indiegrabロゴ

REVIEW

【REVIEW】ROTH BART BARON「ロック・ミュージックを通して世界の人々が生きてきた地図のようなものを覗いてみたい」

今や日本を代表するインディー・ロック・バンドの一つとして認知されつつあるROTH BART BARON。幾つもの国内フェスや海外ツアーをこなし、来たる2016年2月15日にはNHKのTV番組『MUSIC JAPAN』にも出演します。 次の文章はファースト・アルバム・リリース時、2……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.2.12 21:30

【REVIEW】CRUNCH『blue blue blue』セルフライナー

昨日10日にリリースされた名古屋のガールズ・インディー・ポップ・バンドCRUNCHのEP『blue blue blue』。メンバー自身の手によるセルフライナーをindiegrabに送っていただけたので、リリースに合わせて掲載させていただきました。彼女たちの新たな作品を読み解いてい……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.2.11 20:38

【REVIEW】さとうもか『THE WONDERFUL VOYAGE』セルフライナー

以前indiegrabでもインタビューを行った岡山のシンガーソングライター・さとうもか。 以前発売されていたCD-Rを始め、東京でのライブ出演、12月にリリースされたミニアルバム『THE WONDERFUL VOYAGE』、サーキットイベントへの出演等活躍の場を広げている。 そん……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.2.5 11:49

【REVIEW】CRUNCH 『blue blue blue』  

名古屋のガールズ・インディー・ポップ・バンドCRUNCHが世界各地の音楽メディアで話題となっている。グロッケンの響きが美しいメロディアスなリード曲「blue」は昨年11月に公開されるや複数の海外メディアで取り上げられ、PitchforkのライターPatrick St. Miche……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.2.2 15:00

【David Bowie】He was awful nice, really quite paradise

──デヴィッド・ボウイぐらいの大きさを持った人が亡くなった時は様々なところで様々なものが形を取り始めるのよ ご存知の方も多いと思いますが、10日にDavid Bowieが亡くなったそうです。 69歳でした。 訃報を聴いてからじわじわと沸き立ってくる悲しみはネット上に転がっている彼……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.1.12 11:25

【Xmas】Christmas Time 2015

このサイトの前身「ハッシュタグは#bandcamp_d」時代からやっているsabadragonが心を込めて雑に選んだクリスマス関連の音源をざらっと並べる企画です。 雑に選んでますが面白い音源が並んでるんじゃないかなーと思います。 24 by Bisons Christmas by……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2015.12.24 20:58

【REVIEW】This Deep Well / MIEL ep

Zoom Lensなどいくつかのレーベルからのリリースがあったバルセロナのローファイ・ユニット、This Deep Wellが自身のsoundcloudから新作を配信している。MIEL epと題された5曲はいずれもざらついた音響に風変わりなコードとメロディーが印象的な作品だ。 1……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2015.12.24 5:10

【REVIEW】Toramaru / BEFORE RANGE(迷われレコード)

http://mayoware.seesaa.net/article/429279783.html 『水と音出し』(MYWR-185)をレビューさせて頂いた時には、極端に突出しないシンプルな電子音を軸にしたチルアウトな音作りが印象的なEPと紹介したToramaruだが、その後、前……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2015.11.18 2:15

【REVIEW】ノートブック / ヘントナー大佐(OMOIDE LABEL)

ノートブック by ヘントナー大佐 匿名性の高い音色をチョイスしながら、JUKE/FOOTWORKの流れを汲んだリズムトラックとミックスで安定した作品を発信し続けているヘントナー大佐がOMOIDE LABELから新作を発表した。倍速側のBPMに接近しているように感じたOMOIDE……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2015.10.21 8:25

【REVIEW】The Libertines『Anthems for Doomed Youth』

『Anthems for Doomed Youth』/ The Libertines amazon エフェクターなどに大きく頼らず、楽器が持っている音色をほぼそのまま使い、出会い頭でドン!と数回だけ合わせたような雑なバンドアンサンブル、 そこにはアメリカのパンクバンドのような音の……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2015.10.1 8:13