What's new

【NEWS】イベント情報:12/30(日)開催 さとうもかの企画『Pajamas Party ~大晦日イブ太郎編~』にまきちゃんぐ、The Time Travelers、植田章敬シークレットタイムス、かねこきわの(司会&オープニングゲスト)

12/30(日)に岡山市の城下公会堂にて、さとうもかの企画『Pajamas Party ~大晦日イブ太郎編~』が開催。

約1年ぶりの開催となる今回はまきちゃんぐ、The Time Travelers、植田章敬シークレットタイムス、さとうもかwithTTT、かねこきわの(司会&オープニングゲスト)と、全員岡山出身のメンバーでの開催となる。

『Pajamas Party ~大晦日イブ太郎編~』
2018年12/30(日)岡山 城下公会堂
ACT:まきちゃんぐ / The Time Travelers / 植田章敬シークレットタイムス / さとうもかwithTTT
司会&Opening Guest:かねこきわの
Open 18:00 / Start 18:30
Adv ¥3,000 (+1d ¥600-)

2018.12.10 14:03

【NEWS】ツインボーカルユニット Youmentbay 全国流通盤となる1stミニアルバム『Youmentbay』を2019年1/23にリリース

東京を中心に活動するサクライエナ(Dr./Vo.)と山谷尚暉(Gt./Vo.)によるツインボーカルユニットYoumentbayは、2019年1/23に初の全国流通盤となる1stミニアルバム『Youmentbay』をリリースする。

2017年に活動を開始し、これまでに2枚のE.P.をリリースしている彼ら。
今作では2枚のE.P.にも収録された楽曲を含む全8曲を収録している。

レコーディングにはサポートベースとしてスエツグヤスタカと清水直哉が参加。
アートワークはHifumi Ishibashiによるもの。

『Youmentbay』/ Youmentbay
2019年1/23リリース
フォーマット:CD
レーベル:ウルトラ・ヴァイヴ
カタログNo.:VBCD-0102
価格:¥1,980(税抜)
【Track List】
01. Night Radio
02. GOOD
03. Cider
04. Holiday
05. HOLIDAY Session
06. 30th
07. T.R.U.E.
08. こんなんでいいわけ?

2018.12.10 11:50

【NEWS】イベント情報:小林拓馬(Conti、far-off land、道産子アナルX ほか)による弾き語りイベント『青の世界』原田茶飯事、岡山健二を招いて2019年2/2(土)に開催

小林拓馬(Conti、far-off land、道産子アナルX、ISHII NARUTO hold’em BAND)による弾き語りイベント『青の世界』が2019年2/2(土)に明大前マイスペースにて開催される。

このイベントは小林が自身の音楽の根幹であると語る弾き語りをテーマとしたイベント。

共演は昨年アルバム『MILD』をリリースしたシンガーソングライターの原田茶飯事、classicus、ex.andymoriの岡山健二。

要メール予約、限定20名のイベントとなる。

『青の世界』
2019年2/2(土)明大前マイスペース
ACT:原田茶飯事 / 岡山健二 / 小林拓馬
Open 18:30 / Start 19:00
Entrance ¥2,500(+1d)
予約:
marchrecordings@gmail.com
※定員20名要メール予約

2018.12.9 20:00

【NEWS】Frasco 二面性をテーマとした3ヶ月連続リリースプロジェクトを2019より開始 第1弾となる7インチ「Tatemae/Honne」は1/23リリース

東京のメタ・ポップ・プロジェクトFrascoは、2019年1/23にシングル「Tatemae/Honne」を7インチアナログでリリースする。

この作品は2019年の1月から開始する二面性をテーマとした3ヶ月連続リリースプロジェクトの第1弾。
音楽作品のみにとらわれず、7インチレコード、サブスク配信、アパレルグッズ、コンセプトビデオ等の多様な制作物を多角的にアプローチするという新たなリリース形態の試みとなる。

このシングルはA面とB面で「Tatemae」と「Honne」という二面性をコンセプトとした楽曲を配置し、楽曲と紐づいたファッション、ムービー、アートワークといったチームFrascoの創作物を作品群というイメージで提示していく。

現在ディスクユニオンの商品情報ページから試聴が可能となっている。

「Tatemae/Honne」/ Frasco
2019年1/23リリース
フォーマット:7インチアナログ
レーベル:Kissing Fish Records
価格:¥1,998(税込)
【Track List】
side-A:Tatemae
side-B:Honne
ディスクユニオン

2018.12.9 15:47

【NEWS】either 2019年3/13に1stアルバム『Endless Summer Ends』リリース

東京を拠点として活動するロック・バンドeitherは、2019年3/13に1stアルバム『Endless Summer Ends』をリリースするとアナウンスした。

90’sエモやメロディックからの影響を感じさせるサウンドを基盤とした青臭く甘酸っぱいメロディーと熱さ溢れる大合唱のサビ、そしてシンセサイザーが彩りを添えたサウンドを持つ彼らのアルバムは、これまでにリリースされて来た3枚の自主制作盤からの楽曲の再録バージョンに新曲を加えた全10曲が収録。

2019年の3/30(土)には下北沢SHELTERでのリリースイベントの開催と、このリリースイベントを皮切りとしたツアーも開催される予定となっている。

『Endless Summer Ends』/ either
2019年3/13リリース
フォーマット:CD
レーベル:I HATE SMOKE RECORDS
カタログNo.:IHSR-080
価格:¥2,100(税抜)
【Track List】
01. In my room
02. Youthless
03. メロンソーダ
04. Stolen Summer
05. アスピレーション
06. アポロジーガール
07. 少年時代
08. リグレット
09. Hometown
10. OMOIDE INOHEAD






2018.12.9 15:30

【NEWS】Noah’s Ark Recordz HakobuNe、野崎りこん、colormal、starscreamら総勢11名参加のマイクリレー作品「drops」を公開



トラックメイカー/MCのHakobuNeが主宰するレーベルNoah’s Ark Recordzは8日、マイクリレー曲「drops」のLyricVideoを公開した。

starscreamがプロデュースを務めたこの作品では野崎りこんやイエナガによる宅録ソロユニットcolormalのほか、今作のトラックメイクも担当したHakobuNe、線描、架空女子会(阿澄ユカ&佐倉サユリ)、黒傘のame、hattori、Fzed、starscream、百牙という総勢11名のラッパーやシンガーが参加している。

また、YouTubeの動画説明文には音源、インスト、アカペラファイルをDLできるリンクも設置されている。

「drops」
2018年12/8公開

Exective Produced by starscream
Music by HakobuNe
Words by HakobuNe, 線描, 架空女子会, 黒傘のame, hattori, 野崎りこん, Fzed, starscream, 百牙, colormal

2018.12.9 15:17

【NEWS】吉田和史×夜窓 解散前の最後の作品となるMV「円山町ラプソディ」を公開



12/16(日)に開催される『ブラックナードフェス!vol.4』でのライブで解散する吉田和史×夜窓は、MV「円山町ラプソディ」を公開した。

この楽曲は2016年の1stシングルとして発表され、2017年のアルバムにも収録されている彼らの代表曲。

吉田和史×夜窓の締めくくりとして2ヶ月ほどかけて制作されたこのMVは、報道カメラマンの原田泰地が監督、脚本、演出、撮影を手がけることで楽曲の世界観との絶妙な距離感を実現したクールな映像作品となっている。

主演には女優の池嵜瑞希を起用するとともに、初めてバンドの演奏シーンを収録し、彼らの最後の作品となるMVを彩っている。



『ルーザーズ』/ 吉田和史×夜窓
2017年11/15リリース
フォーマット:CD
レーベル:Boccie Records
カタログNo.:BRC0001
【Track List】
01. ニジンスキーの森
02. 円山町ラプソディ
03. 夜間避行
04. 絵具
05. 火曜日の夜
06. いつか来た道
07. 愚か者の黄金
08. 勝手に呑まれろ/人生
09. 暗いよろこび
10. 飛ばない鳥
11. ルーザーズ
ディスクユニオン
amazon


山口やまぐ&松尾翔平 共同企画
『ブラックナードフェス!vol.4』
~Let’s Go World Nerdy Journey~
2018年12/16(日)墨田区 八広地域プラザ 吾嬬の里(あづまのさと)本館
ACT:オシリぺンぺンズ / 割礼 / RUINS(吉田達也+増田隆一) / ほたるたち(穂高亜希子+松尾翔平+吉川賢治) / 3776 / SAKA-SAMA / xoxo(Kiss&Hug) EXTREME / HOMMヨ / otori / 田島ハルコ / Weekday Sleepers / 吉田和史×夜窓 / Cobalt / 横沢俊一郎 / Super Ganbari Goal Keepers / 山口やまぐと地獄少年 / ロクトシチ / しののめ / 内田るん / 山口やまぐ Another Hell Meeting / 姫乃たま / 三富栄治 / MCビル風 / 加納エミリ / ニシオカディドリー
Open 10:30 / Start 11:00(close 20:00予定)
Adv. ¥3,000(+1d ¥500)
高校生 無料

3ステージ制
Foodあり Freeお菓子あり
内装:ヤバイネーション

公式Twitter(@blacknerdfes
公式Tumblr

2018.12.9 14:23

【DIG】 twilight / kusayouworks

2018.12.9 14:08

【NEWS】野中ノナ(ex.owtn.) 自身がトラックも手がけた新曲「stardust love letter」の配信を開始



北海道を拠点として活動する詩人/ポエトリーリーディングの野中ノナ(ex.owtn.)は7日、新曲「stardust love letter」をリリースした。

今作は彼女がトラックの制作を手がけた作品となり、リリックもアイドルの本音を形にした作品となっている。

SoundCloudからフリーダウンロードが可能。

アートワークは画家の勅使河原優が手がけている。

2018.12.8 18:33

【NEWS】noid シングル「moon」のMVを公開



金沢を中心に活動するnoidは8日、シングル「moon」のMVを公開した。

シングル「moon」は11/30にデジタル限定でリリースされたnoidの最新シングル。
映像はストレイテナーから森山良子まで手掛ける映像作家、小嶋貴之が監督を、イラストを映像ディレクター、アニメーター、イラストレーターとして活動する小坂由布紀が手がけている。



「moon」/ noid
2018年11/30リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:& records
カタログNo.:&131
Apple Music
Spotify
他、各種配信サービス


【『moon』セルフライナー】

この曲のアイデアが浮かんだのはいつだろう?
ボイスメモを遡ると、2018/1/28の『新規録音 128』
あれ…?西暦並び替えたら 128、128、128!

折角なので、そのボイスメモを共有します(子供の声お気になさらず苦笑)

残念ながら録音時間は1:02秒……(そんな事はどうでもよくて!)メンバーに何故か直ぐにこの録音を送った。

必ず4th ALBUMに収録される予感がしたし、はやくイメージを共有したかった。(こんな事、活動してて滅多に無い)

そんな、1月に産声をあげたアイデアが、1つの完成形となり、10ヶ月後にリリースする事が出来る。という今の状況は、とても幸せな事である。

noidは今まで1st、2nd、3rdとアルバムリリースしてきたが、どうしても10〜12曲作るのに4年くらいかかってしまうから、1曲にスポットをあててリリース出来る今の状況は、大歓迎である。

来月主催する「Magical Colors Night」限定で、この曲『moon』を発売予定。
ROTH BART BARONとのツーマンで、お互いの新曲のリリースパーティー(ROTHはアルバム『HEX』のツアー!)を。
今年2月に発売した前シングル、『80番シアターの閉館』に引き続き、ジャケットアートワークは、そのROTH BART BARONのボーカル、三船雅也に担当してもらった。
彼が言ってた「別の世界に行ける感じ」、そしてお互い思い描いた「夜」のイメージは、一般的な意味での夜では無いけど「これ!」って感じの納得の1枚。感謝。

曲は、ギターのアラビアンなメインフレーズと歌・終始同一の4コードで統一性を保ちつつ、30秒位でどんどん舞台背景や主役をチェンジしていくような、リズム・楽器・フレーズの立ち位置が入れ替わって進行、2:40〜に全員集合・音の配置も相当キワキワな配列。紙一重の共存(笑)

歌詞も最近はゆーきゃんにお願いしてたのだけど、イメージが強くあったので、今回は自分で。

最初に書いた128 128 128の話じゃないけど、4つめの128、12月8日に、moonについて、ひとつ発表出来るんじゃないか!?ってトピックがある。

どうだろうか、、遅れて1月28日になるのだろうか、将又、8月12日だろうか、、
その辺も併せて、今後のnoidの活動、そして楽曲『moon』をお楽しみください!

2018年11月30日
noid エイジ




noid presents
『Magical Colors Night』
2018年12/22(土)金沢 puddle / social
ACT:noid / ROTH BART BARON
Open 18:00 / Start 18:30
Adv. ¥3,000 / Door ¥3,500(+1d)
学生 ¥2,000(+1d、入場時学生証定時)
早割 ¥2,500(+1d、9/16〜10/12販売)
小学生以下無料
チケット予約:
magicalcolorsnight@gmail.com

※12.22のMCN限定でコラボグッズ(両バンドの新曲DLコード付)発売決定

noid presents
『Magical Colors Night』
Yukon Blonde JAPAN TOUR in Kanazawa
2019年1/12(土)金沢 メロメロポッチ
ACT:Yukon Blonde(Canada) / vivid branch / noid / and more..
Open 17:30 / Start 18:00
Adv. ¥2,500 / Door ¥3,000(+1d)
学生 ¥1,500(+1d、入場時学生証提示)
予約・問い合わせ
magicalcolorsnight@gmail.com
イベントHP
Japan Tour総合案内(moor works)

noid presents
『Magical Colors Night』
Mineral JAPAN TOUR in Kanazawa
2019年3/21(木・祝)金沢 puddle / social
ACT:mineral(USA) / and more..
Open 16:30 / Start 17:00
Adv. ¥4,000 / Door ¥4,500(+1d)
予約・問い合わせ
magicalcolorsnight@gmail.com

イベントHP

Japan Tour総合案内(& records)
http://andrecords.jp/mineral/

2018.12.8 18:15

【NEWS】Charlotte is Mine 3rdシングル「白昼夢」を12/11に配信開始 & 同曲のMVを公開

都内を中心に活動するエモーショナル・インディーロック・バンド Charlotte is Mineは、12/11に3rdシングル「白昼夢」を配信限定でリリースする。

iTunes、Apple Music、Spotify他で配信が行われるこのシングルは2017年12月にリリースされた1stシングル、今年7月にリリースされた2ndシングルと共に来春リリース予定の1stアルバムに収録される予定となっている。

また、この発表と同時にYouTubeでは「白昼夢」のMVが公開。
撮影はすぐるぐるぐるによるもの。



「白昼夢」/ Charlotte is Mine
2018年12/11リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:Bassless Records
【Track List】
1.白昼夢


2018.12.8 17:00

【NEWS】Teen Daze 2019年リリース予定のアルバムから先行シングル「Hidden Worlds」を配信開始

カナダのJamison Isaakによるソロ・プロジェクト Teen Dazeは、来年リリース予定のニューアルバムからの先行シングル「Hidden Worlds」を配信開始した。

ミックスにはJoel Ford(ford & lopatin、、oneohtrix point never、、how to dress well)マスタリングにはRafael Anton Irisarriが参加している。

また、Teen Dazeは2019年1月から開催されるChrome SparksのUSツアーにオープニングとして参加することが決定している。



『Hidden Worlds』/ Teen Daze
2018年12/7リリース
フォーマット:デジタル配信
iTunes




January 16th – Austin, TX – Empire Control Room
January 18th – Phoenix, AZ – The Crescent Ballroom
January 19th – Tucson, AZ – 191 Toole
January 20th – Santa Ana, CA – Constellation Room
January 23rd – Los Angeles, CA – Teragram Ballroom
January 24th – San Francisco, CA – August Hall
January 26th – Santa Cruz, CA – The Catalyst Atrium

2018.12.7 14:09

【NEWS】イベント情報:ディープファン君 自主企画『セクシュアル Vol.5』を2019年1/6(日)に開催 出演にTHREE1989、ザ・おめでたズ

都内を拠点として活動するファンク・バンド、ディープファン君は、2019年1/6(日)に自主企画『セクシュアル Vol.5』を表参道WALL&WALLにて開催する事をアナウンスした。

彼らが定期的に開催している自主企画のシリーズである『セクシュアル』の第5回目となる今回、フジテレビ系「TERRACE HOUSE OPENING NEW DOORS」に出演しているShohey擁するTHREE1989、「日本を祝うラップバンド」を謳うザ・おめでたズの参加が決定している。

チケットは本日よりチケットぴあ、TIGETで販売が開始。



ディープファン君 presents
『セクシュアル Vol.5
 ~New Year’s Party』
2019年1/6(日)表参道WALL&WALL
ACT:ディープファン君 / THREE1989 / ザ・おめでたズ
Open 17:00 / Start 17:30
Adv. ¥2,500 / Door ¥3,000
チケットぴあ
TIGET


2018.12.7 12:00

【NEWS】鈴木慶一率いるControversial Spark 2019年1/11リリースの2ndアルバム『After Intermission』のアートワークとトラック・リストを公開

ムーンライダーズの活動休止後、動向が注目されていた鈴木慶一率いるControversial Spark。
彼らが2019年1/11にリリースする3年半ぶりのアルバム『After Intermission』の詳細情報が公開された。

矢部浩志、岩崎なおみのボトムをベースに、絡み合うギター、宙を漂うヴォーカル、それぞれの強力な個性を生かした近未来型浮遊サウンドがますますパワー・アップし、行き先の予想も不能なエッジの効いたハードな快感ポップン・ロック作品。

また、2019年1/13(日)には新代田Feverにて『New Year Spark』の開催も決定している。



『After Intermission』/ Controversial Spark
2019年1/11リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-18860
価格:¥2,778(税抜)
【Track List】
01. Life Time(作詞:鈴木慶一 作曲:近藤研二)
02. 赤と緑のGood Bye(作詞:鈴木慶一、konore 作曲:鈴木慶一)
03. 徒花(作詞・作曲:konore)
04. 夜は許してくれない(作詞:鈴木慶一 作曲:矢部浩志) —★PUSH!!
05. リニアの悪夢(作詞・作曲:岩崎なおみ)
06. 物騒な休日(作詞・作曲:岩崎なおみ)
07. 泥棒天国(作詞・作曲:konore)
08. とり憑かれた少女(作詞:岩崎なおみ 作曲:近藤研二)
09. in July(作詞・作曲:鈴木慶一)
10. すごろく(作詞・作曲:岩崎なおみ)


『New Year Spark』
2019年1/13(日)新代田Fever
ACT:Controversial Spark / キイチビール&ザ・ホーリーティッツ / and more..
Open 17:30 / Start 18:00
Adv. ¥3,600 / Door ¥4,100(+1d)
チケット販売:
e+
ローソンチケット(Lコード:75289)
チケットぴあ(Pコード:135-402)
FEVER店頭

2018.12.7 12:00

【NEWS】クリトリック・リス 約2年ぶりとなるアルバム『ENDLESS SCUMMER』の詳細発表 & 野音イベント決起集会 vol.3の開催を発表

現在約2年ぶりとなるフルアルバムを制作中のクリトリック・リスは6日、アルバムの詳細を発表した。

アルバムタイトルは『ENDLESS SCUMMER』。
既にライブでおなじみのクリトリック・リス流青春ソング「MIDNIGHT SCUMMER」や、先輩との関係を描いた「エレーナ」をはじめとした全12曲が収録されるこのアルバムは、打ち込みを多用した過去作品と異なり、生ギターを使用した楽曲が増え、宅録のボーカルと相まってロック色の強い作品となる模様。

また、このアルバムは現在実施中のクラウドファンディングで集まった資金を元に、楽曲のトラック制作からミックス、マスタリング、流通、宣伝まで自分の力で行うという完全自主制作を掲げている。

さらに、発売日の2019年2/20(水)には渋谷LOFT9にてトーク&ライブイベント『クリトリック・リス日比谷野音 決起集会Vol.3 〜新アルバム『ENDLESS SCUMMER』発売記念〜』が開催。
これまでにも開催されてきたイベントの第3弾となっており、アルバムと2019年4/20(土)開催の野音イベントについてのトークが行われる予定。

『ENDLESS SCUMMER』/ クリトリック・リス
2019年2/20リリース
フォーマット:CD
レーベル:SCUM EXPLOSION
カタログNo.:SCUM-001
価格:¥2,500(税抜)
【Track List】
01. 四番目の女
02. MIDNIGHT SCUMMER
03. エレーナ
04. ちゃう
05. NONちゃん
06. 群青の純情
07. 俺はドルオタ
08. レイン
09. 転生
10. 味噌汁
11. ラストライブ
12. RAVE

クリトリック・リス 新アルバム制作プロジェクト!
「もうイロモノと言わせない!胸張ってミュージシャンと言える最高のCDを作りたい。クリトリック・リス」
2018年10/29(月)22:00 〜 2019年1/10(木)23:59
URL


これが50歳になるおっさんの青春パンク。全裸になって涙流しながら踊り狂って!あらゆる感情を詰め込んだんで、プレイボタンを押すと爆発するかもしれませんよ。
クリトリック・リス


クリトリック・リス日比谷野音 決起集会Vol.3
〜新アルバム『ENDLESS SCUMME』発売記念〜
2019年2/20(水)渋谷LOFT9
ACT:クリトリック・リス / and more..
司会進行:西澤裕郎(株式会社SW)
Open 19:30 / Start 20:00
Adv. ¥1,500 / Door ¥2,000(税込・要1オーダー ¥500以上)

クリトリック・リス生誕50thイベント
2019年4/20(土)日比谷野外大音楽堂
料金:全席指定 ¥3,000
クリトリック・リス LINEチケット先行
クリトリック・リス 日比谷野音特設 HP

2018.12.7 11:34

【NEWS】西中島きなこ スーパー玉出公認テーマソング「スーパー玉出へ行けば幸せ」リリース & MV公開

大阪を拠点として活動する西中島きなこは、シングル「スーパー玉出へ行けば幸せ」を5日にリリースした。

このシングルは大阪を中心に展開するスーパーマーケット スーパー玉出からテーマソングとしての公認をうけたもの。
この楽曲は後日スーパー玉出の店内でも放送がスタートする予定となっている。

また、現在YouTubeでは同楽曲のMVが公開。
一般からのオーディションであらバレた子供や西中島と親交のあるアイドルが出演したハートウォーミングな映像に仕上がっている。

さらに今回のアナウンスに合わせ、西中島が撮影したスーパー玉出(天神橋店)の看板写真も公開された他、このリリースについてはスーパー玉出のオフィシャルサイトでも発表が行われている。

スーパー玉出の看板/撮影:西中島きなこ



「スーパー玉出へ行けば幸せ」/ 西中島きなこ
2018年12/5リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:BINKAN
Spotify

スーパー玉出オフィシャルサイト


2018.12.7 11:17

【NEWS】しずくだうみ 12/12リリースの2ndアルバム『やがて染まる色彩』より「これで終わり」のMVを公開



12/12に2ndアルバム『やがて染まる色彩』をリリースする闇ポップシンガーソングライター しずくだうみは、アルバムの収録曲「これで終わり」のMVを公開した。

しずくだうみとフォトグラファーの飯本貴子の共同ディレクションで制作されたこの作品は、アシスタントにあきえを加え、これまでのしずくだ作品にはなかったタイプの映像に仕上げている。



『やがて染まる色彩』/ しずくだうみ
2018年12/12リリース
フォーマット:CD
レーベル:ミロクレコーズ
価格:¥2,300(税抜)
【Track List】
01. 友達のまま
02. これで終わり
03. 映画みたい
 (sommeil sommeil 提供曲)
04. 忘れる
 (劇団癖者「真夜中ガール」提供曲)
05.「 」の作文
 (ジエン社 第12回公演「物の所有を学ぶ庭」提供曲)
06. Freaky,Freaky,Freaky,Freaky
 (電影と少年CQ提供曲)
07. ループ&ループ
08. また会えるさようならもう会えないさようなら
 (ジエン社 実験公演「いつか私たちきっとそこきっとそこで、そこに」提供曲)
09. 今日
10. 白い朝
 (劇団癖者「真夜中ガール」提供曲)




【鈴木博文】
矛盾を肯定する深海があるとするならそれはしずくだうみ。

深いのに時折青空が見えたりする。一行一行を噛みしめるように丁寧に歌われると悲しくなろうとしたいのにそうさせてくれない。「忘れる」ことの出来ない記憶がことばという火の粉になって散っているようだ。

しずくださんを取り巻く音楽家の奏でる奥ゆかしい演奏もいい。火傷しないように愛聴しよう。


【里咲りさ】
だうみさんの繊細な視点や、なんというか、20代女性の、10代の感覚とも違う、みずみずしさを感じられる作品でした。

幼さを意識していたりキャラ付けを意識しているいごごちの悪さのまったくない、等身大を感じられる言葉の紡ぎ方の安心感に包まれながら全編聴くことができました。

最後の曲で、どうなるかはわからないけどまだ真っ白なままの希望を感じられるのもすごくよかったです。繊細でいろいろなことを感じて常に心は翻弄されているのに、なぜか「日常」に確実につながれていて、ぎりぎり飛んで行ってしまっていない、という貴重な感性と景色を私は感じました。だうみさんの日常を疑似体験してる感覚にさえなりました。

トラック6だけ歌詞の様子が違って、この大人少年の感覚…!?と思ったら長田さん作詞なんですね。リリースおめでとうございます!


【イナダミホ】
人間は貪欲なので、色んなものや人の感情を欲しがる。 気がついたらたくさん抱え込んでいるのだ。 そしていつの日か気がつくのだ。
「こんなに欲しがるんじゃなかった。 全部大切になんてできなかった。 本当に大切なものはほんの僅かだったじゃないか。」って。
うみちゃんは、そんな世界を冷静さと距離を取りながら見つめる。 声と言葉が心地よい棘となって我々をじんわり締め付けるのだ。
通り過ぎたり、消化してしまった日常のドラマが蘇えるのだ。 切なさと愛しさがわたしたちを襲う。


【白衣イロハ】
この人の考えていることはよく分からん様で、実際分かりすぎるんだよ、数年ぶり、もっと言えば作品について、音楽についてちゃんと関わったのでいうと約10年ぶりに接したこのお人は、自分ではとてもとても赤面と軽い嗚咽によって吐き出せない様な言葉を容易く紡いでおりました。
奇妙な縁でこの作品も一部はレコーディングしたりしたけれども、歌を聴きながら「私には絶対に歌えないな、こんな歌」と思い、MIX中は何度も聞くことになってしまうので「もうやめてくださいよ」と思ったものだったな。 悪口みたいになっているけど違うんだよ。
こういうのがきっと「刺さる」って事なんだろうな。 おめでとう。


【ゆっきゅん(電影と少年CQ)】
この街の喧騒が突然無音と同質になり、ふと立ち止まってしまったとき、心に流れた音楽。流れゆく人々も世界も追いかけず、ここで静かに見送ってゆく。それでも私はここにいて、私の生活があって、だから大丈夫なんだと、生を掬われる気持ちがした。


【ルアン(電影と少年CQ)】
「大人っぽくしっとりとしたFreaky,Freaky,Freaky,Freakyにうっとりしました……!」

2018.12.6 11:54

【NEWS】THE FULL TEENZ 3枚連続でニューシングルリリース企画をアナウンス 第1弾となる「You」を12/12にリリース & MV公開

京都を拠点として活動するTHE FULL TEENZは3日、3枚連続でニューシングルをリリースすることと、その第1弾となるシングル「You」を12/12にリリースする事をアナウンスした。

シングル「You」は表題曲にくわえ、BEAT CRUSADERSの「FIRESTARTER」のカバーをカップリングとして収録。
12/8(土)に京都nanoで開催されるワンマンイベントの会場で先行販売が行われる。

また、現在「You」のMVがYouTubeにて公開中。



「You」/ THE FULL TEENZ
2018年12/12リリース
フォーマット:CD
レーベル:SECOND ROYAL RECORDS
カタログNo.:SRCD-058
価格:¥800(税抜)
【Track List】
01. You
02. FIRESTARTER(BEAT CRUSADERS cover)




『ナイト・スイミング3
〜SWEET 10 BLUES〜』
2018年12/8(土)京都nano
ACT:THE FULL TEENZ(ワンマン)
DJ:shota_yam(s-y-s)
Open/DJ Start 19:00
Ticket ¥1,500(+1d)
チケット予約:
メール予約(thefullteenzpunk@gmail.com)

2018.12.5 14:14

【NEWS】Tanukineiri Records 公募型コンピ『Tanukineiri Curry Sampler』よりGrayNightly「Carrot star」のMVを公開



11/28に4年ぶりとなる公募型のコンピレーションアルバム『Tanukineiri Curry Sampler』をリリースしたTanukineiri Recordsは、アルバムに収録されているGrayNightly「Carrot star」のMVを公開した。

ディレクターは GrayNightlyのmayumiが手がけている。



『Tanukineiri Curry Sampler (Cumin)』/ V.A.
2018年11/28リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:Tanukineiri Records
価格:FreeDL
【Track Lsit】
1.JOHNNIE THE BULGARIA – Curry Rice
2.House Of Tapes – Dark Spice
3.Kurasaki – Mistery Of The Curry
4.PASS PASS – Spice Of Love
5.神山水樹 – 緋色の海
6.なかむらしょう – Curry Day
7.AKR-FITW™ – PAPA’S CURRY
8.GrayNightly – Carrot star
9.attic note – Curry walk
bandcamp



『Tanukineiri Curry Sampler (Coriander)』/ V.A.
2018年11/28リリース
フォーマット:デジタル配信
レーベル:Tanukineiri Records
価格:FreeDL
【Track Lsit】
1.163(g) – No Spices
2.Hideki Takimoto – Space & Spice
3.Pugmal Sensor – Spicy Innocence
4.サコウリョーマ – Spice Only Love
5.Hi-channel! – PANAS PANAS
6.ish10 yow1r0 – a ritual of the end
7.kyomdarak – オリエンタル
8.guitarsisyo – sisyo no curry udon
9.zzz – Good-bye curry
bandcamp




2018.12.5 14:01

【NEWS】Nao Kawamura 12/14(金)の『Kvarda Tour 2018』東京編開催にさきがけ、MV「Awake」を公開



12/14(金)に渋谷WWWでツアーの東京編を開催するシンガーソングライターのNao Kawamuraは、今年3月にリリースされた1stアルバム『Kvarda』より「Awake」のMVを公開した。

ONE OK ROCKやSuchmos、WONKなどのMVも手掛けた気鋭の映像制作チームmaxillaによって制作された当MVでは
生命が湧き起こるイメージにスポットを当てた作品に仕上がっている。

12/14(金)開催のツアー東京編では、ゲストアクトとして小林うてな、Julia Shortreed、ermhoiからなるユニットBlack Boboiが、DJとして社長 from SOIL&”PIMP”SESSIONSが出演する。



『Nao Kawamura Kvarda Tour 2018』
2018年12/14(金)渋谷 WWW
Guest Act: Black Boboi
Guest DJ: 社長 from SOIL&”PIMP”SESSIONS
Open 18:00 / Start 19:00
Adv. ¥3,500(税込 / +1d / オールスタンディング)
チケット販売:
チケットぴあ(Pコード:128-929)
e+(プレ:9/19 12:00 – 24 23:59)
ローソンチケット(Lコード:72103)




『Kvarda』/ Nao Kawamura
2018年3/14リリース
フォーマット:CD
レーベル:Naked Voice
カタログNo.:NKVC-03
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
1.Intro – 1 - 
2.Awake 
3.One more dose 
4.Ego 
5.Hermes 
6.Time is not on our side 
7.Hot shot 
8.Watching you 
9.Outro – 0 –

2018.12.5 13:43

【NEWS】テンテンコ ネコ・ソング・カバー・アルバム『ALL YOU NEED IS CAT~猫こそはすべて』リリース & リリース記念インストアイベントも続々開催

テンテンコによるネコ・ソング・カバー・アルバム『ALL YOU NEED IS CAT~猫こそはすべて』が本日12/5にリリースされた。

今作はneco眠るとレコーディングした新曲「Animal’s Pre-Human」以外は彼女がフェイバリットに挙げるネコ・ソングをカバー。
谷山浩子、遠藤賢司、THE CURE他のネコ・ソングを川本真琴、KERA、中原昌也、岸野雄一、近藤研二、イトケン、CARREといったネコ好きのミュージシャンたちと共にカバーした1枚となっている。
アートワークはますむら・ひろしによるもの。

また、このリリースに合わせたインストアライブが12/6(木)のタワーレコード渋谷店に続き、12/10(水)14(金)16(日)にHMV Record shopでも開催される事が決定。



『ALL YOU NEED IS CAT~猫こそはすべて』
/ テンテンコ
2018年12/5リリース
フォーマット:CD
レーベル:P-VINE
カタログNo.:PCD-18855
価格:¥1,850(税抜)
【Track List】
1. ねこの森には帰れない ゲスト・ボーカル:川本真琴(オリジナル・アーティスt:谷山浩子)
2. シャム猫の歌(The Siamese Cat Song) ディズニー映画「わんわん物語」より
3. 寝図美よこれが太平洋だ ゲスト・ボーカル:KERA(オリジナル・アーティスt:遠藤賢司)
4. The Lovecats (オリジナル・アーティスt:THE CURE)
5. ねこふんじゃった (オリジナル・アーティスt:不明)
6. Animal’s Pre-Human (新曲)

参加アーティスト:
川本真琴、KERA、neco眠る、中原昌也、岸野雄一、吉田哲人、近藤研二、イトケン、ayU tokiO、武末亮、CARRE




『リリース記念インストアライブ』
2018年12/6(木)タワーレコード渋谷店4Fイベントスペース
Start 18:30~
イベント内容:ミニライブ&サイン会
※詳細はPヴァインHPスケジュールページをご覧下さい。

HMV Record shop <ミニライブ+サイン&特典会>
2019年12/10(水)19:30~/HMV Record shop 新宿ALTA《購入特典:缶バッジAタイプ》
2019年12/14(金)19:30~/HMV Record shop 吉祥寺《購入特典:缶バッジBタイプ》
2019年12/16(日)17:00~/HMV Record shop 渋谷《購入特典:缶バッジCタイプ》

詳細はPヴァインHPスケジュールページをご覧下さい。
http://p-vine.jp/artists/tentenko

2018.12.5 13:30

【NEWS】SonoSheet 1stフルアルバム『Short Hair』リリース & タイトル曲のMVを公開

宇都宮を拠点として活動するSonoSheetは、全国流通盤となる1stフルアルバム『Short Hair』を本日12/5にリリースした。

現在廃盤となった過去作に収録されている代表曲「ハッピーエンド」を始めとする12曲を収録したこのアルバムは、THISTIMERECORD内に新設されたレーベルであるHUNGRY OVER RECORDSからのリリース第1弾となる。

また、4日にはアルバムのタイトル曲である「Short Hair」のMVを公開。

2019年1月からはリリースツアーの開催も発表されている。



『Short Hair』/ SonoSheet
2018年12/5リリース
レーベル:HUNGRY OVER RECORDS
カタログNo.:HOR-100
価格:¥2,000(税抜)
【Track List】
01. それでも、ボクは
02. 新しい朝
03. カラー
04. ハッピーエンド
05. 傷心的妄想時間
06. TVgirl
07. YOU AND ME
08. マイワールド
09. フラッシュバック
10. ブルーマンデー
11. デイドリーム
12. Short Hair






SonoSheet
1st Full Alubum 「Short Hair」
RELEASE TOUR
『センチメンタル・オン・ザ・ラン』
2019年1/6(土)千葉LOOK
ACT:SonoSheet / さよならポエジー / FOUR GET ME A NOTS / said
Open 17:30 / Start 18:00
Ticket ¥2,500(+1d)

2018.12.5 13:22

【NEWS】イベント情報:12/29(土)開催 神田明神文化交流館こけら落とし公演 神サプライズ『風人雷人祭』に風人雷人【ATSUSHI(Dragon Ash)×中村達也】、HH&MM Feat.村上”Ponta”秀一、切腹ピストルズ

2018年12/29(土)に東京 神田明神に新たに作られた神田明神文化交流会館にて、『風人雷人祭』が開催。

神田明神文化交流館のこけら落としとして行われるこの公演では、ATSUSHI(Dragon Ash)と中村達也によるユニット 風人雷人が東京に初上陸する他、村上”Ponta”秀一をゲストに迎えてのHH&MM、オープニングには切腹ピストルズの出演が決定。

チケットは現在先行チケットがPeatixにて発売中。
先行の申込者には会場で特製ステッカーがプレゼントされる。

神田明神文化交流館こけら落とし公演
神サプライズ『風人雷人祭』
2018年12/29(土)神田明神文化交流館
ACT:風人雷人【ATSUSHI(Dragon Ash) × 中村達也】 / HH&MM Feat.村上”Ponta”秀一【日向秀和(STRAIGHTENER,NCIS) × 松下マサナオ(Yasei Collective) × 村上”Ponta”秀一】 / 切腹ピストルズ
DJ:SHOJI(LONDON NIGHT)
Open 16:30 / Start 17:00
Adv. ¥4,800 / Door ¥5,300(+1d)
先行チケット販売:12/1~
Peatix
一般チケット販売:12/8~
チケットぴあ(Pコード:137-567)
ローソンチケット(Lコード:75461)
e+
主催:DURA CORPORATION
制作:DUM DUM LLP
協力:神田明神 / 塩澤文男
問い合わせ:DURA CORPORATION

2018.12.4 14:17

【NEWS】イベント情報:2019年1/14(月)開催『新春なりすレコード祭 2019』に天野なつ、加納エミリ、SAKA-SAMA、桜愛美、ほたるたち

2019年1/14(月)に渋谷のLOFT HEAVENにて、なりすレコードによるイベント『新春なりすレコード祭 2019』が開催される。

出演は天野なつ、加納エミリ、SAKA-SAMA、桜愛美、ほたるたち。

『新春なりすレコード祭 2019』
2019年1/14(月)渋谷 LOFT HEAVEN
ACT:天野なつ / 加納エミリ / SAKA-SAMA / 桜愛美 / ほたるたち
Open 19:00 / Start 19:30
Adv. ¥2,500 / Door ¥2,800(+1d ¥600)
※椅子席(全席自由)
※来店順入場
イベント詳細
チケット予約

2018.12.4 11:59

【DIG】Midori / 中山ラモ



初代ゲームボーイとLSDjで制作されたチップチューン。

2018.12.4 11:49

【NEWS】ピンクネオン東京 oogimixによる「Touch Meme」を公開



future funk専門コレクティブ ピンクネオン東京は2日、oogimixによる楽曲「Touch Meme」をSoundCloudにて公開した。

このリリースはピンクネオン東京が現在展開しているウィークリーリリースの2本目となる。

2018.12.4 11:42

【NEWS】イベント情報:toitoitoi 永原真夏+SUPER GOOD BANDを迎えての自主企画ツーマン『対峙 vol.7』を2019年2/18(月)に開催

千葉を拠点に活動する2人組ロックバンド toitoitoiは、自主企画ツーマンシリーズ『対峙』を2019年2/18(月)に渋谷La.mamaにて開催。

今回で7回目となるこの企画は、toitoitoiが本気でぶつかれる、全力のライブで応えたいという好敵手に限りオファーを出すもの。
今回はSEBASTIAN Xのボーカル、ピアノユニット音沙汰など、様々な形で活動中の永原真夏。彼女のソロ活動名義のバンド、永原真夏+SUPER GOOD BANDを迎えての開催。

toitoitoiは2019年3/18(月)19(火)にワンマン・ツーデイズを行う事も発表しており、今回の『対峙』はその前哨戦ともいえるイベントとなる。

toitoitoi presents 2man live
『対峙 vol.7
〜永原真夏+SUPER GOOD BAND編〜』
2019年2/18(月)渋谷La.mama
ACT:toitoitoi / 永原真夏+SUPER GOOD BAND
Open 18:30 / Start 19:30
Adv. ¥2,500 / Door ¥3,000(+1d ¥600)
チケット販売(12/9 10:00~)
e+

『全感情に告ぐ』
toitoitoi shibuya WWW ワンマンライブ
〜過ぎし獣道〜
2019年3/18(月)渋谷WWW
Open 18:30 / Start 19:30

『全感情に告ぐ』
toitoitoi shibuya WWW ワンマンライブ
〜未だ見ぬ獣道〜
2019年3/19(火)渋谷WWW
Open 18:30 / Start 19:30

Adv. ¥4,000
2日間通し券
先行 ¥6,000 / 一般 ¥7,000

toitoitoiオフィシャルウェブサイト限定先行2日間通し券
10/29 22:00~12/10 23:59
※予定枚数に達し次第受付終了

プレイガイド: 主要プレイガイドにて2019年1/7~発売予定


【コメント】

はじめての渋谷La.mama出演です。
La.mamaに行くたびに気になっていたあのぶっとい柱をうまく利用してライブをすることを念頭に、対峙を張り切ります。
ムラコシ

太陽みたいなボーカリストになりたいと思います。でも、それはなかなか難しいことです。
今回対峙にお呼びしたのは、見た瞬間に「太陽だ!」と思ったボーカリスト。
目を覆いたくなるくらいの眩しさを纏った方です。

尊敬を前に私はどんな歌が歌えるでしょうか。

対峙の名に恥じない夜が必ずあります。
貴方の心に刺さりますように。
岸川まき

2018.12.4 11:33

【NEWS】Rob Mastertonによるソロ・プロジェクトSuper Magic Hats 3rdアルバム『Pure Paradise』を12/12にリリース

メルボルン在住のプロデューサーRob Mastertonによるソロ・プロジェクトSuper Magic Hatsは、3rdアルバム『Pure Paradise』
を12/12にPROGRESSIVE FOrMよりリリースする。

dream popやchill waveといった軸線を持つ彼のサウンドはキッチュで聴き手の情感に寄り添う温かみのあるサウンドを展開する彼の最新作はボーカロイドに加え、おのしのぶ、Smany他の4名のボーカリストをフィーチャーした楽曲や、fraqsea、Shin Wada(iLU)、House Of Tapes、Winterparkのリミックスを含む全16曲を収録。

現在SoundCloudでは試聴音源が、YouTubeではトレーラーが公開されている。



『Pure Paradise』/ Super Magic Hats
2018年12/12リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD84
価格:¥2,200(税抜)
【Track List】
01. Crash feat. Shinobu Ono
02. Heavenly
03. Mizuiro Sakurairo
04. Drawing feat. Smany
05. Winterlove
06. Sleep Cafe
07. Tonight Let’s Fall In Love feat. Elleh
08. Drift
09. Together
10. Melody Palette
11. Plans feat. Akosia
12. Crash Instrumental
13. Sleep Cafe fraqsea Remix
14. Drawing Shin Wada from iLU Remix
15. Crash Winterpark remix
16. Drift House Of Tapes Remix

【クレジット】
Written, performed, recorded and mixed by Super Magic Hats

1 lyrics & vocals by Shinobu Ono
2, 7, 8, 10 vocals by Hatsune Miku
3 lyrics by Mayumi Ishikawa, vocals by Iroha
4 lyrics & vocals by Smany
5 vocals by Iroha
7 lyrics & vocals by Elleh
11 lyrics & vocals by Nana Akosua Sadet




2018.12.4 11:17

【INTERVIEW】Fugenn & The White Elephants『Elevated Petal』

2011年の1st『an4rm』で彗星の如く現れ、2012年にエレクトロニカ~エレクトロニックサウンド史に燦然と輝く名盤中の名盤である2nd『Prays』を発表、初期音源集のリリースを挟み、2013年の4thアルバム『B A BEACON』でFugenn & The White Elephantsの名を確固たるものとしたShuji Saitoによるプロジェクト、5年の歳月を経て創出された【Fugenn & The White Elephants 復活!!!】の狼煙を高らかな宣言するに相応しいエンジン全開な至高6thアルバム『Elevated Petal』のリリースに伴い、長くの友人でもあり海外のインディーシーンとリンクした形で音楽イベントの企画/主催などを中心に活動するCMFLGを主宰するDelaがインタビューを行った。

トータル的にみて、5年のブランクは大きいですね

–:5年ぶりの新作「Elevated Petal」の発売おめでとうございます。5年というブランクを感じさせない、これぞFugenn & The White Elephantsという、前々作「Prays」前作「B A BEACON」をさらに発展させた抜けの良い快作に仕上がっていると思います。
久しぶりのアルバム発売という事にあたり、何かこういった前作からの部分は意識されましたか。それとも全く新しい形でのスタートでしたでしょうか。
Fugenn & The White Elephants(以下 Fugenn):うーん、新しくはありません。今までの作風を踏襲した作品なので割と簡単に完成したのですが、チャレンジしたいジャンルとかもあるので色々と課題は残りました。トータル的にみて、5年のブランクは大きいですね。



–:今回のアルバム「Elevated Petal」の発売前後にも、ご自身のBandcampでアルバム「Nehan Loops」等多数の作品をハイペースで配信されてますが、この辺は創作意欲の高まりと比例して、という感じでしょうか。
またそれらの配信での作品は今回のアルバムとはまた違った色々な作風で、以前お話を聞かせていただいた際も「実は色々なジャンルの曲を作るのが好き」と仰られていましたが、アルバムとの違い、またこれらの活動からのアルバムへのフィードバックなどはありますでしょうか。
Fugenn:いえ、あまり関係性はないです。基本その時作りたい曲を作るっていうスタンスをとってます。「Nehan Loops」は、その時の気分で出来た曲をまとめてアルバムにしたという感じです。「Elevated Petal」との違いは、何を引き立たせているかですね。今回はメロディーや、コード、サウンドスケープ、ストーリ性だったりします。



–:ではアルバムの話題に移りましょう。アルバムタイトルでもあるM2「ElevatedPetal」はこれぞFugenn節というストリングスアレンジの冴えるスケール感、レイヤー感のある楽曲ですが、ご自身でこういった「自分らしい楽曲」と感じる時はありますか。
Fugenn:そうですね、コード進行、ベースライン、ビート、アンビエンス感、ストーリー性、等。トータルでこういうタイプ曲を作る人は見たことないです。それが良いかどうかは別ですけど、好みもありますよね。



–:続くM3「State Of Mind」はレーベルメイトでもあるiLUよりKUROさんをボーカルでフィーチャーしていますが、全面的なボーカル曲は前々作「Prays」での「Magnolia Featuring Ngatari」以来となります。前作「B A BEACON」はボーカルをレイヤー的に使う事が多かったですが、改めてボーカル曲での作り方というのは違いがありますか。
Fugenn:まずオケが出来上がって、PROGRESSIVE FOrMを主宰するnikさんに相談して紹介して頂いたんです。で、オケだけ送りました。その後、返ってきたメロディーと声にびっくりしました。それ以来色々と個人的に御願いする事も多く、とてもありがたい縁です。



–:M4「Eternal Earth」、これ個人的にも好きな曲なのですが、叩きつけるようなビートに、重なるシンセとカットアップされたボーカル、這うようなベースライン、前作までの特徴を集約・レイヤー化させて完成したような完成度の高い楽曲だと思います。
ビートだけでも十分成り立つレベルだと思うのですが、こういった楽曲はまずどの部分が先に出来ますか。
Fugenn:この曲は言ってみれば、アルバムの中でもっともFugenn的なのかもしれないです。ピアノのコードをM4Lのパッチで切り刻み、オーディオ化して切り刻んで、ベース、ウワモノを重ねて構成を練る感じですね。正直こういう手法はもう自分で飽きてしまいました。今後は違う形の王道を探すといった感じです。



–:M5「Migratory Birds」はラップを中心としたメロウなビートチューンですが、アルバムにすっかり馴染んでいるので忘れがちですが、意外とこういったラップをフィーチャーした曲は初だと思います。元々以前はビートメイクをされていたと聞きましたが、今作で新たに入れたのは何か意図がありましたか。
Fugenn:まず最初にオケが出来上がって、物足りないと感じたのでネタのラップを入れました。案外馴染んでくれたのでそこは良かったと思います。こういうネタは隙間を埋めてくれるので重宝しますね。今後も使っていきたいと思います。



–:美麗なM6「Running Lamp」と来て、M7「Flowing Debris」は久々にドリルン主体のビートながらも、今までの高速クラッシュビートと違い、こちらも美しさの際立つ一曲となっています。こういった楽曲の持つ「美しさ」というのはFugennとしての作品のキーとなりつつありますが、この辺ご自身では意識されていますか。
Fugenn:基本的に意識はしてないです。そこは自然と気持ちの良い部分が出てくるというか、そんな感じですね。僕は聴く音楽もどこか美しさやストーリ性のあるものじゃないとハマるまではいかないです。そことは別に音像の勉強で音楽を聴くことはあります。



–:続くM8「Ran Away」、M9「To Rose」はビート感やメロウさも含め、ちょっと今までとは少し違ったアプローチに感じました。何か違いなど意識したことはありますか?
Fugenn:いえ、僕の中では特にないですね(笑)
–:ラストM11「When Sunflowers Bloom」もラップを混ぜつつも、非常に耳に残るシンセが特徴的な曲ですが、今作は結構こういったフックのあるシンセのリフが効果的で、今までの作品に無い新たな「武器」に感じたのですが、これは意識的なものでしょうか。
Fugenn:いえ、特に意識はしてないです。物足りないと感じたので、最近はあまり使ってないんですが、NEXSUS2というソフトシンセを使いアルペジエーターでリフを作ったという感じですね。



–:今作も全11曲、隙が無く、アルバムとしての流れも良い完成度の高い作品だと感じました。やはりアルバムとしての流れ、完成度というのは常に意識されていますか。
Fugenn:ありがとうございます。しかし、まだまだですね、音使いの面でも、作曲の面でも。まだまだ挑戦して行きたいですね。自分の可能性を狭めたくないので、。毎日ひたすら音楽作ってますよ(笑)
–:これは毎回している質問なので申し訳ないのですが、今回のアルバムタイトル「Elevated Petal」は「気高い花びら」と言いますか、咲き誇るような意味があります。「Prays」が「祈り」、「B A BEACON」が「希望」という意味でしたが、今作はそういった理由はありますか。
Fugenn:そうですね、メロディーとか、そんな感じがしたのでつけた感じです。





やはり先端の音楽には触れて、取り入れないと生き残れないと思いました

–:あと一つ気になった点として、前々作は青、前作は黄色、今作は赤を基調としたジャケットですが、これは何か意味がありますか?
Fugenn:Elevated Petalのデザインを担当してくれたbunaさんのアイディアがベースですが、紅葉の時期ってくらいですかね(笑)
–:前作のインタビューで「非常に音の幅が広がった」というお話もされていましたが、この5年間、Fugennとしての活動以外にも多くのCM、作品に楽曲提供をしていく中で、やはりこの辺は実感されていますか。
Fugenn:これも、まだまだ、勉強していく部分ですね。とある映画音楽を担当させて頂いた感じたのですが、やはり先端の音楽には触れて、取り入れないと生き残れないと思いました。
–:あとこれは是非ともお伺いしたい事として、最近ブログを始められて、楽曲制作のノウハウまでかなり踏み込んでの内容に驚いたのですが、この辺現在進行形や新たに楽曲制作する方たちに向けて、何か新たな考えがあっての事でしょうか。
Fugenn:僕は歳も歳ですし、音楽を始める方などに、少しでも役にたてば良いなと思いました。最近更新してないですけど(笑)
–:最後に、今作は前作から5年の歳月を経た訳ですが、これから「Fugenn & The White Elephants」として、もしくは個人としての活動のビジョンを教えてください。また5年待つのは嫌ですので(笑)
Fugenn:「Fugenn & The White Elephants」としては、BassMusic全般を基盤として、歌モノを作ってます。違う名義になるかもしれませんが、楽しみにしていて下さい!個人としもFugenn~でおそうですが頂いたお仕事をしっかりこなしていくだけですね。それにつきます。

インタビュー・文:Dela(CMFLG)



『Elevated Petal』 / Fugenn & The White Elephants
2018年10/10リリース
フォーマット:CD
レーベル:PROGRESSIVE FOrM
カタログNo.:PFCD82
価格:¥2,200(税抜)
【Track List】
01. Mother Meteorite
02. Elevated Petal
03. State Of Mind feat. KURO from iLU
04. Eternal Earth
05. Migratory Birds
06. Running Lamp
07. Flowing Debris
08. Ran Away
09. To Rose
10. Furattorain
11. When Sunflowers Bloom
タワーレコード
アマゾン

2018.12.3 22:00

【NEWS】SPOOL 1stフルアルバム『SPOOL』を2019年2/13にリリース

フォーピース・バンド SPOOLによるセルフタイトルの1stアルバムが、2019年2/13にリリースされる。

USインディーやシューゲイザーを感じさせるフィードバック・ノイズを軸としたサウンドを鳴らす彼女たちは、自主制作のミニアルバムやインドネシアのGerpfast Kolektifからのカセットテープ等音源のリリースを重ね、今回待望のデビュー・アルバムのリリースとなる。

リリースはcattleの自主レーベルであるTESTCARD RECORDSから。



『SPOOL』/ SPOOL
2019年2/13リリース
フォーマット:CD
レーベル:TESTCARD RECORDS
カタログNo.:TCRD-003
【Track List】
01. nightescape
02. Be My Valentine
03. Let me down
04. Shotgun
05. winter
06. _ _ _ _ _ _
07. sway, fadeaway (angel version)
08. blooming in the morning
09. springpool
10. mirros
11. モ ル ヒ ネ
12. No, thank you (alternative mix)

2018.12.3 14:18