indiegrabロゴ

【INTERVIEW】『Chilly morning』aaps





その日の打ち上げでバンドを結成する事になりました

–:aapsというバンド名はどこから来てるんですか?
ayaka:みんなの名前の頭文字です。
assan:「a」ssan、「a」yaka、「p」andaでaapsですね。
–:バンド結成のきっかけを聞かせてください。
panda︰元々楽器の経験がなかった私、assan、ayakaで岡山ぺパーランド(岡山市北区にあるライブハウス)の名物イベント「ラブソング大会」にそれぞれ弾き語りで出場し、バンドマンの友人の勧めもあって、その日の打ち上げでバンドを結成する事になりました。
–:皆さん当時は弾き語りで活動してたんですか?
panda︰ラブソング大会に出場するまでは、ただのお客さんでした。バンド結成後に数回ソロで弾き語りライブをした事はありますが、いまだにギターのコードは5つぐらいしかわかりません……(笑)。
ayaka:私もこのとき初めてギターを持ちました。
assan:私もです。曲の作り方も分からない状態でしたが、3人とも初めて作った曲を歌いました。
–: aapsが語られる際によく「アノラック」がキーワードとして使われていますが、バンドとしてパステルズやヴァセリンズといった音楽の影響はどの程度受けていると思いますか?また、皆さん個々人の音楽のルーツを教えてください。
assan:私はパステルズをよく聞いているので、影響は受けていると思います。父が松任谷由美さんが好きだったので小さいころからよく聞いていました。あとJUDY AND MARYも!学生時代はロック、メロコア、フォークなど色んなジャンルを聴いていました。
ayaka:私は兄弟の歳が離れていて昔からジャンルを問わず聴いてました。例えば兄がHIPHOPやハードコアが好きだったり、姉がBRAHMAN、山嵐、Spinna B-illが好きだったり。特に好きなのは古い曲です。oldiesやロカビリーとか。
panda︰私は20歳の頃、ロッキンオンジャパンを読んで気になったバンドをよく観に行ってました。特にNUMBER GIRLやbloodthirsty butchers、スーパーカーなど今でもずっと好きです。私は元々関西出身なのですが、IdolPunchが好きすぎて岡山に引っ越しました(笑)。
remi︰小学生の頃は浜崎あゆみをずっと聴いてました。
–:結構メンバーごとに幅があるんですね。ayakaさんが「古い曲が好き」との事なんですが、「24”」のイントロでトレイシー・ウルマンかMajor Accidentバージョンの「Breakaway」を連想したんですが……。
ayaka:あ、ばれましたか(笑)。そうなんです。他にも沢山そういうオマージュ的なの入れてます。曲を作るときの参考で、普段からたくさんレコード聞いたりしています。
–:pandaさんの「IdolPunchが好きすぎて岡山に引っ越した」というお話や岡山V.A.からも岡山という地元に強いこだわりを感じるのですが、そのこだわり…皆さんにとって岡山とはどういう場所かについて聞かせてください。
ayaka:私にとっては、産まれた岡山がたまたま面白かったからです。ペパーランドというライブハウスに出会ってからは、特に気持ちが変わりました。常に発信していてジャンルレスでみんな仲良し。本当に好きな事をしてる人が集まるんです。そして先輩達は後輩達に楽しさを教えてくれたり。文化があるなぁ。と。もちろんペパーランドきっかけで繋がった場所や人も居て、とにかく私自身が面白いと思うんです(笑)。
assan︰私も岡山の倉敷市というところで生まれ育ったのですが、大学がペパーランドのすぐ近くだったこともあり、平日のブッキングライブによく行ってました。ayakaが書いているように様々なジャンルの音楽と知り合うことができたし、aapsを結成するきっかけになった大切な場所です。あと、住みやすくていい街です(笑)。
panda︰ペパーランドやクレイジーママにライブを観に行く事が多かったのですが、出演者の個性の強さ、ボーダーレスなブッキングに毎回衝撃を受けていました。
まっすぐな信念を持ちつつも、ほんわかした包容力がある。そんな素敵な人が沢山いる大好きな街です。
assan︰ちなみにayakaとは元々よくIdolPunchのライブを一緒に見に行ってて、そこで岡山に引っ越して来たpandaさんを、私達と家が近所だから「仲良くし〜」とIdolPunchのジローさんが紹介してくれたきっかけで出会ったんですよ。

結成7年目の私達なりの集大成のアルバムに仕上がっていると思います

–:歌詞のクレジットを見ていると、ほぼ全てのメンバーが楽曲制作に関わっているようですが、普段はどのような流れで曲を作っていますか?
assan︰作詞作曲が同じメンバーになっている曲は歌詞とコード、メロディまでをそのメンバーが作って、その後メンバーみんなでアレンジしていくことが多いです。
–:以前Twitterで少年ナイフやnoodlesへのリスペクトを語っていましたが、aapsにとってこれらのガールズバンドはどのような存在でしょうか?
ayaka:ガールズバンドとして長年バンドを辞めずに続けているところをリスペクトとしています。
panda︰音楽雑誌やフェスで観ていた雲の上の方々なので、まさか共演させて頂ける日が来るとは思いませんでした。
–:Naokoさんに「あなたが聴くべき日本のバンド5選」に選出された時はどう思われました?
panda:いまだに信じられません……!
少年ナイフとの共演のきっかけを作って下さった岡山のMIRROR LAKES先輩と、私が休んでる間にもバリバリ活動を続けてくれているaaps3人のおかげです。
たった5組の中にaapsを加えて下さったNaokoさんに改めてお礼を言いたいです。
–:2月に開催された『Bloomin’!』(SHEENA×ニシダキノコ企画)ではTHE PATS PATS、くつした、℃-want you!、KUNG-FU GIRLと共演されていましたが、これらの面々と共演してみての感想はいかがでしたか?
assan︰普段、ガールズバンドばかりのイベントにはあまり出たことがなかったのですごく新鮮で、それぞれ違う魅力があってすごく素敵だなぁと思いました。
ayaka:多種多様のバンドの方向性など新しい魅力に出会えましたね。
–:最後に読者の方、リスナーの方に一言お願いします。
assan︰念願の1stアルバムがやっと完成しました。たくさんの人に聴いてもらえると嬉しいです。
ayaka:aapsはどんなバンドなんだろう?というのが解るようでわからない。でも4人のそのままが詰められている9曲になってます。色んな想いを持って聞いてもらいたいです。
remi︰今のaapsがありのまま詰め込まれた作品になってると思います。だいすきなアルバムができてうれしい!ぜひ聴いて頂けるとうれしいです。
panda:結成7年目の私達なりの集大成のアルバムに仕上がっていると思います。ぜひ聴いてみてください!ありがとうございました!



『Chilly morning』/ aaps
2018年3/7リリース
フォーマット:CD
レーベル:I HATE SMOKE RECORDS
カタログNo.:IHSR-076
価格:¥1,667(税抜)
【Track List】
1. Akogare
2. Magic
3. 24
4. Touch
5. Okuru
6. Summer Trip
7. All Right
8. Last Night, This Morning
9. Tower


1 2
2018.3.7 12:13

カテゴリ:INTERVIEW タグ:, , , , ,