indiegrabロゴ

【INTERVIEW】CICADA『Loud Colors』


彼らなら海外でもウケると思います(及川)
彼らもカッコイイ(櫃田)
オレらCICADAもカッコイイ、ということですね(及川)


いまお話していると、メンバー同士の仲の良さや距離感の近さが伝わってくるのですが、なにか困ったことや面白かったことなどはありますか?
及川:困ったことですか?そりゃ沢山ありますよ!(笑)若林が作曲をやっているんですけど、ぜんぜん曲が上がってこなくてすごく困ってますよ、それにライブではキーボードを弾くんですが練習だってロクにしないのでヘタなまんまなんですよ(笑)
先日ライブに足を運ばせてもらいましたが、生音主体のなかでグリッチ音をピタリと合わせて演奏したりしてましたよね。
及川:でもやっぱり、生音でライブできないと、いまの時代ではダメだろうなとは思いますよ。
木村:面白いことでいうと、僕らはライブバンドなのでツアーなどで遠征によく行くんですけど、動画を撮り合ったり一緒にご飯食べたりすることが多くて、僕ら仲が良いんだなというのはホントに思います。バンドやってると2極化したり、逆に一人になったりしてしまうこともあるんですが、そういうのが全然ないですね。
及川:そんなに仲いいんですかねー?(笑)
若林:あーでたでた、ポジティヴだよ(笑)
木村:ポジティヴに生きます(笑)
若林さんはどうでしょう?
若林:僕は・・・困ることは・・・そんなに困ったことないですね。
全員:(笑)
若林:もっと早く、良い曲を書きたいです、そこは困ってます(笑)
木村:この間さ、制作期間中に出来たのどれくらいなの?って聞いたら「3フレーズ」とか言ってなかったっけ?
城戸:Aメロに命かけてるんだもんね
若林:そうだね。その分、サビがうまく作れなくなったり、メロディがムキムキになってしまったりして・・・
及川:モンゴルの大草原で向こうから馬がやってくるような感じのメロディとかね(笑)
若林:CICADAには全然使えないようなメロディばかりを思いついてしまうんですよ(笑)
城戸さんはいかがでしょう?
城戸:あまり困ったことってないのかもしれないですね。ただ、女性1人メンバーなので、男4人ですごく仲良くキャッキャとしていると、話しかけづらいなぁーということは思います。
及川:絶対そんなこと思ってもないでしょう?
城戸:なんでよ!好き好き!メンバーみんなのこと好きですよ。
及川:でも基本的には、僕らのことは好いてないですね
城戸:好きだって!(笑)
及川:いままでも・・・
城戸:好き好きー
及川:話しかけても無視するし・・・
城戸:いやちょっと待って(笑)創介(及川のこと)も結構ヤバイんですよ?
なにかあるんですか?
城戸:移動中の車中で急に立ち上がって踊ったり、人が寝てるところを急に起こしたりするし。でも自分が寝るときはスゥ・・・と寝付いちゃって、「ああ寝たね」とメンバーと話したりしてます(笑)
一番のお騒がせキャラなんですね(笑)
城戸:そうです(笑)
櫃田さんはどうでしょう?
櫃田:うーん、僕もやっぱり及川と一緒で若林さんですね(笑)
及川:やっぱりそうだよね!
櫃田:CICADAの曲って、テクニック的に難しいところが多いんで、一日でも早く曲が上がってきて練習したいところなんですよ。そういう中で、そもそも曲が出来上がってこないことが多いですし、今回出す新しいEPに関しても、曲が上がってくるのが遅れてしまって、練習する時間がかなり減ってしまい、そのままレコーディングへと向かうことになってしまったんです。
自分から切り出した話ですけど、ここまで聞いてしまうと「頑張ってください」としか言えなくなってしまいますね(笑)
及川:ホントにね、頑張ってもらわないと。
若林:あーい
全員:(笑)
次の質問をしたいのですが、CICADAさんの音楽は基本的にはR&B経由のポップスでありながら、櫃田さんの言葉にもあるようにテクニックもかなり必要とされる楽曲でもあって、インディシーンもメジャーシーンも隔てなく見たときに、かなりオルタナティブな存在として在ると思うんです。そうした中で、いまの音楽シーンのなかでシンパシーを感じたり、「僕らと似てることしているな」と思えるバンドやミュージシャン、ないしはこの人は面白い!と思えるようなミュージシャンやバンドはいますか?
櫃田:ヤバイのは、DALLJUB STEP CLUBですね。
木村:クソヤバイですね。
櫃田:同年代では、圧倒的に彼らがすごいと思います。
若林:俺も好きですね。
及川:やってる音楽は全然違いますけど、彼らのカッコよさはダントツですね。
彼らとは何度かイベントで一緒になることがありましたよね?なにか影響はうけてますか?
及川:影響はメチャクチャ受けてるんじゃないですかね
櫃田:メチャクチャ受けてるでしょう?(笑)
及川:影響というか、こっちがガンとぶつけにいって、ガーンと返されるというか。「くっそー、めちゃくちゃカッコイイなぁ!」って悔しくなりますね。
櫃田:メチャクチャ凹むよね
彼らは今度「Next Music from TOKYO vol 8」という合同ツアーでカナダやアメリカを回るとのことです。

Next Music from TOKYO vol 8 http://www.nextmusicfromtokyo.com/
及川:彼らなら海外でもウケると思います。オレらもカッコイイですけど・・・
櫃田:DALLJUB STEP CLUBもカッコイイ
及川:オレらCICADAもカッコイイ、ということですね。


次のページへ
「ライブ嫌だ、もうやりたくない」と言っていたのに・・・

1 2 3 4
2016.3.19 0:00

カテゴリ:INTERVIEW タグ:,