indiegrabロゴ

electronic

【NEWS】karen felixx  『scarlet ep』を煮印不良品レコーディングスより配信開始



karen felixxは16日、『scarlet ep』を煮印不良品レコーディングスより配信開始した。
このEPは昨年のM3で先行発売されたEPのデジタル配信版。
1/23までの1週間はname your priceで配信されるが、それ以降は¥500での配信となっている。

『scarlet ep』/ karen felixx
2018年1/16リリース
フォーマット:デジタル配信 / CD-R
レーベル:煮印不良品レコーディングス
カタログNo.:nzr-037cdr
価格:
name your price(デジタル:〜1/23)
¥300(デジタル:1/24〜、CD-R)
【Track List】
1.jasmine jam
2.dawn drowing
3.rolling stroll
煮印不良品レコーディングスリリースサイト


2018.1.17 8:39

【NEWS】クリス・カーター 17年ぶりにリリースするソロ・アルバム『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』より「Blissters」を先行公開





Throbbing Gristleの創設メンバーの一人であるクリス・カーターが3/30にリリースする17年ぶりのソロ・アルバム『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』の収録曲「Blissters」が先行公開された。
ノーフォークにあるクリス・カーターのスタジオで制作されたこのアルバムは、60年代の電子音楽、不協和音をはじめとしたノイジーなサウンドからイギリスの古いフォーク・ミュージックまで、「音響の科学者」たるクリス・カーターのクリエイティブな探求心溢れる作品となった。

「特にこのアルバムに関して影響を受けたものがあるとすれば、それは間違いなく60年代の電子音楽だね」と語るクリス・カーター。「また、ここ2、3年はイギリスの古いフォーク・ミュージックも、“禁断の楽しみ”という感じで聴いていたから、今回のアルバムの何曲かは、そんな感じのメロディが自分の中に存在するDNAとしてにじみ出ていると思うよ。ある意味童謡と似てなくもない」。

「スリージー(Throbbing Gristleの創設メンバーで2010年に逝去したピーター・”スリージー“・クリストファーソン)と僕はかつてソフトウェア、ハードウェア双方を使って人工的な歌声を作っていく作業を共同で担当してたんだ。今回はそれを僕だけで、さらに進んだことをやろうと思ってね。自分の声もしくはかつてスリージーと一緒に作った音声コレクションを引っ張り出して、それらを思いっきり切り刻んで歌詞を作っていったんだけど相当ヘンテコな感じになったね」。




『ケミストリー・レッスンズ Vol.1』
/ クリス・カーター
2018年3/30リリース
フォーマット:CD
カタログNo.:TRCP-227
価格:¥2,200(税抜)
【Track List】
01. Blissters
02. Tangerines
03. Nineteen 7
04. Cernubicua
05. Pillars of Wah
06. Modularity
07. Field Depth
08. Moon Two
09. Durlin
10. Corvus
11. Tones Map
12. Dust & Spiders
13. Gradients
14. Lab Test
15. Shildreke
16. Uysring
17. Ghosting
18. Noise Floor
19. Post Industrial
20. Rehndim
21. Roane
22. Time Curious Glows
23. Ars Vetus
24. Hobbs End
25. Inkstain
amazon
iTunes
Spotify



2018.1.12 11:43

【NEWS】rakia 新曲「Jam」を公開

サウンドクリエイター塚原啓によるソロ・プロジェクトrakiaは7日、新曲「Jam」をSoundCloudにて公開。
ジャムセッションをイメージして作られたというこの曲は生音と電子音で構成されている。



h1_2500pxl_pfcd62
『Eclectic Color』/ rakia
2016年10/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD62
価格:¥2,000
【Track List】
01. Cherry Petals Falling
02. Day Dream feat. Manami
03. Tidal Flow
04. After The Rain
05. In Blossom
06. Reflection feat. Hiroe Baba
07. Migratory Birds
08. Nostalgia
09. The Desert Of The Moon feat. Hiroe Baba
10. White Landscapes
11. Water Drop


2018.1.11 12:03

【NEWS】abelest 新曲「蛇口をひ」公開



福岡のトラックメイカー、映像作家のabelestは9日、新曲「蛇口をひ」をSoundCloudにて公開。

2018.1.11 11:37

【NEWS】Kælan MiklのSólveigによるソロアルバム『Unexplained miseries & the acceptance of sorrow』1/24リリース & Last King Of Polandとのジャパンツアー3月に開催



アイスランドのダークウェイブ・バンドKælan MiklのSyn./Prog.でバンドの作詞・作曲も手がけるSólveig MatthildurことSólveigのソロ名義のアルバムが1/24に日本国内でリリースされる。
シンセサイザーを基調としたエレクトロニック・サウンドとクラシックなボーカル、壮大かつドリーミーな中にもゴシックな香りを漂わせた作品となっている。
また、3月にはシカゴのexperimental、Last King Of Polandとの初来日ツアーも決定している。



『Unexplained miseries & the acceptance of sorrow』
/ Sólveig
2018年1/24リリース
フォーマット:CD
レーベル:2670RECORDS
カタログNo.:TSSO-1031
【Track List】
1. Unexplained miseries I
2. Unexplained miseries II
3. Unexplained miseries III
4. Improvisation I
5. Acceptance of sorrow I
6. Acceptance of sorrow II
7. Acceptance of sorrow III
デジパック仕様/ライナーノーツ




『Sólveig(Kælan Mikla) &
Last King Of Poland
Japan Tour 2018』

【東京】
2018年3月3日(土)高円寺 Sound Studio DOM
ACT:Sólveig(Kælan Mikla) / Last King Of Poland / Ms.Machine
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500

【名古屋】
2018年3月11日(日)名古屋 K.Dハポン
ACT:Sólveig(Kælan Mikla) / Last King Of Poland / Xizi
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500(+1d)

【大阪】
2018年3月18日(日)中崎町 Common Cafe
ACT:Sólveig(Kælan Mikla) / Last King Of Poland / HITOMI (KILL MY 27)
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥2,000 / Door ¥2,500

イベント詳細

(※各公演のチケット詳細はツアー特設ページにて、その他のお問い合わせは、2670records@gmail.com までお願いします。)


2018.1.9 11:36

【NEWS】BICCO BEAT 新曲「モダン雅楽」公開

トラックメイカー BICCO BEATは6日、新曲「モダン雅楽」を公開した。
この楽曲はCubaseのスペクトラムフィルター方式のソフトシンセのみで制作されている。

2018.1.8 15:46

【NEWS】ナカムラルビイ 新曲「ミッドナイト心経」を公開

ナカムラルビイ(Freaky Style Loca、酢酸カーミン)は30日、新曲「ミッドナイト心経」をSoundCloudで公開。

2017.12.31 21:06

【INTERVIEW】『External Reference』/ M-KODA



仙台出身のSatoshi Kodamaによるソロ・プロジェクトM-KODAが12月にPROGRESSIVE FOrMよりリリースした6thアルバム『External Reference』。
これまでにもその独創的なアイデアを詰め込んだ5枚のアルバムをリリースしてきた彼が、これまでのエレクトロニカ的な手法からさらに踏み込んだこのアルバムには、AOKI takamasaやHIROSHI WATANABE他のコメントが寄せられており、リリース直後にしてリスナーのみならずアーティストサイドからの高い評価がうかがえる。
今回indiegrabではリリース直後のM-KODAのインタビューを掲載。
どのような制作環境からこのアルバムが産まれたのか、仙台という土地で彼がどのような感覚で過ごしながら音楽活動を続けているのかという部分をこのアルバムのサブテキストとして楽しんでいただきたい。

ハードウェアに合わせた構成をするような曲制作も行いました

–:『External Reference』を聴かせて頂きました!凄くカッコいいですね!!
本作はこれまでのM-KODA作品以上によりダンス/クラブよりな、かつとても密度が高く耳に残るポップさが特徴の1つに感じました。
アルバム制作上でのコンセプトやアプローチなどポイントをお聞かせ下さい。
M-KODA:ありがとうございます。
Progressive Houseや、Disco Musicなどのダンスミュージックをよく聴きながら制作しました。リズムマシンや、シンセサイザーの音など、随所にそういった音楽シーンの影響が散りばめられています。


▶ External Reference Trailer

–: 『External Reference』というのは響きの良いアルバムタイトルですね、このタイトルに名付けたのはどのような経緯や意図がありますか?
M-KODA:Electronicaの影響では無く、他のミュージックシーンの影響を受けて制作していましたので、外部参照という意味合いでアルバムタイトルをつけました。

▶ 「鋭い感性でクールとポップの狭間を往来する楽曲群。特に “M5. I Need Run Ahead feat. Mon” 大好きです。」KASHIWA Daisuke

–: M3(Other Than feat. Carl)とM5(I Need Run Ahead feat. Mon)ではヴォーカルがフィーチャーされています。それぞれの楽曲及びボーカリストの紹介と、どのようにコラボレーション~完成させていったかなどプロセスを教えて下さい。
M-KODA:どちらの曲も仙台で仲が良いアーティストのお二人です。
僕がトラックとヴォーカル用のメロディを作って彼等には詩と歌を担当していただきました。
スタジオに機材を運び、缶ビールを片手に作業を進めました。


▶ Other Than feat. Carl


▶ I Need Run Ahead feat. Mon

–:4th『Synthese』、5th『WORKINGS』に続き本作でも例えばM4(Multiplex)、M6(Ms-Explorer)、M8(Acodrm)といった出色のミニマル・トラックが収録されていますが、M-KODAさんにとってのミニマルもしくはミニマル感とは何ですか?
またこれまでに影響を受けた印象的なミニマルの楽曲があれば幾つか教えて下さい。
M-KODA:ミニマル感とは正直僕もわかりません……。
好きなミニマルミュージックは今回のアルバムへコメントもいただいたAoki Takamasaさんの音楽が好きです。

▶「全方向に完成度の高いPOPなダンスミュージック。音が一音一音しっかり噛み合ってる。」AOKI takamasa

–:制作において、どのような機材を使用されていますか?また機材まわりに関してご自身で大切にされているようなポイントはありますか?
M-KODA:主にAbleton Liveを使用しましたが、KORG MS-20mini やRoland TB-3 などのハードウェアを使用することによって、ハードウェアに合わせた構成をするような曲制作も行いました。

▶「M-Kodaくん6枚目のアルバム!この精力的な活動は凄い!今回のアルバムは更にバラエティーの幅が広がり、POPさとM-Kodaくんのインテリジェンスなエレクトロの融合感が面白い!Track6、8、9は僕のオススメです!」HIROSHI WATANABE

–:先日(2017年12/14)はDommuneに出演されていましたね。初のDommune参加と聞き及びましたが参加しての感想は如何でしたか?またDommuneのような配信の番組に関してM-KODAさんご自身はどのように感じられますか?
M-KODA:数週間の体験を数時間に凝縮されたような感じで、非常に良い経験となりまし
た。初めての配信番組でしたが、ライブとはまた違う緊張感が刺激的でした。

▶ M-KODA “Multiplex” Live 2017.1214

仙台は街もあり、山も川も海も近いので、その生活感が滲み出れば良いなぁと思ってます

–:M-KODAさんが昨今注目されていたり気に入っている音楽やアーティストはどういったところですか?
M-KODA:気に入っている音楽やアーティストを上げればキリがないぐらいです。Four Tetはずっと聞いてます。
最近、CDラジカセを入手したのでカセット音源を中心に集めようかなと思っています。フォークから、実験音楽までジャンル関係無く収集したいです。
–:M-KODAさんは既に多彩な作風な楽曲を非常に高いクオリティーでプロデュースされていますが、今後アプローチまたは表現したいサウンドやそうしたイメージはありますか?
M-KODA:リリースはしない状態で続けていたサンプリングなどを多用したプロジェクトがありますので、今後は少しそこにフォーカスして行きたいと思っています。
仙台は街もあり、山も川も海も近いので、その生活感が滲み出れば良いなぁと思ってます。

▶ M-KODA「Acodrm」

流行り廃り関係無く色々な音楽を聞いて楽しんでいただければと思います

–:仙台をベースに活動されていると思います、地元のシーンのことなどお聞かせ下さい。またこうあるとより良さそうなどポイントがあればお教え下さい。
M-KODA:正直なところ、流行りのシーンは東京とあまり変わらないかもしれません。しかしながら、すごく少数ですが流行りに関係無く自分のスタイルを貫いている方々が面白いです。好きな音楽ジャンルは違かったりしますが、精神性が一致するのか、かなりの頻度で遊んでいます。

▶「M-KODAさんの作品は以前から自分のDJセットの中でも使わせてもらったりしていて、開かれた音楽性と「ダンス」のエッセンスの組み合わせが個人的にとても魅力に感じていたんですけど、今回もスゴイですね…。しかも「泣かせて」きます。泣きながら踊れるのは堪らない…。」Primula

–:2017年で印象に残る良い出来事は何ですか? また、M-KODAさん的な仙台のお薦めポイントを教えて下さい。
M-KODA:1番良い出来事は引越し先が好物件だった事ですね(笑)
仙台のお勧めポイントはやはり飲食ではないでしょうか。あと、仙台駅からの徒歩圏に公園やカフェも沢山あるので、遊ぶ事だけでは無く、生活もしやすい都市だと思います。
–:最後に読者へのメッセージと、改めて『External Reference』の聴き所を教えて下さい。
M-KODA:流行り廃り関係無く色々な音楽を聞いて楽しんでいただければと思います。External Referenceの聴きどころはボーカルのお2人とコラボした2曲です!



『External Reference』/ M-KODA
2017年12/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD74
価格:¥2,100(税抜)
【Track List】
01. Sepia Tone
02. Eleven
03. Other Than feat. Carl
04. Multiplex
05. I Need Run Ahead feat. Mon
06. Ms-Explorer
07. Kindlie
08. Acodrm
09. Excavator
10. Aoe
amazon
タワーレコード





2017.12.27 19:00

【NEWS】BLUE HAWAII ツアー映像を使用したMV「Younger Heart」を公開

photo by Landon Speers





今年10月にアルバム『Tenderness』おをリリースしたカナダのelectronic / dream pop、BLUE HAWAIIは18日、アルバム収録曲「Younger Heart」のMVを公開した。
このMVはメキシコ、ギリシャ島のツアーで撮影した素材を中心にBLUE HAWAII自身が編集を行っている。



『Tenderness』/ BLUE HAWAII
2017年10/6リリース
フォーマット:CD / デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-094
価格:¥2,000(CD、税抜)
【Track List】
01. Free at Last
02. No One Like You
03. Pregame
04. Versus Game
05. Belong to Myself
06. Prepare for Flight
07. Younger Heart
08. Strummin
09. Make Love Stay
10. Big News
11. Blossoming From Your Story
12. Searching for You
13. Do You Need Me
14. Tenderness
15. Giggles
16. Far Away Soon
※ボーナス・トラック収録予定
※歌詞・対訳・解説付き
※ボーナス・トラック収録予定
※正方形紙ジャケット仕様
レーベルリリースサイト
iTunes


2017.12.20 11:53

【NEWS】Negative Headphone 新曲「a child work」公開

山口のトラックメイカーNegative Headphoneは、新曲「a child work」をSoundCloudに公開した。
今作は6分ほどのアンビエントとなっている。

2017.12.19 14:37

【NEWS】abelest 新作『Mayonnaise – EP』の配信を開始

福岡を拠点として活動するトラックメイカー/映像作家 abelestは16日、『Mayonnaise – EP』を配信開始した。
6曲を収録したこのEPは、2018年初頭にリリース予定だったものが手違いで16日にリリースされてしまったものとコメントされている。
アートワークはabelestの後輩。
iTunes、Apple Music、bandCamp、SoundCloud、Spotifyで購入、ストリーミングが可能である他、dropboxからのフリーダウンロードも可能となっている。



『Mayonnaise – EP』/ abelest
2017年12/16リリース
フォーマット:デジタル配信
価格:¥1,200
【Track List】
1. もっともっとビヨン背
2. Mayonnaise
3. Ararepédies No.1
4. やめろ
5. Forgetful Days 3 / abelest + JC
6. 気になる気
iTunes/Apple Music
bandcamp
soundcloud
Spotify
dropbox

リリース特設サイト



2017.12.17 14:35

【NEWS】Hasegawa-4200 『Bounce EP』をAnti Gravity Deviceよりリリース

名古屋のトラックメイカーHasegawa-4200は14日、新作『Bounce EP』をAnti Gravity Deviceより配信開始した。
3トラックが収録。
$3。



『Bounce EP』/ Hasegawa-4200
2017年12/14リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:Anti Gravity Device
カタログNo.:AGD025
価格:$3(USD)
【Track List】
1.Pararyzme
2.Ban Ban Ban
3.Bounce Bounce
bandcamp



2017.12.16 10:57

【NEWS】Dubb Parade 野中ノナ参加曲を含むEP『Air corridor』配信開始

群馬のトラックメイカー、Dubb Paradeは14日、EP『Air corridor』をbandcampで配信開始した。
track3「空中回廊を抜けて」ではポエティックエンジェル 野中ノナがリリックとリーディングで参加している。
アートワークはloveles(Love The Candy’s)。



『Air corridor』/ Dubb Parade
2017年12/14リリース
フォーマット:デジタル配信
価格:$5(USD)
【Track List】
1.pieza
2.Cabot tower
3.空中回廊を抜けて(feat.野中ノナ)
4.Baby Lub
5.Grayscale
bandcamp


2017.12.15 0:18

【DIG】Selfish&Anchor / Yullippe


今月5日にリリースされたYullippeの3rdアルバム。

2017.12.12 12:49

【NEWS】SNJO(TOXXIES) ソロ名義のEP『SF』をAno(t)raksより配信開始 & 12/7(木)『ThereThere1207』出演

TOXXIESのトラックメイカーSNJOは3日、ソロ名義のEP『SF』をAno(t)raksからリリースした。
全4曲のトラックを収録したこのEPから、「One ft.Yuna Nakabayashi」の視聴音源がSoundCloudとYouTubeで公開されている。
アートワークは金田金太郎が担当。
また、SNJOはこの作品のリリースに伴い、12/7(木)に渋谷LUSHで開催される『ThereThere1207』に出演する。



『SF』/ SNJO
2017年12/3リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:Ano(t)raks
価格:Free
【Track List】
1.Gaze
2.One ft.Yuna Nakabayashi
3.X.96
4.Her
DL URL(bandcamp)








『ThereThere1207』
2017年12/7(木)渋谷LUSH
ACT:YOTOWN / Bababaans / メロウ・イエロー・バナナムーン / SNJO from TOXXIES (京都)
DJ:JACKSON kaki / Satoshi Kan(OLEHOUSE) / Koga Hirouchi / ツタヤくん
Open/Start 18:00
Adv ¥2,000(+1d ¥600)
U-24 ¥1,000(+1d ¥600)
チケット予約:
各バンド取り置き/HP予約
LUSH店頭
LUSHメール予約(lush@toos.co.jp)
入場順:
手売り>店頭販売>取り置き予約>当日券

2017.12.3 20:00

【NEWS】本日デビュー・アルバム『mirror』リリースのYoung Juvenile Youth MV「Her」公開 & リリース・パーティー『birth of mirror』開催





本日11/22にデビュー・アルバム『mirror』をリリースしたボーカル ゆう姫と、電子音楽家 JEMAPURによるエレクトロニック・ミュージック・ユニット、Young Juvenile Youthは、アルバム収録曲「Her」のMVを公開した。
このMVは、ゆう姫と村上虹郎が出演するアートフィルム『KAMUY』、昨年公開されたMV「Youth」の撮影カメラマンでもある上野千蔵監督の初MV作品。
SFXを駆使し神秘的かつ有機的な映像を表現している。

アルバム『mirror』は、ヴィヴィッドな色彩が印象的な7インチサイズジャケットで4本のMVを収録した初回限定盤とジュエルケースとディスクの盤面が一体となることでプロダクトが完成する通常盤の2種類がリリース。
また、11/30(木)には六本木 Super Deluxeでアルバム・リリース・パーティー『birth of mirror』の開催が決定。
Young Juvenile Youthのライブの他にも、真鍋大度(Rhizomatiks)、LicaxxxによるDJ、ロシアのフォトグラファー Tim Galloによる作品の特別展示も行われる。



『mirror』(初回生産限定盤)/
Young Juvenile Youth
2017年11/22リリース
フォーマット:CD+DVD
レーベル:U/M/A/A
カタログNo.:UMA-9100-01
価格:¥3,600(税抜)
【収録内容】
CD:
「Slapback」「Gossip」「Anti Everything」「Youth」「In Blue」「Hive」「A Way Out」 他 全13曲

DVD:
01. Slapback
02. Her
03. Youth
04. Animation




『mirror』(通常盤)
/ Young Juvenile Youth
2017年11/22リリース
フォーマット:CD
レーベル:U/M/A/A
カタログNo.:UMA-1100
価格:¥2,500(税抜)
【収録内容】
CD:
「Slapback」「Gossip」「Anti Everything」「Youth」「In Blue」「Hive」「A Way Out」 他 全13曲


Young Juvenile Youth
デビュー・アルバム『mirror』リリース・パーティー
『birth of mirror』
2017年11/30(木) 六本木Super Deluxe
ACT:Young Juvenile Youth
DJ:Daito Manabe (Rhizomatiks) / Licaxxx
Photo Exhibition:Tim Gallo
Lighting:HGRN / 光線クラブ
Open 19:00 / Start 20:00
Ticket ¥2,500(d別)
※要事前予約
※当日ご来場をご希望の方は、以下の問い合わせ先メールアドレスまで、お名前、所属、人数を明記の上、ご連絡ください。
yukibirthday@office-saku.com
イベント詳細


2017.11.22 12:30

【NEWS】Yutaka Ebinaによる ソロ・プロジェクトRoll Room 11/17リリースのデビューアルバム『Scene』よりリードトラック「Night Pool」のMVを公開 & ハイレゾ音源の先行配信を開始



11/17にデビューアルバム『Scene』をリリースするYutaka Ebinaによるソロ・プロジェクトRoll Roomは15日、アルバムのリードトラック「Night Pool」のMVを公開した。
Roll Room自身が撮影、ディレクションを務めるこのMVでは、「Night Pool」でゲストボーカルを務めているCharlie(NSTINDANCETON)が出演。
都会的な街並みを中心に楽曲のもつ世界観を反映した映像に仕上がっている。
また、このMVの公開と同時にOTOTOYにてハイレゾ(24bit/48kHz)の先行配信が開始している。



『Scene』/ Roll Room
2017年11/17リリース
フォーマット:CD / デジタル配信
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD73
【Track List】
01. Alive
02. Night Pool
03. Gradation
04. Rush
05. The Tender Light
06. Fluid World
07. Already
08. Fly
09. Scroll
10. Journey Blue
11. Night Philhrmny
12. Scenery
ハイレゾ(24bit/48kHz)先行配信(OTOTOY)

All Songs and Lyrics Written & Mixed by Roll Room, 2017 Tokyo

Except:
M1 Chorus by Emipaning
M2 Vocal by Charlie from NSTINDANCETON https://nstindanceton.themedia.jp
M7 Vocal by Roll Room
Chorus by Charlie & Emipaning

Mastered by Kosuke Nakamura

Artwork by やばいちゃん https://twitter.com/memimimeme
Designed by Roll Room
Assistant Designed by Emipaning http://www.emipaning.com




2017.11.16 11:48

【NEWS】ermhoi 「Boiled Eggs」をSoundCloudに公開

トラックメイカー/シンガー Erin Moritaのソロユニット・ermhoiは10日、「Boiled Eggs」をSoundCloudで公開。
ermhoiはこのトラックを、「前回上げたの(10月に公開した「BOILING EGG」)が調理中であれば、一応お皿に載せた時点のゆで卵」と称している。



2017.11.11 10:34

【NEWS】Baths 11/15リリースの3rdアルバム『Romaplasm』より「Extrasolar」の試聴音源を公開





来週11/15日に3rdアルバム『Romaplasm』を日本先行リリースするLAのビートメイカー Bathsは8日、アルバム収録曲「Extrasolar」の試聴音源をSoundCloudで公開した。
不規則なリズムにビート、ノイズ、ボーカルが融合しており、本作出色のトラックと言える作品となっている。




『Romaplasm』/ Baths
2017年11/15リリース
フォーマット:CD / デジタル配信
レーベル:Tugboat Records Inc.
カタログNo.:TUGR-043
価格:¥2,200(税抜)
詞/解説/対訳付き
【Track List】
01. Yeoman
02. Extrasolar
03. Abscond
04. Human Bog
05. Adam Copies
06. Lev
07. I Form
08. Out
09. Superstructure
10. Wilt
11. Coitus
12. Broadback
プレオーダー(iTunes)


2017.11.8 11:29