indiegrabロゴ

【REVIEW】Secret Moment / ALTER EAGO(Hazel)





福岡発の男女3人組エレクトロ・ユニット、ALTER EAGOによる新作EPが発表された。かつてはシンプルなエレクトロトラックに日本語詞を乗せた透明感のあるヴォーカル作品を特徴とし、薬院UTEROを拠点にしたライヴではラップトップではなくギターや鍵盤楽器を軸にして展開してきたという意味でもまさにシンセポップという形容がふさわしかった。そんな彼らの新作は、英語詞とミニマライズされた音色が印象的な踏み込んだ作品に仕上がった。

1. Secret Moment

透明感ある声を活かしつつ、抑制された歌メロ、シンプルに絞り込まれたエレクトロトラックに時折鋭利さを垣間見せるギターが覆いかぶさる。ゆったりしたリズムトラックはメロウに流されることもなく、ソウルフルに振り切れることもなく、クールに進行していく。静謐なコード進行の中で、歌を補うギターのオブリは次第に繊細なギターソロに流れていき、静かにフェイドアウトする。どことなくかつてのVaporwaveを連想させる淡さとレイドバック感は例えば高橋幸宏が数十年かけて追求してきた世界観にも近いように思える。ベーストラックを絞り込むスタイルは、かつてのライヴも踏まえた作りなのか、旋律の繊細さを引き立てる効果的な「抜き」ではないかと感じた。

2. Secret Moment -NARISK Remix

続くNARISK Remixは、シンプルなハイハットとスネアが空間を一層意識させる。時折、JUKE的なアプローチを見せつつ、あくまでもコンテンポラリーなR&Bマナーを外さず、音数を絞り込むことで奥行きを見せていく構造が美しい。ここではピアノフレーズや、背景のパッドのコードがギターにオリジナル曲のギターに代わって楽曲を包み込む。Remixの方がヴォーカルがフロントに出ており、NARISKによる楽曲の解釈のスマートさが見事だ。

ロゴが変わり、サイトが一新されたあたりから徐々にポップユニットのそぎ落としがはじまっていたように思う。楽曲に必要最低限の旋律、主張しすぎない質感、上質なで静謐な和声、オリジナルトラックで見せたその世界観の背後には、リミックスによって引き出されたある種の歌モノの力強さがあるのかもしれないと感じた。その意味では、楽曲のコアな部分を引き出したリミックスはオリジナルと同様の魅力を放っている。表裏のような美しいバランスを保ったEPに仕上がった。



「Secret Moment」
2017年2/8リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:Hazel
価格:¥400
【Track List】
Secret Moment
Secret Moment (NARISK REMIX)

iTunes

【ライブ情報】
2017年2/12(日)福岡県 Kieth Flack
ACT: PAELLAS / Strobolights / Attractions / ALTER EAGO

『MAP』
2017年3/11(土)梅田NOON+CAFE
ACT: Idiot Pop / birds melt sky / パソコン音楽クラブ / ALTER EAGO

2017年3/25(土)福岡県 四次元
ACT: Balloon at dawn / ALTER EAGO

テキスト:30smallflowers(@30smallflowers

2017.2.10 22:06

カテゴリ:REVIEW タグ:, ,