indiegrabロゴ

asa-chang&巡礼

【NEWS】イベント情報:ASA-CHANG&巡礼 漫画家・押見修造とのコラボイベント『アウフヘーベン! vol.4』10/30(月)開催



昨年リリースしたオリジナルアルバム『まほう』がロングセラーを続け、フジロックフェスティバルにも出演したASA-CHANG&巡礼が漫画家の押見修造とのコラボイベント『アウフヘーベン! vol.4』を10/30(月)に開催する。
晴れたら空に豆まいてで開催されるこのイベントはASA-CHANG&巡礼が身体や映像、漫画等の異なるメディアとの関係を突き詰めて作品として提示する『アウフヘーベン!』シリーズの第4弾。
今回は「惡の華」「漂流ネットカフェ」「ハピネス」等で知られる漫画家 押見修造との2度目のコラボとなる。
「時間芸術である音楽に対して、漫画がどのようにライブ・パフォーマンス出来るのか?」という難題に正面から向き合った2015年のライブではASA-CHANG&巡礼の楽曲とその場で描き出されるストーリー、キャラクター、セリフ、絵、コマ割り、評定といった漫画の持つ多層的な要素が観客の脳内で結びついて新たな世界を作り出した。
その前回を踏まえて更に一歩踏み出したコラボパフォーマンスを展開していく。

『アウフヘーベン! vol.4
 押見修造 × ASA-CHANG&巡礼』
2017年10/30(月)代官山 晴れたら空に豆まいて
漫画:押見修造
音楽:ASA-CHANG&巡礼
Open 19:00 / Start 19:30
Adv ¥3,500 / Door ¥3,800
学生 ¥2,800
チケット予約:
peatix
イベント詳細


【前回のライブ映像】


2017.9.14 8:42

【NEWS】Open Reel Ensemble 自主企画『“集回2016”~異電子の回~』に渡辺シュンスケ[Schroeder-Headz]の出演が決定

syuukai
6/29(水)に渋谷duo MUSIC EXCHANGEで開催されるOpen Reel Ensemble自主企画『“集回2016”~異電子の回~』。
すでに出演が発表されているASA-CHANG&巡礼、宮内優里に加えてゲストミュージシャンとして渡辺シュンスケ[Schroeder-Headz]の出演が決定した。
現在『集回2016』特設サイトにて動画も公開中。

『Open Reel Ensemble Presents
“集回2016”~異電子の回~』
2016年6/29(水)渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
ACT:Open Reel Ensemble (Guest:渡辺シュンスケ[Schroeder-Headz]) / ASA-CHANG&巡礼 / 宮内優里
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥3,500 / Door ¥4,200(d別)
チケット:(発売中)
チケットぴあ(Pコード:297-097)
ローソンチケット(Lコード:70136)
e+
店頭

Open Reel Ensemble “集回2016”特設サイト
Facebook イベントページ
https://www.facebook.com/events/1727576544185839/


2016.6.12 9:47

【NEWS】Open Reel Ensemble 自主企画『集回2016”~異電子の回~』にASA-CHANG&巡礼、宮内優里

オープンリールを楽器としたパフォーマンスを行うOpen Reel Ensembleは、3人体制となってから初となる自主企画『“集回2016”~異電子の回~』を6/29(水)に渋谷duoにて開催する。
出演は新作『まほう』が話題のASA-CHANG&巡礼、多重録音お父さんこと、宮内優里。

Open Reel Ensemble Presents
『“集回2016”~異電子の回~』
2016年6/29(水)渋谷 duo MUSIC EXCHANGE
ACT:Open Reel Ensemble / ASA-CHANG&巡礼 / 宮内優里
Open 18:30 / Start 19:00
Adv ¥3,500 / Door ¥4,200(d別)
チケット:
ぴあ(Pコード:297-097)
ローソン(Lコード:70136)
e+
店頭
Facebook イベントページ


2016.4.23 15:14

【NEWS】ブルックリン発の音楽メディアSoundfriendがASA-CHANG&巡礼 “告白”のスペシャルサイトをフィーチャー!

ASA-CHANG&巡礼 “告白”のスペシャルサイトがニューヨークはブルックリン発の音楽メディアSoundfriendでフィーチャーされている。indiegrabスタッフによる推薦。「この世界で生きることがいかに困難か示し、それでも芸術を生み出すことはできる」ことを表現していると述べられている。

http://soundfriend.tumblr.com/post/143041846686/this-awkward-poemsong-seems-to-express-how-hard

Soundfriendはブルックリン拠点に世界中からライターが参加。MTV、Billboard、Noisey、DUMMY、Pitchforkといった有名メディアのライターも多数参加するジャーナリスト・ネットワーク。日本からはindiegrabのライターが参加している。facebookページはこちら

2016.4.19 16:29