indiegrabロゴ

【INTERVIEW】『SONASILE』/ 網守将平(PROGRESSIVE FOrM)




良くも悪くも、正統な形でポップスをやっている音楽なのではないかなと思っています

–:ポップであるというと、ある程度リスナーが予想できる展開、例えばそろそろサビがあってわーっと盛り上がる、とかそういった期待感と一致する展開が一般的だと思いますが、本作はそういった予想の範疇にはおさまらない展開が多く含まれていますね。ある種の偶然性というのか、そういった一見、あるいは一聴すると、ポップであるということとは非対称な世界にいるようで、それでいて時折垣間見る美しい旋律が再びポップな感覚を引き戻すというのはとても不思議な体験ですし、興味深いと思いました。短い時間の中に多様な構成を織り込んでいく様は見事ですね。
網守:ありがとうございます。おそらく多様であるというよりは、音楽を創発していく作業を僕自身の欲望が越え出てしまうポイントがいくつかあって、そういったポイントが多様性みたいなものと関係しているのかもしれません。改めて自分で聴いてみて、「この音さえなければ」とか「この次にこのフレーズに進んでおけばもっとポップなのに」みたいな反省もあるのですが、逆に考えると、そういった音はアレンジという行為の範疇には収斂されない要素なわけですよね。
–:なるほど。越え出てしまうポイントはクリシェに出会いもしないというのはとても強固で素晴らしいと思います。
網守:軽度の偶然性ともいえる。でもポップスの歴史ってそのような事態が積み重なって突き進んできたはずなので、良くも悪くも、正統な形でポップスをやっている音楽なのではないかなと思っています。

SONASILEは、産んで、残して、あとから俯瞰できるようなサスティナブルな作品にしておきたかったんです

–:アルバムを製作されたことで、これまでの多様性が一つの作品として俯瞰した形でリスナーに届くことになりますが、今後、どのような活動を考えているのでしょうか。
網守:どうでしょう。次のアルバムが出ないということはないと信じたいですが(笑)。正統的な意味で音楽と言えるのか微妙な範囲(美術に近い領域など)も含めて、とにかくやりたいことは多いです。
–:それはとても大事なことですね。
網守:そもそも今回こういった作品を作ったのにはいろいろ理由があるのですが、最大の理由は、とても単純で抽象的ですが「如何に音の立場から社会と関わるか」を考えた結果です。音や音楽を作ったり音や音楽について考えたりしていくには、社会と密接にコミットできるような視点を獲得しないとそれ自体続けていくのが難しいと思います。そういう意味で、この国で有効な手段として僕が最適だと考え選んだのが「ポップスのアルバムを作ってみる」ことだったんですね。もちろん単純な欲求として一度ポップスを作ってみたかったというのもありましたが。ポップスを作らないと音にまつわる社会との関係性が自分の中で可視化できないと思ったんです。
–:ポップスと社会というのは確かに、文化のみならず多様で深いつながりがありますね。
網守:それはつまり、ポップスにはインターフェースとして社会と結びついてきた歴史があるということでもあります。音楽と社会は、時代が変わると共に形を変えながら、アーティストの意識するしないに関わらず必ず相互に反映される。日本においてはそれを顕在化する役割を担ってきたのが、やはり歌謡曲だったりポップスだったりすると思うんです。とりわけ戦後においては。また、そういう関係性など考えずセンスだけで作られた天才的で斬新な音楽も多いしそういう音楽に憧れることもありますが、やはりいろんな意味で、そういうものは残らない。なのでSONASILEは、産んで、残して、あとから俯瞰できるようなサスティナブルな作品にしておきたかったんです。
僕自身は今後、アルバムにしろパフォーマンスにしろ、コンピューターにしろ生楽器にしろ、なんらかの形で音の作品を発表していくと思います。しかし、今後音楽の世界がどんな形に変わってしまっても、過去を振り返るとこの作品が位置しているかもしれない、SONASILEがそんな作品になったら嬉しいです。


インタビュー 30smallflowers(@30smallflowers)


metro_a

『SONASILE』/ 網守将平
2016年12/2リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD64
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
01. sonasile
02. Pool Table
03. Kuzira
04. Stab/Text
05. Flat city variation
06. LPF.ar
07. atc17
08. env Reg.
09. Sheer Plasticity Of The Lubricant
10. Mare Song
11. Rithmicats
リリース特設サイト

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

1 2
2016.12.24 21:00

カテゴリ:INTERVIEW タグ:, , , ,