indiegrabロゴ

北航平

【INTERVIEW】北 航平 『Head Towards The Horizon Of Sandy Sea』



京都を拠点にパーカッショニストとして確固たる地位を築く評価の高いサウンド・アーティスト北 航平。
世界的にも非常にレアでとても美しい音色を奏でる楽器「アレイムビラ」(カリンバの一種)を全面的にフィーチャー、60年代~70年代前半のジャズを彷彿
とさせる心地良いグルーヴと叙情性を感じさせる待望の4thアルバム『Head Towards The Horizon Of Sandy Sea』をリリースした氏に、本作を様々な角度で語ってもらった。

ものすごく簡単に言うと「癒し」を意識しましたね

–:今回のアルバム『Head Towards The Horizon Of Sandy Sea – 砂の海の水平線へ向かう』を聴かせていただいて感じたのは、非常に聴きやすいという事でした。
北 航平(以下、北): そうですね、聴きやすくというのもあるんですが、何回も繰り返し聴いても疲れない、というのを意識して作りました。前作『Imbalance Order And World』はエネルギッシュでビート含めよりエレクトロニックなイメージの感想を頂く声が多かったのですが、今回はもう少し日常の生活に寄り添うというか、このアルバムを通して聴いてもらった時にどんな気持ちになってもらいたいか、というのを考えてみました。それは過去3作では無かった事なので、自分の中で非常に新鮮な気持ちでしたね。



–:具体的にはアルバムを通して聴いた時に、どんな気持ちになってもらいたいと想像して作られたのでしょうか?
北: 聴いている最中に気分が良くなるというか、ものすごく簡単に言うと「癒し」を意識しましたね。でも、ただ単に環境BGMのように癒されるだけでは、苦労して時間をかけてアルバム1枚作ってる意味が薄れてくるので、そこはもちろん作り手の主張や描きたい世界も盛り込みたい、その微妙なバランスはやはり難しかったですね。日常的に何気なく聴いていて癒される、でも少し非日常を感じられる比較的近い世界線のパラレルワールドのような音楽。例えが的確かどうかはわからないですが、少し個性的で主張のあるお香やアロマといった感じでしょうか(笑)



僕の好きな水琴窟とカリンバの音色をミックスしたような深く美しい響きに感動したんです

–:前作・本作とメインで登場する楽器、アレイムビラとの出会いについて教えてください。
北: アレイムビラとの出会いは結構古くて、2011年頃にYouTubeでたまたま見つけたヨーロッパのチルアウト系アーティストの動画を見つけたのがきっかけなんです。アレイムビラ単体でソロで弾いてる映像なんですが、もう観た瞬間に強烈なインパクトを受けました。僕の好きな水琴窟とカリンバの音色をミックスしたような深く美しい響きに感動したんです。それから色々と調べてみたんですが、なかなか欲しい情報に辿りつけなかったんです。でも、どうしても気になるので何年かかけて色んな楽器屋に問合せたり、ネットで探しまくってやっと見つかった情報が、非常にレアで世界中にもまだ数が少ない楽器だということ、アメリカ・サンディエゴの個人経営のような会社で作られていること、日本には代理店がないということでした。そして、これはもう直接製作者に連絡を取って個人輸入するしかないな、と。



–:それで念願のアレイムビラが手に入ったわけですね。
北: いや、それがまだ紆余曲折ありまして(笑)
やっと製作者であるアメリカのおじいちゃんとコンタクトを取る事に成功したんですが、やはりレア楽器だけあって受注製作なんですよね。拙い英語でのやり取りなんですが、どうやら3カ月かかると。それは仕方がないと承諾して発注したんですが、4カ月経っても5ヶ月経っても連絡がない。最初に半額分振り込んでるんで不安になり、何度か連絡してみると、「作ってるよ。でも、これからバケーションで旅行に行くから、もうちょいかかるかなぁ、多分あと1ヶ月くらい。」的な返事が来まして(笑)、い…いや仕方ない、待とう、と思ってひたすら待ちました。まあ結局届いたのは、発注から7ヶ月近く経ってたんですが、やはり日本人とは国民性が色々と違うんだな、というのを実感しました。



–:無事届いて良かったですね。それでアレイムビラをメインにしたアルバムを作ろうと。
北: そうですね。ただ、最初は迷いはありました。レア楽器で独特のサウンドなだけに同じ物を使用するアーティストとの被りに対する懸念ですね。でも考えてみたら、同じ楽器を使う事って他の楽器で考えたら当たり前じゃないですか。ピアノやギターを弾いて他と被るなんて考えないですよね。それならば、そんなどうしようもない事であれこれ悩むよりは、自分の思い描いてる音を迷わずに使いたいと。それで、アレイムビラを全面に出して一枚のアルバムを完成させたのがPROGRESSIVE FOrMからリリースした前作の3rdアルバム『Imbalance order And World』なんです。そして、それを昇華してもっと洗練させたものを作ろうと思って制作したのが4thアルバムとなる『Head Towards The Horizon Of Sandy Sea』なんです。



メインでずっと流れてるオルガンのような連続音が、実は全部アレイムビラで出来てるんです

–:これまでのアルバムで一貫して日本語のタイトルも併記されています。エレクトロニカ系のアーティストとしては珍しいですよね。
北: そもそも自分の事をエレクトロニカ系のアーティストだとは思ってなくて、他のエレクトロニカ系のアーティストの方々についてもあまりよく知らないんですね。ただ単に好きなものを思いつくままに作った結果、周りの人に、これはエレクトロニカ系の範疇の音楽だと教えてもらったんです。
なので、日本語タイトルについても元々何の違和感もなく、これが自然だと思ってました。今まで全ての作品のタイトルをつけてくれてる作詞家・シンガーの高山奈帆子(カルネイロ)からあがってくるのも当然最初は日本語なので、むしろ後から英語に変換してる感じですね。やはり日本人なので、細かいニュアンスや語彙の豊富さから言っても日本語が一番しっくりくるんです。音の制作時に頭の中でイメージしてるものとタイトルの言葉が一致する時は、楽曲に命が吹き込まれるようで最も喜びを感じる瞬間かもしれないです。



–:今までのアルバムには無かったアンビエントドローン系の曲がありますね。
北: はい、今回のアルバムには3曲ほどあります。理由はいくつかありまして、まず本作のテーマ「癒し」というのに密接に繋がってるんです。また、自分の中の実験でアルバムのフックとしても前から一度入れてみたかったというのもあります。そして、もう一つ大きな理由としてはアレイムビラの可能性を探ってみたかったというのが実はあるんです。



–:ドローン音にアレイムビラを使ってるんですよね。これはちょっと想像しにくいのですが、差し支えなければ音作りについて教えてもらえますか。
北: 隠すほどのことではないんですが(笑)、いわゆるドローン音、パッド音というんですかね、もっとわかりやすく言うとメインでずっと流れてるオルガンのような連続音が、実は全部アレイムビラで出来てるんです。アレイムビラは基本アコースティック楽器なんですが、エレアコのようにラインもありまして、そこにギタリストが使うようなコンパクトエフェクターを繋げてるんです。コンプや歪み、ディレイやリバーブなどを繋げて、極小音量でアレイムビラを弾くと、それが無限ループのようになり連続音になるんです。またその状態でアレイムビラを叩いたり引っ掻いたりすると、洞窟の中で打楽器を演奏してるような音もするんです。その空気を含んだザラついたあたたかい質感を見つけた時は、楽器の可能性を広げられたような気がしてとても嬉しかったですね。



–:後半の「08. Translucent She And The Fact – 半透明な彼女と事実」「09. I Can Not Remember Blue – 思い出せないブルー」は往年のジャズを彷彿とさせます。
北: これは昔から好きなジャズのレジェンドであるマイルス・デイビスやビル・エバンスの50年代後半から60年代にかけての妖艶で暗く深い、絶妙に枯れた音の質感が何とも言えず好きで、そんな雰囲気を自分でも出してみたいと思って、ある意味オマージュ的な意味合いで作りました。そして今回のアルバムのコンセプトにも合うなと思ったんです。彼らの音楽をリスナーとして聴いてると、癒し要素もあり、芸術性もあり、しかも様々な映像が頭に浮かんでくるようなクリエイティビティもありで、こういったものを自分のフィルターを通して作ってみたいなぁと前から思ってました。結果的には良い楽曲が出来たと自己満足しています(笑)



–:今回は映像もたくさんありますが、ご自身で制作されてるんですよね?
北: そうですね、映像に関してはなんとかかんとか必死に頑張って作ってます(笑)これも音でのコンセプトと同じで、日常の中の癒し+少しのアート、的なニュアンスをイメージしていて、水族館に大量の水を撮影しに行ったり、家のリビングでグラスの中を接写したりと、できる範囲の中で色々と考えて作ってみました。どちらかと言うと集中してじっと鑑賞もらうと言うよりは、BGV(バックグラウンド映像)のような感覚で部屋で流しっぱなしにしてもらう方が良いかもしれないです。もし良かったら一度やってみてください、心の沈静化作用があるかもしれないです(笑)



–:最後にリスナーの方へのメッセージがあればお願いします。
北: 今までは自分の表現したいものを好きなように作ってきたのですが、今回は初めてリスナーの方に寄り添う形というか、聴いてもらってどんな気持ちになってほしいか、という事を意識して作った作品なので、よりたくさんの方の琴線に触れる事ができれば嬉しいなと思います。ぜひ聴いてください。よろしくお願いします。



「Head Towards The Horizon Of Sandy」
/ 北 航平
2018年5/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD78
価格:¥2,100(税抜)
【Track List】
01. Whisper Of Dawn
02. Head Towards The Horizon Of The Sandy Sea
03. Koh-I-Noor
04. Rain Falls On A Lotus Flower
05. Infiltration
06. Chaos Of Inspiration
07. His Conviction
08. Translucent She And The Fact
09. I Can Not Remember Blue
10. Responding Life
amazon
タワーレコード

2018.6.14 19:00

【NEWS】北 航平 4thアルバムHead Towards The Horizon Of Sandy Sea』を5/15にリリース



京都を拠点に活動し類い稀な才能を持つ音楽家/打楽器奏者である北 航平による4thアルバム『Head Towards The Horizon Of Sandy Sea』が5/15にPROGRESSIVE FOrMよりリリースされる。

世界的にも非常にレアなカリンバの一種「アレイムビラ」を全面にフィーチャーし、アルバム全体を通してほぼ生音で構築した、エレクトロニック/ジャズ/アンビエントといった音楽性をつなぐ、ゆったりとした心地よいグルーヴと崇高な響きを併せ持つアルバムとなっている。

「今回は、自然の風景や環境音を含め普段意識しない空気や水のようにナチュラルに
誰もが共存できる<日常の空気を豊かにする音楽>を紡ぎたい。かつ細部まで丁寧に作り込まれたアートを感じるものにしたかった。」
という言葉の通り作られたタイトル曲「Head Towards The Horizon OfThe Sandy Sea/砂の海の水平線へ向かう」であり、まっすぐに水平線に向かって進んでいくという意思と世界観が表されている。

現在SoundCloudでは「Whisper Of Dawn」「Head Towards The Horizon Of The Sandy Sea」「Koh-I-Noor」の試聴音源とトレーラーが公開されている。



「Head Towards The Horizon Of Sandy」
/ 北 航平
2018年5/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD78
価格:¥2,100(税抜)
【Track List】
01. Whisper Of Dawn
02. Head Towards The Horizon Of The Sandy Sea
03. Koh-I-Noor
04. Rain Falls On A Lotus Flower
05. Infiltration
06. Chaos Of Inspiration
07. His Conviction
08. Translucent She And The Fact
09. I Can Not Remember Blue
10. Responding Life
amazon
タワーレコード





2018.4.29 16:43

北 航平『Imbalance Order And World』インタビュー






京都を拠点に活動し類い稀な才能を持つ音楽家/打楽器奏者である北 航平による待望の3rdアルバム『Imbalance Order And World』が完成。世界的にも非常にレアでとても美しい音色を奏でるアレイムビラ(カリンバの一種)を中心として数種類のスリットドラムなどの音階打楽器、ジャンベやウドゥドラムをはじめとした膨大なパーカッション群、ピアノやトイピアノなど様々な生楽器と肉声を取り入れ更なる独自のスタイルを探求した本作に関して、制作スタイルやその手法などを中心に語ってもらった。

弱さや暗さの中から溢れ出る誰にも負けない強い熱量のようなものを表現できたらと思ってます

–:『Imbalance order And World』を聴かせていただいて、とても文学的で物語性があり、様々な感情が描かれているように感じました。
北 航平:そう感じてもらえたならとてもうれしいです。感情に関しては、今回の最新作はもちろん、1stアルバムの『endless cycle of rebirth』や2ndの『akashic records』からすべて一貫してなんですが、よくあるような明るく強く前向きな部分だけを描くというのはあまりしたいとは思わなくて、人の弱さや暗さ、複雑な葛藤なんかにも焦点を当てて描きたいというのはありますね。でもその弱さや暗さの中から溢れ出る誰にも負けない強い熱量のようなものを表現できたらと思ってます。物語性に関しては非常によく言われるんですが、そういう曲が好きなので勝手にできてしまうんです。むしろ無機質なものを作るのは感情移入ができず作業にノレないんで、持続して制作を詰めて行くのが難しい気がします。
–:楽曲制作時はどのような過程で作業を進めているのでしょうか?また比較的変わったアプローチなども見られますが、アイデアの源などを教えてもらえますか?
北 航平:まずは映像のイメージが先に浮かびますね。少しオカルト的で怪しく聞こえるかもしれないですが(笑)、頭上高くの空中に前後左右上下に広がる立体的な抽象イメージが浮かんでるんです。それがすごく大きな物から小さな物まで様々なサイズ、様々な色や温度を持っていて、しかも配置的にとても芸術的で絶妙なバランスで並んでるんです。例えるなら画家のミロの後期の作品みたいに。それをいつも音として分かりやすく具現化したいと思ってるんですか、それがなかなか難しくて、いつもその映像イメージの半分も具体化できていないかもしれない、というジレンマがあります。その為にもっと必要な技術を磨いたり、枠から外れた斬新な表現方法を常に模索しています。
–:北さんの作品は一般的にはエレクトロニカと呼ばれるジャンルにあると思いますが、その中では特にリズムに非常に個性を感じます。何かこだわっている部分などはあるのでしょうか?
北 航平:リズムに関しては、やはり打楽器奏者なのでそれについて考えることが好きですし、相当重要視してますね。苦労する点としては、昔から大好きな黒人音楽などのグルーヴと、先程お話した抽象イメージを具現化する作業をうまく融合させたいと思ってるので、その微妙な兼ね合いが難しいです。一般的なノリというものからあまりにも外れ過ぎると聴き辛いと思うので、自然なグルーヴも残したい。でもリズムにも映像的な表現や斬新な手法も取り入れたいし、と欲張りなんです(笑)
–:そのお話はアルバムを聴くとよく分かる気がします。正円でなく楕円で回っているようなグルーヴというか、直線ではなくジグザグ走行というか、何か不思議で複雑なニュアンスを感じます。
北 航平:ありがとうございます。でも、それは企業秘密というか(笑)、まあ、たいしたことではないかもしれないですけど、「3」と「4」の要素を同時に存在させることは非常に多くて、それをあえて意識して多用してたりしますね。具体的には、四分音符と二拍三連、八分音符と三連符、十六分音符と六連符などを同時に並走させることによって生まれる独特の時間の流れというのがあるように思っていて、これは非常に好きなニュアンスなんです。例えば、サルサなどのラテン音楽では4と3の要素が同時に進行するのは盛り上がる部分だったりアクセントとしてよく使われる手法でもあって、あの独特の空間や時間がグニャっと歪むような表現に昔からとても惹かれていて、この感じは何だろうと色んな実験をよくしていましたね。あとは、十六分音符のスクエアとスウィングの中間、いわゆる「ちょいハネ」みたいなことはよくあるのでもちろんのこと、八分音符の「ちょいハネ」はコントロールするのが意外と難しいのですが、ピンポイントを見つけるとすごく絶妙なグルーヴの回転をしてくれるので気に入っている表現のひとつでもあります。楽譜では表せないポイントが大切な気がしますね。



今回の3rdはアルバム全体の80%くらいが生楽器から生まれた音でできているんです

–:デビューアルバムから本作まで三作とも全てにボーカル&タイトル考案で参加されてるカルネイロ(ex.Fonogenico)の高山奈帆子さんの役割とはどういったものでしょうか?
北 航平:先ほどの物語性の話にも通じるんですが、僕が抽象的なバランス重視で作った作品に、彼女が具体的な「名前」というものを与えてくれることにより最後に生命を吹き込まれるんです。毎回あまりにもしっくりくるので、出来上がるたびに「ああ、この子(曲)はこういう名前だったのか」と本当に納得します。そして、もちろん彼女のボーカルも物語性には不可欠で、ビョークに通じるような空気感と、ある種少年のような個性的な声によって、よりアルバムの感情的な部分や色彩性を高めてくれていると思います。そういう意味では、僕の作品を完結させる役割を担ってくれていると思いますね。
–:技術的にはかなり高度で複雑なことをされてるのに、飽きずにすっと一枚を通して聴けました。
北 航平:最終的に全ての曲のバランスやディテールに至るまで細かくディレクションをしてくれた今回のアルバムのリリース元であるPROGRESSIVE ForMのオーナー・nikさんの手腕によるところは大きいですね。今回初めて一緒に仕事をさせてもらって、あらためて客観性というのは重要だなと思いました。いくら一人で全身全霊を傾けて推敲に推敲を重ねて制作していても、やはりどこか見えない部分というのはあるもんだと痛感しましたし、アーティストのこだわりと、リスナーの視点とを繋いでくれる役割というのは本当に重要だと感じました。
–:アルバム中で本当に多岐にわたる様々な楽器を使われてますが、一部を紹介してもらえますか?
北 航平:今回の一番のポイントとなる重要な楽器はやはりアレイムビラですね。これはアフリカの民族楽器カリンバを進化させて近代化したアメリカの楽器なんですが、サンディエゴの職人のおじいちゃんがほぼ一人で作っていて受注してから届くのにものすごく時間がかかりました。でも本当に綺麗で奥行きのある澄んだ音がします。4オクターブも音域があるのでほとんどの楽曲にも対応できますし、またステレオのライン端子も備わってるので、コンデンサーマイクでの空気感と混ぜて録音しています。あとは、RAV VAST DRUMというUFOのような形をしたスリットドラムも比較的たくさん使用しました。これはハングドラムとも言われる種類の音階打楽器で、ロシア産の物をドイツのお店から送ってもらいました。暗く深い、倍音をいっぱい含んだ音色が特徴で、普通に鳴らす単音や和音だけでなく、逆回転いわゆるリバースってやつですね、それがすごくザラザラした良い質感になるんですよ。なので、一聴したらそれとは思わない音も、そのRAV VAST DRUMの仕事だったりします。他にも、ジャンベやカホン、ウドゥドラムなど色々な打楽器群、それと今回はドラムセットも積極的に使ってみました。
–:元々はスタジオミュージシャンでドラムが専門なんですよね?
北 航平:実はそうなんですよ(笑)、ポップスのバックのお仕事はもちろん、ブラックミュージックなどのルーツ系やクラブミュージックなんか結構叩いてたんです。でも、今までの1stや2ndアルバムではほとんどドラムは使ってなかったので、せっかくドラマーなんだからもっとドラムを入れようよ、という声も結構多かったので、今回は頑張って入れてみました。といっても、いかにもドラマーのソロアルバムみたいな感じや、いわゆるよくある定型のドラムパターンという感じの入れ方にはしたくなかったので、色々と試行錯誤して、入れ方を考えるのに少し時間を費やしましたね。生音っぽい入れ方をしてない音も実は生ドラムだったりします。そういうドラムの音を含め今回の3rdはアルバム全体の80%くらいが生楽器から生まれた音でできているんです。その甲斐もあってより有機的なサウンドになったと思っています。アレイムビラなどの自分にとっての新しい楽器ではなくて、数十年訓練を重ねた楽器はやはり作品作りにおいても扱いやすかったですね。ドラムは、ほぼ脳内のイメージをそのまま自由自在に手足に伝えることができるので、そういう意味ではドラムセットを使ってみるのは成功だったかな、と思います。

次のページへ
やっぱり一番は手塚治虫で、最も長い間ハマり続けていて、今現在でも最も大きな影響を受けています


2017.6.2 19:38

【NEWS】北 航平 3rd アルバム『Imbalance Order And World』5/17にリリース



京都を拠点に活動する音楽家、北 航平の3rd アルバム『Imbalance Order And World』が5/17にPROGRESSIVE FOrMよりリリースされる。
岸田繁(くるり)が推薦した2ndアルバムを凌ぐアルバムとして提示された今作は、1stと2ndの叙情的なエレクトロニックサウンドをベースにしつつ非常にレアな楽器であるカリンバの一種アレイムビラを中心として数種類のスリットドラム等の音階打楽器、ジャンベやウドゥドラムをはじめとした膨大なパーカッション群、ピアノやトイピアノなど様々な生楽器と肉声を取り入れ更なる独自のスタイルを探求。作品となっている。
現在SoundCloudで、トラック3、トラック7、トラック9の試聴音源とアルバムトレーラー、YouTubeでもアルバムトレーラーが公開されている。



『Imbalance Order And World』
/ 北 航平
2017年5/17リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD68
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
01. The Ebb And Flow Of The Time
02. Imbalance Order And World
03. Ruins Of Prayer
04. Keyhole Of Meditation
05. Amnesia
06. Guardian Of The Planet
07. The Gear Of Destiny
08. Beyond The Water Mirror
09. Return Of Kaguya
10. Where The Doubts Arrive






【コメント】
物語と技術が渾然一体となった文学的サウンドトラック。
各曲のタイトルからもその意図は明確で、ひとつずつ丁寧に織り込まれた電子音と楽器群が、普遍性と現代的なアプローチで、リズムとハーモニーを織りなす。
とても音楽的で、生命力に溢れた作品。
嬉しいことに、愛聴すべき作品がまたひとつここに生まれた。
no.9

ひとつひとつの楽曲から想起される物語。
バランスに優れたリズムトラックと丁寧に組み合わされた上モノとの掛け合いが心地よく、レンジを広くとり彩られたテクスチャーが奥行きを与え趣を醸成している事がとても魅力的で久しぶりにドキドキしました!
杉本佳一(Vegpher、FilFla、FourColor)

ブレることない技術と世界観が北航平というアーティストの実力を示している。
素晴らしい。
Fugenn & The White Elephants



2017.5.10 3:17