという人との対話をしていくような作品となっている。
この作品を作るためにどのようなプロセスや背景があったかを確かめ、また作品から一歩踏み込んだものを確かめるためにインタビューを申し込んでみた。

ただ引きこもって物語を摂取した日々は確かに自分の血肉になっていたのだと分かったことも喜びでした。


–:とにかく今現在のNakamuraさんの全部をぶつけているなというのがまず一聴した時の印象でした。普段twitterで拝見している音楽の嗜好等がこれでもかと込められています。
音楽、文学、ゲーム、アニメなど様々な作品を一度Nakamuraさんの中に収めて、そこからの引用やイメージを構築して作る作業はかなり複雑だったと思いますが、その辺りの苦労はいかがでしたか?
Nakamura Ryuichi(以下:Nakamura):今まで自分はアウトプットする作業を全くしてこなかったので、作詞作曲に関しては楽しくて仕方なかったです。書きたいことは沢山あって常に頭の中でいくつもフワフワしていたのでそれを繋ぎ合わせる感覚に近かったです。引用するにも自分の言葉で翻訳したりする過程があったので、その作業がとても楽しかったです。自分にはこんな引き出しがあった、ただ引きこもって物語を摂取した日々は確かに自分の血肉になっていたのだと分かったことも喜びでした。
–:タイトルの『Asylum Piece』はアンナ・カヴァンからですか?
Nakamura:そうですね。僕は彼女の作品、特に長編『愛の渇き』、『あなたは誰?』『氷』、と短編集『アサイラム・ピース』が大好きで、『アサイラム・ピース』は病室の中で繰り広げられる救いの無い群像劇がとても冷酷でヒリヒリした文体で書かれていて、とても大好きな作品です。
–:このEPは読書体験も大きく影響しているとの事ですが、このEPに特に影響を与えている作家や作品は?(書籍、文学作品的な意味合いで)
Nakamura:アンナ・カヴァンは翻訳されているものは全て。加えて主な国内作家を上げると、大江健三郎、唐辺葉介、久坂葉子、高橋源一郎、太宰治、飛浩隆、津原泰水、舞城王太郎、村上春樹、夢野久作、海外作家はヴォネガット、カヴァン、コルタサル、ヘンリー・ジェイムス、シュトルム、ディック、バラード、ジャック・フィニイ、ブローティガンロバート・F・ヤング、ダン・ローズ辺りでしょうか。
作品名を上げると『遊戯の終わり』、『たんぽぽ娘』、『西瓜糖の日々』、『幼年期の終わり』、『ムーン・パレス』、『結晶世界』『リリス』、『コンスエラ』、『永遠の終り』、『スローターハウス5』、『ソラリス』、『黒い時計の旅』、『グッバイ・チョコレート・ヘヴン』『万延元年のフットボール』、『斜陽』、『好き好き大好き超愛してる』、『ヨハネスブルグの天使たち』、『世界の終りとハードボイルドワンダーランド』、『氷の涯』などで、幻想文学やSF的な要素がありつつもメッセージ性が強い作品、終末モノの作品に強く影響を与えられてきました。

書籍、文学作品的な意味合いでとの質問でしたが、すいません、僕にとってノベルゲームはとても多大な影響を与えられてきたのでそれらも羅列させて下さい。主にCRAFTWORK『さよならを教えて〜comment te dire adieu〜』、Force『2nd LOVE』、『書淫、或いは失われた夢の物語。』、Key全作、Leaf『雫』、『天使のいない12月』、S.M.L『CARNIVAL』、Tactics 『ONE ~輝く季節へ~』、otherwise『sense off』ケロQ『素晴らしき日々〜不連続存在〜』、『終ノ空』、公爵『ジサツのための101の方法』、フェアリーテール『狂った果実』、130cm『僕は天使じゃないよ』です。
僕にとってノベルゲームは読書と同じ感覚ですし、クソみたいな作品も多いですが18禁、マルチエンディングを冠しているだけあり、ノベルゲームでしかできない表現が沢山あるんです。もし時間や興味がある方はやって欲しいなあ…という思いで羅列しました(笑)
–:アレンジもスピッツ、フリッパーズギター、くるり等のアーティストからの引用が多く見られますが、やはりこういった元ネタを聴き手にわかるように
散りばめていく手法はフリッパーズギター以降の渋谷系を連想しましたが、その辺りからの影響は?
Nakamura:そうですね…、一時期いわゆる、パチフリやC級渋谷系バンドおよび00年代以降の渋谷系をめちゃくちゃ熱心に聞いていた時期があったのでその影響はあるかもしれません。編集感覚で曲を作っていく感じとか…。ただぶっちゃけてしまいますと、僕のアレンジ能力が無かったからというのが一番の理由です…(笑)

アイデアが洪水の様に湧いてきて…。じゃあもう1つの作品に仕上げてやるぞ…!っていう気持ちから始まりました。

–:このEPの収録曲ですと「翼とナイフと銃弾」が7月ぐらい前にsoundcloudにアップされていますよね。このころ制作段階に入っていたと思うのですが、EPの全体的な構想はできていましたか?また、全体的な制作期間はどの位になりますか?
Nakamura:「翼とナイフと銃弾」が出来た段階では、自分が満足出来た曲が1曲作り上げられたからもういいかなと思ったりしたんですが、それ以降アイデアが洪水の様に湧いてきて…。
じゃあもう1つの作品に仕上げてやるぞ…!っていう気持ちから始まりました。EP収録曲の骨格自体は1ヶ月もかからずに出来ました。
ただミックス/マスタリングおよびピッチ補正作業で楽曲制作の3倍の時間がかかりました…(笑)
–:デジタル配信でありながらブックレットやtab譜など、音源以外のアイテムにもこだわりが見えますが、これらを同梱しようと思ったのはどの段階でしょうか。
また、ブックレットは全体的に暗めの落ち着いた色になっていますが、これはNakamuraさんの発注によるものですか?
Nakamura:僕が今回のEPでやりたかったのはART-SCHOOLの『Mean Street』なのでアートワークもそれになぞろうと最初から決めていました。ブックレットのデザインも元ネタ『アサイラム・ピース』の装丁の様にして欲しいと細かく要望を伝えました。tab譜に関しては僕にとって一度譜面に起こす作業が作曲において必要な過程なのでおまけで配布しました。本当に難しいことはしてないので、これから作曲をする人の参考になったら嬉しいなあという思いもあったりします。



2017.2.8 22:00

【NEWS】イベント情報:Ukiyo Girl & Banana Collection共同企画『幻燈の夜には』大阪編3/11(土)東京編3/18(土)開催




ライブ活動を再開したUkiyo Girlと関西のBanana Collectionとの共同企画『幻燈の夜には』が、大阪編3/11(土)大阪南船場地下一階と、東京編3/18(土)新宿SAMURAIで開催される。
大阪編はNEIGHBORHOODとBanana Collectionの共同開催、東京編はUkiyo Girlの主催となる。
大阪編にはTracy Hyde、Ukiyo Girl、VANILLA.6、boyfirend’s dead、Banana Collectionが、東京編にはUkiyo Girl、For Tracy Hyde、ナツノムジナ、Banana Collection、クロウタドリがそれぞれ出演する。
東京編では大阪編の半券持参で値引きのサービスも行われる。

NEIGHBORHOOD+Banana Collection pre
『幻燈の夜には』
大阪編 Teen Wonder
2017年3/11(土)大阪南船場地下一階
ACT:For Tracy Hyde / Ukiyo Girl / VANILLA.6 / boyfirend’s dead / Banana Collection
DJ:shota_yam / Waki / DJ 夏bot(For Tracy Hyde) / Nishikawa
Start 17:00
Adv ¥2,000(+1d) / Door ¥2,500(+1d)
10代割 ¥1,000(+1d)
※要身分証

Ukiyo Girl pre
『幻燈の夜には』
東京編 百年ののち
2017年3/18(土)新宿SAMURAI
ACT:Ukiyo Girl / For Tracy Hyde / ナツノムジナ / Banana Collection / クロウタドリ
Open 17:00 / Start 17:30
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(+1d)




2017.1.13 12:44

【NEWS】For Tracy Hyde アルバム収録曲「あたたかくて甘い海」のMVを公開

昨年1stフル・アルバム『Film Bleu』をリリースしたFor Tracy Hydeは6日、アルバム収録曲「あたたかくて甘い海」のMVを公開した。
限られた予算の中で表現性を持たせようとして苦心したというMVは、ボーカルのeurekaが歌詞のフリップをめくっていくという内容となっており、eurekaはtwitterで撮影の苦労を語っている。
また、For Tracy Hydeは9日(月・祝)に渋谷 TSUTAYA O-nestでリリースパーティーを開催する。




cwp8dn7vyaef52i

『Film Bleu』/ For Tracy Hyde
2016年12/2リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD−20371
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1. There’s A Story In Your Eyes, And I Will Read Between The Lines
2. Her Sarah Records Collection
3. SnoWish; Lemonade
4. Outcider
5. Crystal
6. First Regrets
7. Overexposure
8. Favourite Blue
9. Shady Lane Sherbet
10. Emma
11. あたたかくて甘い海
12. fallingasleepinthepassengerseat
13. After
14. 渚にて

アルバム特設サイト




For Tracy Hyde『Film Bleu』リリース・パーティ
『BLUE4U IN TOKYO』
2017年1/9(月・祝)渋谷 TSUTAYA O-nest
ACT:For Tracy Hyde / nakanoise / Special Favorite Music
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥2,500 / Door ¥3,000(d別)
チケット予約:
チケットぴあ(315-712)
ローソンチケット(75537)
e+
店頭販売

2017.1.7 22:15

【NEWS】TOKYO ACOUSTIC SESSION セッション映像『Her Sarah Records Collection / For Tracy Hyde』を公開

東京都内を背景にしたセッション映像を公開するプロジェクトTOKYO ACOUSTIC SESSIONは6日、アルバム『Film Bleu』をリリースしたばかりのFor Tracy Hydeのセッション映像を公開した。
狛江 西河原公園で「Her Sarah Records Collection」を披露する彼らの映像が堪能できる。
ディレクターは関山雄太。

TOKYO ACOUSTIC SESSION



cwp8dn7vyaef52i

『Film Bleu』/ For Tracy Hyde
2016年12/2リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD−20371
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1. There’s A Story In Your Eyes, And I Will Read Between The Lines
2. Her Sarah Records Collection
3. SnoWish; Lemonade
4. Outcider
5. Crystal
6. First Regrets
7. Overexposure
8. Favourite Blue
9. Shady Lane Sherbet
10. Emma
11. あたたかくて甘い海
12. fallingasleepinthepassengerseat
13. After
14. 渚にて

アルバム特設サイト


For Tracy Hyde『Film Bleu』リリース・パーティ
『BLUE4U IN TOKYO』
2017年1/9(月・祝)渋谷 TSUTAYA O-nest
ACT:For Tracy Hyde / nakanoise / and more..
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥2,500 / Door ¥3,000(d別)
チケット予約:
チケットぴあ(315-712)
ローソンチケット(75537)
e+
店頭販売

2016.12.7 12:11

【NEWS】For Tracy Hyde デビュー・アルバム『Film Bleu』リリース

ct_266wviaayhcv

東京を中心に活動するFor Tracy Hydeは、本日2日にデビュー・アルバム『Film Bleu』をリリースした。
待望のデビュー盤となる今作にはミックスにこいち(nakanoise/koichizikan)、マスタリングに中村宗一郎(PEACE MUSIC)、コーラスに翠(ウィニー・ザ・プー・マグカップ・コレクション/Kensei Ogata Band)、サックスにたーにゃが参加している。
現在収録曲「Favourite Blue」のMVが公開中。
彼らは明日3日にはVANILLA.6 prsents『VANILLA NIGHT vol.2』に出演するほか、2017年1/9(月・祝)には渋谷O-nestでリリースパーティーを開催する。
また、今夜21:30からはメンバー全員が参加しての全曲解説をニコ生で放送する。

For Tracy hyde 全曲解説

cwp8dn7vyaef52i

『Film Bleu』/ For Tracy Hyde
2016年12/2リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD−20371
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1. There’s A Story In Your Eyes, And I Will Read Between The Lines
2. Her Sarah Records Collection
3. SnoWish; Lemonade
4. Outcider
5. Crystal
6. First Regrets
7. Overexposure
8. Favourite Blue
9. Shady Lane Sherbet
10. Emma
11. あたたかくて甘い海
12. fallingasleepinthepassengerseat
13. After
14. 渚にて

アルバム特設サイト




VANILLA.6 prsents
『VANILLA NIGHT vol.2』
2016年12/3(土)渋谷Lush
ACT:VANILLA.6 / For Tracy Hyde / Cattle / 17歳とベルリンの壁 / Fun House. / Mississippi Khaki Hair
Open 17:30 / Star 18:00
Adv ¥2,500 / Door ¥2,800(+1d)


For Tracy Hyde『Film Bleu』リリース・パーティ
『BLUE4U IN TOKYO』
2017年1/9(月・祝)渋谷 TSUTAYA O-nest
ACT:For Tracy Hyde / nakanoise / and more..
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥2,500 / Door ¥3,000(d別)
チケット予約:
チケットぴあ(315-712)
ローソンチケット(75537)
e+
店頭販売

2016.12.2 12:06

【INTERVIEW】VANILLA.6 オオクボーイ 12/3(土)にEPリリース & 渋谷LUSH主催イベントに向けて

vanilla6_l

大阪でPost Modern Team.のサポートギターをつとめていたオオクボーイが「VANILLA.6」というバンドを始めたという情報には強いインパクトを感じていた。2015年6月に発表した初の音源「90’s Milan」の80’s的なキラキラ感と過剰なまでにスタイリッシュなビジュアルからくるインパクト。
同年12月には大阪NOON+CAFEにて自主企画、さらに音源OWLSのリリースや3ヶ月連続のカバー動画企画等で周囲の耳目を集めていき、今年10月には東京での初ライブを果たす。
そして最初の音源の公開からわずか1年半、この12/3に彼らはEP『VNLGRL』をデジタル配信開始と共に東京での主催イベント『VANILLA NIGHT vol.2』を開催する。
その勢いは転がる石の様に加速していき、そのスタンスは挑戦的である。
そんなVANILLA.6 = オオクボーイにインタビューを試みた。

多幸感はVANILLA.6の活動のテーマの一つでもあるので

–:EP『VNLGRL』リリース決定おめでとうございます。
今回のEPを配信でリリースしようとした理由は?
オオクボーイ:自然な流れでそうなったというか、特に深くは考えずに決まりしたね。でも後々考えたらこれでよかったかなとも思います。僕たちって良くも悪くも周りから少し浮いた存在だと思っていて、いろんな人から「東京でやった方がいいんじゃない?」みたいなことも言われますし、僕自身首都圏や地方や海外でももっと知ってもらいたい気持ちがあるので、今回のEPに関してはCDを作るよりも配信で広く届けるって方がいいんじゃないかなと今は思っています。
–:EPを聴いて思ったのですが、現在公開中のMV「Old Friend」のをはじめとして、今までのVANILLA.6とも少し違うイメージを押し出そうとしているように感じます。その辺りは意図的なものですか?
オオクボーイ:今回、『VNLGRL』を作るにあたって、“多幸感”というテーマがあって、その一端をビデオで体現しようとしたのが「Old Friend」のMVなので、EP全体にもカラフルな雰囲気は漂っていると思います。4曲それぞれ違ったカラーを持っているけど、どの曲もとても自分達らしい仕上がりですね。
元々、多幸感のある音楽や映像が僕は好きだったし、多幸感はVANILLA.6の活動のテーマの一つでもあるので、MVも音も個人的にはバンドイメージとかけ離れるどころかむしろ狙い通りになったと思っています。
あと、MVのイメージは完全にThe Cureの「Friday I’m In Love」のMVですね。あのビデオが死ぬほど好きで、所狭しに用意されたセットを最後めちゃくちゃにして終わるってのを一回やってみたかったんですよね(笑)。


–:“多幸感”がテーマと聴いてEPを聴いた時の感覚が腑に落ちました。このテーマが強く出ているのはバンドの知名度が上がっていることや、バンド自体が回転しだして次のステップに行こうとしているという高揚感とリンクしている気がしますが、いかがでしょうか?
オオクボーイ:制作自体はすごくシンプルで、バンドの立ち位置とか周囲からの期待とかは特に考えることなく好奇心と探究心に任せてやるようにしていますね。外から見た自分達の見え方をいつもすごく意識しがちなので、それが頭にあると制作で変なプレッシャーや雑念になると思いますし。
僕小学校の工作の授業とか、アイデア練ったり作りに拘り過ぎて時間内に終わらないから、お昼休みや放課後もずっと独りで作業してるなんてことしょっちゅうあったんです。結局未完成のまま持って帰ったりしたんですけどね…。今も全然変わってないというか、曲作りや録音ミックスマスタリングに関しても単純に楽しく拘りを持ってやっています。
ただ、曲をバンドの肉体を経由して作品に落とし込む過程で、メンバー達のテンションとか今のバンドの雰囲気みたいな要素が思いがけず添加されていった部分もあると思いますし、結果的にそれらいわゆるバンドの化学反応によって僕が一人で思い描いていた以上の作品になったと自負しています。ほんと、みんなに聴いてもらうのがクソ楽しみで仕方がないです。
vanilanightv2

–:今回『VNLGRL』のリリースパーティー『VANILLA NIGHT vol.2』を東京で開催しようと思ったのはどうしてですか?
オオクボーイ:もっとデカいステージでショーがしたいので、その為にはまず東京で名を上げるぞ。って思いですね(笑)。
ちょうど去年の年末大阪で開催した「VANILLA NIGHT vol.1」がバンドとしてはほぼ初めてのショーだったんです。それが最高に楽しいパーティになって、バンドとしてとてもいいスタートが切れたし、またやりたいなとは思っていたんです。それから今まで丸一年活動してきて、たまにクソ喰らえって事もあったけど、嬉しいことに今ではいろんなイベントに呼んでもらったり関西ではたくさんの人が知ってくれたり期待してくれるようになって。まだまだこれからだけど一年でバンドとして成長したなぁって思ったんですよ。でも目指しいてるのはもっと上だし、関西で認知されたからってなんだって思う自分もいる。なので次の一年は関西以外の人にもたくさん知ってもらって、もっとデカいステージでやってやるぞっていう、決意表明というか宣戦布告的な位置付けで、今回東京での開催に踏み切りました。
–:今回の『VANILLA NIGHT vol.2』での出演バンドを選んだ基準があれば聞かせてください。
オオクボーイ:「オオクボーイがかっこいいと思ったかどうか」で選びました。本当はトゲがありつつも幸福感が感じられるようなインディ・ロックバンドで固めたいって思いや、ポップさを追求してるバンドを集めたいって思いがあったり、他にもたくさん候補のアーティストがいたりしたんですが、結局はシンプルに僕がかっこいいと思うかどうかで選んで今回のメンツになりました。
共演したことのあるFor Tracy Hydeやcattleは初めて観たときに涙出るくらいハッピーな気持ちになって最高だったし、大阪から来てくれるMississippi Khaki Hairはぎらついたスター性があってすごくいかしてる。17歳とベルリンの壁、Fun House.は今回初共演なんですけど、両バンドとも音源や動画ですごい衝撃を受けてオファーしたのでステージを観るのがとても楽しみなんです。この日出てくれる5バンドは最高のバンドばかりだし、最高にいい塩梅で全編楽しめるイベントになったと思います。楽しみにしていてください。


>>次ページ「既存の音楽ジャンルを名乗ったところでその看板に誇りも拘りも持てないと思ったんです。」

cvqo7rmusaavvc_
『VNLGRL』/ VANILLA.6
2016年12/3リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:セルフリリース
価格:¥800
【Track list】
1. Getover
2. Old Friend
3. VNLGRL
4. Euphoria

VANILLA.6 prsents
『VANILLA NIGHT vol.2』
2016年12/3(土)渋谷Lush
ACT:VANILLA.6 / For Tracy Hyde / Cattle / 17歳とベルリンの壁 / Fun House. / Mississippi Khaki Hair
Open 17:30 / Star 18:00
Adv ¥2,500 / Door ¥2,800(+1d)
【Time Table】
18:00〜18:30 17歳とベルリンの壁
18:45〜19:15 Fun House.
19:30〜20:00 Cattle
20:15〜20:45 Mississippi Khaki Hair
21:00〜21:30 For Tracy Hyde
21:45〜22:15 VANILLA.6

2016.11.27 21:00