indiegrabロゴ

REVIEW

【REVIEW】Eclectic Color / rakia(PROGRESSIVE FOrM)

塚原啓が6年間の充電期間を経て発表したrakia名義では初となる本作、立体的で奥行きのある電子音楽作品に仕上がった。アルバムは一貫して無国籍でフラットな世界だが、サウンドはあらゆる角度から慎重に奥行きを持ち、ミニマルな世界観を美しく彩る丁寧な印象を受けた。 1.Cherry Pe……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.10.22 11:43

だって夏だから2016

indiegrabは本日7/21をもちまして無事にサイトオープンから2周年を迎える事ができました。 これというのもかったるい文字列の変換を一括でやってくれるテキストエディタとなんだかんだでここを見てくれる方々のお陰です。 ありがとうございます。 去年も一昨年もやりましたが、アート……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.7.21 1:09

【REVIEW】Piano Magic / Disaffected(Saint Marie Records)

英国のAmbient Popあるいはインディートロニカと言われるバンド、Piano Magicが2005年に発表した8作目のアルバムが今般、ヴァイナルリイシューされるということで、あらためて聴いてみた。本作はインディーサイケに接近しつつも、2000年代当時のインディーシーンにも寄……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.6.23 4:20

【REVIEW】ライブレポート:CICADA One man show“Absolute” at 渋谷CLUB QUATTRO

          その顔は、不安げだった。 新作EP『Loud Color』を頼りにしたCICADAへのインタビューは、メンバーのバイオグラフィーからバンド結成の流れ、それぞれの特徴やメンバー間の関係性、『Bedroom』の制作における不安から100本近いライブを経てきた充実へ……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.6.6 15:25

【REVIEW】『STRINGS』/ Boyish

バンドミュージック、多人数で音を合わせ奏でることは奥深い。 ポップミュージックの源泉を紐解けば、アメリカのジャズやイギリスまたはアイルランドのカントリー / アイリッシュトラッド / ケルトミュージックを追いかけることになる、音楽フリークな人にとって常識といっていいだろう。 ホー……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.6.6 15:06

【REVIEW】self titled(tanukineiri records) / ユメノマ

「新緑の風」のMVが公開されてから続くユメノマの作品群はリミックスワークを経て、バンドサウンドを中心とした本作にたどり着いた。ここまでの一連の流れは空間を音で描く、サイケデリア漂うドリームポップ・サウンドの美学に貫かれている。本作はその総仕上げのような作品に仕上がった。 1.新緑……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.5.25 21:00

【REVIEW】蓮沼執太2016年4/24(日)ビルボードライブ東京1st Set全曲演奏!『メロディーズ』

1st Set最後の曲「アコースティックス」の始まりとともにビルボードライブ東京のステージのカーテンが開き、六本木ヒルズの景色が一気に視界に広がった。その気持ちよさといったら!東京の街を舞台にしたMVの曲「RAW TOWN」では、ステージ照明が細かく照らし出して光がチカチカと点滅……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.4.25 18:02

【REVIEW】HUSH『When You Smile』 セルフライナー&青春のアルバム

ザ・ビーチボーイズ、プリミティヴズからペインズまで広くネオアコ、インディーロックを咀嚼した名古屋のバンドHUSHが新EP『When You Smile』 を6月29日にリリースする。M-2コーラスでCRUNCHの堀田倫代、M-4リミキサーとしてHouse Of Tapesも参加す……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.4.16 13:00

【REVIEW】Exitpost『Nami』EP

「これまでにも三味線、琴の音を取り入れたりしたけど、新作のサンプリング素材は日本のレコード、TVや映画、フィールド・レコーディングに限定した。日本に居る雰囲気を捕えようとしたんだ」 ニューヨーク在住の日米ハーフの青年Herman Kennethは語る。彼のソロプロジェクトExit……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.4.13 17:17

【REVIEW】CICADA 『Loud Colors』

「タイトなジーンズが流行りだしたのってBOAのあの曲くらいからだったっけ?」 久しぶりにあった友人とぼくはそろそろ体型が気になりだす年齢に入り、どんな服やファッションをしているか?という話をしていたとき、こんな話になった。 「別にタイトなジーンズが売れればいいけども、そういうタイ……(続きを読む)

Tweet about this on TwitterShare on Facebookshare on TumblrGoogle+

2016.4.13 0:32