indiegrabロゴ

ambient

【NEWS】宮田涼介 4thアルバム『Private Cottage』収録曲「Miyukinohama(御幸の浜)」のMVを公開

宮田涼介は15日、MV「Miyukinohama(御幸の浜)」を公開した。
昨年4月にリリースされた4th アルバム『Private Cottage』収録曲であるこの楽曲のMVは、寄せては返す波が延々と続きいつかの遠い日に見た海をぼんやりと回想しているかのような音の風景となっており、宮田自身が多大に影響を受けた環境音楽やニューエイジ、またヒーリングミュージック等の一面も本作で垣間見ることができる。
MVはそのタイトル通り小田原市にある御幸の浜で撮影。



『Private Cottage』/ 宮田涼介
2016年4/13(水)リリース
フォーマット:CD、デジタルDL
レーベル:White Paddy Mountain
カタログNo.:WPMC031
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1. Until The Rise of The Sun
2. Morning Mist  
3. Terrace 
4. Shady Path   
5. Miyukinohama (Day)  
6. Towards Nightfall 
7. Miyukinohama (Night) 
8. Constellations  
9. Berceuse  
10. Night is Far Advanced 


White Paddy Mountain特設ページ

2017.8.18 11:34

【NEWS】Negative Headphone 新曲「intersection」を公開

山口のトラックメイカーNegative Headphoneは26日、新曲「intersection」を公開。

2017.7.28 14:08

【NEWS】Rhucle Monthly Tape Project第3弾『Deep Consciousness』リリース

東京のサウンドアーティストRhucleは25日、新作『Deep Consciousness』を配信とカセットテープでリリース。
この作品は彼が続けている「Monthly Tape Project」の第3弾に当たる。
27日現在でカセットテープは売り切れ。
デジタル配信版は$5。



『Deep Consciousness』/ Rhucle
2017年7/25リリース
フォーマット:カセットテープ+デジタル / デジタル配信
価格:$5(デジタル配信)
【Track List】
1.Evening Entrance
2.Abdominal Breathing
3.Drainage
4.Minus
5.There Are Two Waterfronts
6.Laugh And Sorrow


2017.7.27 14:06

【NEWS】duenn CD2枚組のアルバム『monad』を7/16にリリース

福岡のカセットレーベルduennlabelの主宰者でもあるアンビエント・アーティストduennによるアルバム『monad』が7/16にきょうRecordsよりリリースされる。
CD2枚組となるこの作品はきょうRecordsが展開する「ネオ電子音響アンビエント」シリーズの第2期5作品の一つとなっている。



『monad』/ duenn
2017年7/16リリース
フォーマット:CD2枚組
レーベル:きょう Records
カタログNo.:KYOU-012
価格:¥3,000(税別)
【Track List】
CD-1. element
CD-2. boundary




また、この作品に対してduenn自身が以下のように解説を加えている。

少し年上の仲の良い友人にある時、人生の目的は何かという質問をした事があった。彼は少し考えた後、こう答えた。「人生に目的は無い。強いていうなら 次の世代に繋げる為に寿命を全うしなければいけない。何故なら我々は地球にとって部品の一つであり、どれか欠けてもいけないからだ」この発言を聞い てから数年が経ったが自分の座右の銘であり、活動におけるコンセプトと言っても過言では無いかもしれない。つまり今回の作品も制作した結果でも偶然 の産物でも無く、そこに在る物を切り取って、手に取りやすい形にした過ぎないのかもしれない。タイトルは制作中に本屋で偶然目にしたドイツの哲学者 ライプニッツ著「モナドロジー」より。


2017.7.15 18:25

【NEWS】 Yuki Ohtsuka によるソロ・プロジェクトMolecule Plane 2ndアルバム『SCHEMATIC』7/16リリース

京都出身の音楽家/サウンド・エンジニア Yuki Ohtsuka によるソロ・プロジェクトMolecule Planeの2nd アルバム『SCHEMATIC』が7/16にきょうRecordsよりリリースされる。
「電子音響ハードコア」「ドローン・パンク」「アンビエント・パンク」する彼の作品は、持続的な音色を膨大にレイヤーすることによって生じる新たな響きをもって音楽を構築している。
また、この作品はきょうRecordsが展開する「ネオ電子音響アンビエント」シリーズの第2期5作品の一つ。



「SCHEMATIC」/ Molecule Plane
2017年7/16リリース
フォーマット:CD
レーベル:きょうRECORDS
カタログNo.:KYOU-009
価格:¥2,000(税別)
【Track List】
1.ENFOLD
2.FILAMENT
3.SHELTER (Version)
4.SCREAMER
5.UNFOLD
6.DESTINY
7.TIAMAT
amazon


2017.7.15 18:05

【NEWS】hoshiko yamane(タンジェリン・ドリーム) + duennによるコラボレーション・アルバム『nakaniwa』 7/17にリリース



ベルリン在住のバイオリニスト / 作曲家 Hoshiko Yamane(タンジェリン・ドリーム)と福岡のカセットレーベルduennlabelの主宰者でもあるアンビエント・アーティストduennによるコラボレーション・アルバム『nakaniwa』が7/17にPROGRESSIVE FOrMよりリリースされる。
このアルバムは3〜4年前にDommuneに出演したHoshiko Yamaneのライブパフォーマンスを見てduennが彼女にアプローチし、約2年にわたるネット越しのファイルのやり取りを経て完成した作品であり、Akiko Kiyama、Taigen Kawabe、Maxwell Croyがゲストとして参加している。
弱音から壮大な音へと変化を遂げるダイナミックなアンビエントを展開している全9曲が収録されており、聴き手をミクロ / マクロの音響空間へと誘うアンビエント・ミュージックである。
アートワークは2015年に中国で最も評価の高い「Three Shadows Photography Award」を受賞した女性写真家のxiaoyi chen。



『nakaniwa』/ hoshiko yamane + duenn
2017年7/17リリース
フォーマット:CD
レーベル: PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD70
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1. wandering water
2. clay and shadow
3. sacred tree
4. sympathy of the light
5. the origin of life
6. trembly the surface of the water
7. innumerable chromosome
8. shaky silence
9. fly away

all written & produced by hoshiko yamane + dune

collaborated with
akiko kiyama (kebko music) M3 & 5
taigen kawabe (bo-ningen) M6 & 7
maxwell august croy M8 & 9

art work : xiaoyi chen




2017.7.8 13:42

【NEWS】Haruhisa Tanaka EP『Plaque』をPURRE GOOHNよりデジタル配信開始

サウンドクリエイター Haruhisa Tanakaは28日、EP『Plaque』をPURRE GOOHNより配信開始した。
静かに折重なり、心音の如く同調するambient/drone3曲が収録されている。
アートワークは先日のフランスのコルベール委員会と東京藝術大学の展覧会「2074、夢の世界」でグランプリを受賞した現役東京藝大院生で現代美術家の北林加奈子のドローイングを起用。
現在SoundCloudでは「Origami」の試聴音源が公開中。



『Plaque』/ Haruhisa Tanaka
2017年6/28リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:PURRE GOOHN
カタログNo.:PG018
価格: $6
【Track List】
01.Origami
02.Voltex
03.Walkthrough
Bandcamp


2017.6.28 8:37

【NEWS】イベント情報:微音の祭典『微音SONIC』7/9(日)大阪 NORAフリースペーススタジオで開催



7/9(日)に大阪のNORAフリースペーススタジオにて関西を中心に活動するambient / 微音演奏家を集めたイベント『微音SONIC』が開催される。
演劇用のスタジオで開催されるこのイベントは、環境そのものが持つ音、お客さんが出す音、他の出演者の音と溶け込むような演奏で行われる微音音楽のイベントとなっている。
また、当日は騒音計を設置し、微音具合を数値化する。

『微音SONIC』
2017年7/9(日)
大阪 NORAフリースペーススタジオ
ACT:仁井大志 / Endurance / 風間晴賀 / ルイ・リロイ / 鈴木庸聖 / Standard Grey
Open/Start 17:00
Entrance ¥2,000(+1d)

2017.6.23 0:29

【NEWS】MPEG-7 新曲「Confession d’amour」をリリース

neRecords主宰、MPEG-7は12日、新曲「Confession d’amour」をbandcampとSoundCloudで公開した。
MPEG-7は「サンセットビーチで聴いたら良さげなヒプホプ」とコメントしている。
bandcampではname your priceでダウンロード可能。

2017.6.12 22:14

【NEWS】MPEG-7 EP『Yin et yang』配信開始

neRecordsのオーナーであるMPEG-7は5日、EP『Yin et yang』をbandcampで配信開始した。
Moe Lo-Fi、Lo-Fi Hip Hopの作品集である今作は、東京レイヴンズを個人的に解釈して制作されたという。
name your price。



『Yin et yang』/ MPEG-7
2017年6/5リリース
フォーマット:デジタル配信
価格:name your price
【Track List】
1.La Grande Casserole
2.Prodige
3.Lire une étoile
4.L’élève de l’été


2017.6.7 14:06

【NEWS】神戸在住のTawamureniとMamoru Higa コラボアルバム『Gigantic Guitars & Beats』配信開始

神戸のふらここによるユニット Tawamureniは3日、同じく神戸在住のギタリストMamoru Higaとのコラボアルバム『Gigantic Guitars & Beats』をbandcampで配信開始した。
「有機と無機の融合」をテーマとするこのアルバムは、ギターとビートミュージックという事なる2つの初期衝動を呑み込みながら、rock / noise / ambient / dub / hip hopの要素を取り込んで制作された意欲作となっている。
また、ふらここは近日中にコラボアルバムをもう一枚リリースする予定となっている。



『Gigantic Guitars & Beats』
/ Tawamureni & Mamoru Higa
2017年6/3リリース
フォーマット:デジタル配信
価格:name your price
【Track List】
01. Absolutely Organic
02. The Upward Spiral
03. To Bo Ke – interlude
04. Summer Sunset ’97, Memoirs.
05. Absolutely Inorgani


2017.6.4 16:34

【NEWS】Bunkai-Kei records Smanyの3rdアルバム『Kotoba』リリース

Bunkai-Kei recordsは27日、Smanyによる3rdアルバム『Kotoba』をリリースした。
制作から約2年が経ってしまったというこの作品は全8曲を収録。
トラック7にはhimeshiとTPSOUNDが、トラック8にはU-zhaanがタブラで参加している。
マスタリングとミックスは Pakchee (Hz-records)。
現在Bunkai-KeiのSoundCloudには「Emigre」が公開されている。
FreeDL。



『Kotoba』/ Smany
2017年4/27リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:Bunkai-Kei records
カタログNo.:BK-K 051
価格:Free
【Track List】
01. Demo02
02. Emigre (Album ver)
03. Sunano-Shiro
04. Utakata
05. 9.00.a.m
06. ( )
07. Echo (feat.himeshi & TPSOUND)
08. ・A・(feat.U-zhaan)
レーベルリリースサイト(DL先)


2017.4.28 14:11

【NEWS】Yasuha. EP『Lapse of Time』配信開始

愛知のプロデューサー、Yasuha.は、EP『Lapse of Time』をエレクトロニカ系レーベルPURRE GOOHNより配信開始した。
このEPはElectronica/Future Beats/Ambientを独自の解釈でクロスオーバーさせた作品となっている。
5曲入り、$7。



『Lapse of Time』/ Yasuha.
2017年4/26リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:PURRE GOOHN
カタログNo.:PG014
価格:$7
【Track List】
01.Breathe
02.Lapse of Time
03.Farewell
04.Fluid
05.Sink


2017.4.26 12:07

【DIG】Dream Collapse / Yikii


煮印不良品レコーディングスが14日にリリースした Yikii のアルバム。
煮印不良品レコーディングスリリースページ

2017.4.21 7:41

【REVIEW】inacagraphy+ / satohyoh (PROGRESSIVE FOrM)

秋田県で活動し、本作が1stアルバムになるsatohyohだが、これまでにsoundcloudやnoteでも展開してきたオーガニックなサウンドとフィールドレコーディングを軸にした「音メモ」を起点としたサウンドスケープを繰り広げている。 1. roof snow 冒頭はフィールドレ……(続きを読む)

2017.4.19 12:00

【NEWS】アンビエント・ハープの才女 Mary Lattimore 『Collected Pieces』5/17リリース



フィラデルフィア在住のハーピストで「アンビエント・ハープの才女」の呼び声も高いMary Lattimoreの『Collected Pieces』が5/17にPLANCHAよりリリースされる。
これまでにもThurston Moore、Sharon Van Etten、Meg Baird、Julia Holter、Jarvis Cocker、Kurt Vile、Steve Gunn、Ed Askewといった名だたるアーティストのレコーディングやライブサポートにも参加する彼女。
2014年にはPew Center for Arts & Heritageのフェロー賞を受賞。
その才能を各方面から賞賛されている。
この音源は彼女が2011年から16年にかけて暮らしたフィラデルフィアの自宅で録音された音源をコンパイルしたもので、彼女の47弦Lyon & Healyハープと絶妙なエフェクトとエレクトロニクスで構成されている。
現在収録曲から「Wawa By The Ocean」がsoundcloudで公開中。



『Collected Pieces』/ MARY LATTIMORE
2017年5/17リリース
フォーマット:CD / デジタル配信
レーベル:PLANCHA
カタログNo.:ARTPL-088
※日本のみでCD化
※正方形紙ジャケット仕様
【Track List】
1. Wawa By The Ocean
2. Bold Rides
3. We Just Found Out She Died
4. It Was Late And We Watched The Motel Burn
5. The Warm Shoulder
6. Your Glossy Camry
リリース情報詳細


2017.4.12 11:51

【NEWS】Jobanshi 新曲「DaDa Starry Night」公開

東京・神奈川を拠点に活動するJobanshiは1日、「DaDa Starry Night」をsoundcloudで公開。
フィールドレコーディングの音にエレクトロピアノで構成されたamnbientトラック。

2017.4.3 13:57

【NEWS】煮印不良品レコーディングス dok-s projectによるambient作品集『Flying Wheels』リリース

煮印不良品レコーディングスは26日、東京のdok-s projectによる2ndアルバム『Flying Wheels』をリリースした。
マスタリングに鈴木ねんど、アートワークにはchicoがクレジットされている。

荷印不良品レコーディングス リリースサイト

2017.3.27 13:45